The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:ハタンポ ( 7 ) タグの人気記事
2009.09 奄美 The 7th day The 1st Dive
a0013160_0162934.jpg
          びっちり


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  23.4m
Water Temperature 28℃
Entry 9:46
Exit 10:26
Dive Time 37min.

最高の天気、最高の海。
こんな日は一本目から七ツ根。
気持ちよすぎて、おかしくなりそうでした。
by diver813 | 2010-06-03 00:16 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2009.09 奄美 The 4th day The 1st Dive
a0013160_21314867.jpg
          ダイブツさんごの側頭部


Site 奄美大島 大仏サンゴ
Maximum Depth  20.4m
Water Temperature 28℃
Entry 9:29
Exit 10:10
Dive Time 41min.

おおきな、大仏の頭のような、パンチパーマがかかった頭のようなサンゴがあるから、ダイブツサンゴ。
遠目に見る分にはいいのですが、近づいて頭頂部をみるとちょっとキモチワルイ。
大きなサンゴのおかげでしょう、付いているキンメモドキの群れも巨大でした。

a0013160_2336018.jpg
頭頂部




a0013160_21321816.jpg
キンメモドキの群れ
by diver813 | 2010-04-13 23:17 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2009.08 慶良間 The 3rd Dive
a0013160_058656.jpg
          うじゃっ


Site 慶良間 向楽
Maximum Depth  15.8m
Water Temperature 28℃
Entry 13:30
Exit 14:07
Dive Time 37min.

3本目はまたまた体験ダイビング。 キンメモドキの群れ、ちょっとだけ深いところにいたので、残念ながら仕事仲間を連れて行くことは出来ませんでした。
by diver813 | 2010-02-18 00:58 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2007.06 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_0443342.jpg
          ン? ン? ン?


Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  21.0m
Water Temperature 19℃
Entry 9:50
Exit 10:29
Dive Time 39min.


楽に潜れる水温になってきたところで、伊豆山へ。
表層はそこそこ濁っていましたが、底の方はまあまあ見えました。
いろいろ遊んでいたらあっという間に時間が経っていて、結局あまり写真は撮れませんでした。
by diver813 | 2007-08-01 00:46 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2005.09 Amami The 4th day The 1st Dive
a0013160_21422729.jpg
          うじゃっ


Site 奄美大島 一反瀬
Maximum Depth  19.5m
Water Temperature 28℃
Entry 9:39
Exit 10:28
Dive Time 49min.

奄美空港の近く、港の目の前、防波堤が目の前にそびえるポイント。
そんなロケーションとは裏腹に、透明度はいいし、サンゴも綺麗だし、砂地は白いし、穴もあって地形も面白い、潜ってびっくりのポイントです。
流れもなく穏やかなので、写真も撮り放題。
そんななかで撮れたのがこの写真。結構お気に入りの一枚です。
この写真では、キンメモドキがみんな同じ方向を向いていますが、一瞬前はうじゃうじゃしてました。
とにかく青が綺麗でした。生き物の写真ばかり撮っていないで、もっと海の色を撮ればよかった・・・
by diver813 | 2005-10-03 21:46 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#171 キンメモドキ
a0013160_23585432.jpg
【和名】 キンメモドキ
【学名】 Parapriacanthus ransonneti
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタンボ科
【体長】 5cm
【撮影地】 沖縄 水深10m
【特徴】
体は側扁し、体高は低い。体色は半透明の黄褐色。背鰭は3棘20~21軟条で一基。側線は尾鰭基部で終わり、胸部と肛門の前方に発光腺を持つ。
【生態】
千葉県以南の西部太平洋の岩礁域、珊瑚礁域に生息。夜行性で、昼間は岩穴やサンゴの陰で密な群れを形成する。夜は岩穴を出て甲殻類などを捕食する。
【ひとこと】
一匹一匹は小さいですが、大群になると、なかなかの見ごたえがあります。スカシテンジクダイと似ていますが、やや黄みがかっていて、背鰭が1つなので区別できます(スカシテンジクダイは背鰭が2基あります)。キンメモドキを狙って、やってきた捕食者がいる時は耳を澄ませましょう。捕食した瞬間に出る「ボッ」という音が聞こえるかもしれません。
by diver813 | 2005-01-31 23:59 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)
#103 ミナミハタンポ
a0013160_130284.jpg
【和名】 ミナミハタンポ
【学名】 Pempheris xanthoptera
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタンボ科
【体長】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は側扁し、体高が高く逆三角形。体色は茶褐色で鱗が大きい。目が大きく、胸鰭の前方に隆起線がある。
【生態】
千葉県以南、琉球列島・小笠原諸島の浅い岩礁域や珊瑚礁域に生息。夜行性で昼間は岩穴や岩陰に群れ、夜間にプランクトンを捕食する。
【ひとこと】
近縁のツマグロハタンポは、背鰭の先端が黒く、リュウキュウハタンポは、胸鰭の付け根に黒班が入るので見分けることができます。鱗が剥がれやすいので、市場に出回ることはあまりありませんが、南蛮漬けはおいしいそうです。鱗が剥がれると、すぐ弱ってしまうため、水族館では釣りで採取するそうです。
by diver813 | 2004-08-26 22:58 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)