The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:筆ん崎 ( 11 ) タグの人気記事
2007.04-05 Okinawa The 2nd Day The 3rd Dive
a0013160_0255355.jpg
        一匹だけサイズが違うんですけど・・・


Site 粟国島 筆ん崎 3→2ノ根
Maximum Depth  18.4m
Water Temperature 21℃
Entry 13:59
Exit 14:40
Dive Time 41min.


3本目はギンガメ玉目当てではありませんでしたが、見事にトルネードを巻くギンガメ玉に遭遇。しかも、一匹のロウニンアジがまとわり付いていて、なかなか面白い光景でした。
その後、渦巻くイソマグロ玉(動画)を発見。
ひとつ所に留まって渦巻くイソマグロを見たのははじめて。
かなり近寄れたし、いいもの見さしてもらいました。
by diver813 | 2007-06-05 00:30 | Diving Log
2007.04-05 Okinawa The 2nd Day The 2nd Dive
a0013160_1212237.jpg
          どこを見てるの?


Site 粟国島 筆ん崎 4ノ根
Maximum Depth  14.9m
Water Temperature 22℃
Entry 11:46
Exit 12:27
Dive Time 41min.


2本目は海の上からギンガメの群れを探し、船を群れに横付けして潜りました。
1本目で見れなかった反動で、ずっとギンガメ玉を追いかけるダイビングでした。
個人的にはいろんな生き物を見たいから、ちょっと退屈。
寒かったし。
でも、みんなギンガメ目当てだから仕方ないよね。
by diver813 | 2007-05-22 01:21 | Diving Log
2007.04-05 Okinawa The 2nd Day The 1st Dive
a0013160_23554245.jpg
          すごすご


Site 粟国島 筆ん崎 2→3→2ノ根
Maximum Depth  20.2m
Water Temperature 22℃
Entry 10:19
Exit 11:08
Dive Time 49min.


2日目は粟国島へ遠征しました。
天気も悪くなく、海も穏やかだったのですが、水に入ると寒っ!
ギンガメアジを探しにきたのですが、寒さで体が強張って、ついつい海底でガサゴソやってしまいました
by diver813 | 2007-05-15 00:07 | Diving Log
2006.04-05 Okinawa The 5th Day The 3rd Dive
a0013160_034184.jpg
          やっと出た


Site 粟国島 筆ん崎 3ノ根
Maximum Depth  20.2m
Water Temperature 26℃
Entry 14:54
Exit 15:33
Dive Time 39min.

3本目も懲りずに筆ん崎。
エントリー早々出会ったのはホソカマスの群れ
で、群れを追いかけていると、アカウミガメが出てきました
こういう時は会いたい生き物に会えるもの。
程なくすると、トルネードを巻いたギンガメ玉に遭遇
しばらく外から観察していましたが、ガイドさんから「行っていいよ」という合図があったので群れに突っ込んで、追い立てて、捕食者気分を味わいました。
一斉に逃げる群れは、まるでひとつの生き物のようでした。
あー楽しかった。
でも、ギンガメアジに会えたのはうちのチームだけだったので、帰りの船も、ログ付けの時も、ギンガメの話は禁句でした。
by diver813 | 2006-06-01 00:46 | Diving Log
2006.04-05 Okinawa The 5th Day The 2nd Dive
a0013160_22464595.jpg
          こっち向いてよ!


Site 粟国島 筆ん崎 4ノ根
Maximum Depth  22.9m
Water Temperature 25℃
Entry 12:25
Exit 13:08
Dive Time 43min.

2本目も筆ん崎。
本流は爆流でした。
その中を、ギンガメ探して泳ぐ、泳ぐ。
さすがに爆流の中、バディに気を使いながらでは、あまり写真は撮れず、結局撮った写真は、流れの影で一息ついているときに撮った10枚程度、サンゴガニばかりでした。
でも、こういうしっかり体を動かすダイビング、大好き。
スポーツって感じがします。
by diver813 | 2006-05-30 22:51 | Diving Log
2006.04-05 Okinawa The 5th Day The 1st Dive
a0013160_040337.jpg
          どすこーい


Site 粟国島 筆ん崎 1ノ根
Maximum Depth  19.2m
Water Temperature 25℃
Entry 10:20
Exit 11:00
Dive Time 45min.

沖縄旅行5日目、この日も海況がよかったので、またまた粟国遠征です。
ほどよい流れの中、ギンガメの姿を追い求めましたが、残念ながら出てきてくれませんでした。
まあ、カスミチョウチョウウオの大群が綺麗だったので、よかったことにします。
by diver813 | 2006-05-30 00:41 | Diving Log
2006.04-05 Okinawa The 2nd Day The 3rd Dive
a0013160_10561627.jpg
          三度目の正直


Site 粟国島 筆ん崎 ニノ根
Maximum Depth  17.8m
Water Temperature 23℃
Entry 14:02
Exit 14:45
Dive Time 43min.

3本目、ギンガメ玉にリベンジすべく、筆ん崎に戻ってきました。
1本目と同じく、流れの中を右に左に探し回ります。
すると、ダイバーのエアが渦巻いている場所が。
「何かいるに違いない」
行ってみると、いました。ギンガメ玉。
せっかく粟国まで来たんだし、やっぱりこれを見ないとね。
でも、ちょっと残念なのが、渦巻いてはいなく、みんな流れに向かって整列している状態だったこと。
そして、もっと残念なのが、群を先導していた大きなナポレオンフィッシュを見逃したこと。
by diver813 | 2006-05-14 10:58 | Diving Log
2006.04-05 Okinawa The 2nd Day The 1st Dive
a0013160_956982.jpg
          やっぱりサンゴガニはかわいい


Site 粟国島 筆ん崎 3ノ根
Maximum Depth  18.5m
Water Temperature 23℃
Entry 10:25
Exit 11:01
Dive Time 42min.

今日は晴れ、海況もよいので粟国島へ遠征です。
海況は良いといっても、粟国島の筆ん崎。
流れで海面が段々になっています。
エントリーすると、予想通り海の中は気持ちよい激流。
その流れを横切り、流され、時には逆らって、名物のギンガメ玉を探しました。
しかし、結局会えず、動きの速いアカネハナゴイの撮影に悪戦苦闘して終わりました。ちぇ。
by diver813 | 2006-05-11 10:00 | Diving Log
2005.04-05 Okinawa The 6th Day The 3rd Dive
a0013160_1234063.jpg
          我輩の辞書に不可能の文字はない。


Site 粟国島 筆ん崎 3→2→1ノ根
Maximum Depth  18.2m
Water Temperature 23℃
Entry 14:19
Exit 15:03
Dive Time 44min.

ギンガメアジは他のチームに譲って、3本目は浅い所を堪能しました。
浅瀬にはあっちこっちにポットホールが空いています。
ガイドさんに
「遺跡だと思いますか?」
と言われましたが、
「窪みにはまった石が削ってできるんですよ。」
と夢のない答えをしてしまいました。
だってムー大陸が琉球にあったわけないし。
by diver813 | 2005-06-24 01:35 | Diving Log
2005.04-05 Okinawa The 6th Day The 2nd Dive
a0013160_2242341.jpg
          まるでひとつの生き物


Site 粟国島 筆ん崎 1ノ根
Maximum Depth  16.1m
Water Temperature 23℃
Entry 12:31
Exit 13:15
Dive Time 44min.

2本目もギンガメ玉を追って1ノ根。
エントリーしてすぐに遭遇。しばらく、ギンガメ玉の周りをぐるぐる回って、サメの気分を味わっていました。こちらの動きにあわせて、「ざわっ」と波打つ群れは、まるでひとつの意思を持っているようです。
そして、今回カスミアジはナポレオン(メガネモチノウオ)に寄り添っていました。
by diver813 | 2005-06-20 22:48 | Diving Log