The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:カサゴ ( 29 ) タグの人気記事
2014.09 福浦 The 1st Dive
2014.09 福浦 The 1st Dive_a0013160_20204263.jpg
          ちゃんと撮れるけど慣れない


Site 福浦 ビーチ
Maximum Depth  8.5m
Water Temperature 23℃
Entry 9:59
Exit 10:46
Dive Time 47min.
カメラを新調して、テストダイブへ福浦に。
C770、SP560とOLYMPUSのズーム機を使い続けていましたが、水没の心配がないToughシリーズに乗り換え。
同じメーカーでも操作は異なるので、体で覚えるよう、手あたり次第撮りまくりました。
by diver813 | 2020-08-14 09:03 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#507 キミオコゼ
#507 キミオコゼ_a0013160_18513369.jpg
【和名】 キミオコゼ
【英名】 Clearfin lionfish
【学名】 Pterois radiata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【体長】 15cm
【撮影地】 タヒチ 水深2m
【特徴】
胸鰭、背鰭鰭条が発達し、鰭膜は鰭条先端に達さない。体色は暗褐色で明瞭な横白線が入り、一部は背側で分岐しY字となる。尾柄部の白線は縦に入る。
【生態】
高知県以南の中・西部太平洋、インド洋、ペルシャ湾、紅海に分布。沿岸の岩礁域に生息する。鰭条に毒をもつ。夜行性で日中は洞窟や岩の裂け目に隠れる。肉食性で甲殻類や小魚を捕食する。
【ひとこと】
ネッタイミノカサゴとよく似ています。様々な図鑑でこの区別方法は書いてありませんが、簡単な見分け方は模様で、体が黒っぽく、そこに明瞭な細い白横線がIとかYの字で入るので区別できるのではないかと。有毒の棘は薄い皮膚が覆っていて、刺さることで皮膚が破けて中の毒が注入される仕組み。わかりやすく言うと、液状の毒を入れたコンドームをそっとナイフに被せてある状態。タンパク毒なので、万が一刺されたら火傷しないぎりぎりの熱いお湯をかけて毒を不活性化させましょう。
by diver813 | 2020-05-04 18:54 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2012.07 奄美 The 3nd day The 2nd Dive
2012.07 奄美 The 3nd day The 2nd Dive_a0013160_07135905.jpg
          隠れているのに派手だよね。


Site 奄美 三ツ瀬
Maximum Depth  20.4m
Water Temperature 28℃
Entry 12:02
Exit 12:50
Dive Time 48min.

地形の複雑な三ツ瀬。
流れの速い場所の珊瑚やウミシダには、いろんな生き物が隠れています。
穏やかな海と違って、撮るの大変ですけどね。
写真のお魚はカスリフサカサゴです。

by diver813 | 2018-06-25 07:14 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2012.07 奄美 The 1st day The 1st Dive

          面白い行動が見れました

Site 奄美 山本SP
Maximum Depth  14.0m
Water Temperature 27℃
Entry 16:17
Exit 17:07
Dive Time 50min.

短い休みにふらっと奄美へ。
初日は湾内の山本SP。
ポイントに到着すると、でんとヒメオニオコゼが登場。
ダイバーを嫌がったのか、根から外れて砂地をてくてく。
そうすると、根の周りにいた小さな魚たちがヒメオニオコゼの後ろをついていくではないですか。
捕食者の後ろで被捕食者が群を作る話は知っていましたが、こんなにわかりやすい様子ははじめて見ました。
捕食者から身を守る行動と考えられていますが、なかなか面白いですね。

by diver813 | 2017-07-04 01:51 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2011.08 伊豆山 The 1st Dive
2011.08 伊豆山 The 1st Dive_a0013160_20081738.jpg
          でっぷり

Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  20.1m
Water Temperature 20℃
Entry 10:17
Exit 10:57
Dive Time 40min.

熱海の花火大会の日、12人の大所帯でダイビング。
みんなでわいわいダイナミックな海を楽しみました。
by diver813 | 2017-05-17 20:09 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2011.05 熱海 The 2nd Dive
2011.05 熱海 The 2nd Dive_a0013160_00543621.jpg
          む。

Site 熱海 沈船
Maximum Depth  30.1m
Water Temperature 14℃
Entry 12:31
Exit 13:05
Dive Time 34min.

有名な沈没船を探検。1986年に沈んだ「旭16号」は、今はソフトコーラルに包まれ、魚の棲家となっています。
「おばけが出る」なんて噂もありますが、残念ながら出会うことも写真に収めることもできませんでした。

by diver813 | 2017-05-16 00:55 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2010.08 石橋 The 2nd Dive
2010.08 石橋 The 2nd Dive_a0013160_23423712.jpg
          冷たい水は目が覚める。


Site 石橋 ビーチ
Maximum Depth  16.4m
Water Temperature 25℃
Entry 10:19
Exit 11:08
Dive Time 51min.

深いところと浅いところ、少し深度が違うだけで、ずいぶん水温がかわります。
1本目は20m20度ですが、2本目は16m25度。
暖かい水と冷たい水との境目の「サーモクライン」を抜けるときは、ちょっとだけ勇気が必要です。
by diver813 | 2011-09-19 23:42 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2010.08 石橋 The 1st Dive
2010.08 石橋 The 1st Dive_a0013160_23362847.jpg
          おいしい物には棘がある。


Site 石橋 ビーチ
Maximum Depth  20.1m
Water Temperature 20℃
Entry 8:42
Exit 9:24
Dive Time 42min.

夏の伊豆の朝イチダイビング。
おいしそうな生き物がたくさんいました。
by diver813 | 2011-09-19 23:37 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2010.05 江之浦 The 2nd Dive
2010.05 江之浦 The 2nd Dive_a0013160_23584045.jpg
          小さいからカワイイのではなく、カワイクて小さいのです。


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  14.6m
Water Temperature 17℃
Entry 11:08
Exit 12:03
Dive Time 55min.

春の海と言えば、ダンゴウオ。
ダンゴウオ、少し大きくなってきている時期ですが、それでもミリ単位。
しかもカモフラージュしているクセモノ。
現地で居場所情報を入手して、「いる」はずのせいぜいA4ほどの海藻をくまなくサーチ。
いないなぁ・・・と、ふと目を逸らしたら、隣の海藻に乗っかっていました。
by diver813 | 2011-03-24 00:00 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
2010.03 熱海 The 2nd Dive
2010.03 熱海 The 2nd Dive _a0013160_0352414.jpg
          水没は寒くて涙が出るよね


Site 熱海 ソウダイ根
Maximum Depth  28.8m
Water Temperature 14℃
Entry 12:50
Exit 13:20
Dive Time 30min.

2本目、ガムテープで補修したドライスーツで再チャレンジ。
寒いのは気のせいか・・・
と、疑いながら潜っていたら、ダイビングの記憶もなく、撮った写真も数枚。
結局ドライスーツを脱いでみたら、たんまり水没してました。
さて、10年使ったドライスーツ、修理を試みるか、それとも引退させてやるべきか・・・・
by diver813 | 2010-09-28 00:35 | Diving Log | Trackback | Comments(0)