The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:ハタ ( 15 ) タグの人気記事
2012.07 奄美 The 3nd day The 3rd Dive
a0013160_07113302.jpg
          ふかふかベッド

Site 奄美 一反瀬
Maximum Depth  18.0m
Water Temperature 28℃
Entry 15:45
Exit 16:28
Dive Time 43min.

今回のラストダイブは一反瀬。
すこーんと抜ける青い海を堪能しました。
写真のお魚はカンモンハタです。
by diver813 | 2018-06-26 07:13 | Diving Log
#483 ナッソーグルーパー
a0013160_00380722.jpg
【和名】 ナッソーグルーパー
【英名】 Nassau grouper
【学名】 Epinephelus striatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 40cm
【撮影地】 キーラーゴ 水深15m
【特徴】
体は卵形でやや側扁し体高が高く、口が大きい。体色は淡褐色で、頭部には音叉型とそれを囲む暗色帯が入り、体側は太い暗色横帯が入り、後半の横帯は背面で分岐しW字を描く。
【生態】
バミューダ諸島、フロリダ、バハマ、ブラジル北部の西部大西洋・カリブ海に分布。水深90m以浅の珊瑚礁域の浅所に生息し、魚類や甲殻類を食べる。12月~1月の満月に大集団を形成し産卵を行う。
【ひとこと】
体色が濃くなったり、赤っぽくなったり変化させられますが、模様が特徴的なのですぐに見分けることができます。ハタ科の仲間に違わず美味しいお魚で、ほどよいサイズということもあり、商業的にも娯楽的にも漁獲され個体数の減少が心配されています。産卵時期・産卵場などが明らかになっているため、禁猟期を設けるなどの対策をしています。白身魚なので現地ではグリルやムニエル、フライが主流ですが、鍋にしたら絶対美味しいと思う。
by diver813 | 2017-06-05 00:39 | 海洋生物図鑑
2008.09 Okinawa The 4th Day The 2nd Dive
a0013160_1273662.jpg
        んあ?


Site YAMATO-4
Maximum Depth  11.9m
Water Temperature 28℃
Entry 10:49
Exit 11:45
Dive Time 56min.


さすがにボートダイビングと言えど、那覇港内は一日2本。
だって3本リクエストするお客さんいないし。
というわけで、引き続き同じポイントでマクロ探し。
友人は可愛いアカククリの幼魚などには反応せず、初めて会ったウミヘビに感激していました。
そういえば、最初のころって、魚はみんな魚だし、魚じゃない生き物のほうが感動したような気がします。
by diver813 | 2009-03-02 01:28 | Diving Log
#437 ヒトミハタ
a0013160_20175486.jpg
【和名】 ヒトミハタ
【学名】 Epinephelus tauvina
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 25cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体はやや細長い長卵形。吻背縁はやや盛り上がり、口が大きく、眼の後方に達する。瞳孔大の暗色斑が密布し、体側に不明瞭な太い横帯が入る。
【生態】
南日本、太平洋~インド洋に分布。珊瑚礁域の浅所に生息し、単独で行動する。肉食性で、魚類や甲殻類を丸飲みにする。
【ひとこと】
カンモンハタとよく似ていますが、こちらは斑点が繋がらないので区別することができます。白身で美味しそうだし、実際に食べると美味しいのですが、シガテラ毒を持っていることがあり、食中毒を起こす可能性があるので、食べないようにしましょう。
by diver813 | 2008-12-29 20:18 | 海洋生物図鑑
2008.04 Amami The 3nd day The 1st Dive
a0013160_0304898.jpg
          ストロボにも慣れてきたかな


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  23.9m
Water Temperature 22℃
Entry 10:14
Exit 10:44
Dive Time 30min.

大好きな七ツ根。満足な写真が撮れる、相性のいいポイント。
今回もストロボに慣れたせいか、七ツ根だからか、納得のいく写真がいくつか撮れました。
でも、調子に乗ってぱっきりウズマキとかアザハタのアップとか、カメラに夢中になっていたら、クリーニングに来て逆立ちで静止していたイソマグロというレアなシーンを見逃していたらしい。
う~ん、無念。

a0013160_0313629.jpg
ウズマキ



a0013160_0311561.jpg
アザハタ
by diver813 | 2008-05-14 00:35 | Diving Log
#399 アザハタ
a0013160_2394251.jpg

【和名】 アザハタ
【学名】 Cephalopholis sonnerati
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 40cm
【撮影地】 奄美 水深20m
【特徴】
体高が高く、口が大きい。体色は赤い個体が多いが、黒色のものや淡色のものなど、変異が激しい。幼魚は藍色。
【生態】
高知県以南の西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域の砂地や転石帯にあるやや深い根に1つの根に1匹~数匹で住む。
【ひとこと】
珊瑚礁の砂地に点在する根に住み、根の外から来る外敵を追い払っています。その守りっぷりというと、いなくなると根に付く生き物がいなくなってしまうほど。スカシテンジクダイやキンメモドキなどはアザハタに食べられるけど守られるという複雑な関係です。その行動も、その容姿も、まさに根の主

a0013160_23104931.jpg
淡色の個体
by diver813 | 2007-11-14 23:14 | 海洋生物図鑑
2007.07 Amami The 1st day The 2nd Dive
a0013160_20593267.jpg
          相変わらずの貫禄


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  22.4m
Water Temperature 27℃
Entry 15:47
Exit 16:21
Dive Time 34min.

初日2本目は大好きな七ツ根。
しかし、残念なことに透明度が悪く、七ツ根の美しい青は見れませんでした。
そして、なぜかそこかしこにミノカサゴ。
翌日以降、濁りがとれることを祈って後にしました。
by diver813 | 2007-08-17 20:59 | Diving Log
#331 モヨウハタ
a0013160_23163351.jpg
【和名】 モヨウハタ
【学名】 Epinephelus quoyanus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 30cm
【撮影地】 粟国 水深15m
【特徴】
体は長卵形でやや側扁し、尾鰭は截形で先端はやや丸みを帯び、胸鰭がやや大きい。乳白色の地に茶褐色の斑紋が密に入り、斑紋は多角形や円形でいびつ。
【生態】
南日本~オーストラリアにかけての西部太平洋、インド洋、アンダマン海に分布。内湾など穏やかな岩礁域に生息する。
【ひとこと】
カンモンハタとよく似ていますが、モヨウハタは各斑紋が繋がらず、独立していることで区別できます。オオモンハタやホウセキハタにも似ていますが、オオモンハタが尾鰭の後端が白く縁取られること、ホウセキハタはやや黄みがかり、網目模様が細かく規則的なので見分けることができます。
by diver813 | 2006-07-14 23:14 | 海洋生物図鑑
2005.09 Amami The 5th day The 1st Dive
a0013160_02178.jpg
          ゴルァ、何しに来やがった!


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  24.2m
Water Temperature 29℃
Entry 10:17
Exit 11:46
Dive Time 40min.

奄美北部の代表的なポイント。とにかく透明度がいい!
青が綺麗とさんざん騒いでいますが、ここの青が一番綺麗でした。
色がよい上に、砂地に点在する根には色んな魚が付いていて、被写体にも困りません。
Okiさん思う存分映像を撮っていました
オオセのかわいい顔撮れたし、大満足。
ただし、意外と水深が深いので、夢中になると、減圧停止をするはめになります。
by diver813 | 2005-10-08 00:20 | Diving Log
2005.09 Amami The 4th day The 2nd Dive
a0013160_22453652.jpg
          るんるん


Site 奄美大島 倉崎
Maximum Depth  12.7m
Water Temperature 29℃
Entry 11:49
Exit 12:41
Dive Time 51min.

湾内のポイントでビーチダイビング。
水中から空が見えるほど穏やかなポイントです。
体験ダイビングや講習などに使われているため、魚がよく慣れていて、ハナヒゲウツボとか、近づいてもあまり引っ込みません
石をひっくり返せば、ユキミノガイとかでてくるし、小さいけどヒレナガネジリンボウにも会えるし、ビーチのポイントと言えども、あなどれません。
by diver813 | 2005-10-05 22:50 | Diving Log