The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:ナマコ ( 11 ) タグの人気記事
#370 イシナマコ
a0013160_20573297.jpg
【和名】 イシナマコ
【学名】 Holothuria nobilis
【分類】 動物界 棘皮動物門 海鼠綱 楯手目 クロナマコ科
【体長】 40cm
【撮影地】 沖縄 水深30m
【特徴】
体は太い円筒型で硬い。腹面は平ら。触手は20本で、肛門には5個のやや石灰化した肛歯がある。体色は白く、背面に黒褐色の斑模様が入る。
【生態】
奄美大島以南の西部太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁域の砂礫底に生息し、体表に砂を付けて偽装する。
【ひとこと】
別名タラチネナマコ。イシナマコという和名の生き物は実は珊瑚にもいますが、こちらは正真正銘ナマコのイシナマコ。ずんぐりとした個体が多いのですが、ウミヘビっぽい細長い個体もいたりします。
by diver813 | 2007-05-13 20:59 | 海洋生物図鑑
Lesson11 硬いの?柔らかいの?ナマコのキャッチ結合組織
a0013160_23422436.jpg

シカクナマコで「別の機会に」と言ったお話、早速説明しちゃいます。

ナマコっていろいろな形に曲がっていたり、細い岩の隙間に入り込んでいたりしますよね。
そして、さわってみると「ぷにっ」とするのに、いざ、岩の隙間から引き出そうとすると、抜けないどころか、体が硬くなったりします。
ナマコは体の硬さを自在に変えることができるんです。

この体の硬さを変えているのは、中華で食べたり、ポン酢で食べたりする肉の部分、真皮の部分です。

真皮の部分には骨片と呼ばれる小さな骨がたくさん入っています。
そして、骨がたくさんあるから、関節もたくさんあります。

人間の腕には肘の関節しかありませんから、腕は肘の部分でしか曲がりません。でも、背骨は24個の骨からできているので、かなり自由に曲がります。

この関節が、ナマコには体中に、無数にあるのです。
なので、形は自由自在。
そして、その関節を硬くするとカチコチに、緩めるとフニャフニャになるというという仕組みになっているのです。

でも、人間の場合、関節を硬く保とうとしても、筋肉を使うので疲れてしまいます。
しかし、ナマコの関節には「キャッチアパレータス」と呼ばれる、掛け金みたいなものが付いていて、この掛け金のロックがかかると、関節が動かなくなるようになっています。
なので、長時間でも硬く関節を保つことが出来るのです。

この仕組みを担う、骨と骨をつないでいる関節の組織を「キャッチ結合組織」と言います。

この「キャッチ結合組織」はナマコをはじめ、ヒトデ、ウニなど棘皮動物が持つ組織ですが、種類によって、柔らかくなったり硬くなったりする度合いは異なります。

特に変化の度合いが大きいのが先に紹介したシカクナマコ
どれくらいすごいかと言うと、
グニグニ揉むと最初は硬いのですが、
次第に皮膚の部分から結合が弱くなり
最後にはドロドロにとろけてしまいます。
■でも水に戻すと元通り

なんでこんなにとろけるまで柔らかくなるかというと、攻撃された部分をとろけさせて、あえて捕食者に食べさせることで本体は逃げるという、トカゲの尻尾切りのようなものではないかと考えられています。

ちなみに、ここまでいじめると、最後には自ら内臓を放出してしまいます(捕食者が喜んで食べるから)。
しかし、腸を失ったぐらいでは、ナマコは死にません。ちゃんと再生できるのです。

このように、ナマコは硬く柔らかい不思議な体と、強い生命力を持っています。
しかし、さすがのナマコでも、いじめられ続けると弱って死んでしまいます。

ウォットのマサトさんも
>実はこのシカクナマコのせいで本当に困っています。
>子供たちがNHKの放送を見ていたらしく,うちのナマコをこするこする!!
>みんなへたって死んでしまいます(涙)。
>シカクナマコ自体は大好きなのですが,子供に区別をさせるには難しいようです。
と困っています。

ナマコならばどれでも解けるわけではありませんし、タッチプールのナマコに溶けるナマコはまずいません。
そんなナマコを入れておくと、排水口が詰まっちゃいますから。

ナマコが溶けるって、興味深いお話なのですが、手当たりしだいナマコを揉むようなことはせず、どうしても見たい場合は、ちゃんとした自然教室などに参加するようにしてください。
by diver813 | 2006-08-09 00:05 | Study Room
#338 シカクナマコ
a0013160_23224091.jpg

【和名】 シカクナマコ
【学名】 Stichopus chloronotus
【分類】 動物界 棘皮動物門 海鼠綱 楯手目 シカクナマコ科
【体長】 30cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体のほぼ四角柱で、断面は四角形。背面の角に2縦帯、腹面に3縦帯の疣足が並ぶ。触手は20本。体色は濃紺色で、疣足先端が褐色になるものが多いが、緑がかる個体もいる。
【生態】
奄美大島以南、、ニューカレドニア、グァム、フィリピン、ハワイ、オーストラリアに分布。浅い岩礁域に生息し、海底の有機物を食べる。巻貝やウロコムシ類の宿主になる。
【ひとこと】
黒くてイボイボしていて角張っているナマコ。こんな姿でも、子供の頃はタテヒダイボウミウシのようなかわいらしい姿をしているらしい。もちろん、擬態して身を守っているわけですが。ナマコ・ウニ・ヒトデなどの棘皮動物は5角形が基本ですが、このナマコはその角のひとつが平らになってしまって、シカクになっています。そして、このシカクナマコ、体が変幻自在で、とろけたりすることもできます、でも長くなるので、別の機会にお話します。
by diver813 | 2006-08-02 23:23 | 海洋生物図鑑
#328 ムチイボナマコ
a0013160_1173517.jpg

【和名】 ムチイボナマコ
【学名】 Stichopus pseudhorrens
【分類】 動物界 棘皮動物門 海鼠綱 楯手目 シカクナマコ科
【体長】 50cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は丸みを帯びた四角柱状で太い。湾曲した疣足が背面に2列並ぶ。体色は褐色~緑色と色彩変異が激しく、体色が一様のものから、疣足だけ異なるなど様々。
【生態】
沖縄、奄美大島、ニューカレドニアに分布。珊瑚礁域の水深15~40mに生息し、海底の有機物を食べる。
【ひとこと】
ずんぐりした、大型のナマコで、いれば目に入ってきますが、なかなか見かけません。体が大きいだけあって、ウミウシカクレエビなどが住んでいることもあるので、見かけたらそっと裏返して見ましょう。ちなみに裏返すと「ままどおる」に似ています
by diver813 | 2006-07-06 01:20 | 海洋生物図鑑
#274 ジャノメナマコ
a0013160_23514447.jpg
【和名】 ジャノメナマコ
【学名】 Bohadschia Jaeger
【分類】 動物界 棘皮動物門 海鼠綱 楯手目 クロナマコ科
【体長】 40cm
【撮影地】 沖縄 水深15m
【特徴】
体は円筒形で太く、わずかに扁平し、両端は丸い。背面の地は灰白色で、茶褐色で中央に黒点が入り、黒色に縁取られた眼状紋が入る。触手は20本。
【生態】
奄美大島以南の西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域の砂底に住み、砂中の有機物を栄養にする。ナマコマルガザミやカクレウオの宿主になる。
【ひとこと】
キュビエ器官がよく発達しているので、一度出てきた束を砂に擦り付けて外しても、次の束、また次の束と、なかなか尽きることがありません。比較的体が大きいので、ナマコマルガザミなどが隠れていることがあります。見かけたら、キュビエ器官を出されないように、そっと裏返してみましょう。
by diver813 | 2006-01-10 23:52 | 海洋生物図鑑
#220 オオイカリナマコ
a0013160_231930100.jpg
【和名】 オオイカリナマコ
【学名】 Synapta maculata
【分類】 動物界 棘皮動物門 海鼠綱 無足目 イカリナマコ科
【体長】 150cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
体は円筒形で柔らかく、非常に長い。褐色~暗灰色の縦帯が5本入り、その間に白色斑や黒色斑が入る。触手は15本で、各20~30本の羽状小枝を持つ。
【生態】
与論島以南、中国、台湾、ニューカレドニア、マーシャル諸島、オーストラリアに分布。珊瑚礁域の砂地に生息する。
【ひとこと】
ナマコの体は骨片という、非常に細かい骨によって支えられています。そしてオオイカリナマコは、骨片が錨の形をしていて(顕微鏡写真)、肉眼で見えるほど大きいことから、この名前がついています。 この骨片は皮膚からはみ出していて、移動する際に体が滑らないように引っ掛ける役割もしています。触ってみるとネバネバしているように感じるのですが、これは、微小な骨片がひっかかるためです。
全身はこんな感じ
by diver813 | 2005-06-21 23:17 | 海洋生物図鑑
#178 クロエリナマコ
a0013160_21235162.jpg
【和名】 クロエリナマコ
【学名】 Personothuria graeffei
【分類】 動物界 棘皮動物門 海鼠綱 楯手目 クロナマコ科
【体長】 30cm
【撮影地】 沖縄 水深10m
【特徴】
体は円筒形で両端は丸い。乳白色の地で、小黒点が散在し、歩帯に沿って褐色斑が入る。背面の疣足は白色。口は下方に開き、触手は25本で大きく、先端が白く側面が黒い。
【生態】
奄美大島以南の西部太平洋、紅海、オーストラリアに分布。20m以上浅の礫地や珊瑚礁域、岩礁域に生息する。
【ひとこと】
最近までジャノメナマコ属とされていたため、学名はBohadschia graeffeiだったのですが、この種を元に新属が提唱されました。和名もいろいろあって、以前の図鑑ではクロテナマコと書いてあることが多く、オハグロナマコとも呼ばれているようです。これらの名前のとおり、触手が黒いのですが、残念ながら、この写真にはその触手が写っていません。
by diver813 | 2005-02-19 21:25 | 海洋生物図鑑
#156 トラフナマコ
a0013160_2371691.jpg
【和名】 トラフナマコ
【学名】 Holothuria pervicax
【分類】 動物界 棘皮動物門 海鼠綱 楯手目 シカクナマコ科
【体長】 25cm
【撮影地】 伊豆 水深25m
【特徴】
体は円筒形で細長く、柔らかい。乳白色の地に背側に褐色の斑模様が入る。疣足の先端は濃褐色で、基部は環状に白く縁取られる。濃褐色の触手は20本。
【生態】
三浦半島以南、紅海、フィリピン、オーストラリア、サモア、タヒチ、ニューカレドニア、グアム、台湾、中国に分布。岩礁域や転石帯に生息する。ナマコマルガザミの宿主。
【ひとこと】
ふにゃふにゃしていて、つい、遊びたくなるのですが、あまりいじめると、この写真のようにキュビエ器官を放出します。キュビエ器官は白くてネバネバしているのですが、その正体はコラーゲン。ちなみに学名のHolothuriaやナマコ綱のHolothuroideaは「激しい放出」という意味だそうです。このナマコは体にホロチュリンという毒を含んでいるので、生では食べられません。
by diver813 | 2004-12-24 02:38 | 海洋生物図鑑
#132 バイカナマコ
a0013160_2355104.jpg
【和名】 バイカナマコ
【学名】 Thelenota ananas
【分類】 動物界 棘皮動物門 海鼠綱 楯手目 シカクナマコ科
【体長】 70cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は太い円筒形。体色は明るい赤褐色で、背面は濃く、腹面は淡い。背面にある大きな疣足が融合して、星型や梅花型になる。腹面は管足が密に生える。
【生態】
沖縄本島以南、中国、台湾、オーストラリア、フィジー、ニューカレドニア、グァム、インドネシアの珊瑚礁辺縁にある砂礫底に生息する。海底の有機物を砂ごと食べる。
【ひとこと】
大きいし、派手な形をしているので、目に付きやすいナマコです。トゲトゲしていますが、やわらかいので痛くありませんし、普通のナマコは、いじめるとネバネバした白い糸状のキュビエ器官を出しますが、バイカナマコにはキュビエ器官がないので、安心して遊べます。ウミウシカクレエビの宿主なので、裏返したりして探してみましょう。中国では梅花参と呼ばれ、高級品です。
by diver813 | 2004-10-27 23:54 | 海洋生物図鑑
#124 アカミシキリ
a0013160_23445496.jpg
【和名】 アカミシキリ
【学名】 Holothuria edulis
【分類】 動物界 棘皮動物門 海鼠綱 楯手目 クロナマコ科
【体長】 60cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は黒褐色~紫褐色で、腹面は桜色~紅色。体は円筒形で細長くやわらかい。触手は20本で紅褐色。背面に疣足があり、腹面正中の管足は明瞭。
【生態】
沖縄、紅海、スリランカ、ティモール、ニューカレドニア、グァム、セレベス、フィジー、タヒチ、ハワイ、中国に分布する。
【ひとこと】
沖縄では「アカワタ」と呼ばれていて、沖縄で「クロミシキリ」と呼ばれるナマコはシカクナマコです。干しナマコにすると食べられます。でも、そのまま干すのではなくて、一度煮てから干します。ナマコは体の90~95%が水分でできているので、干すととても小さくなりますが、料理に使うときに水でゆっくり戻すと、元の大きさ近くまで膨らみます。
by diver813 | 2004-10-14 23:46 | 海洋生物図鑑