The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:慶良間 ( 142 ) タグの人気記事
#424 モンジャウミウシ
a0013160_1243836.jpg

【和名】 モンジャウミウシ
【学名】 Glossodoris cincta
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 5cm
【撮影地】 沖縄 水深15m
【特徴】
体はやや幅の広い楕円形。外套幕の辺縁は波打つ。体色の地色は白色で、褐色~黄褐色の細かい斑模様が入る。街頭膜辺縁は青色。
【生態】
八丈島以南の西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域の浅海に生息し、環境や季節を問わず、年中見られる。鰓葉を細かく動かす特徴的な仕草が観察できる。
【ひとこと】
ごちゃっとした柄からこの名前が付いたのでしょう。この色は食べるなキケンという、派手な色よりも、保護色をとった結果かもしれません。チャイロウミウシという異名もあります。関係ない話ですが、この記事を書きながら、仕事の打ち上げでもんじゃを食べに行ったとき、潰れた新人君に吐瀉物をかけられたことを思い出しました。
by diver813 | 2008-08-23 01:24 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)
#418 アカモンヒトデ
a0013160_143289.jpg
【和名】 アカモンヒトデ
【学名】 Neoferdina cumingi
【分類】 動物界 棘皮動物門 海星綱 アカヒトデ目 ホウキボシ科
【直径】 4cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は星型で、腕はやや先細りする。盤は褐色で、腕の正中線と側縁に千歳緑の円形斑が並ぶ。
【生態】
紀伊半島以南の西部太平洋、インド洋に分布。岩礁域や珊瑚礁域の、転石の裏などに生息する。
【ひとこと】
模様が個性的なので、他種との区別は簡単。その個性的な姿が人気なのか、鑑賞用としても販売され、食べ残した餌などの掃除屋として、アクアリストに重宝されています。
by diver813 | 2008-05-12 01:05 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#416 オオメテナガヒメガザミ
a0013160_0461921.jpg

【和名】 オオメテナガヒメガザミ
【学名】 Portunus macrophthalmus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 ワタリガニ科
【甲幅】 2cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
甲は菱形で、前側縁第6歯が長く突出し、眼が大きい。鋏脚は長く、掌部が膨らみ、第4.歩脚は扁平。体は半透明の白色で、赤褐色斑が散在する。
【生態】
紀伊半島以南の西部太平洋、インド洋、ハワイに分布。珊瑚礁域に生息し、夜行性で日中は砂の中や転石下に隠れる。
【ひとこと】
くりくりした眼がとっても愛らしい小さなワタリガニの仲間。夜行性なのであまり見かけませんが、そんなに素早くないので、見つけさえすればゆっくり観察することができます。ただし、砂地の場合は素早く潜ってしまうので、岩の上などで観察しましょう。

a0013160_0462987.jpg
くりくりした眼
by diver813 | 2008-04-21 00:47 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2008.02 Okinawa The 3rd Day The 3rd Dive
a0013160_0415772.jpg
          追いかけたいけど・・・


Site 城島 先端
Maximum Depth  17.7m
Water Temperature 21℃
Entry 14:23
Exit 15:08
Dive Time 45min.

ポイント開拓のために、城島の先端でドリフトダイビング。
エントリーしてすぐにクジラの歌が聞こえました。
かなり近かったので、目を凝らしていましたが、残念ながら姿は見えず。
でも、海の中はダイナミックで、すごい数のカスミチョウチョウウオに囲まれたり、足元を見ると綺麗なヒラムシがいたり、なかなか楽しかったです。
最後の最後、安全停止をしながら沖出ししているところで、ツムブリが周りを回っていましたが、さすがに追いかけるのは諦めました。

a0013160_042942.jpg
ヒラムシ
by diver813 | 2008-04-18 00:45 | Diving Log | Comments(2)
2008.02 Okinawa The 3rd Day The 2nd Dive
a0013160_1232052.jpg
          はじめまして


Site 安室島 平瀬
Maximum Depth  34.9m
Water Temperature 21℃
Entry 11:48
Exit 12:33
Dive Time 45min.

2本目は平瀬。深場にいるスミレナガハナダイを見に行ったら、いつのまにか水深30mを超えていました。
スミレナガハナダイを見た後は、ガレ場で岩を片っ端からひっくり返して、エビカニやウミウシ探し。
そこで、ついに念願のフリソデエビに遭遇。
なんでこんなにハデなのか、意味がわかりません。
小物探しの後は、コブシメの産卵を観察。
もりだくさんの一本でした。

a0013160_1234748.jpg
コブシメの産卵
by diver813 | 2008-04-16 23:25 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2008.02 Okinawa The 3rd Day The 1st Dive
a0013160_23325440.jpg
          ストロボが届きません


Site 渡嘉敷島 野崎No.2
Maximum Depth  24.8m
Water Temperature 21℃
Entry 10:16
Exit 11:06
Dive Time 50min.

出張のついでに慶良間で潜ってきました。
ストロボは持っていっていたものの、コードを忘れてしまい、結局内臓ストロボのみ。
曇った冬の沖縄では、光量が足りません。
でも、「ウミウシがいる」と言われた根で、小さなモザイクウミウシを見つけ、ガイドさんに褒められたのでよしとします。

a0013160_23333024.jpg
モザイクウミウシ


 
by diver813 | 2008-03-18 23:34 | Diving Log | Trackback | Comments(5)
#411 アミメチョウチョウウオ
a0013160_23572613.jpg
【和名】 アミメチョウチョウウオ
【学名】 Chaetodon xanthurus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 10cm
【撮影地】 慶良間 水深5m
【特徴】
体は楕円形で強く側扁し、吻が突出する、体色は白色で、鱗の後縁が黒く縁取られる。体の後縁と尾鰭後縁に朱色縦帯が入る。
【生態】
相模湾~沖縄、台湾、フィリピン、インドネシアに分布。珊瑚礁域に生息し、雑食でサンゴのポリプや付着藻類、小動物を食べる。
【ひとこと】
アミチョウチョウウオと名前が似ていて、同じ網目模様ですが、アミチョウチョウウオは黄色。やっぱり網目模様のカガミチョウチョウウオは臀鰭の形が違いぱっと見たシルエットがかなり違います。基本は色と模様が見分けるポイント。網目模様で体が白く、尾鰭が朱色のチョウチョウウオは本種と思ってほぼ間違いありません。
by diver813 | 2008-03-05 23:58 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#387 スジベラ
a0013160_0351799.jpg
【和名】 スジベラ
【学名】 Coris dorsomacula
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ベラ科
【体長】 12cm
【撮影地】 奄美 水深20m
【特徴】
体は細長くよく側扁する。環境により体色が変化し、特に雌と幼魚の体色の変異は著しい。オスは緑褐色~茶褐色の地に白色横帯が入る個体が多い。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋、インド洋に分布。岩礁域・珊瑚礁域の浅所に生息し、底生動物を食べる。
【ひとこと】
幼魚と雌の体色は本当に様々ですが、雄は緑色や褐色の縦縞に白い横縞が入る、縦縞と横縞の両方の模様があるので、比較的容易に見分けることができます。綺麗な個体もいるのですが、ちょこまか素早く動くので、写真を取るのは意外と難しいです。
by diver813 | 2007-08-21 00:36 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#382 トゲウミエラの一種
a0013160_2294682.jpg

【和名】 トゲウミエラの一種
【学名】 Pteroeides sp.
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 ウミエラ目 トゲウミエラ科
【高さ】 12cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
ポリプは太い棍棒状の群体両側に鰓のように重なって付く。葉状体はよく発達し、葉状体上面には放射状に大形の針状骨片が並ぶ。
【生態】
水深15m以深の砂底に生息する。夜行性で、昼間は砂中に身を潜めていることが多い。葉状体表面のポリプでプランクトンを捕食する。
【ひとこと】
鰓のような形をしているのでウミエラ。英語では羽ペンに見立ててsea penと呼んでいます。昼間は砂にもぐっていることが多いので、なかなかお目にかかれません。普通のウミエラは表と裏がわかりやすいのですが、このウミエラは裏も表のようでした
by diver813 | 2007-07-29 22:14 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2007.04-05 Okinawa The 5th Day The 3rd Dive
a0013160_1112362.jpg
        どこにいるか、わかりますか?

Site 黒島 黒島西
Maximum Depth  20.4m
Water Temperature 23℃
Entry 13:46
Exit 14:41
Dive Time 55min.


コブシメに会いに黒島の西へ。
本当は、マンタに会いに行ったのですが、いなかったのでコブシメに変更というのが本当のところ。
お昼寝中のネムリブカなどを見ながら泳いでいると、擬態したコブシメに遭遇。
バレていないと思っている間はじっとしているので、かなり近づくことができました
しばらくすると、さすがに泳ぎだしましたが、泳いでいても周囲に溶け込んでいる擬態には関心しちゃいました。
by diver813 | 2007-07-19 01:14 | Diving Log | Trackback | Comments(3)