The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:沖縄 ( 82 ) タグの人気記事
#465 アオギハゼ
a0013160_031419.jpg
【和名】 アオギハゼ
【学名】 Trimma caudomaculatum
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 3cm
【撮影地】 沖縄 水深10m
【特徴】
体は細長くやや側扁する。体色は橙色で体側に太い青輝線が入る。尾鰭は青紫色で基部は黒い。
【生態】
和歌山県以南の太平洋岸~台湾、八丈島に分布。珊瑚礁域に生息し、岩棚の陰や洞窟の入口付近で腹を上に向けてホバリングする。数尾~十数尾の群れを作る。
【ひとこと】
色鮮やかで美しいのですが、小さくて、ちょっと薄暗く見にくいところにいるので、見逃しがちの魚。完全に暗い洞窟の中などではなく、洞窟の出口やオーバーハングの影など、中途半場に見えずらいところにいるのが、かえって見えにくかったりします。
by diver813 | 2011-05-30 00:32 | 海洋生物図鑑
#458 ヒメイソギンチャクエビ
a0013160_0342944.jpg
【和名】 ヒメイソギンチャクエビ
【学名】 Hamopontontonia corallicola
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テナガエビ科
【体長】 2cm
【撮影地】 沖縄 水深10m
【特徴】
第1、第2胸脚が鋏脚となり、額角に関節はない。体は透明で歩脚には茶褐色の小斑が散在し、尾柄に斑紋は入らない。
【生態】
伊豆半島以南からオーストラリア北部までの西部太平洋に分布、岩礁域・珊瑚礁域に生息するイソギンチャクや大型のポリプを持つサンゴに共生する。
【ひとこと】
イソギンチャクエビに似ていますが、尾柄に斑紋が入らないことで見分けることができます。それに、本種のほうがズングリムックリな体をしています。また、イソギンチャクエビと違って一部のイソギンチャクに限らず、ハナガササンゴ類や触手が長いクサビライシ類を宿主としています。

a0013160_03598.jpg
横から見た姿
by diver813 | 2010-04-28 00:35 | 海洋生物図鑑
#446 イソハマグリ
a0013160_16271189.jpg
【和名】 イソハマグリ
【学名】 Atactodea striata
【分類】 動物界 軟体動物門 二枚貝綱 マルスダレガイ目 チドリマスオガイ科
【殻長】 2cm
【撮影地】 沖縄 水深0.5m
【特徴】
貝殻は亜三角形で、後方がやや尖る。殻表には粗い輪脈がある。殻は白色で老成すると褐色の輪紋を生じる。
【生態】
紀伊半島以南に分布。粗い砂浜の潮間帯に生息し、砂に潜って生活する。
【ひとこと】
スナホリガニと同じように、さらさらの砂浜より、歩くとシャリシャリ鳴るような、粗い砂浜にいます。数センチしか潜っていないので、波打ち際を軽く撫でるように掘るだけで見つけることができます。小さいのですが、味はハマグリに似ていて良い出汁が出るため、地元では味噌汁の具などに使われます。

a0013160_16273598.jpg
上から見た貝殻
by diver813 | 2009-05-31 16:28 | 海洋生物図鑑
#441 ツムブリ
a0013160_2131298.jpg

【和名】 ツムブリ
【学名】 Elagatis bipinnulata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 アジ科
【体長】 60cm
【撮影地】 沖縄 水深5m
【特徴】
体は細長い紡錘型で吻が尖る。体色は背側が青緑色で、腹側は白色~黄色。体側に2本の細い明青色縦帯が入る。
【生態】
伊豆半島以南、全世界の温帯~熱帯域に分布。潮通しの良い沿岸~沖合いに生息し、表層で群れを形成する。浮遊性甲殻類を食べる。
【ひとこと】
スマートな体型の通り、なかなかのハイスピードで泳ぎます。2本の青い縦帯がその速さをいっそう強調していてかっこいい。英語ではRainbow runnerと呼ばれています。ツムブリのツムは紡錘。糸巻き型の体型が由来です。あまり流通しませんが、なかな美味しい魚です。
by diver813 | 2009-04-22 02:15 | 海洋生物図鑑
2008.09 Okinawa The 4th Day The 2nd Dive
a0013160_1273662.jpg
        んあ?


Site YAMATO-4
Maximum Depth  11.9m
Water Temperature 28℃
Entry 10:49
Exit 11:45
Dive Time 56min.


さすがにボートダイビングと言えど、那覇港内は一日2本。
だって3本リクエストするお客さんいないし。
というわけで、引き続き同じポイントでマクロ探し。
友人は可愛いアカククリの幼魚などには反応せず、初めて会ったウミヘビに感激していました。
そういえば、最初のころって、魚はみんな魚だし、魚じゃない生き物のほうが感動したような気がします。
by diver813 | 2009-03-02 01:28 | Diving Log
2008.09 Okinawa The 4th Day The 1st Dive
a0013160_0515828.jpg
        天然のウミブドウ


Site YAMATO-4
Maximum Depth  14.3m
Water Temperature 28℃
Entry 9:13
Exit 9:59
Dive Time 46min.


3日目はボートダイビングに参加。
綺麗な虹が出るほど天気はいいのですが、ショップの人が、
「今年最悪のコンディション」
と言うだけあって、外海には船を出せず、結局、那覇港で潜ることに。
透明度は前日と同じように悪いし、綺麗な珊瑚礁ではなく、ヘドロが堆積するなか、転々とサンゴがある程度でしたが、慶良間はさんざん潜っているので、友人には悪いのですが、那覇港を潜るのも面白かったです。

a0013160_052159.jpg

by diver813 | 2009-01-19 00:52 | Diving Log
2008.09 Okinawa The 3rd Day The 2nd Dive
a0013160_20314325.jpg
        なんとか辿りつけました。


Site 水釜
Maximum Depth  13.7m
Water Temperature 28℃
Entry 16:19
Exit 16:58
Dive Time 39min.


2本目、砂辺は波がきつくなってきていたので、淡い期待とともに真栄田岬へ。
しかし、残念ながら真栄田岬もクローズ。
しかたがないので、体ひとつで崖を下って洞窟へ行き、飛び込みとかを楽しみました。
そのあと最後の砦、水釜へ。
水釜に潜るのは実に11年ぶり。
かすかな記憶を辿り、漁礁を目指します。
正面から少しだけ右寄りに進んで、水深12mで90度左折。
同じ水深を保ちながら進んでいきます。
「あるはず」の方角から少し右ずらすことで、「あるはず」の水深から左に進めば辿りつけるという戦法。
これが見事に当たり、なんとか漁礁へ辿りつけました。
そんなかんじで楽しめたのですが、エキジットがたいへんでした。
たまたま大きな波が来ているタイミングだったため、堤防に登っても波に直撃され、一気に10mほど転がされてまた海の中へ転落してしまうんです。
こういうときは波がおさまるのを待つのが正解ですが、もっと酷くなる可能性もあるので、何回か波にもみくちゃにされましたが、無理やり上って難を逃れました。
友人は波に飲まれながら「ドナドナ」を歌っていたらしいです。
結構余裕あったのかな?
by diver813 | 2009-01-11 20:33 | Diving Log
2008.09 Okinawa The 3rd Day The 1st Dive
a0013160_23451452.jpg
        伊豆色の珊瑚礁


Site 砂辺 No.1
Maximum Depth  11.9m
Water Temperature 28℃
Entry 13:19
Exit 13:53
Dive Time 34min.


3日目、やってきたのは先日ライセンスを取った友人と台風。
とはいえ、西岸ならなんとか入れる程度だったので、砂辺へ。
行ってみたら、コンディションあまりよくないのに結構混み混み。
ここぐらいしか潜れる場所がなかったからかもしれません。
海に潜ってみると透明度は5m程度。伊豆と同じ色をしていました。
友人の記念すべき初沖縄ダイビングの感想は
「きつかったよ、正直」
でした。

a0013160_23452964.jpg
イロブダイの幼魚はかわいかった
by diver813 | 2008-12-20 23:47 | Diving Log
#426 ハナビラダカラガイ
a0013160_117998.jpg

【和名】 ハナビラダカラガイ
【学名】 Monetaria annulus
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 中腹足目 タカラガイ科
【殻長】 2.5cm
【撮影地】 沖縄 水深0.5m
【特徴】
貝殻は丸く滑らか。殻は乳白色で前後を欠く橙色の輪紋が入る。外套膜は黒色で、白い皮弁状の突起が散在する。
【生態】
房総半島以南に分布。岩礁域、珊瑚礁域の潮間帯に生息する。珊瑚の隙間や岩の窪みに大集団を形成することがある。
【ひとこと】
はなびらだから!ってなんとも乙女チックな名前のタカラガイ。外套膜で覆われていると、ただの石ころみたいですが、貝殻は名前のとおりとても綺麗です。この貝殻がほどよい大きさで、丈夫で、分布が広かったために、キイロダカラガイとともに中国では貨幣として使われていた時代がありました。タカラガイという名前の語源もここに由来します。貯、財、費、資、貧など、金銭に関わる漢字が「貝」という部首を持つものこのためです。

a0013160_1172282.jpg
外套膜



a0013160_1173443.jpg
貝殻



a0013160_118080.jpg
裏側
by diver813 | 2008-09-24 01:21 | 海洋生物図鑑
#412 カブトヤドカリ
a0013160_1274850.jpg

【和名】 カブトヤドカリ
【学名】 Dardanus deformis
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 ヤドカリ科
【甲幅】 2cm
【撮影地】 沖縄 水深1m
【特徴】
左の鋏脚が大きい。歩脚、鋏脚、触角に棘があり長毛が生える。体色は灰褐色で、眼は黄緑色で眼柄に暗色横帯が入る。
【生態】
紀伊半島以南の太平洋、インド洋、紅海に分布。珊瑚礁域潮間帯以深のガレ場などに生息する。アクギガイやタマガイ類を宿貝にし、ベニヒモイソギンチャクを付ける。
【ひとこと】
黄緑色の大きな眼がかわいいヤドカリ。潮溜まりなどでも見かけることができますが、昼間は隠れていることが多く、あまり見かけません。結構脚が速く、危険を感じて殻に隠れても、一瞬で出てきて、テケテケ歩いて行ってしまうので、写真を撮るのは大変。この個体はベニヒモイソギンチャクを付けていませんが、ベニヒモイソギンチャクは強い毒を持つので、触れるときは気をつけましょう。

a0013160_128585.jpg
横から見た姿



a0013160_1282530.jpg
体をせり出した姿
by diver813 | 2008-03-10 01:36 | 海洋生物図鑑