The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:ウミウシ ( 65 ) タグの人気記事
#530 アカテンイロウミウシ
#530 アカテンイロウミウシ_a0013160_19471486.jpg
【和名】 アカテンイロウミウシ
【学名】 Ardeadoris cruenta
【英名】 N/A
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 3cm
【撮影地】 奄美 水深5m
【特徴】
体は幅の広い楕円形で縁は波打つ。体色は黄色で赤色斑の並ぶ白色帯が背面を囲む。触覚は山吹色で白線が入る。
【生態】
和歌山県以南の西部太平洋に分布。潮通しのよい岩礁域・サンゴ礁に生息する。
【ひとこと】
黄色がベースの優しいカラーリングに赤のワンポイント、フリルのようにひらひらする外套膜と、ガーリー系な見た目のウミウシ。ウミウシの造形をベースにした子供服ブランド立ち上げたりしたら、成功しそうな気がするのは私だけでしょうか。

#530 アカテンイロウミウシ_a0013160_19471454.jpg
#530 アカテンイロウミウシ_a0013160_19471492.jpg
別角度
by diver813 | 2020-06-23 08:45 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#518 レンゲウミウシ
#518 レンゲウミウシ_a0013160_00051449.jpg
【和名】 レンゲウミウシ
【学名】 Mexichromis multituberculata
【英名】 N/A
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 2cm
【撮影地】 奄美 水深5m
【特徴】
体は細長い楕円形で腹足がよく伸びる。体色は淡い黄褐色で背面突起の基部は白く先端は紫色。外套膜周縁は橙黄色で縁どられる。触覚・二次鰓は紫色。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋に分布。内湾の砂地やガレ場の転石下に生息し、カイメン類を食べる。
【ひとこと】
最大22mmの小さくて色彩までかわいらしいウミウシ。瀬戸・紀伊で発見され、香港・海南島で続いて見つかったウミウシですが、調べてみると今は西部太平洋の様々な場所で見かけられているようです。こちらは日本で見られる一般的な色ですが、場所によって色彩変異があり、画像検索するとオレンジ色の縁が紫になっている個体の写真なども出てきます。

#518 レンゲウミウシ_a0013160_00051571.jpg
横から見た姿

#518 レンゲウミウシ_a0013160_00051538.jpg
小さな個体
by diver813 | 2020-05-23 00:07 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#508 マンリョウウミウシ
#508 マンリョウウミウシ_a0013160_20422830.jpg
【和名】 マンリョウウミウシ
【学名】 Carminodoris armata synonym:Hoplodoris armata
【英名】 N/A
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 ドーリス科
【体長】 12cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
体は幅広い楕円形で15cmに達する。背面は乳頭状の突起に覆われる。体色は半透明の淡褐色で、暗褐色の斑紋が入る。突起先端は青味がかった暗色。
【生態】
北海道・本州・韓国沿岸に分布。岩礁域や砂底で活発に活動する。卵塊は直径10cmほどで黄色く渦巻状に産み付けられ縁は波打つ。
【ひとこと】
大型でよく歩くウミウシ。ウミウシの中では足が速く、そのサイズもあって、ついつい見入ってしまいます、かわいくはないけど。本種より小さく、やや似ているウミウシで「センリョウウミウシ」という種類もいます。分布は本州という記載もありますが、調べてみると北海道や韓国にもいるようです。


動画(歩いている姿)


#508 マンリョウウミウシ_a0013160_20422896.jpg
サイズ感

#508 マンリョウウミウシ_a0013160_20422912.jpg
卵塊
by diver813 | 2020-05-05 20:45 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#498 コールマンミノウミウシ
#498 コールマンミノウミウシ_a0013160_19304392.jpg
【和名】 コールマンミノウミウシ(仮称)
【学名】 Phyllodesmium colemani
【英名】 Coleman's Phyllodesmium
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 アオミノウミウシ科
【体長】 3cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体は細長く灰褐色から褐色。背側突起は細長く湾曲し縁は淡色。触覚は短く先端は白色。前足隅は三角形。
【生態】
中西部太平洋・インド洋に分布。潮通しのよいサンゴ礁域に生息する。特異的にクダサンゴを捕食し、これに着生する。体内に褐虫藻を共生させる。
【ひとこと】
ギリースーツを纏ったスナイパーのように擬態が見事なミノウミウシ、クダサンゴを見つけたら「いる」と思って探さないと絶対見えない。背側突起は刺激を受けると自切してしまうので、触れずに観察しましょう。

#498 コールマンミノウミウシ_a0013160_19304951.jpg
わかりやすいようにウミウシ以外をモノクロにしました。

#498 コールマンミノウミウシ_a0013160_19304391.jpg
ちょっと離れるとどこにいるかわかりません。
by diver813 | 2020-04-20 19:35 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2012.09 伊豆山 The 2nd Dive
2012.09 伊豆山 The 2nd Dive_a0013160_08185371.jpg
          どこかしらロボットっぽい

Site 伊豆山 沖根南→東
Maximum Depth  21.9m
Water Temperature 24℃
Entry 12:05
Exit 12:49
Dive Time 44min.

2本目は沖根南から入って壁づたいに沖根東へ。結構泳いだつもりで、沖根東のアンカーロープが見えないと、見逃したか少し不安になりますが、もう少し泳いだら見つかりました。1本目潜った沖根東でも、水中って「ここどこ?」ってなったりしますね。
写真のウミウシはハナオトメウミウシです。

by diver813 | 2018-06-28 08:24 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#492 ムラサキウミコチョウ
#492 ムラサキウミコチョウ_a0013160_02191141.jpg
【和名】 ムラサキウミコチョウ
【英名】 Batwing slug
【学名】 Sagaminopteron ornatum
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 頭楯目 ウミコチョウ科
【体長】 1cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体色は紫色で、良く伸張する頭楯後端と内臓嚢後部の突起は橙色。側足が描き側面を覆う。
【生態】
日本、フィリピン、オーストラリア、ニューカレドニアに分布。岩礁域・珊瑚礁域に生息する。側足を羽ばたかせるようにして泳ぐことができる。
【ひとこと】
とても小さなウミウシですが、目に付きやすい色をしているため、ぼちぼち見かけます。ぱたぱた、ひらひらと泳ぐ姿がかわいらいく印象的です。海外で"Batwing Slug"と呼ばれているのは、蝙蝠の羽に似てるためか、バットマンの航空機に似てるからなのか、どちらでしょうね。

泳ぐ姿
by diver813 | 2017-07-24 02:26 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(2)
#482 ワモンキセワタ
#482 ワモンキセワタ_a0013160_01080073.jpg
【和名】 ワモンキセワタ
【英名】 Pilsbry's headshield slug
【学名】 Philinopsis pilsbryi
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 頭楯目 カノコキセワタガイ科
【体長】 4cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
頭部は楯状で触角がなく、貝殻は退化し体内に埋没する。側足の縁は波打たず、なめらかな弧を描き側面を覆う。体色は半透明の白色~淡黄色で、腹足以外の全身に輪が連なったような暗色の斑紋が入る。
【生態】
屋久島以南、マダガスカル~ハワイの中部太平洋・西部太平洋・インド洋に分布。内湾・外洋を問わず砂礫底に生息する。
【ひとこと】
色彩やパターンの変異が激しく、暗色が赤かったり、暗色斑紋の割合が多く、白い水玉模様に見える個体もいるようです。個人的には、こういうサイケデリックな模様を見ると、不安な気持ちになるので少し苦手。

by diver813 | 2017-06-02 01:08 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2010.12 石橋 The 2nd Dive
2010.12 石橋 The 2nd Dive_a0013160_08541505.jpg
          イチゴの味がしそう

Site 石橋ビーチ
Maximum Depth  19.2m
Water Temperature 17℃
Entry 11:47
Exit 12:28
Dive Time 41min.

がさごそしながら、のんびりダイビング。
水温は低いけど、透明度は高く、南の島のような青い世界でした。
by diver813 | 2017-05-12 08:55 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#468 シロボンボンウミウシ
#468 シロボンボンウミウシ_a0013160_23520093.jpg
【和名】 シロボンボンウミウシ
【学名】 Gymnodoris sp. 1
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 キヌハダウミウシ科
【体長】 6cm
【撮影地】 奄美 水深25m
【特徴】
体は厚みがあ小判型。体表に球状の突起が散在する。体色は半透明の白色で、触覚、突起の先端と二次鰓の軸は白色。キヌハダウミウシ属最大で130mmに達する。
【生態】
中部太平洋・西部太平洋・インド洋に分布。潮通しの良い珊瑚礁域に生息し、イロウミウシ属を捕食する。
【ひとこと】
春の珊瑚礁で見かけるウミウシ。やわらかな印象の姿とは裏腹に、食欲旺盛にウミウシを食べまくります。そのためイロウミウシ属が多い場所に生息しますが、あっという間に食べつくし、周りからウミウシがいなくなってしまいます。ウミウシがいるはずの場所で、ある日突然見かけなくなったら、こいつがいるかもしれません。

by diver813 | 2017-05-09 23:53 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2010.04 奄美 The 4th day The 1st Dive
2010.04 奄美 The 4th day The 1st Dive_a0013160_22263081.jpg
          ウミウシ祭り


Site 奄美大島 前肥田ビーチ
Maximum Depth  14.0m
Water Temperature 20℃
Entry 10:14
Exit 11:17
Dive Time 63min.

水草が豊かなビーチを散策。
ウミウシが見え始めたら、ウミウシしか見えなくなったようで、後で写真を確認したら、ウミウシしか撮っていませんでした。
トップの写真はノウメア・ワリアンス。

2010.04 奄美 The 4th day The 1st Dive_a0013160_2227463.jpgレンゲウミウシ




2010.04 奄美 The 4th day The 1st Dive_a0013160_22273334.jpgチドリミドリガイ




2010.04 奄美 The 4th day The 1st Dive_a0013160_22275546.jpgマダライロウミウシ




2010.04 奄美 The 4th day The 1st Dive_a0013160_2228155.jpgスミゾメミノウミウシ
by diver813 | 2011-03-13 22:29 | Diving Log | Trackback | Comments(0)