The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:海藻 ( 14 ) タグの人気記事
#490 フタエオオギ
a0013160_18160536.jpg
【和名】 フタエオオギ
【英名】 N/A
【学名】 Distromium decumbens
【分類】 植物界 褐藻植物門 褐藻綱 アミジグサ目 アミジグサ科
【直径】 4cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体は扇形で縁は巻かない。体の上面は平坦で、下面には毛が生える。藻体は幾重にも重なり生える。体の断面は2層の細胞からなる。体色は褐色で、青紫色に蛍光発光する。
【生態】
日本中南部に分布。やや水深が深い岩礁域に生息し、岩の陰に付着する。
【ひとこと】
体が2層構造のため「フタエ」。水中で見ると、シャボン玉の表面のように虹色に蛍光を放っています。個人的な推測ですが、少し深く陰った光の少ない場所に生息するため、紫外線を蛍光発光させ可視光線に変えることで、光合成に利用しているのではないでしょうか。

by diver813 | 2017-07-16 18:19 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#442 フクロノリ
a0013160_0465034.jpg
【和名】 フクロノリ
【学名】 Colpomenia sinuosa
【分類】 植物界 褐藻植物門 褐藻綱 カヤモノリ目 カヤモノリ科
【直径】 10cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
体は袋状で中空。小さいものは球形に近いが、成長とともに不規則な形になる。体色は淡緑褐色。
【生態】
日本各地に分布。潮間帯下部~潮下帯に生息し、岩の上に付着する。胞子体と配偶体世代の世代交代を行う。
【ひとこと】
日本各地の海岸でよく見かける海藻。シュークリームのような外観から、やわらかそうに見えますが、触ってみると予想以上にしっかりしています。ネバリモに似ていますが、本種のほうが硬く中空であること、ねばねばしないことで区別できます。
by diver813 | 2009-05-18 00:47 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2008.09 Okinawa The 4th Day The 1st Dive
a0013160_0515828.jpg
        天然のウミブドウ


Site YAMATO-4
Maximum Depth  14.3m
Water Temperature 28℃
Entry 9:13
Exit 9:59
Dive Time 46min.


3日目はボートダイビングに参加。
綺麗な虹が出るほど天気はいいのですが、ショップの人が、
「今年最悪のコンディション」
と言うだけあって、外海には船を出せず、結局、那覇港で潜ることに。
透明度は前日と同じように悪いし、綺麗な珊瑚礁ではなく、ヘドロが堆積するなか、転々とサンゴがある程度でしたが、慶良間はさんざん潜っているので、友人には悪いのですが、那覇港を潜るのも面白かったです。

a0013160_052159.jpg

by diver813 | 2009-01-19 00:52 | Diving Log | Trackback | Comments(5)
#410 ラッパモク
a0013160_1403817.jpg

【和名】 ラッパモク
【学名】 Turbinaria ornata
【分類】 植物界 褐藻植物門 褐藻綱 ヒビマタ目 ホンダワラ科
【高さ】 15cm
【撮影地】 沖縄 水深0.5m
【特徴】
体は硬く、緑褐色。主枝から放射状に伸びた先端の葉はラッパ状。ラッパ状の葉は気泡で、周縁は棘状に尖る。付着根は太く繊維状。
【生態】
南西諸島以南、中~西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域の潮下帯の岩の上に群生する。日当たりのよい、水平な場所に多い。一年を通して観察される。
【ひとこと】
特徴的な姿から、沖縄で磯遊びをすると、必ずといっていいほど目につく海藻。しっかりした根と硬い体は、捕食者から身を守るのはもちろん、波に揉まれる浅い海に耐えるためのものです。

a0013160_1405322.jpg
ラッパ状の葉
by diver813 | 2008-02-26 01:42 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#384 アヤニシキ
a0013160_2317997.jpg

【和名】 アヤニシキ
【学名】 Martensia fragilis
【分類】 植物界 紅藻植物門 紅藻綱 イギス目 コノハノリ科
【長さ】 5cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
体は薄く扇状。中心部分は膜状の栄養体で、その外側に網目状の生殖部が広がる。体色は赤だが、水中では蛍光を発し青白く見える。
【生態】
本州中南部に分布。潮下帯より深いの岩上や他の海藻、ロープなどに生える。春~夏に繁茂し、秋~冬は見られない。
【ひとこと】
青白く光る、美しい海藻ですが、水から出すとただの赤い海藻になってしまいます。外側の網目部分は生殖部なので、若い個体にはありません。さらに成長すると生殖部に嚢果という白い粒が表れます。
by diver813 | 2007-08-01 23:18 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#320 アナアオサ
a0013160_0382985.jpg

【和名】 アナアオサ
【学名】 Ulva pertusa
【分類】 植物界 緑藻植物門 緑藻綱 アオサ目 アオサ科
【長さ】 15cm
【撮影地】 沖縄 水深0.5m
【特徴】
葉体はほぼ円形の膜状で、多数の穴が開く。断面は2層の細胞列からなり、上部の細胞より、下部の細胞の方が大きい。体色はやや光沢がある緑色。
【生態】
日本各地・朝鮮半島に分布。潮間帯中部~漸深帯に生息する。穏やかな内湾に生息する個体は特に大きくなり、畳一畳分ほどになることもある。
【ひとこと】
アオサと呼ばれている海藻のほとんどはこのアナアオサです。しかし、沖縄でアーサと呼ばれているのはヒトエグサ。やや厚みがあり硬いため、そのまま食用になるのは、初春のやわらかい季節だけです。風味が豊かなため、乾燥させて粉末にした「青粉」はふりかけなどに使われ、少しアナアオサが混じった海苔は、「青とび」「青混ぜ」などと呼ばれ、通に好まれています。また、最近では海水の富栄養化による大発生が問題にもなっています。
by diver813 | 2006-05-31 00:40 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)
#310 ウスバワツナギソウ
a0013160_1213669.jpg
【和名】 ウスバワツナギソウ
【学名】 Champia expansa
【分類】 植物界 紅藻植物門 紅藻綱 マサゴシバリ目 ワツナギソウ科
【長さ】 5cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
葉は平たく、規則的に二叉分岐する。体色は青紫色で、葉に細かい横縞が入り、根元を中心とした輪紋を形成する。柔らかく、ぬるぬるする。
【生態】
本州中部以南、韓国に分布。岩礁域の潮下帯に生息し、岩の上に生える。水中では青白い蛍光色を発する。
【ひとこと】
蛍光色が非常に綺麗な海藻です。しかし、これを陸上に持ってくると、ただの赤い海藻になってしまいます。海藻は大きく分けて、緑色の緑藻、茶色い褐藻、赤い紅藻の3種類に分類されます。しかし、これは単に色で分けられているわけではなく、持つ色素に大きな違いがあるためであり、系統立った(類縁関係が近い種をまとめて)分類の結果です。
by diver813 | 2006-04-05 01:22 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#294 サボテングサ
a0013160_2114983.jpg

【和名】 サボテングサ
【学名】 Halimeda opuntia
【分類】 植物界 緑藻植物門 緑藻綱 イワズタ目 ハゴロモ科
【高さ】 10cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
団扇状の節間が平面的に長く繋がり、枝分かれは少ない。石灰分が多く脆い。体色は白みがかった緑色で根元付近は白くなることがある。大きさや色彩は個体ごとに変異がある。
【生態】
南西諸島に分布。珊瑚礁域の潮下帯に生息し、岩場に付着する。魚の嫌いな二次代謝産物を生成し、捕食を免れる。環境により形状が大きく異なる。
【ひとこと】
サボテングサの仲間は古代海藻の一種で、地球上に現れたのは2億年以上前なのですが、魚が食べにくくなる物質を作り出すなどして、今まで生きのびています。またコノハガニが擬態しているのはサボテングサで、珊瑚礁域ではサボテングサに付いています。特には葉とそっくりな形。
by diver813 | 2006-02-24 02:12 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#230 イトゲノマユハキ
a0013160_23162681.jpg
【和名】 イトゲノマユハキ
【学名】 Chlorodesmis caespitosa
【分類】 植物界 緑藻植物門 緑藻綱 イワズタ目 ハゴロモ科
【高さ】 5cm
【撮影地】 慶良間 水深5m
【特徴】
藻体は分岐せず細い髪の毛のような糸状。葉状部の長さはほぼ均一で房状に生える。体色は白色がかった緑色。
【生態】
太平洋南部、南西諸島に分布。波当たりの強い漸深帯に生息する。死んだサンゴの上に強く着生する。生殖細胞は遊泳性で、接合した配偶子が直接藻体に成長する。
【ひとこと】
名前の由来は、眉についたおしろいの粉を落とす「眉掃き」。鮮やかな緑色が波に揺れる姿はとても綺麗です。この緑色は陸上の植物も持っている、光合成色素のクロロフィルaとクロロフィルbの色です。クロロフィルは主に赤い光をエネルギーに変えるので、赤い光を吸収する海では、浅いところにしか生息できません。
by diver813 | 2005-07-23 23:16 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#218 ウミウチワ
a0013160_03012100.jpg
【和名】 ウミウチワ
【学名】 Padina arborescens
【分類】 植物界 褐藻植物門 褐藻綱 アミジグサ目 アミジグサ科
【直径】 25cm
【撮影地】 三浦 水深0.5m
【特徴】
体は薄く、緑褐色。基部はやや厚みがある。扇型に広がり、縁は外側巻き込まれ、この縁から新しい体が広がる。古い個体は縦に裂け目が入る。配偶体と胞子体は同形態。
【生態】
日本全域のタイドプールや漸深帯の優占種。全世界に広く分布する。一年中生息するが個体の寿命は数ヶ月。胞子を作り、有性世代と無性世代を交互に繰り返す生活環を持つ。
【ひとこと】
タイドプールへ行くと、必ずといっていいほど見ることができる植物です。植物は細胞分裂を活発に行い、新しい細胞を生み出す「成長点」という所が先端にあります。新しい細胞は柔らかく弱いので、ウミウチワは縁を丸めることによって、成長点を保護しています。
by diver813 | 2005-06-08 00:29 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)