The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:八重山 ( 37 ) タグの人気記事
#525 ソメワケヤッコ
#525 ソメワケヤッコ_a0013160_09214447.jpg
【和名】 ソメワケヤッコ
【英名】 Bicolor angelfish
【学名】 Centropyge bicolor
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 キンチャクダイ科
【体長】 10cm
【撮影地】 八重山 水深25m
【特徴】
体は楕円形で強く側篇する。体色は前半が黄色で、後半は青、尾鰭は黄色。眼から頭頂部にかけて青色帯が入る。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋、インド洋に分布。岩礁域、珊瑚礁域の礁斜面、礁湖などに生息する。雌性先熟の性転換を行う。小動物や藻類を食べる雑食性。
【ひとこと】
体の前半と後半でぱっきり黄色と青にわかれたカラーリングが特徴。このように色がはっきり分かれた魚はよく「染め分け」という名前がついています。8匹程度でハーレムを形成し、最も大きい1匹が雄。ハーレムから雄がいなくなった時は、雌の中で最も大きい個体が20日程度かけ雄に性転換します。その姿から観賞魚としても人気で、価格は1,000円程度。
by diver813 | 2020-06-05 09:24 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#523 スジオテンジクダイ
#523 スジオテンジクダイ_a0013160_01351886.jpg
【和名】 スジオテンジクダイ
【英名】 Copperstriped cardinalfish
【学名】 Ostorhinchus holotaenia
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 テンジクダイ科
【体長】 4cm
【撮影地】 石垣島 水深30m
【特徴】
体は長卵形で側扁する。体色は光沢のある黄色~橙色で体側に5本の細い白色縦帯が入り、内2本は眼を通り、腹側の1本は鰓蓋から腹鰭基部にかけて不連続となる。
【生態】
千葉県以南の西部太平洋・インド洋・紅海に分布。岩礁域やサンゴ礁域に生息する。雄が口内保育を行う。小規模な群れを形成し小型の甲殻類や魚類を捕食する。
【ひとこと】
もともとキンセンイシモチとされていたため、たいへんキンセンイシモチに似ていますが、一番下側の白線の前方は連続せず、点線になっているため区別できます。同種とされていたときは「ドット型」と呼ばれていて、現キンセンイシモチは「ライン型」と呼ばれていました。
by diver813 | 2020-06-03 08:54 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#506 アオボシヤドカリ
#506 アオボシヤドカリ_a0013160_14000057.jpg
【和名】 アオボシヤドカリ
【学名】 Dardanus guttatus
【英名】 Blue knee hermit crab
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 ヤドカリ科
【甲幅】 2cm
【撮影地】 八重山 水深5m
【特徴】
頭胸甲および腹節は著しく縦扁し脚は剛毛で覆われる。甲の背面は白色。体側と脚は赤褐色で、小白点が散在する。額部及び鋏脚、歩脚の腕節に水色斑が入る。
【生態】
紀伊半島以南の太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁や岩礁の礁斜面や礁原に生息する。クモガイ、スイジガイ、ゴホウラなどの殻口の扁平な貝を宿貝にする。
【ひとこと】
からだ平たいですね。ぺっらぺら。殻口の細い貝に適応してこんな平らな体になっています。見つけたら貝の口を上にしてそっと置いておくと、身を乗り出すのでぺらぺらの体を見ることができます。大きな個体はゴホウラなどを宿貝としますが、小さな個体はイモガイ、タカラガイなどを宿貝にします。特徴はなんといってもターコイズの指輪をしているような脚の模様。

#506 アオボシヤドカリ_a0013160_14000157.jpg
ライティング違い、額の青色斑が確認できます。
by diver813 | 2020-05-02 14:03 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#503 オオモンハゲブダイ
#503 オオモンハゲブダイ_a0013160_19472234.jpg
【和名】 オオモンハゲブダイ
【学名】 Chlorurus bowersi synonym:Scarus bowersi
【英名】 Bower's parrotfish / Orange-blotch parrotfish
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ブダイ科
【体長】 25cm
【撮影地】 八重山 水深5m
【特徴】
体は水滴形で、前方の体高が高く顎葉は嘴状。雄は眼の後方から腹部にかけて三角形の橙色斑が入る。
【生態】
琉球列島~ジャワ島・パプアニューギニア~ミクロネシアの西部太平洋に分布。サンゴ礁の礁斜面や礁縁、水道などに生息し糸状藻類を食べる。
【ひとこと】
オレンジ色の三角模様が目立つブダイ。近くに褐色で尾が白いブダイがいたら、たぶんペアの雌。硬い嘴でサンゴの骨格や岩をごと藻類をかじり、喉の奥にある咽頭歯で細かくすりつぶし藻類を消化、すりつぶし砂状になった岩は消化されず排泄します。そしてこの糞もサンゴ礁の白い砂浜の素になります。そう、きれいな砂浜を作っているのはブダイのウンチです(それだけじゃないけど)。

by diver813 | 2020-04-28 19:51 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#502 クダサンゴ
#502 クダサンゴ_a0013160_22494086.jpg
【和名】 クダサンゴ
【英名】 Organ pipe coral
【学名】 Tubipora musica
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 ウミトサカ目 クダサンゴ科
【個体直径】 3mm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
直径3mmほどの赤色の管が蜂の巣状に集まった骨格を作り群体を形成する。ポリプは白色~淡緑褐色で8枚の羽状の触手を広げる。
【生態】
奄美諸島以南の西部太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁域の礁池や礁斜面で最大1mの群体を形成する。
【ひとこと】
名前の通り管状の骨格が特徴的なサンゴ。先に出てきたコールマンミノウミウシが特異的に食べるサンゴ。ハナヅタなどに似ていますが、本種の骨格は赤いので区別できます。英名も由来は骨格。この赤い骨格は美しく、置物にされたりしています。ビーチコーミングでもたまに見かけるので、拾ったらこの独特の骨格を観察してみてください。
by diver813 | 2020-04-24 22:52 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#501 クラカケエビス
#501 クラカケエビス_a0013160_00511648.jpg
【和名】 クラカケエビス
【学名】 Sargocentron caudimaculatum
【英名】 Silverspot squirrelfish
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 キンメダイ目 イットウダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
体は側扁し鱗は大きく硬い。体色は赤色で、背鰭軟条より後半もしくは尾柄上部は白色。最大で25cmほどになる。
【生態】
土佐湾以南の西部太平洋、インド洋に分布。40m以浅のサンゴ礁域に生息し、甲殻類を主に捕食する。
【ひとこと】
なんか赤くて似ている魚が多いイットウダイ科。図鑑では見分けるポイントとして記載されていませんが、本種を見分けるには目の後縁、主鰓蓋骨基部と外縁部の横白線と主鰓蓋骨棘上部の短い縦白線、胸鰭基部の白点がわかりやすいかと(図1)。生きている時は背鰭軟条~臀鰭より後ろが白い個体が多いのですが、死んでしまうと尾柄上部にぽつんと鞍のように白斑を残し、他は赤くなってしまいます。これが名前の由来。生きている個体でも尾柄上部のみ白い個体も見かけるので、おそらくですが、興奮している時などは、赤の面積が増えるのだと思います。

#501 クラカケエビス_a0013160_01150549.jpg
図1
by diver813 | 2020-04-24 01:23 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#499 テングカワハギ
#499 テングカワハギ_a0013160_01351494.jpg
【和名】 テングカワハギ
【学名】 Oxymonacanthus longirostris
【英名】 Orange spotted filefish / Harlequin filefish
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 カワハギ科
【体長】 9cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は細長く強く側扁し、吻が管状に突出する。体色は青緑色で黄色の斑紋が縦に並ぶ。腹部の膜状部が黒く、雄はここに白色点が散在する。
【生態】
和歌山以南の中・西部太平洋、インド洋に分布。30m以浅のサンゴ礁域に生息し、ミドリイシ類のポリプを捕食する。一夫一妻制でペアで行動する。
【ひとこと】
個性的で美しい模様のカワハギ。細長い口でミドリイシ科のサンゴのポリプを啄みます。かわいい見た目から観賞用としても多少流通していますが、サンゴのポリプだけを食べるという食性的に、飼育にはかなり無理があります。海の中に会いに行きましょう。

#499 テングカワハギ_a0013160_01352042.jpg
サンゴを啄んでいるところ
by diver813 | 2020-04-22 01:38 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#494 ノコギリガニ
 #494 ノコギリガニ_a0013160_18111784.png

【和名】 ノコギリガニ
【英名】 Common Decorator Crab
【学名】 Schizophrys aspera
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 クモガニ科
【甲幅】 7cm
【撮影地】 八重山 水深20m
【特徴】
甲はほぼ円形で前方に尖る。甲面は密に顆粒で覆われ棘が混ざる。額棘と眼後棘は1個の副棘を有する。前側縁の5棘は大きく尖る。鋏脚掌部は平滑で長い。体色は赤。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋、インド洋・紅海に分布。40m以浅の岩礁域に生息する。体表にカイメンやコケムシなどを付着させている個体もいる。夜行性で日中は岩の隙間や洞窟に隠れる。
【ひとこと】
洞窟で遭遇した結構大きめの個体です。かっこいい。この個体は鋏脚の大きいので雄。この鋏脚は背中まで回るのでどこを掴んでもつねられて痛い思いをします。挟まれなくても、体中鋭い棘だらけなので痛い思いをします。



動画


 #494 ノコギリガニ_a0013160_18113589.png
背面
by diver813 | 2020-04-15 22:40 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#482 ワモンキセワタ
#482 ワモンキセワタ_a0013160_01080073.jpg
【和名】 ワモンキセワタ
【英名】 Pilsbry's headshield slug
【学名】 Philinopsis pilsbryi
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 頭楯目 カノコキセワタガイ科
【体長】 4cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
頭部は楯状で触角がなく、貝殻は退化し体内に埋没する。側足の縁は波打たず、なめらかな弧を描き側面を覆う。体色は半透明の白色~淡黄色で、腹足以外の全身に輪が連なったような暗色の斑紋が入る。
【生態】
屋久島以南、マダガスカル~ハワイの中部太平洋・西部太平洋・インド洋に分布。内湾・外洋を問わず砂礫底に生息する。
【ひとこと】
色彩やパターンの変異が激しく、暗色が赤かったり、暗色斑紋の割合が多く、白い水玉模様に見える個体もいるようです。個人的には、こういうサイケデリックな模様を見ると、不安な気持ちになるので少し苦手。

by diver813 | 2017-06-02 01:08 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#475 オニハタタテダイ
#475 オニハタタテダイ_a0013160_23140685.jpg
【和名】 オニハタタテダイ
【英名】 Masked bannerfish
【学名】 Heniochus monoceros
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 25cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は強く側篇し、頭頂部に突起がある。背鰭第4棘が伸張する。体色は白色で背鰭後部とその周囲、臀鰭、尾鰭は黄色。腹部に向かって広がる3本の太い黒帯が入り、頭部の横帯は背鰭棘部に達する。
【生態】
伊豆七島、田辺湾以南の西部太平洋、インド洋に分布。水深20m以浅の岩礁域・珊瑚礁域に生息し、ペアで行動することが多い。ゴカイ類や甲殻類などの底生動物を捕食する。
【ひとこと】
ハタタテダイ属の中では最大の魚。シマハタタテダイとよく似ていますが、シマハタタテダイは頭部の黒帯が背鰭に達さないので区別することができます。顔の白いハタタテダイやムレハタタテダイとも似ていますが、顔が黒い→黒い顔は背びれに達する、という順序で見分けるのがいいと思います。

by diver813 | 2017-05-16 23:16 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)