The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:Key Largo ( 10 ) タグの人気記事
#493 ブルーストライプグラント
a0013160_12251340.jpg

【和名】 ブルーストライプグラント
【英名】 Blue striped grunt
【学名】 Haemulon sciurus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イサキ科
【体長】 20cm
【撮影地】 Key Largo 水深10m
【特徴】
体は側扁し口が突出する。体色は黄色で、細い青色の縦縞が入る。目の下の縦縞は独特のアーチを描く。背鰭軟条部と尾鰭は黒色。最大で46cmの個体が報告されている。
【生態】
西部大西洋、フロリダ、メキシコ湾、ブラジルまでのカリブ海に分布。珊瑚礁や藻場、マングローブ域で数匹~千匹の群れを形成する。肉食性で主にエビを捕食し、その他甲殻類、小魚、二枚貝等も食べる。産卵期は1月~4月。
【ひとこと】
輝く青い線が美しい魚。見分けるポイントは目の下の独特のアーチを描く青線。また、フレンチグラントに似ていますが、フレンチグラントは尾びれが黒くないため見分けられます。たまに食用にもするそうですが、シガテラ中毒も発生しているので、できれば避けたほうが無難。
by diver813 | 2018-08-24 07:21 | 海洋生物図鑑
2012.11 カリブ海 The 4th day After Dive
a0013160_08082533.jpg
         かっこいー

潜った後はThe History of Diving Museum、ダイビング史博物館へ。
歴史を追って器材が展示してあり、ダイビングの歴史を学べます。
不気味なヘルメットから、かっこいい潜水服まで盛りだくさん。
ダイビングは先人達の試行錯誤と犠牲の上で、今快適に楽しめるようになっていることが実感できます。
ばんごはんは海でカリビアンロブスターに会った後は、実際食べてみる。
ということで"DiGiorgio's Cafe Largo"でロブスターのラビオリを頼みました。
でかすぎるラビオリはもはやラザニア。ソースが強めで、ロブスターの味はあまり感じられませんでしたが、チーズとトマトソースは美味しかったです。

a0013160_08102871.jpgこわかわいい




a0013160_08103671.jpgレギュレーターがごっそり。



a0013160_14320490.jpg見たら食べる。 



a0013160_14321081.jpgお肉もおいしかった。
by diver813 | 2018-08-16 08:15 | Diving Log
2012.11 カリブ海 The 4th day The 2nd Dive
a0013160_14162772.jpg
          ここが洞窟ですか?

Site Key Largo French reaf sand bottom cave
Maximum Depth  21.9m
Water Temperature 24℃
Entry 12:05
Exit 12:49
Dive Time 44min.

名前の通り砂底の洞窟が有名なポイント。
しかしながらバディーダイブのため、どこがその有名な洞窟か、よくわかりませんでした。
フレンチエンゼルフィッシュやロックビューティーなどカリブ海っぽい黒×黄色のお魚が多かった印象です。
写真のお魚はWhite margate 。
by diver813 | 2018-08-15 07:11 | Diving Log
2012.11 カリブ海 The 4th day The 1st Dive
a0013160_14064665.jpg
          沈没から70年

Site Key Largo Benwood
Maximum Depth  21.9m
Water Temperature 24℃
Entry 12:05
Exit 12:49
Dive Time 44min.

長さ110mの沈没船ベンウッド号を探検。
船が作る隙間は魚たちの絶好の隠れ家になっていて、大小さまざまな生物を観察することができます。
欲を出して船から少し先を探索したら、アメリカイセエビ(カリビアンロブスター)に出会うことができました。

a0013160_14064930.jpgアメリカイセエビ
by diver813 | 2018-08-14 07:42 | Diving Log
2012.11 カリブ海 The 3rd day After Dive
a0013160_07423982.jpg

          野良イグアナ!

ダイビングの後は宿泊ホテルのKey Largo Bay Marriott Beach Resortでのんびり。
夢だった野良イグアナとの遭遇を果たせました。
夜はシーフードを食べにThe Fish Houseへ。
捕まえて方爪だけ採ってリリースという方法で漁獲される名物のストーンクラブにチャレンジ。
ぎゅむっと詰まった身は、冷たいのにしっかりとした風味を楽しめました。
a0013160_07425519.jpg
ストーンクラブ
by diver813 | 2018-07-24 07:46 | Diving Log
2012.11 カリブ海 The 3rd day The 2nd Dive
a0013160_07413529.jpg
          平たい顔のニンゲンだな。

Site  Key Largo Aquarium
Maximum Depth  21.9m
Water Temperature 24℃
Entry 12:05
Exit 12:49
Dive Time 44min.

水族館の名前を冠したポイント。
海外では穏やかで綺麗な魚が多く入るポイントに"Aquarium"の名前をつけがちです。
1本目の失敗を忘れず、バディーの動きに注意しながら、魚たちを激写しました。
by diver813 | 2018-07-18 07:43 | Diving Log
2012.11 カリブ海 The 3rd day The 1st Dive
a0013160_07333377.jpg
          人もばらばら、魚もばらばら

Site Key Largo Eagle Ray Alley
Maximum Depth  21.9m
Water Temperature 24℃
Entry 12:05
Exit 12:49
Dive Time 44min.

キーラーゴでダイビング。
ここは日本のようなガイドなし、バディと自由に潜るスタイル。
なので、きっちり帰ってくるスキル、生き物を見つけられるスキルが必要となります。
海の中は太平洋とは違うお魚がいっぱい。
撮影に夢中になっていたら、バディーとはぐれてしまいました。
失敗、しっぱい。
by diver813 | 2018-07-17 07:35 | Diving Log
#487 キホシヤッコ
a0013160_23430795.jpg
【和名】 キホシヤッコ
【英名】 French angelfish
【学名】 Pomacanthus paru
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 キンチャクダイ科
【体長】 40cm
【撮影地】 キーラーゴ 水深10m
【特徴】
体は著しく側扁し、体高が高い。背鰭、臀鰭軟条が糸状に伸張し、尾鰭は円形。前鰓蓋骨の後下端に1本の棘を持つ。体色は黒く、体側の鱗は細い黄色線で縁取られる。
【生態】
フロリダ~ブラジルの西部大西洋・東部大西洋に分布。水深100m以浅の岩礁域に生息し、ペアで行動する。雑食性でカイメン類、ホヤ類、腔腸動物、藻類などを食べる。幼魚は他の魚類のクリーニングを行う。
【ひとこと】
グレイエンゼルと良く似ていますが、尾びれがまるいこと、胸鰭の付け根が黄色いことで区別できます。手から餌を食べるようになるほど良くなつくため、観賞魚としても人気が高く、キホシヤッコという和名より「フレンチエンゼル」の呼び名で親しまれています。味がよいそうですが、シガテラ毒を持つこともあるため食べるときは自己責任で。とても西洋っぽいデザインのヤッコだと感じるのは私だけでしょうか。
by diver813 | 2017-06-19 23:44 | 海洋生物図鑑
#483 ナッソーグルーパー
a0013160_00380722.jpg
【和名】 ナッソーグルーパー
【英名】 Nassau grouper
【学名】 Epinephelus striatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 40cm
【撮影地】 キーラーゴ 水深15m
【特徴】
体は卵形でやや側扁し体高が高く、口が大きい。体色は淡褐色で、頭部には音叉型とそれを囲む暗色帯が入り、体側は太い暗色横帯が入り、後半の横帯は背面で分岐しW字を描く。
【生態】
バミューダ諸島、フロリダ、バハマ、ブラジル北部の西部大西洋・カリブ海に分布。水深90m以浅の珊瑚礁域の浅所に生息し、魚類や甲殻類を食べる。12月~1月の満月に大集団を形成し産卵を行う。
【ひとこと】
体色が濃くなったり、赤っぽくなったり変化させられますが、模様が特徴的なのですぐに見分けることができます。ハタ科の仲間に違わず美味しいお魚で、ほどよいサイズということもあり、商業的にも娯楽的にも漁獲され個体数の減少が心配されています。産卵時期・産卵場などが明らかになっているため、禁猟期を設けるなどの対策をしています。白身魚なので現地ではグリルやムニエル、フライが主流ですが、鍋にしたら絶対美味しいと思う。
by diver813 | 2017-06-05 00:39 | 海洋生物図鑑
#479 イエローテールスナッパー
a0013160_00505719.jpg
【和名】 イエローテールスナッパー
【英名】 Yellowtail snapper
【学名】 Ocyurus chrysurus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 フエダイ科
【体長】 30cm
【撮影地】 フロリダ 水深10m
【特徴】
体は細長く下あごがわずかに突出し尾鰭は二叉する。体色は淡い青みがかった緑色で、体側中央部と背に黄色縦帯が入り、背面に黄斑が入る。背鰭と尾鰭は黄色。
【生態】
マサチューセッツ州~バミューダ、ブラジル南東部、メキシコ湾、アンティル諸島など西ぶ大西洋に分布。水深100以浅の珊瑚礁域に生息し、単独から大群で行動する。肉食で小魚や甲殻類、環形動物などのプランクトンと底生動物を捕食する。
【ひとこと】
フロリダやカリブ海で良く見られるフエダイの仲間。地元ではかなり有名なお魚。大きいものでは80cmを超えることもあるそうで、釣魚や観賞魚としても人気です。白身で味も良く食用としても有名です。

by diver813 | 2017-05-26 08:16 | 海洋生物図鑑