The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:慶良間 ( 142 ) タグの人気記事
2007.04-05 Okinawa The 5th Day The 2nd Dive
a0013160_21627.jpg
        ギョギョギョ

Site 自津留島 沖山礁
Maximum Depth  17.4m
Water Temperature 23℃
Entry 11:28
Exit 12:14
Dive Time 46min.


岩礁の上にサンゴが広がるポイント。
あちらこちらにある岩穴には、ネムリブカが寝ていたり、アカマツカサが群れたりしていました。
by diver813 | 2007-07-16 21:07 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#380 クロニセツノヒラムシ
a0013160_3171827.jpg
【和名】 クロニセツノヒラムシ
【学名】 Pseudoceros flavomarginatus
【分類】 動物界 扁形動物門 渦虫鋼 多岐腸目 ニセツノヒラムシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 沖縄 水深15m
【特徴】
体は扁平で正中線が隆起し、周囲は波打つ。頭部の縁は触角状に捲れる。体色は黒で、2色の線で縁取られる。
【生態】
本州中部以南に分布。珊瑚礁域や岩礁域に生息する。夜行性で、昼間は転石下などに隠れる。
【ひとこと】
ニセツノヒラムシの仲間の頭には触角のようなものが付いています。これは触葉(しょくよう)と呼ばれ、体の縁が巻いて触角のようになっています。体はやわらかく、破れやすいので、つまんだりしないようにしましょう。ヒラムシには珍しく、ちゃんと分類され和名も付いています。
by diver813 | 2007-07-16 03:17 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2007.04-05 Okinawa The 5th Day The 1st Dive
a0013160_23533959.jpg
        これも動物なんだよね

Site 自津留島 ジヅル
Maximum Depth  20.6m
Water Temperature 23℃
Entry 9:55
Exit 10:37
Dive Time 42min.


4日目は、ロクハンを届けてもらって、快適ダイビング。
潮当たりが強く、大物が期待できるポイントですが、特に流れもなく遠くにトビエイが見えたぐらいの、のんびりダイビングでした。
by diver813 | 2007-07-14 23:55 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#379 ヤッコエイ
a0013160_1582198.jpg
【和名】 ヤッコエイ
【学名】 Dasyatis kuhlii
【分類】 動物界 脊索動物門 軟骨魚綱 エイ目 アカエイ科
【体長】 60cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
体は縦扁し、体盤は菱形で吻部は突出しない。背面は淡褐色で、青色斑が点在する。尾の先端に数本の黒褐色横帯が入る。
【生態】
北海道以南の太平洋・インド洋・紅海に分布。沿岸の砂底及び砂泥底に生息し、特に南方に多い。肉食性で底生動物を捕食する。卵胎生。
【ひとこと】
沖縄近辺の砂地で見られるエイはほとんどがヤッコエイ。砂地に潜っている時は神経質で、近づくとすぐ逃げていきますが、砂を掘って餌探しに夢中になっている時は近づくことができます。ただし、餌を探している時にも、時折周囲を警戒するので、この時には空気を吐かず、じっとして再び餌を探すのを待ちましょう。
by diver813 | 2007-07-13 01:59 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2007.04-05 Okinawa The 4th Day The 3rd Dive
a0013160_23452843.jpg
        ウホッ

Site 阿嘉島 阿護の曲
Maximum Depth  19.7m
Water Temperature 24℃
Entry 14:09
Exit 14:56
Dive Time 47min.


ここも慶良間らしい白い砂地に根が点在するポイント。
ヒラムシとか、キスジカンテンウミウシとか、綺麗な可愛らしい生き物に出会うことができました。
by diver813 | 2007-07-11 23:46 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#378 クサリミノウミウシ
a0013160_22595640.jpg

【和名】 クサリミノウミウシ
【学名】 Limenandra sp.
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 オオミノウミウシ科
【体長】 7cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は細長く、灰黄色。背面の正中線上に白色点が並ぶ。背面の突起は個体により異なり、棘状の小突起を生じる個体も存在する。
【生態】
西部太平洋、インド洋に分布する。珊瑚礁域の浅所に生息する。盛夏以外の季節に見られる。
【ひとこと】
トゲミノウミウシ(Limenandra nodosa)と同種とされていましたが、別種であることがわかり、現在学名は付いていません。ジャノメミノウミウシとも呼ばれていますが、また別種になるかもしれません。
by diver813 | 2007-07-09 00:59 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2007.04-05 Okinawa The 4th Day The 2nd Dive
a0013160_23533337.jpg
        ヤンノカ、コラァ!

Site 阿嘉島 タートルベイ
Maximum Depth  14.1m
Water Temperature 24℃
Entry 12:11
Exit 13:01
Dive Time 50min.


タートルベイという名のポイントですが、ウミガメはそんなに出てきません。
砂地に点在する根に、可愛い生き物が付いている、そんな南国らしいのどかなポイント。
根に行く途中のガレ場で、岩をひっくり返していろいろ探していたのですが、一番たくさん出てきたのはお昼寝中のハリセンボンでした。
by diver813 | 2007-07-04 23:54 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#377 ヒトスジモチノウオ (幼魚)
a0013160_2355990.jpg
【和名】 ヒトスジモチノウオ(幼魚)
【学名】 Oxycheilinus unifasciatus(yg)
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ベラ科
【体長】 10cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体は細長くやや側扁する。細い桃色帯が眼から鰓蓋後部にかけて縦に、頬に斜めに入り尾柄部に白色横帯が入る。体色・斑紋は変異が激しい。
【生態】
高知県以南の中部太平洋に分布。潮通しのよい珊瑚礁域に生息する。肉食性で魚類や底生動物を捕食する。
【ひとこと】
この個体は綺麗な桜色をしていますが、真っ白な個体などもいたりします。成魚は緑褐色など、あまり可愛い色をしていません。尾の付け根の白色横帯は成長とともにはっきり出てきます。
by diver813 | 2007-07-03 23:55 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2007.04-05 Okinawa The 4th Day The 1st Dive
a0013160_2324529.jpg
        ふわり

Site 座間味島 ドラゴンレディ
Maximum Depth  27.0m
Water Temperature 23℃
Entry 10:06
Exit 10:57
Dive Time 51min.


「粟国島へ行こう」という誘いを断って、今日は初心者や体験と一緒に、のんびり慶良間でダイビング。
一本目は「彼女が水着にきがえたら」のロケ地で、ドラゴンレディとして使用された飛行機DC-3が今でも残っているポイント。
じっくり、アカシマシラヒゲエビやイソギンチャクエビの写真を撮ったりしながらお散歩していたら、ウミエラなどにも遭遇できました。
by diver813 | 2007-07-02 23:27 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#376 オランウータンクラブ
a0013160_174169.jpg
【和名】 クモガニ属の一種
【学名】 Oncinopus sp.
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 クモガニ科
【甲幅】 1cm
【撮影地】 沖縄 水深15m
【特徴】
体は赤褐色の長毛で覆われ、地色は淡褐色。歩脚は著しく長く、指部は内側に強く湾曲し、濃褐色の縞模様が入る。
【生態】
伊豆半島以南に分布。珊瑚礁域のミズタマサンゴやハナガササンゴやイソバナの枝上やガレ場の転石下に生息する。
【ひとこと】
オランウータンクラブと呼ばれていますが、分類はまだ進んでいないため、和名も学名もありません。毛深く鋏脚と第一歩脚をぶらりとさせている姿は正にオランウータンです。赤い眼も印象的。
by diver813 | 2007-07-02 01:08 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)