The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:慶良間 ( 149 ) タグの人気記事
#538 ヒメチシオヒトデ
#538 ヒメチシオヒトデ_a0013160_18465972.jpg
【和名】 ヒメチシオヒトデ
【英名】 Queensland Biscuit Star
【学名】 Anchitosia queenslandensis
【分類】 動物界 棘皮動物門 ヒトデ綱 アカヒトデ目 ゴカクヒトデ科
【直径】 2cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は星形で盤が大きく扁平。体色は鮮やかな赤色。上縁板は大きく整列し、末板はさらに大きい。
【生態】
奄美大島以南~オーストラリア・ニューカレドニアに分布。サンゴ礁域の水深30m以浅に生息する。
【ひとこと】
一筆書きで書いた五芒星のようなきれいな星形のかわいらしいヒトデ。小型で成長しても2cmほど。サイズ的にも色的にも緑色の帽子につけたくなるヒトデです。図鑑に記載されている分布は上記の通りですが、八丈島や高知県でも目撃情報があり、分布はもっと広いかもしれません。
by diver813 | 2020-09-16 08:46 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#537 オジロバラハタ
#537 オジロバラハタ_a0013160_09044621.jpg
【和名】 オジロバラハタ
【学名】 Variola albimarginata
【英名】 White-edged lyretail
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 30cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
体は長楕円形で側扁する。尾は湾入し後縁は白色。体色は赤色で淡赤点が散在する。
【生態】
愛媛県以南の西部太平洋・インド洋に分布。サンゴ礁外縁に生息する。肉食性で魚類や甲殻類を食べる。
【ひとこと】
バラハタとよく似ていますが、バラハタは尾びれの後縁に加え、背鰭、腹鰭の後縁も黄色いことで区別できます。姿もきれいで、味も良い魚なのですが、シガテラ毒を持っていることがあり、注意が必要です。海域によっては「安全」とされていたりしますが、食べるときは自己責任で。

#537 オジロバラハタ_a0013160_09044645.jpg
by diver813 | 2020-08-06 09:06 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#528 イボヤギヤドリイトカケ
#528 イボヤギヤドリイトカケ_a0013160_19100404.jpg
【和名】 イボヤギヤドリイトカケ
【英名】  Yellow sea snail / Golden wentletrap
【学名】 Epidendrium billeeanum
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 翼舌目 イトカケガイ科
【殻高】 1cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
殻は円錐形で螺管側面は丸みを帯びる。縦肋は微細。殻は半透明で軟体部が黄色い。吻が非常に長く発達する。
【生態】
相模湾以南のインド洋・太平洋に広く分布。イボヤギの周辺に生息し、特異的にイボヤギのポリプを捕食する。イボヤギやその周辺に産卵する。
【ひとこと】
小さく、鮮やかな黄色がかわいらしい巻貝ですが、その捕食スタイルはなかなか衝撃的。殻の倍はあろう長い口を伸ばしてイボヤギのポリプに差し込み、ポリプの軟体を食べてしまいます。イトカケガイ科の特徴は大きく発達した整った縦肋ですが、本種の縦肋は発達しません。

#528 イボヤギヤドリイトカケ_a0013160_19100500.jpg
横から見た姿、少し吻が伸びているのがわかります
by diver813 | 2020-06-16 09:17 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#521 サザナミフグ
#521 サザナミフグ_a0013160_23045070.jpg
【和名】 サザナミフグ
【英名】 White-spotted puffer
【学名】 Arothron hispidus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 フグ科
【体長】 25cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は丸く歯は融合し、上下各一対の歯板を形成する。体色は緑褐色で白点が散在する。眼と胸鰭を中心とした黒斑が入り、同心円状に白線が囲む個体もいる。50cmになる。
【生態】
房総半島以南の太平洋・インド洋に分布。水深30m以浅に生息し、岩礁やサンゴ礁域とその周辺および河口など汽水域に生息する。単独で行動し雑食性で棘皮動物、軟体動物、環形動物、腔腸動物、海綿動物、藻類などを捕食する。
【ひとこと】
腹部の白点がつながりさざ波模様を形成するのでサザナミフグ。強い歯板でありとあらゆる生き物を食べてしまいます。皮膚や内臓、精巣卵巣だけでなく、筋肉にもと、ありとあらゆる場所に毒があるという報告があり食用になりません。

#521 サザナミフグ_a0013160_23044924.jpg
別角度
by diver813 | 2020-05-28 23:06 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#519 スジベラ
#519 スジベラ_a0013160_19523508.jpg
【和名】 スジベラ
【学名】 Coris dorsomacula
【英名】 Pale-barred coris / Pinklined wrasse
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ベラ科
【体長】 12cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
体は細長く強く側扁する。体色は変異が著しいが、一般的な個体は、眼を通る黄色~赤褐色の縦帯が入り、体側に淡色横帯がある。背鰭前方、胸鰭基部に黒斑が入る個体もいる。
【生態】
相模湾~ニューサウスウェールズの西部太平洋に分布。45m以浅の岩礁域・サンゴ礁域の砂底に生息し底生生物を捕食する。雌性先熟の性転換を行う。
【ひとこと】
雌、雄で色や模様が異なり、性転換中はその中間の姿、さらに場所周囲の環境や地域による変異と、カラーバリエーションが非常に豊富で、上記の特徴があまり見られない個体もいます。百聞は一見にしかずなので、図鑑や検索でカラーバリエーションを見てみることをおすすめします。

#519 スジベラ_a0013160_19523422.jpg
別角度
by diver813 | 2020-05-26 23:12 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#498 コールマンミノウミウシ
#498 コールマンミノウミウシ_a0013160_19304392.jpg
【和名】 コールマンミノウミウシ(仮称)
【学名】 Phyllodesmium colemani
【英名】 Coleman's Phyllodesmium
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 アオミノウミウシ科
【体長】 3cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体は細長く灰褐色から褐色。背側突起は細長く湾曲し縁は淡色。触覚は短く先端は白色。前足隅は三角形。
【生態】
中西部太平洋・インド洋に分布。潮通しのよいサンゴ礁域に生息する。特異的にクダサンゴを捕食し、これに着生する。体内に褐虫藻を共生させる。
【ひとこと】
ギリースーツを纏ったスナイパーのように擬態が見事なミノウミウシ、クダサンゴを見つけたら「いる」と思って探さないと絶対見えない。背側突起は刺激を受けると自切してしまうので、触れずに観察しましょう。

#498 コールマンミノウミウシ_a0013160_19304951.jpg
わかりやすいようにウミウシ以外をモノクロにしました。

#498 コールマンミノウミウシ_a0013160_19304391.jpg
ちょっと離れるとどこにいるかわかりません。
by diver813 | 2020-04-20 19:35 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#496 アデヤカニセツノヒラムシ
#496 アデヤカニセツノヒラムシ_a0013160_19541441.jpg

【和名】 アデヤカニセツノヒラムシ
【英名】 Fuchsia flatworm
【学名】 Pseudoceros ferrugineus
【分類】 動物界 扁形動物門 渦虫鋼 多岐腸目 ニセツノヒラムシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
体は扁平で柔らかい。頭部の縁は捲れ触角状になる。体色は赤色で黄色に縁どられ、背中には小白点が散在し、辺縁ほど小さく密に入る。
【生態】
伊豆半島以南のインド洋・太平洋のに分布。珊瑚礁域の礁原や礁斜面に生息する。
【ひとこと】
手元の図鑑では本種が記載されていても「ニセツノヒラムシの一種」とかしかなく、標準和名は確認できていませんので通称かも。参考となる資料なく、特徴のまとめ方に苦労しました。平たい楕円形で縁が黄色、次が赤茶、真ん中はぼわっと青白く光っている感じでビロードっぽい・・・とは書けませんし。英名の"Fuchsia"はお花ですね。三原色のマゼンダの元の色のお花。南西諸島ではよく見かけるヒラムシです。目立つし。
by diver813 | 2020-04-18 20:10 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#492 ムラサキウミコチョウ
#492 ムラサキウミコチョウ_a0013160_02191141.jpg
【和名】 ムラサキウミコチョウ
【英名】 Batwing slug
【学名】 Sagaminopteron ornatum
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 頭楯目 ウミコチョウ科
【体長】 1cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体色は紫色で、良く伸張する頭楯後端と内臓嚢後部の突起は橙色。側足が描き側面を覆う。
【生態】
日本、フィリピン、オーストラリア、ニューカレドニアに分布。岩礁域・珊瑚礁域に生息する。側足を羽ばたかせるようにして泳ぐことができる。
【ひとこと】
とても小さなウミウシですが、目に付きやすい色をしているため、ぼちぼち見かけます。ぱたぱた、ひらひらと泳ぐ姿がかわいらいく印象的です。海外で"Batwing Slug"と呼ばれているのは、蝙蝠の羽に似てるためか、バットマンの航空機に似てるからなのか、どちらでしょうね。

泳ぐ姿
by diver813 | 2017-07-24 02:26 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(2)
#491 ハマフエフキ
#491 ハマフエフキ_a0013160_02293671.jpg
【和名】 ハマフエフキ
【英名】 Spangled emperor
【学名】 Lethrinus nebulosus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 フエフキダイ科
【体長】 60cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
比較的体高が高く側扁し口が突出する。主鰓蓋骨より前方に鱗はない。体色は淡青色で、黄色の模様が入る。色彩変異が著しく暗色の縞模様や網目模様が出現する場合もある。
【生態】
千葉県以南のインド洋・西部大西洋に分布。珊瑚礁周辺の海底近くに生息する。肉食性で魚類・甲殻類・軟体動物・棘皮動物を食べる。産卵期は2月~11月(沖縄)。雌性先熟の性転換を行う。
【ひとこと】
沖縄の地方名はタマン。タカサゴと県魚の座を最後まで争ったんだとか。小型の魚が多い珊瑚礁域で見られる割と大きなお魚なので、存在感があります。しかし警戒心が強く、なかなか近寄らせてくれません。大型なのでゆったり泳いでいるように見えても、なかなかの速力が出ていたりします。なので、近寄るには他のダイバーの動きなどを見ながら進路を予測し待ち伏せするのが吉。釣魚としても人気で、癖が無く美味。

by diver813 | 2017-07-19 02:30 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#489 サンゴトラギス
#489 サンゴトラギス_a0013160_01331182.jpg
【和名】 サンゴトラギス
【英名】 Redbarred Sandperch
【学名】 Parapercis multiplicata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 トラギス科
【体長】 12cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は円筒形で細長く、吻部が尖る。地色は白色で、背面に淡褐色の鞍状横帯、体側に赤色の細い横帯が入る。
【生態】
八丈島・沖縄・オーストラリア西部・ニューカレドニア・ピトケアン諸島に分布。40m以上浅の珊瑚礁域の砂礫底に生息する。単独もしくは小さな群れで行動する。
【ひとこと】
地味な模様が多いトラギスの中では、わりと可愛らしい色をしているのは本種とハワイトラギス。トラギスも暖かい海に生息する種類は派手になるんですかね?ハワイトラギスとは、体の模様のパターンで区別できます。

#489 サンゴトラギス_a0013160_01330624.jpg

正面顔
by diver813 | 2017-06-28 01:35 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)