The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:光 ( 7 ) タグの人気記事
2008.09 Okinawa The 1st Day The 1st Dive
a0013160_156975.jpg

          地形が楽しいポイントでした


Site 神山島 南ラビリンス
Maximum Depth  12.8m
Water Temperature 27℃
Entry 13:21
Exit 14:12
Dive Time 51min.

久しぶりに沖縄にやってきました。
そしてはじめてチービシにやってきました。
とにかく近い。
飛行機で着いたその日に、のんびり沖縄そば食べてからでも2ダイブできるっていうのはなかなかです。
最初に潜ったのはラビリンス。
その名のとおりアーチ、クレバス、トンネルが入り組んでいます。
この穏やかな海で、青い光を眺めているときは、この旅の後半の海は想像もできませんでした。
by diver813 | 2008-11-14 02:05 | Diving Log
2007.10 Amami The 1st day The 1st Dive
a0013160_23403952.jpg
          また来ちゃいました


Site 奄美大島 六丁目
Maximum Depth  17.8m
Water Temperature 25℃
Entry 12:51
Exit 13:26
Dive Time 35min.

ちょっと風が強く、飛行機でも、
「着陸できなかったら引き換えします。」
と脅されながらはじまった10月の奄美、一本目は北風を避けて六丁目。
夏が終わった海の中は、今シーズン生まれた子供以上大人未満の魚がいっぱいのいつもとは違う海でした
by diver813 | 2008-02-06 00:29 | Diving Log
2006.08 Amami The 4th day The 3rd Dive
a0013160_21592349.jpg
          青い海ともしばらくお別れ


Site 奄美大島 一反瀬
Maximum Depth  19.1m
Water Temperature 29℃
Entry 15:42
Exit 16:34
Dive Time 52min.

今回の奄美大島最後のダイビングは、一反瀬。
奄美空港の眼と鼻の先とは思えないほど綺麗なポイント。
ボコボコ穴が開いた地形も楽しい。
砂に隠れている魚と遊んだり、小物を探し回ったり、気が済むまで楽しみました。
by diver813 | 2006-10-09 22:00 | Diving Log
Lesson2 海はなぜ青い?
a0013160_1174171.jpg
太陽の光は虹で見えるように、波長が長い順に赤→橙→黄→緑→青→藍→紫の7色に分かれます。
空が青いのは、波長の短い青は大気中の粒子にあたっていろんな方向に散らばりますが、波長の長い赤は直進するので、散乱した青い光が目に入るために青く見えるのです。夕日は、より長い距離の大気を通ることになり、散乱せずに残った赤い光だけが届くため赤く見えるのです。雲が白いのは水蒸気が全部の光を散乱させるからです。
海が青く見える理由も、この理由と同じ青い光の散乱によるものと考えている人が多いのですが、実は違います。
水を構成する水素と酸素の原子は一定の周期で振動しています。そしてその周期が赤い光の波長と共振するので、赤い光が吸収されてしまうのです。
こうして、赤が吸収されて残った青い光が、海底や水中の粒子に反射されたのに加え、海の表面で空の色が反射されるので、海は青く見えるのです。

ちょっと難しい話になりましたが、簡単に言うと、水が赤い光を吸収して、海が青い空を映しているから、海が青く見えるということです。

以前icedayさんのところで話題になったことがあるのですが、海に潜ると赤→黄→青の順で色が無くなります。
これも水による赤い光の吸収のためで、赤い色は水深10mでは黒にしか写りません(肉眼ではある程度、色彩を感じることができるのですが)。なので、水中で撮った写真はフラッシュを焚かない限り青くなってしまうのです。

同じ被写体でも、水深20mで写すとこんなに違うんですよ。
フラッシュなし
フラッシュあり
by diver813 | 2005-01-08 01:18 | Study Room
2004.08-09 Okinawa The 7th day The 2nd Dive
a0013160_18413924.jpg
          洞窟に漏れる光は幻想的。


Site 沖縄 真栄田岬(洞窟)
Maximum Depth  21.4m
Water Temperature 28℃
Entry 15:07
Exit 16:27
Dive Time 80min.

ランチにロリ弁(嘉手納のロータリーにあるお弁当やさんの弁当)を食べて、2本目は洞窟。
真栄田岬は知人に会うことが多い。
いざエントリー。と、思ったら、いきなり名前を呼ばれ、振り向くと、大学の友人が・・・
「忙しいから遊べない」と、言っていたのに、遊びに来てやがる。ひどいなぁ。
洞窟方面はダイバーも多いけど、ツバメウオも多い。しかも、やたら人懐っこい。
カメラの前に割り込んできたりしていて、「邪魔だなぁ・・・」と思っていた次の瞬間、
がぶり
と、シャッターボタンにかけた人差し指を齧られました。この時、反射的に手がでてしまい、ツバメウオを殴ってしまったのですが、奴は懲りずに寄ってきていました。
にしても、魚をグーで殴ったのは、はじめて。餌付けされすぎ。
久しぶりだったので、ちゃんと洞窟へ辿り付けるか不安でしたが、目印のブロックが残っていたおかげもあって、一発で到着。
1時間20分、たっぷり海中散歩を楽しみました。
by diver813 | 2004-09-24 10:40 | Diving Log
2004.08-09 Okinawa The 6th day The 1st Dive
a0013160_15553789.jpg
          なにもかもが青い。


Site 慶良間 下曽根
Maximum Depth  33.8m
Water Temperature 27℃
Entry 10:26
Exit 11:02
Dive Time 36min.

今日は上級者チームでドリフトダイビング。
岩にへばりつきながら、アゲインストの中を泳ぐ→しがみつく→泳ぐ→しがみつく。
すっげー!このショップのドリフトって、流されるんじゃなくて、流れに逆らうんだ!と驚き、「負けてたまるか!」と、頑張ってエアを渋ってみました。
上がってみると、残圧が80も残っていて(タンクの残圧は通常満タンで200気圧)、苦しい思いをする必要なかった・・・と反省。
後で聞いた話だと、流れに逆らいたかったわけではなく、潜降が遅れた人がいたため、最初に流されてしい、目的地に行くには止むを得なかったらしい。
by diver813 | 2004-09-17 23:07 | Diving Log
海に帰る
a0013160_20320.jpg
ダイビングはいい。
水の中という非日常の空間はいいリフレッシュになる。
意外と静かだし。
耳を澄ますと魚や甲殻類の鳴き声も聞こえる。

中層でふわふわ漂うのもいいし、思いっきり泳いでみてもいい。
生き物を観察しても色んな発見がある。

あ、冬は寒いのでお薦めできません。

週末、おすすめのストレス解消法は?
by diver813 | 2004-04-09 23:00 | Trackback