The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:モンガラカワハギ ( 5 ) タグの人気記事
#389 ムラサメモンガラ
a0013160_23383012.jpg
【和名】 ムラサメモンガラ
【学名】 Rhinecanthus aculeatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 モンガラカワハギ科
【体長】 12cm
【撮影地】 奄美 水深5m
【特徴】
体は長卵形で強く側扁する。体色は背面が黄色、腹面が白色。口から胸鰭付け根下部へ黄色帯が入り、体側中央は黒色。尾柄部に白色の縁取りが入る黒斑が入る。
【生態】
房総半島以南の西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域の砂地に生息する。警戒心が強く縄張りを持つ。雑食性でウニ類・甲殻類・ゴカイ類・貝類や海藻を食べる。
【ひとこと】
非常に独特な模様をしているので、すぐに見分けることができます。その派手さがうけて、観賞魚としても人気があります。普段は臆病ですぐ逃げて行きますが、夏の繁殖期は攻撃的でダイバーだけでなく、海水浴客にも噛み付いたりします。かなりのファニーフェイス
by diver813 | 2007-08-30 23:40 | 海洋生物図鑑
#289 アカモンガラ
a0013160_0414397.jpg

【和名】 アカモンガラ
【学名】 Odonus niger
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 モンガラカワハギ科
【体長】 50cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は長卵形で側扁し、尾鰭の上下が糸状に伸長する。体色は青みがかった黒色で、頭部は緑がかる。上顎の2本の赤い歯が突出する。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁の水深50m以浅に生息し、珊瑚礁外縁で大きな群を作ることがある。動物プランクトンを食べる。繁殖期は夏。
【ひとこと】
ドラキュラのように歯が赤いから(この写真では白く見えますが)アカハモンガラという名前だったのですが、間違えてこの名前になってしまったそうです。臆病で、近づくとすぐ海底に逃げて行き、岩穴や割れ目に隠れます。でも、たいてい頭かくして尻隠さずになってしまいます。そういえば学名もニゲル。
by diver813 | 2006-02-16 00:45 | 海洋生物図鑑
#257 ゴマモンガラ
a0013160_165934.jpg
【和名】 ゴマモンガラ
【学名】 Balistoides viridescens
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 モンガラカワハギ科
【体長】 50cm
【撮影地】 沖縄 水深20m
【特徴】
体は卵形で側扁し、板状の硬い鱗に覆われる。体色は黄褐色で、尾柄部は白い。鰭は淡黄色で、縁が黒い。強大な歯を持つ。
【生態】
神奈川県三崎以南の西部太平洋・インド洋の熱帯域に分布。珊瑚礁の礁斜面など礁縁付近に生息する。単独で行動し、甲殻類やウニ類を好み、貝類や魚卵も食べる。
【ひとこと】
硬い餌を食べるために強力な歯を持っています。オヤビッチャなどの卵を食べるくせに、自分の卵には神経質。子育て中は、非常に攻撃的で突進して噛み付いてきます。ウニをも砕く歯になので、流血する被害も珍しくありません。繁殖期は注意しましょう。
by diver813 | 2005-11-11 01:14 | 海洋生物図鑑
#249 ムスメハギ
a0013160_1431177.jpg
【和名】 ムスメハギ
【学名】 Sufflamen bursa
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 モンガラカワハギ科
【体長】 15cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体は長卵形で側扁し、吻部がやや尖る。眼を通る三日月状、及びその後方に斜めに黄色線が入る。吻部から肛門にかけ、細い白色線が入る。
【生態】
駿河湾以南の西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域の礁縁や転石帯に生息する。単独で行動し、雑食性で底生動物を主に捕食する。
【ひとこと】
オスでも、成魚でもムスメハギ。臆病者なので近づく時は慎重に。危険を感じるとすぐに岩の割れ目などに頭から逃げ込んでしまいます。出てくる時にバックする姿はちょっと滑稽。ざらついた岩盤に産卵し、卵が孵化するまで親が守ります。
by diver813 | 2005-10-19 01:45 | 海洋生物図鑑
#135 モンガラカワハギ
a0013160_2317364.jpg
【和名】 モンガラカワハギ
【学名】 Balistoides conspicillum
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 モンガラカワハギ科
【体長】 30cm
【撮影地】 沖縄 水深20m
【特徴】
体は大きな板状の鱗に覆われる。体色は黒で腹側に大きな白色斑が入る。口の周りは燈色で眼の下に黄色帯が入り、背は黄色の斑模様、尾鰭は黄色で黒く縁取られる。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋、インド洋、紅海の礁縁を中心に、転石帯やガレ場に生息する。単独かペアで行動し、甲殻類やウニ類を好む。
【ひとこと】
卵を守っているときは、とても攻撃的で、追い払おうと突進してくる姿は、なかなかの迫力。危険を感じると岩の隙間などに潜り込み、引きづり出されないように背鰭と腹鰭をつっぱります。派手で目立つのですが、個人的にはあまりセンスが感じられない魚です。眼の下の黄色い模様は、本当の眼を守るためだそうです。
by diver813 | 2004-11-02 23:18 | 海洋生物図鑑