The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
Lesson14 壊れたBCDの治し方(インフレーターホースの付け根)
a0013160_15360507.jpg
長年使っているBCD、とうとう劣化によりインフレーターホースの付け根が割れてしまいました。
こうなると通常「修理不能」であきらめるしかありません。
しかし、長年使ってなじんだBCD、あきらめられませんでした。
そこで探してみるとシンガポールの「SCUBA-FIX」(https://www.scuba-fix.com/)という修理パーツを販売しているサイトに辿りつきました。
このリペアキットでしっかりと修理できたので、紹介したいと思います。

お値段は本体108SGD、送料10SGD合計だいたい日本円10,000円。
修理したいBCDのメーカーを選んで注文します。
パーツはしっかりとしたプラスチックで、BCDの生地を挟み込み、新しい取り付け台座を固定するというもの。

パッケージもしっかりしていて、開けると修理用パーツ、サンドペーパー、糊が入っています。
a0013160_15395947.jpg
a0013160_15402577.jpg

修理の手順

1.インフレーターホースを外し、壊れた台座についているパッキンを回収しておきます。

2.鋭利なはさみなどでざっくりと壊れた台座をはずします。
a0013160_15413756.jpg
3.丁寧に残った破片をトリミングし、縁に凹凸がないように綺麗にします。
a0013160_15423379.jpg
4.サンドペーパーを二つ折りにして、開口部の周囲の内側をこすり、表面をざらつかせて糊をつきやすくします。
a0013160_15425106.jpg
5.開口部を潰すようにつまみ、広がった穴に修理パーツを縦にしてはめ込みます。
a0013160_15551427.jpg
6.はめ込んだパーツの襟の部分に糊を塗ります。BCDの中にあるパーツに塗るため、パーツを回転させながら塗っていきます。ここで使用する量はチューブの1/3程度。
a0013160_15555229.jpg
7.接着剤用のへらで接着剤をならします。これは取説にはありませんが、むらをなくすためにやっがほうがいいです。
a0013160_15561187.jpg
8.パーツを引き上げBCDに接着、たわみなどないよう接着箇所をしっかり押さえます。

9.接着した上にのりを塗り、へらでならします。
a0013160_15571947.jpg
10.固定用リングをとりつけ、しっかり締めこみ、糊が全体についていること、たわみがないことを確認します。
a0013160_15573324.jpg
11.18時間以上放置し、糊の乾燥を待ちます。
a0013160_15582182.jpg
12.パッキン、インフレーターホースを取り付けます。
a0013160_15580754.jpg
13.水につけて空気漏れがないか確認し、完成。
a0013160_15585157.jpg
多少はみ出た糊の跡などはついてしまいますが、台座は元のものよりしっかりしていて、まだまだ使えそうな仕上がりとなりました。
a0013160_15591146.jpg
愛着のあるBCDが同じように壊れてしまった人の参考になると嬉しいです。
# by diver813 | 2018-10-02 07:07 | Study Room | Trackback | Comments(0)
2012.11 カリブ海 The 12th day
a0013160_11163713.jpg
       毎日のベッドメイキングすら笑顔にしてくれる。

航海7日目も終日クルージング。
やっとやりたいことリストを消化し、のんびり船を楽しめました。
クルーズで一番感動したのが、お客さんもクルーもみんないつも笑顔なこと。
何も心配せず、安心して過ごせる船内は幸せな空気であふれているんです。

a0013160_11161308.jpg
中庭も広い


a0013160_11162757.jpg
花嫁さんがジップラインに


a0013160_11163234.jpg
ベットメイキングのおかえし
# by diver813 | 2018-09-15 08:02 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2012.11 カリブ海 The 11th day
a0013160_18193680.jpg
          結構増えた

航海6日目は終日クルージング。
いろいろある船上アクティビティに挑戦。
まずは水着に着替えて、プールへ。船上のプールは波があることに感動。
そして船上でボディーボード、ビンゴ、ボルダリングと遊びつくします。
フォーマルナイトなので、ディナーはフレンチのスペシャリティレストランへ行き、そのままカジノへ。
洋上をとことん堪能しました。


a0013160_12312529.jpg
船上でボディーボード


a0013160_18102414.jpg
ボルダリングウォールも高い



a0013160_18095640.jpg
スペシャリティーレストランの照明は控え気味
# by diver813 | 2018-09-05 07:06 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2012.11 カリブ海 The 10th day
a0013160_17250262.jpg
          これも船の上

フィリップスバーグへから出港。
夜ごはんの前にアイスショーを鑑賞。
そう、この船、スケートリングまであるんです。
いくら大きくて揺れが少ないとはいえ、揺れる船でのアイスショーってすごい。
そして夜ごはんを食べたら今度はABBAのコピーライブ。
今日もよく遊びました。

# by diver813 | 2018-08-28 07:26 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2012.11 カリブ海 The 10th day
          みんなおおはしゃぎ。

航海5日目フィリップスバーグへ入港。
ここは小船で島へ向かいます。
島についたらセグウェイでビーチを散策などして、観光白タクと交渉。
最も行ってみたかった世界一危険なビーチ「マホビーチ」を目指しました。
頭上をすれすれで飛ぶ飛行機は大迫力で、飛行機が来るたびみんなバカ騒ぎ。
そして、飛行機の離陸がまたやばい。
ジェットエンジンの噴流がものすごい勢いで噴きつけるのですが、これに砂が混ざって痛い、痛い。
がんばって金網にしがみついているバカとか、もー大好き。
その後ヌーディストビーチなども観光しましたが、マホビーチがすごすぎて、他はほとんど印象に残っていません。


a0013160_16385391.jpg
最高の景色


a0013160_16454670.jpg
噴流注意の看板


a0013160_16463401.jpg
噴流すごいならしがみつけばいいや、な人々


a0013160_16474793.jpg
みんな裸だとエロさも感じません
# by diver813 | 2018-08-27 07:55 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2012.11 カリブ海 The 9th day
a0013160_18221981.jpg
          自然をそのまま残した無人島

航海4日目、シャーロットアマリーに入港。
港によって出口の階が変わるので、エレベータでは出口階のGANGWAYボタンが点灯します。
港に降りるといきなり野良イグアナっ!
セント・トーマス島は火山性の島で自然も豊富なのでエコツアーに申し込みました。
ツアーはまずマングローブの川のカヤックからスタートです。
参加者は元軍人さんとかもいて、みんな進むのが速い。
がんばって無人島Cas Cayを目指します。
Cas Cayにつくとシュノーケリングで水中を観察。
オニカマスの幼魚などを見ることができました。
シュノーケリングの後はハイキング。
自然についての解説を受けながら、島を散策しました。
水中仕様のカメラに反応してきたご婦人が、旦那さんが沖縄にいたことがあるとかで、なんか仲良くなったりして、楽しいツアーでした。
そしてシャーロットアマリーを出港、島の夜景は綺麗でしたが、やっぱり寂しい気持ちになります。

a0013160_18293125.jpg
GANGWAYボタン


a0013160_18302821.jpg
野良イグアナ!


a0013160_18312358.jpg
野良イグアナはクルーズ船が似合う



a0013160_15550740.jpg
みんなで、えっちらおっちら


a0013160_15554971.jpg
オカヤドカリを観察したりしました


a0013160_18324345.jpg
船から見るセント・トーマス島の夜景
# by diver813 | 2018-08-26 07:49 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2012.11 カリブ海 The 8th day
a0013160_18051435.jpg
          ひゃっほう

航海3日目は終日クルージング。
一日中海の上ですが、イベントが盛りだくさんで忙しいのなんの。
ジップラインしてランチはスペシャリティーレストラン"Giovanni's Table"でイタリアン。
アクアショー見てばんごはん。
まったくのんびりできませんでした。


a0013160_18051865.jpg
ランチ


a0013160_18052273.jpg
アクアショー
# by diver813 | 2018-08-25 08:04 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#493 ブルーストライプグラント
a0013160_12251340.jpg

【和名】 ブルーストライプグラント
【英名】 Blue striped grunt
【学名】 Haemulon sciurus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イサキ科
【体長】 20cm
【撮影地】 Key Largo 水深10m
【特徴】
体は側扁し口が突出する。体色は黄色で、細い青色の縦縞が入る。目の下の縦縞は独特のアーチを描く。背鰭軟条部と尾鰭は黒色。最大で46cmの個体が報告されている。
【生態】
西部大西洋、フロリダ、メキシコ湾、ブラジルまでのカリブ海に分布。珊瑚礁や藻場、マングローブ域で数匹~千匹の群れを形成する。肉食性で主にエビを捕食し、その他甲殻類、小魚、二枚貝等も食べる。産卵期は1月~4月。
【ひとこと】
輝く青い線が美しい魚。見分けるポイントは目の下の独特のアーチを描く青線。また、フレンチグラントに似ていますが、フレンチグラントは尾びれが黒くないため見分けられます。たまに食用にもするそうですが、シガテラ中毒も発生しているので、できれば避けたほうが無難。
# by diver813 | 2018-08-24 07:21 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2012.11 カリブ海 The 7th day After Dive
a0013160_13113876.jpg
          船上のミュージカル。


ダイビングを楽しんだ後少しだけ街を散策して再び乗船。
減ったお腹にスペシャリティレストランのシュラスコを詰め込み、食後はミュージカル鑑賞。
潜ってお腹一杯食べて酔っ払っての鑑賞だったので、素敵なショーだったのに、途中寝てしまいました。もったいない。

a0013160_18272511.jpg船が大きいと帰りも迷う心配がない。
# by diver813 | 2018-08-23 07:43 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2012.11 カリブ海 The 7th day The 2nd Dive
a0013160_12541932.jpg
          敵は出てきませんでした。

Site Nassau James Bond Wrecks
Maximum Depth  14.9m
Water Temperature 26℃
Entry 10:53
Exit 11:45
Dive Time 52min.

2本目はジェームスボンドレック。
このポイントは007シリーズの"Never Say Never Again"と"Thunderball"の2作品のロケ地。
沈船とそこに集まる魚をひとしきり堪能した後、少し足を伸ばしたらブラウンガーデンイールに出会えました。
浮上の直前、大きな人懐っこいバラクーダと記念撮影。
水中のハリウッドといわれるバハマらしいポイントを楽しみました。

a0013160_12544264.jpgここでバトルが。



a0013160_12554299.jpgブラウンガーデンイール



a0013160_12561467.jpg人懐っこいバラクーダ
# by diver813 | 2018-08-22 07:52 | Diving Log | Trackback | Comments(0)