The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
Lesson3 水圧と空気
a0013160_12134090.jpg
水の中に入っていく時に、陸上と大きく異なる環境のひとつが水圧です。
普段生活している地上(標高0m)の気圧は、標準値で1013hPaです。
台風の中心気圧が940hPaとか、高気圧の横に1030hPaという数字がついているなど、気圧は天気予報でよく目にします。
標高0mの場所では、1c㎡あたり約1kgの空気が乗っています。この空気の重さが気圧になっているので、陸上では1c㎡あたり、約1kgの力で空気に押し潰されていることになるのです。
普段生活している陸上は、空気の海の底だと思うと、イメージしやすいかも。

これが水中になると、水深10mで1c㎡あたり1kgの水が乗っていることになります。
なので、0mで1気圧、水深10mでは空気の重さ1kg+水の重さ1kgで2気圧、20mは3気圧、50mは6気圧、100mでは11気圧の力がかかります。
よく時計に表示されている10気圧防水は、水深100mまで大丈夫ということです(大気圧を含まない表示なので)。

空気は力をかけると縮むので、水深10mで1㍑の空気は、気圧が半分の陸上では2㍑になります。
なので、水深10mで膨らませた風船を陸上に持っていくと、倍のサイズになります。
ダイビングでは「絶対呼吸を止めない」という原則がありますが、これは、いっぱい息を吸って浮上すると、肺の中の空気が膨らんで、肺が破裂してしまうからなのです。
また、ダイビングのタンク1本が陸上で2時間持ったすると、同じような息の吸い方では、水深10mでは1時間、水深30mでは30分しか持ちません。
他にも、この空気の変化が体に与える影響があって、ダイビング、飛行機やエレベーターに乗ったとき、新幹線がトンネルに入った時に起こる、nice68さんも悩む「耳が痛くなる」現象ですが、これは、鼓膜の内側の空気と、鼓膜の外側の空気の圧力の違いのため、鼓膜が引っ張られてしまい、耳が痛くなるのです。
耳が痛くなるのは「耳抜き」という方法で解決できます。簡単な方法としては、口を閉じ、鼻をつまんで、息を強く吐くという方法で、他にも唾を飲むとか、あくびをする、顎を動かすという方法があります。
耳が抜けにくいと悩む人も多くいますが、馴れとトレーニングで抜けるようになります。ご心配なく。
ちなみに、治療した虫歯に詰め物したため、歯の中に空間があると、歯が痛む場合もあります。
by diver813 | 2005-01-16 12:21 | Study Room
<< #165 ソウシハギ(幼魚) #164 ニセアカホシカクレエビ >>