The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
Reading Baton
a0013160_0285087.jpg
          いつもお世話になっています


TSUKUROI.のこうちさんからバトン返しです。

・お気に入りのテキストサイト(ブログ)
ランゲルハンス島の海
自分のブログが一番好き。自惚れです。馬鹿です。
皆さんのコメントを何度も読み返しては、ニヤニヤしています。

・今読んでいる本
「日本のサンゴ礁」日本サンゴ礁学会(編)
図も多くて、なかなか読み応えあります。

「美しい日本語のすすめ」美しい日本語について語る会
美しい日本語を話す人になりたいです。

「ジェネレーションY」日本経済新聞社(編)
Y語辞典がおもしろい。

・好きな作家
松岡達英
「冒険図鑑」「自然図鑑」「海辺のずかん」「森のずかん」・・・
野外活動・自然観察のバイブルです。

・よく読むまたは、思い入れのある本

「ねないこだれだ」せな けいこ
9時にねないと、おばけのせかいへ、つれていかれます。

「ジャンボ・ジェット機の飛ばし方」非日常研究会
いざと言う時に役立つはず。「戦場の歩き方」もおすすめ。

「立体で見る[星の本]」杉浦 康平・北村 正利
眼鏡をかけると、星が飛び出すので、近い星・遠い星があることを体感できます。

「NATIONAL GEOGRAPHIC」
雑誌ですがこれは外せません。日本版が出る前から愛読。写真を眺めるだけですが。

「高等学校 物理Ⅱ」宮本重徳 ほか6名
先生に頼まれ、実験を行う生徒として登場しちゃいました。

・この本は手放せません!
「日本産魚類大図鑑」益田 一・尼岡 邦夫・荒賀忠一・上野 輝彌・吉野 哲夫(編)
「日本の海水魚」岡村 収・尼丘 邦夫(編)
「世界の熱帯魚」益田 一・ジェラルドRアレン
「海水魚ガイドブック」大方 洋二
「フィールドベスト図鑑7 日本の海水魚」木村 義志
「ヤマケイポケットガイド⑧海水魚」吉野 雄輔
「ヤマケイポケットガイド⑯海辺の生き物」小林 安雅
「山渓フィールドブックス⑧海辺の生きもの」奥谷 喬司・楚山 勇
「フィールド図鑑 海岸動物」益田 一・林 公義・中村 宏治・小林 安雅(編)
「フィールド図鑑 造礁サンゴ」西平守 孝
「日本の海藻」中村 庸夫・田中 次郎
「沖縄のウミウシ」小野 篤司
「海の甲殻類」峯水 亮
「エビカニガイドブック」奥野 淳兒・加藤 昌一
「エビカニガイドブック②」奥野 淳兒・川本 剛志
「ナマコガイドブック」本川 達雄・今岡 亨・楚山 いさむ
これだけ図鑑があっても、載っていない生き物がまだまだいるのが面白い。

・次にバトンを渡すヒト3名
前回、ちょっと押し付けすぎたので、今回は参加したい人を募集することにします。
我こそは!と思う人はぜひご参加ください。

項目は

・お気に入りのテキストサイト(ブログ)
・今読んでいる本
・好きな作家
・よく読むまたは、思い入れのある本
・この本は手放せません!
・次にバトンを渡すヒト3名
by diver813 | 2005-06-23 00:34 | Trackback
<< 2005.04-05 Okin... #220 オオイカリナマコ >>