The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:二枚貝 ( 14 ) タグの人気記事
#446 イソハマグリ
a0013160_16271189.jpg
【和名】 イソハマグリ
【学名】 Atactodea striata
【分類】 動物界 軟体動物門 二枚貝綱 マルスダレガイ目 チドリマスオガイ科
【殻長】 2cm
【撮影地】 沖縄 水深0.5m
【特徴】
貝殻は亜三角形で、後方がやや尖る。殻表には粗い輪脈がある。殻は白色で老成すると褐色の輪紋を生じる。
【生態】
紀伊半島以南に分布。粗い砂浜の潮間帯に生息し、砂に潜って生活する。
【ひとこと】
スナホリガニと同じように、さらさらの砂浜より、歩くとシャリシャリ鳴るような、粗い砂浜にいます。数センチしか潜っていないので、波打ち際を軽く撫でるように掘るだけで見つけることができます。小さいのですが、味はハマグリに似ていて良い出汁が出るため、地元では味噌汁の具などに使われます。

a0013160_16273598.jpg
上から見た貝殻
by diver813 | 2009-05-31 16:28 | 海洋生物図鑑
2008.09 江之浦 The 1st Dive
a0013160_0411889.jpg
          講習で見せる生き物か?


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  14.0m
Water Temperature 24℃
Entry 9:08
Exit 10:55
Dive Time 57min.

プール講習の次は海洋実習!
なのに、海は今年最悪の透明度。
水面付近は1m先が見えず、水底でも5m程度。
せっかくの初オープンウォーターだったので、ちょっと残念なコンディションでした。
by diver813 | 2008-10-07 00:41 | Diving Log
#392 ミズイリショウジョウガイ
a0013160_23565699.jpg
【和名】 ミズイリショウジョウガイ
【学名】 Spondylus varius
【分類】 動物界 軟体動物門 二枚貝綱 ウグイスガイ目 ウグイスガイ科
【殻長】 20cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
貝殻はほぼ円形で、左殻は右殻に比べ平たい。靭帯はひとつで、右殻から出る足糸で岩に張り付く。殻室内に水が貯まる。
【生態】
奄美以南に分布。珊瑚礁域の崖や洞窟のオーバーハングに固着して生活する。水中を漂うプランクトンを濾しとって食べる。
【ひとこと】
「にぃっ」と開いた口のような姿が印象的な二枚貝。大きさもちょうど人の口のサイズなので、なかなかいい感じです。貝殻に空洞があって、そこに水が貯まっているため「ミズイリ」という名前がついています。美味しいらしいのですが、残念ながら食べたことはありません。
by diver813 | 2007-09-11 23:58 | 海洋生物図鑑
2005.06 大瀬崎 The 2nd Dive
a0013160_0481230.jpg
          喰ッテヤロウカ?


Site 大瀬崎 先端
Maximum Depth  23.6m
Water Temperature 15℃
Entry 13:56
Exit 14:38
Dive Time 42min.


2本目は先端。
すっこーんと抜ける透明度を期待していたのに、かなり濁り気味でした。
なので、ガサゴソダイビングに変更。
石をひっくり返してはフワフワのウミウシの卵にうっとりしたり、ゴカイ類を撮ってみたり、ユキミノガイと戯れてみたりしていました。
上がる直前にはなぞの白骨死体と遭遇。
猫っぽいけど、長すぎる気もするし・・・
何だろう、気になる。
by diver813 | 2006-07-12 00:57 | Diving Log
海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学(補講)
a0013160_2102865.jpg
          いくつたべてもんまい。


再び厚岸の牡蠣をお取り寄せして、学んで、食べて、呑みました。

参加メンバーは
たけさん
歩いたり立ち止まったりしながらのまっくさん
a TraceのSachieさん
フラプッチ~のダイビング日記。のfrappucciさん
しゃちのつぶやきのビルバインさん
一獣三菜のkuricawaさん
じぶんの日記の55aiaiさん
自分を合わせて8人でした。
前回同様、牡蠣は美味しいのか、どうすれば簡単に開けられるか、ということを解剖しながら学び、今回はさらに牡蠣の心臓を観察したりしました。
その後、牡蠣は生で、天ぷらで、スープで、オーブン焼で、うどんで美味しくいただきました。
でも、生牡蠣用のレモン、出し忘れた!終わった後、冷蔵庫にてんこもりになったレモンを見て気付きました。参加者のみなさん、ごめんなさい。
そして、今回は赤海老エイトのsimarisu10さんから、特大のボタンエビと、新種のボタンエビ(一般に言うボタンエビはタラバエビ属の一部のエビの総称。ちゃんと和名がボタンエビというエビもいます)を各1kgをいただきました。特大のボタンエビはお刺身、新種のボタンエビは天ぷらにしていただきました。生でも火が通ってても、ねっとりしていて旨い。こういうエビを食べると、保水剤でプリプリにしてあるエビが嘘だとわかります。
simarisu10さん、どうもありがとうございました。

>たけさん
準備を手伝ってくれてありがとう。今度は姉も参加するそうです。
>まっくさん
天ぷら、うどん担当ありがとうございました。こうちさんも交えてまたやりましょう。
>Sachieさん
声が出ないとのことで、あまりお話ができなかったのが心残りです。次回はいっぱいお話しましょうね。それから、お孫さんがかわいかったです。
>frappucciさん
次は海で会いましょう、手足チャック付きのロクハン楽しみにしています。チョコレートケーキありがとう。
>ビルバインさん
やはり牡蠣は二個が限界なのですね。でも、今回は貴重なエビあったからよかったかな?チョコレートケーキありがとう。
>kurikawaさん
イグアナをめちゃめちゃ撫でていましたね。イグアナをあんな撫で方する人ははじめてです。それからパウンドケーキありがとうございました。
>55aiaiさん
あの牡蠣をaiさんならどう写すか、すごく興味があったんです。そしたら、オーブン焼きをあんなに美味しそうに撮っていただいて・・・嬉しかったです。それから、お土産のクリームチーズと豆乳のブランマンジェ、美味しい裏メニューという貴重な品をありがとうございました。
>母
今回もありがとう、感謝しています。

みなさん、ご参加ありがとうございました。

メンバーの実習レポート
kurikawaさん 海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学(補講)
ビルバインさん 海洋生物実習Ⅲ【マガキの解剖学】補講
Sachieさん 牡蠣オフ会
55aiaiさん 海洋生物学実習Ⅲ マガキの解剖学(補講)で牡蠣三昧
frappucciさん 海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学(補講)に参加してきました
by diver813 | 2006-02-13 21:06 | Study Room
海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学(補講)のお知らせ
*牡蠣オフ(第二回)のお知らせです。当日(2月11日)までこのエントリがトップにくるよう設定しています。
*今回も赤海老エイトのsimarisu10さんから、素敵なエビをいただいています。
*いよいよ本日開催です。

内容詳細
by diver813 | 2006-01-16 21:44 | Study Room
海洋生物学実習Ⅲ マガキの解剖学
a0013160_19182084.jpg
          しっかり勉強もしています。


厚岸の牡蠣をお取り寄せして、学んで、食べて、呑みました。
*参加者は宿題のレポートの提出をお願いします。

参加メンバーは
潜水馬鹿のたけさん
歩いたり立ち止まったりしながらのまっくさん
Hagiさん
くらげねこの雑記帳のくらげねこさん
*pure hearts*のさくらさん
しゃちのつぶやきのビルバインさん
たべもの日記のayuiceさん
フラプッチ~のダイビング日記。のfrappucciさん
自分を合わせて9人でした。
ある程度集まった所で、解剖開始。
なぜ、牡蠣は美味しいのか、どうすれば簡単に開けられるか、ということを中心に、解剖しながら、牡蠣の体の構造について学びました。
その後は100個の牡蠣を、生で、酒蒸しで、オーブン焼で楽しみました。
また、赤えびエイトの木枯らしさん提供の爆裂シュリンプを皆で品評。激論が飛び交っていました。
お酒もスパークリングワイン、白ワイン、日本酒、ビール、焼酎、泡盛と美味しいものいろいろ。食について、ダイビングについて、生き物について、カメラについて、大いに盛り上がりました。
素敵なメンバーと過ごす食事会、本当に楽しかったです。
また、やります。

>たけさん
年末年始、一緒に遊んでくれてありがとうございました。そして、美味しいお酒もありがとう。
>まっくさん
おいしいベーコンと美味しいお酒、ありがとうございました。「がいこつさん」は買いましたか?
>Hagiさん
いろいろ手伝ってくれてありがとう。ワインもありがとう。テントウムシの鞄がかわいかったです。
>くらげねこさん
うちのイグアナが失礼しました。今度は例の企画、よろしくお願いします。
>さくらさん
イグアナに夢中でしたね、またかわいがりにきてあげてください。
>ビルバインさん
アレルギーは平気でしたか?シウマイマンありがとうございました。
>ayuiceさん
絶対某オイスターバーなんかよりいいですよね。
>frappucciさん
ぎりぎりで参加できてよかったですね。でも、いつもの食欲は何処へ?次はカラオケかな。
>母
いろいろありがとう。

みなさん、ご参加ありがとうございました。

メンバーの実習レポート
ayuiceさん 生牡蠣バンザイ 生牡蠣・焼き牡蠣・牡蠣の酒蒸し
frappucciさん カキオフ中
くらげねこさん カキとか食うオフ会。
さくらさん 牡蠣オフ♪
ビルバインさん 海洋生物実習Ⅲ【マガキの解剖学】=豪華牡蠣新年会
by diver813 | 2006-01-05 19:34 | Study Room
海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学のお知らせ
a0013160_1393916.jpg
*牡蠣オフのお知らせです。当日(1月4日)までこのエントリがトップにくるよう設定しています。
*赤海老エイトのsimarisu10さんから、新製品の爆裂シュリンプをいただきました。今回参加する方は宿題として「爆裂シュリンプの試食レポート」を書いていただきます。

内容詳細
by diver813 | 2005-12-22 01:44 | Study Room
厚岸の牡蠣
a0013160_15202444.jpg
          生でも、焼いても、蒸しても、んまい!


ベスト1は厚岸の牡蠣。
ある人のコネで、毎年、厚岸の漁師から直接牡蠣をお取り寄せしています。普通、牡蠣は滅菌のために水揚げから2~3日、殺菌された海水の水槽で断食させられます。なので、ちょっと痩せてしまいます。
しかし、このお取り寄せは、朝揚がった牡蠣がその日のうちに届くので、旨みたっぷり。滅菌されていませんが、水揚げからの経過時間が短いので、菌が繁殖しておらず、安全・・・らしい。
今まで何度も大量に食べていますが、中ったことはないので、本当に大丈夫なのでしょう。
そして、値段。なんと1個100円程度なのです。以前オイスターバーで厚岸の牡蠣の値段を見たら、1個800円ですから、いかにお得かわかります。
生はもちろんですが、個人的なおすすめはオーブン焼き。牡蠣をオーブンに放り込んで、余熱なしの200度20分で完成。火が入ると蓋も簡単に取れるので、開けにくい牡蠣はオーブン行き。
ベスト2はKenwood Yulupa Cuvee Brut
シャンパンじゃありません。カバでもスプマンテでもありません。カリフォルニアのスパークリングワインです。2000円しない普段呑みできる価格なのに、Veuve Clicquot(黄)と同じぐらい美味しい!オーディオみたいな名前からは想像できない味です。
ベスト3は成体イグアナフード(お徳用)
普通のペットショップでは売っていないし、売っているペットショップでも、結構値が張ります。でも、お取り寄せなら安い(約半額)し、持って帰る手間もないので大助かり。栄養バランスもある程度しっかりしているので、なかなか便利です。しかし、うちのイグアナは栄養バランスの悪い九官鳥の餌の方が好きなようです。

私の「お取り寄せ」ベスト3!
by diver813 | 2005-12-10 15:40 | Trackback
#248 ユキミノガイ
a0013160_23535284.jpg
【和名】 ユキミノガイ
【学名】 Limaria basilanica
【分類】 動物界 軟体動物門 二枚貝綱 ミノガイ目 ミノガイ科
【殻長】 1.5cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
殻は楕円形で薄い。殻は白色で、細かい放射肋が入る。外套幕は鮮やかな橙色で、長い触手が密に生える。
【生態】
房総半島以南の太平洋・インド洋に分布。20m以浅の砂礫底の転石下に生息する。危険が迫ると、殻を閉じることで水流を発生させ素早く移動する。触手は自切しやすい。
【ひとこと】
見た目も面白い貝ですが、泳ぐ姿(mpeg 1.69MB)はもっと面白いです。石をめくると、目立つ姿で目立つ動きをするので、いるところだと簡単に見つかります。但し、そっと持っても、触手を自切するので、注意が必要です(べたべたします)。
by diver813 | 2005-10-13 23:53 | 海洋生物図鑑