The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:グルメ ( 38 ) タグの人気記事
2006.04-05 Okinawa The 6th Day A Resort Lunch
a0013160_22413094.jpg
          飲茶天国!


沖縄旅行6日目はのんびりドライブとリゾートめぐり。
お昼に日航アリビラの中華レストラン金紗沙で大学時代の友人夫婦と飲茶バイキングを楽しみました。
ワゴンで運ばれてくる色とりどりのシュウマイや、アツアツの小籠包いろんな蒸し物などをとにかく食べまくりました。
蒸篭につかれたら、今度は揚げ物とか、どれもんまい!
お腹いっぱいになったところで、おっきなチマキを平らげ、なんとかマンゴープリンとタピオカまでたどりり着きました。
ふぅ、満腹。
by diver813 | 2006-06-01 22:52 | Diving Log
掛川 「ならここの里」バーベキュー オフ会
a0013160_1294228.jpg
          海洋生物学実習もやっちゃった。


水族館フリークのオフ会はまだまだ続きます。
浜松市中央卸売市場で仕入れた食材、そして毎度おなじみ赤海老エイトの木枯らし課長からのエビ、そしてかんちょ独自ルートで仕入れたコシオリエビ、アカザエビ、さらにはヤドカリまで、そしてウォットのまさとさんとウォット餌係★さんからもアミの塩辛などの差し入れと、海の幸満載のバーベキューを掛川にある「ならここの里」で楽しみました。
せっかくということで、キンメダイをさばきつつ、金色の目の理由や、鱗と魚の年齢など、ちょっとした海洋生物学講座の講師なども勤めさせていただきました。
ほとんどの食材は美味しかったのですが、自分から食べようと提案しておいてなんですが、ヤドカリの壷焼は不味かった。
アサヒガニの直後に食べたから、よけいに不味かった。
お腹の部分を食べるのですが、「ぶつん」という感触の後、とろーっとミソが流れ出てきます。
一瞬美味しい味噌の味がしたと思うのもつかの間、臭みと苦味が口一杯に広がります。
以前食べた時はここまで不味いと思わなかったんだけどな。舌が肥えたか?
市場に出回らないということは、やっぱりそれなりの理由があるんですね。
そんなこんなで呑んで食べてお話して、非常に楽しい夜でした。

つづく。

参加メンバーは
水族館フリークのargon-lさん
しゃちのつぶやきのビルバインさん
フラプッチ~のダイビング日記。のfrappucciさん
ブログ:ヘクトパスカルのhect_pascalさん
どうぶつのおうちのサイトヲ。さん
PDXさん
Blue Crescent and CAT☆★☆のよしみさん
てとさん
一獣三菜のくりかわさん
ウォットのまさとさん
ウォット餌係★さん

自分を合わせて12人でした。

メンバーのオフ会レポート
サイトヲ。さん 合宿所
ビルバインさん 浜松の熱い夜は清水に向かう~浜松オフに行ってきました~その2
by diver813 | 2006-04-26 01:33 | Trackback
海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学(補講)
a0013160_2102865.jpg
          いくつたべてもんまい。


再び厚岸の牡蠣をお取り寄せして、学んで、食べて、呑みました。

参加メンバーは
たけさん
歩いたり立ち止まったりしながらのまっくさん
a TraceのSachieさん
フラプッチ~のダイビング日記。のfrappucciさん
しゃちのつぶやきのビルバインさん
一獣三菜のkuricawaさん
じぶんの日記の55aiaiさん
自分を合わせて8人でした。
前回同様、牡蠣は美味しいのか、どうすれば簡単に開けられるか、ということを解剖しながら学び、今回はさらに牡蠣の心臓を観察したりしました。
その後、牡蠣は生で、天ぷらで、スープで、オーブン焼で、うどんで美味しくいただきました。
でも、生牡蠣用のレモン、出し忘れた!終わった後、冷蔵庫にてんこもりになったレモンを見て気付きました。参加者のみなさん、ごめんなさい。
そして、今回は赤海老エイトのsimarisu10さんから、特大のボタンエビと、新種のボタンエビ(一般に言うボタンエビはタラバエビ属の一部のエビの総称。ちゃんと和名がボタンエビというエビもいます)を各1kgをいただきました。特大のボタンエビはお刺身、新種のボタンエビは天ぷらにしていただきました。生でも火が通ってても、ねっとりしていて旨い。こういうエビを食べると、保水剤でプリプリにしてあるエビが嘘だとわかります。
simarisu10さん、どうもありがとうございました。

>たけさん
準備を手伝ってくれてありがとう。今度は姉も参加するそうです。
>まっくさん
天ぷら、うどん担当ありがとうございました。こうちさんも交えてまたやりましょう。
>Sachieさん
声が出ないとのことで、あまりお話ができなかったのが心残りです。次回はいっぱいお話しましょうね。それから、お孫さんがかわいかったです。
>frappucciさん
次は海で会いましょう、手足チャック付きのロクハン楽しみにしています。チョコレートケーキありがとう。
>ビルバインさん
やはり牡蠣は二個が限界なのですね。でも、今回は貴重なエビあったからよかったかな?チョコレートケーキありがとう。
>kurikawaさん
イグアナをめちゃめちゃ撫でていましたね。イグアナをあんな撫で方する人ははじめてです。それからパウンドケーキありがとうございました。
>55aiaiさん
あの牡蠣をaiさんならどう写すか、すごく興味があったんです。そしたら、オーブン焼きをあんなに美味しそうに撮っていただいて・・・嬉しかったです。それから、お土産のクリームチーズと豆乳のブランマンジェ、美味しい裏メニューという貴重な品をありがとうございました。
>母
今回もありがとう、感謝しています。

みなさん、ご参加ありがとうございました。

メンバーの実習レポート
kurikawaさん 海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学(補講)
ビルバインさん 海洋生物実習Ⅲ【マガキの解剖学】補講
Sachieさん 牡蠣オフ会
55aiaiさん 海洋生物学実習Ⅲ マガキの解剖学(補講)で牡蠣三昧
frappucciさん 海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学(補講)に参加してきました
by diver813 | 2006-02-13 21:06 | Study Room
海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学(補講)のお知らせ
*牡蠣オフ(第二回)のお知らせです。当日(2月11日)までこのエントリがトップにくるよう設定しています。
*今回も赤海老エイトのsimarisu10さんから、素敵なエビをいただいています。
*いよいよ本日開催です。

内容詳細
by diver813 | 2006-01-16 21:44 | Study Room
海洋生物学実習Ⅲ マガキの解剖学
a0013160_19182084.jpg
          しっかり勉強もしています。


厚岸の牡蠣をお取り寄せして、学んで、食べて、呑みました。
*参加者は宿題のレポートの提出をお願いします。

参加メンバーは
潜水馬鹿のたけさん
歩いたり立ち止まったりしながらのまっくさん
Hagiさん
くらげねこの雑記帳のくらげねこさん
*pure hearts*のさくらさん
しゃちのつぶやきのビルバインさん
たべもの日記のayuiceさん
フラプッチ~のダイビング日記。のfrappucciさん
自分を合わせて9人でした。
ある程度集まった所で、解剖開始。
なぜ、牡蠣は美味しいのか、どうすれば簡単に開けられるか、ということを中心に、解剖しながら、牡蠣の体の構造について学びました。
その後は100個の牡蠣を、生で、酒蒸しで、オーブン焼で楽しみました。
また、赤えびエイトの木枯らしさん提供の爆裂シュリンプを皆で品評。激論が飛び交っていました。
お酒もスパークリングワイン、白ワイン、日本酒、ビール、焼酎、泡盛と美味しいものいろいろ。食について、ダイビングについて、生き物について、カメラについて、大いに盛り上がりました。
素敵なメンバーと過ごす食事会、本当に楽しかったです。
また、やります。

>たけさん
年末年始、一緒に遊んでくれてありがとうございました。そして、美味しいお酒もありがとう。
>まっくさん
おいしいベーコンと美味しいお酒、ありがとうございました。「がいこつさん」は買いましたか?
>Hagiさん
いろいろ手伝ってくれてありがとう。ワインもありがとう。テントウムシの鞄がかわいかったです。
>くらげねこさん
うちのイグアナが失礼しました。今度は例の企画、よろしくお願いします。
>さくらさん
イグアナに夢中でしたね、またかわいがりにきてあげてください。
>ビルバインさん
アレルギーは平気でしたか?シウマイマンありがとうございました。
>ayuiceさん
絶対某オイスターバーなんかよりいいですよね。
>frappucciさん
ぎりぎりで参加できてよかったですね。でも、いつもの食欲は何処へ?次はカラオケかな。
>母
いろいろありがとう。

みなさん、ご参加ありがとうございました。

メンバーの実習レポート
ayuiceさん 生牡蠣バンザイ 生牡蠣・焼き牡蠣・牡蠣の酒蒸し
frappucciさん カキオフ中
くらげねこさん カキとか食うオフ会。
さくらさん 牡蠣オフ♪
ビルバインさん 海洋生物実習Ⅲ【マガキの解剖学】=豪華牡蠣新年会
by diver813 | 2006-01-05 19:34 | Study Room
海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学のお知らせ
a0013160_1393916.jpg
*牡蠣オフのお知らせです。当日(1月4日)までこのエントリがトップにくるよう設定しています。
*赤海老エイトのsimarisu10さんから、新製品の爆裂シュリンプをいただきました。今回参加する方は宿題として「爆裂シュリンプの試食レポート」を書いていただきます。

内容詳細
by diver813 | 2005-12-22 01:44 | Study Room
2005.12 Thailand The 2nd day After Dive
a0013160_21401490.jpg
          透明だけど辛い。


ダイビングの後、ホテルでシャワーを浴びてひと休み。
ベットの上で痛めた膝をテーピングする師匠に、海の様子を報告。
それを聞いた師匠、明日潜る気まんまんで、
「昨日の痛みを8.5とすると、今は7.5。明日は多分大丈夫」
と言っていますが、本当に大丈夫か?
7ではなく7.5と言ってしまうところあたり、かなり痛そうなんだけど・・・
で、今日は現地のショップのスタッフと夜ご飯。
美味しいお店、美味しいメニューをコーディネートしていただきました。
写真の透明なスープのトムヤンクン、エビの食べれない師匠のためにトムヤンプラー(こちらはノーマルスープ)、それからイカ軟骨の大蒜揚げとか・・・
んまい!
そんなビールがすすむメニューに舌鼓を打ちながら花が咲くのは、ダイビング業界の裏話。だって、みんなスタッフだもの。
意外な共通の知人の存在や、その知人のあんなこととか、そんなこととか・・・
ダイビング業界は、けっこう狭いんです。怖いなぁ。
盛り上がってきた所で、
「死ぬほど辛いものが食べたい」
と師匠がわがままを言い出しました。
そこで、すごく辛いグリーンカレーをオーダー。
出てきたカレー、確かに辛いのですが、マイルド。コックさんは全体の統一感を大事にしているらしく、辛くなった分、マイルドさも増していました。辛いというより正直うまい!
しかし、辛さに満足していない師匠を目の当たりにした、現地のスタッフさん、
「絶対ヒーヒー言わせてやるんだから!」
とエスカレートしてきました。で、サラダや炒め物などでリベンジしましたが、やっぱり味がまとまっている。んまい。
そんなこんなで、結局ヒーヒー言うような料理は出てこず、頑張っていたスタッフさんは、ちょっと悔しそうでしたが、個人的には辛ウマな料理が色々食べれて大満足。
で、今日も寝る前にマッサージ。今回はタイマッサージ(250Bah)にしましたが、半分以上寝ていて、あまり記憶がありません。
なのに、部屋に戻ると、師匠のことが気になるのと、ジンベエザメに逢えるかもという期待と、大音量の師匠のいびきで、なかなか寝つけませんでした。
師匠、今日は一歩も部屋から出ていない(昼食にさえ出れなかった)と言っていましたが、明日、本当に潜れるのだろうか?
by diver813 | 2005-12-15 21:45 | Diving Log
厚岸の牡蠣
a0013160_15202444.jpg
          生でも、焼いても、蒸しても、んまい!


ベスト1は厚岸の牡蠣。
ある人のコネで、毎年、厚岸の漁師から直接牡蠣をお取り寄せしています。普通、牡蠣は滅菌のために水揚げから2~3日、殺菌された海水の水槽で断食させられます。なので、ちょっと痩せてしまいます。
しかし、このお取り寄せは、朝揚がった牡蠣がその日のうちに届くので、旨みたっぷり。滅菌されていませんが、水揚げからの経過時間が短いので、菌が繁殖しておらず、安全・・・らしい。
今まで何度も大量に食べていますが、中ったことはないので、本当に大丈夫なのでしょう。
そして、値段。なんと1個100円程度なのです。以前オイスターバーで厚岸の牡蠣の値段を見たら、1個800円ですから、いかにお得かわかります。
生はもちろんですが、個人的なおすすめはオーブン焼き。牡蠣をオーブンに放り込んで、余熱なしの200度20分で完成。火が入ると蓋も簡単に取れるので、開けにくい牡蠣はオーブン行き。
ベスト2はKenwood Yulupa Cuvee Brut
シャンパンじゃありません。カバでもスプマンテでもありません。カリフォルニアのスパークリングワインです。2000円しない普段呑みできる価格なのに、Veuve Clicquot(黄)と同じぐらい美味しい!オーディオみたいな名前からは想像できない味です。
ベスト3は成体イグアナフード(お徳用)
普通のペットショップでは売っていないし、売っているペットショップでも、結構値が張ります。でも、お取り寄せなら安い(約半額)し、持って帰る手間もないので大助かり。栄養バランスもある程度しっかりしているので、なかなか便利です。しかし、うちのイグアナは栄養バランスの悪い九官鳥の餌の方が好きなようです。

私の「お取り寄せ」ベスト3!
by diver813 | 2005-12-10 15:40 | Trackback
2005.12 Thailand The 1st day
a0013160_2038411.jpg
          男二人でアジアンリゾート。


飛行機のタダ券を手に入れたので、アンダマン海へ潜りに行って来ました。
一緒に行ったのは、ダイビングの師匠。
この師匠、体重が120kg以上ある巨漢で、行きの飛行機からネタが満載。
シートベルトが届かなくて、エクステンションベルトを持ってきてもらったり、機内食をおかわりしたら、おかわりが次々と持ってこられたり、到着前に出る軽食のサンドイッチも、頼んでないのに、おかわりをくれたり・・・・
そんなこんなで楽しくプーケットに到着。車で1時間ぐらい北に走り、カオラックのホテルへチェックインしました。
チェックイン後は、「お腹がすいた」とのことで、地元のレストランに。
本場のカオパット(炒飯)やゲーンペッ(レッドカレー)を堪能。
ナンプラーのコク、鼻に抜ける様々な香草の刺激、まろやかに味をまとめるココナッツミルク、一皿60Baht(約180円)の安さ・・・癖になりそうです。
お腹いっぱいになった後は、翌日のダイビングに備えて、タイ式マッサージ。
最高級のオイルマッサージでも1時間300Baht(約900円)。極楽!
しかーし!その帰り、ホテルの廊下で、師匠が転倒。綺麗なタイル貼り+雨の組み合わせに滑ってしまったんです。
痛めていた膝をひねってしまった師匠、のたうちまわる姿はまるでトドです(笑えません)。
なんとか部屋に戻り、ベットに入って消灯しましたが、
「痛って~」
「最悪」
「あ゛~」
と、呪いの言葉が聞こえてきます。悪い夢を見そうだ。
まったく、明日潜れるんだろうか・・・
by diver813 | 2005-12-06 20:47 | Diving Log
2005.09 Amami The Last Day
a0013160_2323349.jpg
          お肉がしっかりしています。


楽しい奄美旅行も今日でおしまい。
最終日はお昼過ぎまで、海を見ながら本をよんだり、散歩をしたりのんびり過ごしました。
その後はOkiさんの案内で、ちょこっと観光とお土産探し。
お土産を買いにスーパーに入り、お酒を見ていたら、Okiさんがニヤニヤしながら手招きするではないですか。
駆け寄ってみると、独特の魚介類がてんこもり。
艶やかな魚ガ並んでたり、生ウニが瓶詰めになっていたりします。
そんな鮮魚売り場に、ものすごい一角がありました。アサヒガニには「あさり」って書いてあるしタガヤサンミナシとタカラガイの詰め合わせとかあるし、もうネタとしか思えません。かんちょの好きなウツボ肉もありました。それから、オトナの事情で紹介できないあんな肉も・・・
鶏飯で始まった今回の旅、幕を閉じるのもグルメです。
奄美と言えば黒豚というわけで、遅めのランチは黒豚とんかつ定食。
海が見えるサトウキビ畑の真中にぽつんとあるログハウスの「あまん」というお店へ行きました。
とんかつのお肉はぎゅっと締まっていて、噛むと肉の旨みが染み出してきます。
自家製のソースもあっさりしていて、相性はばっちり。小鉢とかもなかなか美味しかったです。
6日間の旅でしたが、すっかり馴染んでしまい、まるで、数週間住んでいるような気分でした。
帰ってきてからしばらくは、奄美が日常で、東京が非日常のような感覚に捕らわれていたし。
こんなに旅行を堪能できたのも、Okiさんのおかげ。本当に感謝です。
うーん、楽しかった。今度はいつ行こうかな?
by diver813 | 2005-10-12 23:34 | Diving Log