The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
カテゴリ:海洋生物図鑑( 538 )
#538 ヒメチシオヒトデ
#538 ヒメチシオヒトデ_a0013160_18465972.jpg
【和名】 ヒメチシオヒトデ
【英名】 Queensland Biscuit Star
【学名】 Anchitosia queenslandensis
【分類】 動物界 棘皮動物門 ヒトデ綱 アカヒトデ目 ゴカクヒトデ科
【直径】 2cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は星形で盤が大きく扁平。体色は鮮やかな赤色。上縁板は大きく整列し、末板はさらに大きい。
【生態】
奄美大島以南~オーストラリア・ニューカレドニアに分布。サンゴ礁域の水深30m以浅に生息する。
【ひとこと】
一筆書きで書いた五芒星のようなきれいな星形のかわいらしいヒトデ。小型で成長しても2cmほど。サイズ的にも色的にも緑色の帽子につけたくなるヒトデです。図鑑に記載されている分布は上記の通りですが、八丈島や高知県でも目撃情報があり、分布はもっと広いかもしれません。
by diver813 | 2020-09-16 08:46 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#537 オジロバラハタ
#537 オジロバラハタ_a0013160_09044621.jpg
【和名】 オジロバラハタ
【学名】 Variola albimarginata
【英名】 White-edged lyretail
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 30cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
体は長楕円形で側扁する。尾は湾入し後縁は白色。体色は赤色で淡赤点が散在する。
【生態】
愛媛県以南の西部太平洋・インド洋に分布。サンゴ礁外縁に生息する。肉食性で魚類や甲殻類を食べる。
【ひとこと】
バラハタとよく似ていますが、バラハタは尾びれの後縁に加え、背鰭、腹鰭の後縁も黄色いことで区別できます。姿もきれいで、味も良い魚なのですが、シガテラ毒を持っていることがあり、注意が必要です。海域によっては「安全」とされていたりしますが、食べるときは自己責任で。

#537 オジロバラハタ_a0013160_09044645.jpg
by diver813 | 2020-08-06 09:06 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#536 タートルグラス
#536 タートルグラス_a0013160_08534035.jpg

【和名】 タートルグラス
【学名】 Thalassia testudinum
【英名】 Turtle grass
【分類】 植物界 種子植物門 単子葉植物綱 オモダカ目 トチカガミ科
【高さ】 30cm
【撮影地】 ヴァージン諸島 水深1m
【特徴】
葉は細長く先端は丸くなる。根茎でつながり群生する。葉は地下茎から2枚~5枚ずつ伸び緑色。雌花は淡い緑色で雄花は淡い赤色。
【生態】
フロリダ~バミューダ~ベネズエラのカリブ海・メキシコ湾に分布。穏やかな内湾などの潮間帯~水深30mの砂地に生息する。多年草で雌雄異株。有性生殖と地下茎による栄養繁殖により繁殖する。
【ひとこと】
「海藻」(かいそう)ではなく根・茎・葉が分かれている種子植物の「海草」(うみくさ)です。アオウミガメをはじめとした、草食動物の貴重な食糧。同定がなかなか難しかったのですが、海草に詳しい友人のおかげで判別することができました。感謝。

#536 タートルグラス_a0013160_08533957.jpg
by diver813 | 2020-07-22 08:57 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#535 ナミマツカサ
#535 ナミマツカサ_a0013160_02061688.jpg

【和名】 ナミマツカサ
【学名】 Myripristis kochiensis
【英名】 Brick soldierfish
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 キンメダイ目 イットウダイ科
【体長】 10cm
【撮影地】 タヒチ 水深20m
【特徴】
体は卵形で体高がやや高く側扁する。眼が大きく下顎は顕著に突出しない。体色は赤色で鰓蓋膜から胸鰭腋部に黒帯が入る。背鰭、臀鰭、尾鰭の後縁は暗色。
【生態】
伊豆半島以南太平洋・インド洋に分布。夜行性で昼間は洞窟や岩穴に隠れる。肉食性で小魚や甲殻類などを捕食する。
【ひとこと】
アカマツカサやクロオビマツカサなどとよく似ていて区別が難しい種類。顎が突出しないこと、背鰭、臀鰭、尾鰭の後縁が黒いことでクロオビマツカサとの一騎打ちになりますが、その先は側線有孔鱗数、側線が通っている場所の鱗の数が決め手となります。本種の側線有孔鱗数は28~29。

#535 ナミマツカサ_a0013160_02111979.jpg
鱗の数数えてみた
by diver813 | 2020-07-08 09:12 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#534 ツツユビミドリイシ
#534 ツツユビミドリイシ_a0013160_00210318.jpg
【和名】 ツツユビミドリイシ
【英名】 Finger coral
【学名】 Acropora humilis
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 ミドリイシ科
【個体直径】 頂端ポリプ4mm 側性ポリプ2mm
【撮影地】 シミラン 水深10m
【特徴】
群体はコリンボース型。枝は太く緩やかに先細る。頂端ポリプは大きく、側性ポリプは規則的に並ぶ。体色は褐色、黄褐色など様々で、頂端ポリプは他と異なる色彩であることが多い。
【生態】
種子島以南の西部太平洋・インド洋・紅海に分布。波当たりの強い礁斜面の12m以浅に生息する。
【ひとこと】
波の強いリーフエッジなどに生息するため、波の力で折れないよう、枝がぎっしりしているサンゴです。このように基部から放射状に張り出した枝から、ほぼ同じ長さの枝が等間隔で上向きに伸びる形をコリンボース型、日本語では散房花状と言います。
by diver813 | 2020-07-06 08:46 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#533 オレンジフィンアネモネフィッシュ
#533 オレンジフィンアネモネフィッシュ_a0013160_09491035.jpg
【和名】 オレンジフィンアネモネフィッシュ
【学名】 Pristiapogon kallopterus
【英名】 Orange-fin anemonefish
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 スズメダイ科
【体長】 10cm
【撮影地】 タヒチ 水深15m
【特徴】
体は卵形で体高が高く側扁する。体色は黒色で体側に縁どられた白色横帯が入る。背鰭、胸鰭、腹鰭は橙色で、尾鰭は橙色もしくは白色。
【生態】
オーストラリア北部~ニューギニア、マーシャル諸島、フランス領ポリネシアに分布。サンゴ礁域に生息しシライトイソギンチャクなどを宿主とする。雑食性で藻類や動物プランクトンを食べる。雄性先熟の性転換を行う。
【ひとこと】
クマノミとよく似ていますが、本種の背鰭はオレンジ色であることから区別できます。尾びれは地域によって色が異なり、フィジーやトンガなどではオレンジ色、マーシャル諸島やソロモン諸島では白色です。

#533 オレンジフィンアネモネフィッシュ_a0013160_09491133.jpg
#533 オレンジフィンアネモネフィッシュ_a0013160_09491199.jpg
#533 オレンジフィンアネモネフィッシュ_a0013160_09491015.jpg
by diver813 | 2020-07-02 08:59 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#532 コシオリエビ属の一種
#532 コシオリエビ属の一種_a0013160_08561218.jpg
【和名】 コシオリエビ属の一種
【英名】 N/A
【学名】 Galathea sp.
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 コシオリエビ科
【甲長】 1cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
甲は縦長で縦扁する。腹部、尾部は背甲の下にたたみ込まれる。体色は赤褐色で、腹面は白く、脚に白色縞が入る。眼に2本の細い白色横線が入る。
【生態】
伊豆に分布。ムラサキカイメンやザラカイメン、ワタトリカイメンなどカイメン類の穴の中に生息する。
【ひとこと】
トウヨウコシオリエビの色彩変異とも考えられるのですが、トウヨウコシオリエビは砂泥底の隙間に生息しますが、この腹部が白く、腕に白い縞があり、眼に2本の白線が入っている本種は、伊豆の海綿の中で見られるので、おそらく別種だと考え、「一種」として紹介しています。何コシオリエビかわかる人がいたら教えてください。
by diver813 | 2020-06-30 08:57 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#531 カスリイシモチ
#531 カスリイシモチ_a0013160_19274959.jpg
【和名】 カスリイシモチ
【学名】 Pristiapogon kallopterus
【英名】 N/A
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 テンジクダイ科
【体長】 8cm
【撮影地】 宮古 水深10m
【特徴】
体色は淡褐色で、体高が高い。体側鱗が暗色で縁どられ絣模様を形成する。体側に暗色縦帯や尾柄部に黒点が入る個体もある。
【生態】
和歌山県以南の中西部太平洋、インド洋、紅海に分布。珊瑚礁域や岩礁域の岩穴に生息する。肉食性で甲殻類や小魚を捕食する。
【ひとこと】
体側に縦帯と尾柄に点が入った個体はヒトスジイシモチのようですが、本種は体高が高く、暗色に縁どられた鱗が絣模様になるので見分けることができます。個人的には背鰭第1鰭条が黄色いこともポイントだと考えています。

#531 カスリイシモチ_a0013160_19274939.jpg
別角度
by diver813 | 2020-06-25 09:07 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#530 アカテンイロウミウシ
#530 アカテンイロウミウシ_a0013160_19471486.jpg
【和名】 アカテンイロウミウシ
【学名】 Ardeadoris cruenta
【英名】 N/A
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 3cm
【撮影地】 奄美 水深5m
【特徴】
体は幅の広い楕円形で縁は波打つ。体色は黄色で赤色斑の並ぶ白色帯が背面を囲む。触覚は山吹色で白線が入る。
【生態】
和歌山県以南の西部太平洋に分布。潮通しのよい岩礁域・サンゴ礁に生息する。
【ひとこと】
黄色がベースの優しいカラーリングに赤のワンポイント、フリルのようにひらひらする外套膜と、ガーリー系な見た目のウミウシ。ウミウシの造形をベースにした子供服ブランド立ち上げたりしたら、成功しそうな気がするのは私だけでしょうか。

#530 アカテンイロウミウシ_a0013160_19471454.jpg
#530 アカテンイロウミウシ_a0013160_19471492.jpg
別角度
by diver813 | 2020-06-23 08:45 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#529 インディアンバナーフィッシュ
#529 インディアンバナーフィッシュ_a0013160_18394727.jpg
【和名】 インディアンバナーフィッシュ
【英名】 Phantom bannerfish
【学名】 Heniochus pleurotaenia
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 12cm
【撮影地】 シミラン 水深15m
【特徴】
体は強く側篇し、眼上棘および後頭部の突起が発達する。体色は腹側が黒色、背側が褐色で、3本の白色横帯が入る。
【生態】
モルジブ~タイ西岸、インド南端~ジャワ島のインド洋に分布。25m以浅のサンゴ礁にペアもしくは群れをなして生息する。動物プランクトンを食べる。【ひとこと】
ぴょんと飛び出したまつげが個性的なハタタテダイ。ツノハタタテダイに似ていますが、体側の白帯が3本なので区別できます。インド洋の固有種なので太平洋では出会えません。
by diver813 | 2020-06-18 08:49 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)