The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:カニ ( 54 ) タグの人気記事
2014.08 奄美 The 4th day The 2md Dive
2014.08 奄美 The 4th day The 2md Dive_a0013160_21331903.jpg
          スキマが好き


Site 奄美大島 三ツ瀬
Maximum Depth  28.1m
Water Temperature 28℃
Entry 11:45
Exit 12:31
Dive Time 46min.
かくれ根のとなりのポイント。
海底にはクレバスが走り、その壁面は複雑な地形をしていて、様々な生き物を見ることができます。
程よいサンゴが多く、オオアカホシサンゴガニが多くみられますが、潮の流れも速いので、サンゴの隙間を狙うのはちょっと大変。
by diver813 | 2020-07-10 09:06 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#512 ゴイシガニ
#512 ゴイシガニ_a0013160_00375313.jpg
【和名】 ゴイシガニ
【英名】 N/A
【学名】 Palapedia integra
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 オウギガニ科
【甲幅】 1cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
甲はなめらかで円形。額は4葉で甲と歩脚の縁に毛が密生する。色彩変異があり白色の個体が多いが、乳白色や紫がかる個体もある。
【生態】
東京湾以南の西部太平洋・東部インド洋に分布。岩礁域の浅い礁原に生息し、転石下や砂中に隠れる。
【ひとこと】
潮間帯付近に多いカニで、岩をそっと持ち上げると出会えることがあります。近縁のフタバゴイシガニに似ていますが、フタバゴイシガニは額が2葉なので区別できます。ゴイシという名前がついていますが、白ばかり。似たカニを発見したら和名をゴイシガニタイプRとか、学名をPalapedia civicとかにしたくなる学名です。

#512 ゴイシガニ_a0013160_00375396.jpg
上から見た姿
タグ:
by diver813 | 2020-05-12 00:41 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#494 ノコギリガニ
 #494 ノコギリガニ_a0013160_18111784.png

【和名】 ノコギリガニ
【英名】 Common Decorator Crab
【学名】 Schizophrys aspera
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 クモガニ科
【甲幅】 7cm
【撮影地】 八重山 水深20m
【特徴】
甲はほぼ円形で前方に尖る。甲面は密に顆粒で覆われ棘が混ざる。額棘と眼後棘は1個の副棘を有する。前側縁の5棘は大きく尖る。鋏脚掌部は平滑で長い。体色は赤。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋、インド洋・紅海に分布。40m以浅の岩礁域に生息する。体表にカイメンやコケムシなどを付着させている個体もいる。夜行性で日中は岩の隙間や洞窟に隠れる。
【ひとこと】
洞窟で遭遇した結構大きめの個体です。かっこいい。この個体は鋏脚の大きいので雄。この鋏脚は背中まで回るのでどこを掴んでもつねられて痛い思いをします。挟まれなくても、体中鋭い棘だらけなので痛い思いをします。



動画


 #494 ノコギリガニ_a0013160_18113589.png
背面
by diver813 | 2020-04-15 22:40 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2012.09 伊豆山 The 1st Dive
2012.09 伊豆山 The 1st Dive_a0013160_08072861.jpg
          ガシッ

Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  22.2m
Water Temperature 24℃
Entry 09:55
Exit 10:39
Dive Time 40min.

9月の伊豆は水温も高く、透明度もそこそこで潜りやすい海。沖根の周囲を底からてっぺんまでぐるりと散策しました。写真のカニはイボイソバナガニです。
by diver813 | 2018-06-27 08:08 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#466 イソバナガニ
#466 イソバナガニ_a0013160_1384150.jpg
【和名】 イソバナガニ
【学名】 Xenocarcinus depressus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 クモガニ科
【体長】 3cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
甲は細長い洋梨型で地色は黄褐色~赤色で正中線上に白縦帯が入る。鋏脚、歩脚に黄斑が入る。長く伸びる額は先端で二分される。
【生態】
与論島以南の南太平洋、東南アジア、インド洋中部、ペルシャ湾に分布、岩礁域・珊瑚礁域に生息するイソバナ類に共生する。
【ひとこと】
擬態を極めたカニの仲間。宿主のイソバナに似た姿だけではなく、体にポリプを付けるなどの偽装も念入り。写真の個体は額で折れたイソバナを保持していますが、ぴったり左右にポリプが開き、白い鼻毛が出ているように見え、なんだか滑稽な感じもします。

#466 イソバナガニ_a0013160_140815.jpg
やや上から見た姿



#466 イソバナガニ_a0013160_1411045.jpg
下から見た姿
by diver813 | 2017-05-08 01:42 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます_a0013160_12591036.jpg

本年もよろしくお願いいたします。
タグ:
by diver813 | 2016-01-03 13:02 | Trackback | Comments(1)
2010.06 慶良間 The 3rd Dive
2010.06 慶良間 The 3rd Dive_a0013160_23305097.jpg
          小さいサイズで見るとよさげだけど・・・


Site 向楽島 山脈
Maximum Depth  15.5m
Water Temperature 24℃
Entry 13:50
Exit 14:38
Dive Time 48min.

デジカメの液晶で見ているかんじではよさそうだったので、そのまま虫の目レンズを使い続けて失敗。
ちゃんと取れている写真が一枚もありませんでした。
雰囲気だけは面白いんですけどね。
まあ、帰りも旧友とMGSPWのCO-OPSで盛り上がった楽しい一日だったので、よしとします。
by diver813 | 2011-05-12 23:32 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#462 マルソデカラッパ
#462 マルソデカラッパ _a0013160_0172175.jpg

【和名】 マルソデカラッパ
【学名】 Calappa calappa
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 カラッパ科
【甲幅】 10cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
甲は横長の楕円形でドーム状に隆起しなめらか。鋏脚の掌部指部が頗る幅広い。体色は変異に富み、白色、淡褐色、褐色の斑紋が散在など様々。
【生態】
相模湾以南の太平洋、インド洋に分布。50m以浅の砂底、砂泥底に生息する。夜行性だが、昼活動する姿も見られる。二枚貝、巻貝を捕食する。
【ひとこと】
手で口元を隠し、ウププと笑っているように見える、とてもかわいらしいカニ。しかし、その可愛い手は貝殻をバリバリ砕くために進化した形です。脚が甲羅に隠れているので、歩く姿はまるで歩くヘルメット。ほかのカラッパの仲間と比べて、つるつるなめらかなことが本種の特徴です。学名まで可愛い、からっぱ!からっぱ!


動画 歩くヘルメット

#462 マルソデカラッパ _a0013160_017476.jpg横から見た姿




#462 マルソデカラッパ _a0013160_0184486.jpg抱卵中
タグ:
by diver813 | 2011-03-15 00:21 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)
2010.04 奄美 The 2nd day The 2nd Dive
2010.04 奄美 The 2nd day The 2nd Dive _a0013160_01831.jpg
          ウッホッホ


Site 奄美大島 八丁目
Maximum Depth  22.8m
Water Temperature 21℃
Entry 14:04
Exit 14:38
Dive Time 34min.

またまた、ウェットスーツが破れてしまったので、その補修をしてから2本目。
エントリーして、最初に出てきてくれたのはオランウータンクラブ。
サービス精神旺盛で、カメラを向けると、オランウータンらしいポーズをしてくれました。
その後は軽く洞窟を探検。
洞窟から出ると、遠くにウミガメの姿が。
追いかけたのですが、やはり追いつけませんでした。

洞窟探検

2010.04 奄美 The 2nd day The 2nd Dive _a0013160_032291.jpg
逃げるウミガメ
by diver813 | 2010-11-10 00:04 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2009.10 江之浦 The 1st Dive
2009.10 江之浦 The 1st Dive_a0013160_23324729.jpg
          夫婦?


Site 江之浦 青壁
Maximum Depth  26.4m
Water Temperature 22℃
Entry 9:20
Exit 9:50
Dive Time 30min.

江之浦のダイバーズデイ。
いつもはビーチですが、今日はボートダイビング。
テングダイなども出てきたりで、ビーチとはやはり全然違います。
でも、せっかくのボートだったのに、透明度が少し残念でした。
by diver813 | 2010-07-26 23:32 | Diving Log | Trackback | Comments(0)