The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
2012.11 カリブ海 The 7th day The 1st Dive
a0013160_11014255.jpg
          麻薬は詰まれていませんでした。

Site Nassau DC3
Maximum Depth  25.9m
Water Temperature 26℃
Entry 9:46
Exit 10:18
Dive Time 32min.

出航翌日、朝にはバハマの首都、ナッソーに到着。
下船したらすぐにダイビングサービスへ。
カリブ海ダイビングの代名詞ナッソーの海、1本目はDC3がまるごと沈んでいるポイント。
映画「イントゥ・ザ・ブルー」の撮影時に沈められたものです。
バハマのダイビングスタイルもバディーダイビングだったので、迷わない程度に飛行機の周りを散策。
フィルムの中の海を堪能しました。

a0013160_11015052.jpg飛行機は朽ちてもかっこいい



a0013160_11014641.jpgからっぽ
# by diver813 | 2018-08-21 07:59 | Diving Log
2012.11 カリブ海 The 6th day
a0013160_12154952.jpg
          夕日を見ながら出航。

世界最大の客船アリュールオブザシーズに乗船、東カリブ海クルーズへ出発。
22万t、全長361m、全幅66m、17層のデッキと空母より大きな船。
5,400人の乗客と、2,384名の乗員という規模のおかげで、料金はリーズナブル。
カジュアルシップなので、比較的若い人が多いクルーズです。
部屋はジュニアスイートを選びましたが、船の中とは思えないくらい広くて快適。
小さいながらウォークインクローゼットもあって、部屋が散らからずに済みます。
乗船したらブリーフィングなどあり、さっそくランチ。
避難訓練などあり、夕日をみながら出航。
メインダイニングでおなかいっぱいディナーを食べて就寝。
目が覚めたらナッソーです。

a0013160_12013625.jpg22万t、でけぇ。



a0013160_12163365.jpg快適なお部屋。



a0013160_12164582.jpgビュッフェスタイルのランチ、食べすぎ注意。



a0013160_12170306.jpgディナーも頼み放題。
# by diver813 | 2018-08-18 07:41 | Diving Log
2012.11 カリブ海 The 5th day PM
          たのしー、やかましー

午後はエアボートのツアーに参加。
エンジン音が激しいので、耳栓をして乗船します。
エアボート自体も楽しいし、まわりの景色や出会う生物も楽しくて、とても忙しかったです。
# by diver813 | 2018-08-17 17:53 | Diving Log
2012.11 カリブ海 The 5th day AM
a0013160_14475784.jpg
          喰われる準備もできてるか?

キーラーゴからフォートローダーデールへ移動がてら、エバーグレーズ国立公園に。
そこかしこにワニが落ちてます。
様々な鳥やヘビなども現れて、生き物好きとしてはたまりません。
ワニに会った後は実際食べてみる。ということで、ランチはワニバーガー。
予想通りさっぱりした鳥系の味。野鳥より鶏に近い白身でした。
午後はさらにエアーボートツアーを楽しみ、ワニづくしな一日でした。

a0013160_14475150.jpg落ちているワニ



a0013160_14484757.jpg落ちているワニ



a0013160_14485072.jpg親子ワニ



a0013160_14485552.jpgワニバーガー
やっぱり見たら食べる。


a0013160_14485273.jpgヘビもかわいー
# by diver813 | 2018-08-17 07:34 | Diving Log
2012.11 カリブ海 The 4th day After Dive
a0013160_08082533.jpg
         かっこいー

潜った後はThe History of Diving Museum、ダイビング史博物館へ。
歴史を追って器材が展示してあり、ダイビングの歴史を学べます。
不気味なヘルメットから、かっこいい潜水服まで盛りだくさん。
ダイビングは先人達の試行錯誤と犠牲の上で、今快適に楽しめるようになっていることが実感できます。
ばんごはんは海でカリビアンロブスターに会った後は、実際食べてみる。
ということで"DiGiorgio's Cafe Largo"でロブスターのラビオリを頼みました。
でかすぎるラビオリはもはやラザニア。ソースが強めで、ロブスターの味はあまり感じられませんでしたが、チーズとトマトソースは美味しかったです。

a0013160_08102871.jpgこわかわいい




a0013160_08103671.jpgレギュレーターがごっそり。



a0013160_14320490.jpg見たら食べる。 



a0013160_14321081.jpgお肉もおいしかった。
# by diver813 | 2018-08-16 08:15 | Diving Log
2012.11 カリブ海 The 4th day The 2nd Dive
a0013160_14162772.jpg
          ここが洞窟ですか?

Site Key Largo French reaf sand bottom cave
Maximum Depth  21.9m
Water Temperature 24℃
Entry 12:05
Exit 12:49
Dive Time 44min.

名前の通り砂底の洞窟が有名なポイント。
しかしながらバディーダイブのため、どこがその有名な洞窟か、よくわかりませんでした。
フレンチエンゼルフィッシュやロックビューティーなどカリブ海っぽい黒×黄色のお魚が多かった印象です。
写真のお魚はWhite margate 。
# by diver813 | 2018-08-15 07:11 | Diving Log
2012.11 カリブ海 The 4th day The 1st Dive
a0013160_14064665.jpg
          沈没から70年

Site Key Largo Benwood
Maximum Depth  21.9m
Water Temperature 24℃
Entry 12:05
Exit 12:49
Dive Time 44min.

長さ110mの沈没船ベンウッド号を探検。
船が作る隙間は魚たちの絶好の隠れ家になっていて、大小さまざまな生物を観察することができます。
欲を出して船から少し先を探索したら、アメリカイセエビ(カリビアンロブスター)に出会うことができました。

a0013160_14064930.jpgアメリカイセエビ
# by diver813 | 2018-08-14 07:42 | Diving Log
2012.11 カリブ海 The 3rd day After Dive
a0013160_07423982.jpg

          野良イグアナ!

ダイビングの後は宿泊ホテルのKey Largo Bay Marriott Beach Resortでのんびり。
夢だった野良イグアナとの遭遇を果たせました。
夜はシーフードを食べにThe Fish Houseへ。
捕まえて方爪だけ採ってリリースという方法で漁獲される名物のストーンクラブにチャレンジ。
ぎゅむっと詰まった身は、冷たいのにしっかりとした風味を楽しめました。
a0013160_07425519.jpg
ストーンクラブ
# by diver813 | 2018-07-24 07:46 | Diving Log
2012.11 カリブ海 The 3rd day The 2nd Dive
a0013160_07413529.jpg
          平たい顔のニンゲンだな。

Site  Key Largo Aquarium
Maximum Depth  21.9m
Water Temperature 24℃
Entry 12:05
Exit 12:49
Dive Time 44min.

水族館の名前を冠したポイント。
海外では穏やかで綺麗な魚が多く入るポイントに"Aquarium"の名前をつけがちです。
1本目の失敗を忘れず、バディーの動きに注意しながら、魚たちを激写しました。
# by diver813 | 2018-07-18 07:43 | Diving Log
2012.11 カリブ海 The 3rd day The 1st Dive
a0013160_07333377.jpg
          人もばらばら、魚もばらばら

Site Key Largo Eagle Ray Alley
Maximum Depth  21.9m
Water Temperature 24℃
Entry 12:05
Exit 12:49
Dive Time 44min.

キーラーゴでダイビング。
ここは日本のようなガイドなし、バディと自由に潜るスタイル。
なので、きっちり帰ってくるスキル、生き物を見つけられるスキルが必要となります。
海の中は太平洋とは違うお魚がいっぱい。
撮影に夢中になっていたら、バディーとはぐれてしまいました。
失敗、しっぱい。
# by diver813 | 2018-07-17 07:35 | Diving Log