The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:奄美 ( 217 ) タグの人気記事
2014.08 奄美 The 4th day The 3rd Dive
2014.08 奄美 The 4th day The 3rd Dive_a0013160_19480764.jpg
          きれいな海


Site 奄美大島 カドグチ
Maximum Depth  18.6m
Water Temperature 27℃
Entry 15:26
Exit 16:07
Dive Time 41min.
カドグチの見どころは大きなミドリイシ。
午前中がダイナミックでディープなダイビングだったので、3本目はのんびり楽しみました。
by diver813 | 2020-07-31 08:55 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2014.08 奄美 The 4th day The 2md Dive
2014.08 奄美 The 4th day The 2md Dive_a0013160_21331903.jpg
          スキマが好き


Site 奄美大島 三ツ瀬
Maximum Depth  28.1m
Water Temperature 28℃
Entry 11:45
Exit 12:31
Dive Time 46min.
かくれ根のとなりのポイント。
海底にはクレバスが走り、その壁面は複雑な地形をしていて、様々な生き物を見ることができます。
程よいサンゴが多く、オオアカホシサンゴガニが多くみられますが、潮の流れも速いので、サンゴの隙間を狙うのはちょっと大変。
by diver813 | 2020-07-10 09:06 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2014.08 奄美 The 4th day The 1st Dive
2014.08 奄美 The 4th day The 1st Dive_a0013160_00024884.jpg
          蒼い


Site 奄美大島 三ツ瀬かくれ根
Maximum Depth  47.3m
Water Temperature 27℃
Entry 09:53
Exit 10:36
Dive Time 43min.
太平洋側、沖にある根のダイナミックなポイント。
そびえる岩は海底から60mほど直立していて、潮の流れが速く透明度も抜群。
明るいので油断していると、ついつい深くまで潜ってしまいます。

by diver813 | 2020-07-07 09:21 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2014.08 奄美 The 3rd day The 2nd Dive
2014.08 奄美 The 3rd day The 2nd Dive_a0013160_18550139.jpg
          スイー


Site 奄美大島 土盛下
Maximum Depth  20.1m
Water Temperature 28℃
Entry 14:04
Exit 14:57
Dive Time 53min.
大変美しいことで有名な土盛海岸近くのポイント。
陸の景色もきれいですが、離岸流に刻まれた砂とサンゴ礁が織りなす海中もなかなかのものです。
by diver813 | 2020-07-03 09:17 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2014.08 奄美 The 3rd day The 1st Dive
2014.08 奄美 The 3rd day The 1st Dive_a0013160_20375480.jpg
          お腹が重そう


Site 奄美大島 一反瀬
Maximum Depth  19.0m
Water Temperature 28℃
Entry 09:52
Exit 10:38
Dive Time 46min.
空港横のポイントですが、埋め立てなんて全くなかったかのような、本当に美しいポイント。白い砂地に点在する離れ根で、じっくりと生物の観察をしました。
by diver813 | 2020-07-01 08:45 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2014.08 奄美 The 2nd day The 1st Dive
2014.08 奄美 The 2nd day The 1st Dive_a0013160_20010284.jpg
          じろり


Site 奄美大島 円瀬北
Maximum Depth  11.9m
Water Temperature 28℃
Entry 9:57
Exit 10:43
Dive Time 46min.

抜群のコンディションの中、空港南のポイントへ。
青い太平洋の海を堪能しました。
by diver813 | 2020-06-26 09:11 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2014.08 奄美 The 1st day The 1st Dive
2014.08 奄美 The 1st day The 1st Dive_a0013160_11392624.jpg
          よちよち


Site 奄美大島 マキスミ
Maximum Depth  17.1m
Water Temperature 28℃
Entry 16:31
Exit 17:04
Dive Time 43min.

夕方の穏やかな海へダイビング。
穏やかすぎて、ダイビングよりダイビング後のビールと美味しい魚の印象の方が強い初日でした。
by diver813 | 2020-06-24 09:22 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#530 アカテンイロウミウシ
#530 アカテンイロウミウシ_a0013160_19471486.jpg
【和名】 アカテンイロウミウシ
【学名】 Ardeadoris cruenta
【英名】 N/A
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 3cm
【撮影地】 奄美 水深5m
【特徴】
体は幅の広い楕円形で縁は波打つ。体色は黄色で赤色斑の並ぶ白色帯が背面を囲む。触覚は山吹色で白線が入る。
【生態】
和歌山県以南の西部太平洋に分布。潮通しのよい岩礁域・サンゴ礁に生息する。
【ひとこと】
黄色がベースの優しいカラーリングに赤のワンポイント、フリルのようにひらひらする外套膜と、ガーリー系な見た目のウミウシ。ウミウシの造形をベースにした子供服ブランド立ち上げたりしたら、成功しそうな気がするのは私だけでしょうか。

#530 アカテンイロウミウシ_a0013160_19471454.jpg
#530 アカテンイロウミウシ_a0013160_19471492.jpg
別角度
by diver813 | 2020-06-23 08:45 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#522 スザクサラサエビ
#522 スザクサラサエビ_a0013160_02130687.jpg
【和名】 スザクサラサエビ
【英名】 Hingebeak shrimp / Camel shrimp
【学名】 Rhynchocinetes durbanensis
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 サラサエビ科
【体長】 3cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
第3腹節の背部が盛り上がり、額角は関節を持ち可動する。第1・2胸脚に鋏を持ち、雄の第1鋏脚は大きい。体色は透明で、赤色線と白色線、白点が交差する。頭胸甲後縁と第3腹節の頂点から斜め前方に明瞭な白線が入る。
【生態】
琉球諸島以南の西部太平洋、インド洋の岩礁・サンゴ礁域に生息する。夜行性で日中はサンゴの裏側などに隠れる。岩の表面や魚類体表の有機物を食べる。
【ひとこと】
離れ根のサンゴの隙間などでよく見かけるエビ。クリーナーシュリンプで手を広げてじっとしていると、上ってきてツンツン掃除をしてくれます。サラサエビの仲間は模様が複雑で覚えにくいのですが、盛り上がった背中の頂上から斜め前に向かう明瞭な白線があるのが本種です。

#522 スザクサラサエビ_a0013160_02130646.jpg
整然と並んだ複眼がきれい
by diver813 | 2020-06-02 08:58 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#518 レンゲウミウシ
#518 レンゲウミウシ_a0013160_00051449.jpg
【和名】 レンゲウミウシ
【学名】 Mexichromis multituberculata
【英名】 N/A
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 2cm
【撮影地】 奄美 水深5m
【特徴】
体は細長い楕円形で腹足がよく伸びる。体色は淡い黄褐色で背面突起の基部は白く先端は紫色。外套膜周縁は橙黄色で縁どられる。触覚・二次鰓は紫色。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋に分布。内湾の砂地やガレ場の転石下に生息し、カイメン類を食べる。
【ひとこと】
最大22mmの小さくて色彩までかわいらしいウミウシ。瀬戸・紀伊で発見され、香港・海南島で続いて見つかったウミウシですが、調べてみると今は西部太平洋の様々な場所で見かけられているようです。こちらは日本で見られる一般的な色ですが、場所によって色彩変異があり、画像検索するとオレンジ色の縁が紫になっている個体の写真なども出てきます。

#518 レンゲウミウシ_a0013160_00051571.jpg
横から見た姿

#518 レンゲウミウシ_a0013160_00051538.jpg
小さな個体
by diver813 | 2020-05-23 00:07 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)