The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
Lesson7 潮間帯の生物
a0013160_14587.jpg
海には潮の満ち干があります。これは、月と太陽の引力に海水が引かれて起こるのですが、長くなるので、この話は別の機会に・・・
そして、潮が満ちている時は海に、潮が引いているときは陸になる部分を「潮間帯」と言います(正確には大潮の時の最も高い海岸線と最も低い海岸線の間を指します)。
この潮間帯は、陸になったり海になったりする環境から、色々な生き物と、その生き物たちの変わった分布を観察することができます。
潮間帯でも、上の方では、長時間水に浸からなくてもよい、熱や乾燥に強い生き物しか生き残れません。
ウニは棘を倒してその間に水をためたり、ヨロイソギンチャクは、体中に砂を貼り付けたり、カサガイは隙間がないように岩にくっついたりして、乾燥から身を守っています。また、巻貝の仲間は、高く積み重なって、岩の熱から逃れたりしています。
また、上の方ではなくても、潮溜まり(=干潮時にできる、窪みにできた水溜り。タイドプール。)は、日光に温められると、水温が上がりますし、水が蒸発するため、塩分濃度も濃くなり、この環境に耐えられる生き物のみが、生息できるのです。
このように、海になったり、陸になったり、常に変化する潮間帯では、海までの高さや距離によって、住んでいる生き物が変化します。
上部にはフジツボ・カメノテやタマキビなどの巻貝、中間にはクモヒトデやヤドカリ、ウニ、下部にはナマコ・タカラガイやアメフラシなどが住んでいます。
これから夏になって、海に行く機会も増えるはず。「何かがいた」というだけではなく、「なぜここにいるんだろう」「ここで生きるためにどんな工夫をしているんだろう」ということを考えてみると、きっと新しい感動に出会えるはずです。
by diver813 | 2005-06-06 00:59 | Study Room
<< 2005.04-05 Okin... 2005.04-05 Okin... >>