The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:粟国 ( 19 ) タグの人気記事
2007.04-05 Okinawa The 2nd Day The 3rd Dive
a0013160_0255355.jpg
        一匹だけサイズが違うんですけど・・・


Site 粟国島 筆ん崎 3→2ノ根
Maximum Depth  18.4m
Water Temperature 21℃
Entry 13:59
Exit 14:40
Dive Time 41min.


3本目はギンガメ玉目当てではありませんでしたが、見事にトルネードを巻くギンガメ玉に遭遇。しかも、一匹のロウニンアジがまとわり付いていて、なかなか面白い光景でした。
その後、渦巻くイソマグロ玉(動画)を発見。
ひとつ所に留まって渦巻くイソマグロを見たのははじめて。
かなり近寄れたし、いいもの見さしてもらいました。
by diver813 | 2007-06-05 00:30 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2007.04-05 Okinawa The 2nd Day The 2nd Dive
a0013160_1212237.jpg
          どこを見てるの?


Site 粟国島 筆ん崎 4ノ根
Maximum Depth  14.9m
Water Temperature 22℃
Entry 11:46
Exit 12:27
Dive Time 41min.


2本目は海の上からギンガメの群れを探し、船を群れに横付けして潜りました。
1本目で見れなかった反動で、ずっとギンガメ玉を追いかけるダイビングでした。
個人的にはいろんな生き物を見たいから、ちょっと退屈。
寒かったし。
でも、みんなギンガメ目当てだから仕方ないよね。
by diver813 | 2007-05-22 01:21 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#371 カスリフサカサゴ
a0013160_1331179.jpg
【和名】 カスリフサカサゴ
【学名】 Sebastapistes albobrunnea
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【体長】 4cm
【撮影地】 粟国 水深10m
【特徴】
体は頭部が大きく腹部は平ら。頭部に皮弁がなく額棘もない。体色は赤褐色で、微小な白色点が密布する。
【生態】
琉球列島以南の西部太平洋・インド洋に分布。浅い珊瑚礁域・岩礁域の岩の上や、ハナヤサイサンゴの枝の隙間に生息する。
【ひとこと】
赤い体に細かい白点、そして黄色い斑模様と、可愛らしい姿をしているのですが、珊瑚の枝の隙間に住んでいるので、なかなか写真に撮るのが大変。ニラミカサゴと似ていますが、本種は小白点が密布すること、鰭に褐色斑が入らないことで区別できます。
by diver813 | 2007-05-21 01:32 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2007.04-05 Okinawa The 2nd Day The 1st Dive
a0013160_23554245.jpg
          すごすご


Site 粟国島 筆ん崎 2→3→2ノ根
Maximum Depth  20.2m
Water Temperature 22℃
Entry 10:19
Exit 11:08
Dive Time 49min.


2日目は粟国島へ遠征しました。
天気も悪くなく、海も穏やかだったのですが、水に入ると寒っ!
ギンガメアジを探しにきたのですが、寒さで体が強張って、ついつい海底でガサゴソやってしまいました
by diver813 | 2007-05-15 00:07 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#363 ウケグチイットウダイ
a0013160_1222691.jpg
【和名】 ウケグチイットウダイ
【学名】 Neoniphon sammara
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 キンメダイ目 イットウダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 粟国 水深15m
【特徴】
体は細長く、下顎が上顎より前方へ突出する。目が大きく、硬く大きい鱗を持つ。体色は銀色で細い赤色縦帯が入る。背鰭には太い褐色縦帯が入り、前方に暗色斑が入る。
【生態】
紀伊半島以南の太平洋・インド洋・紅海に分布。珊瑚礁域に生息し、夜行性で、日中は岩陰などに隠れる。
【ひとこと】
イットウダイの仲間の多くは、赤い体色ですが、本種は銀色。他に銀色の体色に細い赤色縦帯が入るイットウダイとして、ホソエビスがいますが、ホソエビスの背鰭は透明なので、背鰭が立っていれば見分けることができます。
by diver813 | 2007-02-18 01:23 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#362 ヒメノコギリヒトデ
a0013160_1184917.jpg
【和名】 ヒメノコギリヒトデ
【学名】 Valvaster striatus
【分類】 動物界 棘皮動物門 海星綱 アカヒトデ目 ノコギリヒトデ科
【直径】 5cm
【撮影地】 粟国 水深15m
【特徴】
盤は比較的小さく、体は扁平。腕の縁は直線的で、先端が尖る。二枚貝型の叉棘が上縁板を覆う。褐色・赤褐色・緑褐色などからなる横帯が入る。
【生態】
奄美大島・琉球諸島に分布。珊瑚礁域に生息する。
【ひとこと】
ノコギリヒトデと良く似ていますが、ノコギリの棘の太さが違うので見分けることができます。たまたま砂地にいたので目立っていますが、これが岩に張り付いてると、周囲に溶け込んでしまって、なかなか見つけることができません。
by diver813 | 2007-02-13 01:19 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#331 モヨウハタ
a0013160_23163351.jpg
【和名】 モヨウハタ
【学名】 Epinephelus quoyanus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 30cm
【撮影地】 粟国 水深15m
【特徴】
体は長卵形でやや側扁し、尾鰭は截形で先端はやや丸みを帯び、胸鰭がやや大きい。乳白色の地に茶褐色の斑紋が密に入り、斑紋は多角形や円形でいびつ。
【生態】
南日本~オーストラリアにかけての西部太平洋、インド洋、アンダマン海に分布。内湾など穏やかな岩礁域に生息する。
【ひとこと】
カンモンハタとよく似ていますが、モヨウハタは各斑紋が繋がらず、独立していることで区別できます。オオモンハタやホウセキハタにも似ていますが、オオモンハタが尾鰭の後端が白く縁取られること、ホウセキハタはやや黄みがかり、網目模様が細かく規則的なので見分けることができます。
by diver813 | 2006-07-14 23:14 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#325 ホソカマス
a0013160_1121476.jpg

【和名】 ホソカマス
【学名】 Sphyraena novaehollandiae
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 カマス科
【体長】 50cm
【撮影地】 粟国 水深15m
【特徴】
体は細長い円筒形。鱗は細かく顎に鋭い歯を持つ。上顎後端は鼻腔直下に達さない。背鰭は2基で離れる。体側に明瞭な2本の黄色縦帯が入る。
【生態】
琉球列島、ハワイ諸島、南シナ海、オーストラリア、ラッカディブ諸島、南アフリカに分布。珊瑚礁域沿岸の浅所に生息し、垂直に広がる群れを形成する。
【ひとこと】
きらきら輝く鋭い姿が、密な群れを作っている姿は、なんとも涼しげです。細い体の方向とは逆に、上下に広がる群れは、まるでひとつの生き物のようです。塩焼き、干物など、食べても美味しく、定置網や刺し網などで漁獲されています。
by diver813 | 2006-06-28 01:14 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)
2006.04-05 Okinawa The 5th Day The 3rd Dive
a0013160_034184.jpg
          やっと出た


Site 粟国島 筆ん崎 3ノ根
Maximum Depth  20.2m
Water Temperature 26℃
Entry 14:54
Exit 15:33
Dive Time 39min.

3本目も懲りずに筆ん崎。
エントリー早々出会ったのはホソカマスの群れ
で、群れを追いかけていると、アカウミガメが出てきました
こういう時は会いたい生き物に会えるもの。
程なくすると、トルネードを巻いたギンガメ玉に遭遇
しばらく外から観察していましたが、ガイドさんから「行っていいよ」という合図があったので群れに突っ込んで、追い立てて、捕食者気分を味わいました。
一斉に逃げる群れは、まるでひとつの生き物のようでした。
あー楽しかった。
でも、ギンガメアジに会えたのはうちのチームだけだったので、帰りの船も、ログ付けの時も、ギンガメの話は禁句でした。
by diver813 | 2006-06-01 00:46 | Diving Log | Trackback | Comments(5)
2006.04-05 Okinawa The 5th Day The 2nd Dive
a0013160_22464595.jpg
          こっち向いてよ!


Site 粟国島 筆ん崎 4ノ根
Maximum Depth  22.9m
Water Temperature 25℃
Entry 12:25
Exit 13:08
Dive Time 43min.

2本目も筆ん崎。
本流は爆流でした。
その中を、ギンガメ探して泳ぐ、泳ぐ。
さすがに爆流の中、バディに気を使いながらでは、あまり写真は撮れず、結局撮った写真は、流れの影で一息ついているときに撮った10枚程度、サンゴガニばかりでした。
でも、こういうしっかり体を動かすダイビング、大好き。
スポーツって感じがします。
by diver813 | 2006-05-30 22:51 | Diving Log | Trackback | Comments(4)