The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:慶良間 ( 142 ) タグの人気記事
#459 アカネハナゴイ
a0013160_0305750.jpg

【和名】 アカネハナゴイ
【学名】 Pseudanthias dispar
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目ハタ科
【体長】 7cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は楕円形で側扁し、背鰭第2棘が最長、尾鰭は二叉する。体色は黄色。雄の背鰭は赤色で、背鰭、尾鰭、臀鰭は青色で縁取られる。
【生態】
琉球列島以南の中・西部太平洋、東部インド洋に分布。潮通しのよい珊瑚礁外縁で群れを形成する。
【ひとこと】
雄の背鰭を広げた姿から通称「モヒカン」この写真よりもっと背鰭が前にせり出します。上唇も雌より突き出ていたりで、遠くから見たら綺麗ですが、近くで見るとちょっとヤンキー。そんな特徴的な雄に対して、メスはこれといった特徴がありません。いるところにはいるのですが、いないところにはさっぱりで、日本では宮古島・石垣島・西表島でよく見られます。

a0013160_0314514.jpg
背鰭を閉じている姿




a0013160_0321543.jpg
後ろで背鰭を立てているのがたぶん雌
by diver813 | 2010-08-17 00:33 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#352 イバラカンザシ(追記)
【和名】 イバラカンザシ
【学名】 Spirobranchus giganteus
【分類】 動物界 環形動物門 多毛鋼 ケヤリムシ目 カンザシゴカイ科
【鰓冠直径】 3cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
石灰質でできた棲管には蓋がある。螺旋状の鰓冠は一対で黄色、褐色、青色などその色彩は頗る変異に富む。
【生態】
本州中部以南の世界各地の暖海に分布。穿孔性で、岩礁域、珊瑚礁域のイシサンゴ類に穴を掘って暮らす。鰓冠の繊毛で水流を発生させ、漂うプランクトンなどを食べる。
【ひとこと】
水中ハイスピード、このイバラカンザシが引っ込む様子撮ると面白のでは?という冗談話から始まったりしたのですが、210fps(7倍、1秒が7秒に引き伸ばされます)程度ではまったくわかりませんでした。そこで420fps(14倍、1秒が14秒に、虫の目レンズで撮影)で撮ってみたら。なるほど、こういうふうに引っ込むんですね。

虫の目ハイスピード420fps
by diver813 | 2010-06-21 00:57 | 海洋生物図鑑(追記) | Trackback | Comments(2)
2009.08 慶良間 The 3rd Dive
a0013160_058656.jpg
          うじゃっ


Site 慶良間 向楽
Maximum Depth  15.8m
Water Temperature 28℃
Entry 13:30
Exit 14:07
Dive Time 37min.

3本目はまたまた体験ダイビング。 キンメモドキの群れ、ちょっとだけ深いところにいたので、残念ながら仕事仲間を連れて行くことは出来ませんでした。
by diver813 | 2010-02-18 00:58 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2009.08 慶良間 The 2nd Dive
a0013160_1545660.jpg
          びゅーん


Site 慶良間 トムモーヤ
Maximum Depth  23.4m
Water Temperature 28℃
Entry 12:08
Exit 12:54
Dive Time 46min.

2本目はファンダイビングに参加。
慶良間らしい青い海をスイーっとドリフトダイビング。
気持ちよく泳いでいたら、写真を撮るのを忘れていました。
by diver813 | 2009-12-31 15:45 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2009.08 慶良間 The 1st Dive
a0013160_2242187.jpg
          最高の体験日和


Site 奥武島 西かくれ根
Maximum Depth  14.3m
Water Temperature 28℃
Entry 10:39
Exit 11:20
Dive Time 41min.

沖縄に行きたかったので、目的と手段が逆転していますが、沖縄出張を作ってみました。
当然ですが土日に絡めて。
というわけで、オフの日は仕事仲間と慶良間クルーズ。
天気も海も最高というコンディションの中、仕事仲間はガイドのお姉さんに手を引かれ、超ご満悦。
あまりに楽しげだったので、生き物はあまり撮らず、二人の写真ばかり撮っていました。
by diver813 | 2009-12-01 22:43 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#450 フジナミウミウシ
a0013160_0131271.jpg
【和名】 フジナミウミウシ
【学名】 Chromodoris fidelis
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 7mm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体は細長い楕円形。体色は地色が橙色で、背面に正中線を中心に波型に縁取られた白色斑がはいる。
【生態】
静岡県以南の西部太平洋・インド洋に分布。穏やかな岩礁域に生息し、岩に付着するカイメンや藻類を食べる。
【ひとこと】
白とオレンジ色のコントラストが美しい、小さなウミウシ。背中の白い模様の入り方は様々で、背中一面が白いような個体もいます。南西諸島では1cm以下の小さい個体が多いのですが、伊豆では3cmほどの大きな個体が見れることもあります。
by diver813 | 2009-06-26 00:13 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)
2009.04-05 Zamami The Last Day The 2nd Dive
a0013160_1154132.jpg
          せっかくの図鑑写真が・・・


Site 座間味島 ブツブツサンゴ
Maximum Depth  21.6m
Water Temperature 22℃
Entry 13:15
Exit 14:16
Dive Time 61min.

大きな根の周りでじっくり生物観察。
ムチカラマツエビ、ハナゴイ、ニジエビスハナビラウツボ・・・
被写体に困りません。
しかし、図鑑用に左手で威嚇しながらニジエビスにポーズまでとってもらったのですが、既に紹介済みでした。無念。
そしてこれが座間味島最後のダイビング。
しっかり観察しました。

a0013160_1183216.jpg
コンペイトウウミウシ



a0013160_1185097.jpg
レモンウミウシ



a0013160_119552.jpg
チドリミドリガイ
by diver813 | 2009-06-25 01:23 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2009.04-05 Zamami The Last Day The 1st Dive
a0013160_23483510.jpg
          襲う?襲う?


Site 座間味島 アダン下
Maximum Depth  16.4m
Water Temperature 22℃
Entry 9:12
Exit 10:03
Dive Time 21min.

座間味島最後の日。
1本目はガレ場に根があるポイント。
入ったガレ場で出迎えてくれたのはアゴアマダイ。そして周りにはヒラムシぽつり、ぽつり。
根にたどり着くとキンメモドキ(2世代)、スカシテンジクダイの大群。
群れの一部を切り取っただけでも235個のぼーっとした眼が写っていました。

a0013160_23511884.jpg
アゴアマダイ



a0013160_23502619.jpg
二百三十五の眼
by diver813 | 2009-06-23 23:53 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2009.04-05 Zamami The 2nd Day The 2nd Dive
a0013160_041878.jpg
          やわらかそうな布団だね


Site 座間味島 送電線
Maximum Depth  16.1m
Water Temperature 22℃
Entry 10:50
Exit 11:46
Dive Time 56min.

実はこの日、またまたロクハンを破りました。
車に乗るときに、ドアのロックにお尻をひっかけたのです。
で、2本目はお尻にガムテープを貼って挑みました。
こんな愉快な姿で潜ることは御免なのですが、穴が広がるよりましです。
止むを得ない。
しかし、そんな尻を気にしているのは陸上だけ。
海に入った瞬間、綺麗さっぱり忘れてしまいます。
ナマコをひっくり返したり、ゴカイを追い回したりたっぷりのんびり潜りました。
by diver813 | 2009-06-12 00:04 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2009.04-05 Zamami The 2nd Day The 1st Dive
a0013160_2326518.jpg
          あの中に入っていたのか・・・


Site 安室島 漁礁
Maximum Depth  19.2m
Water Temperature 22℃
Entry 9:19
Exit 10:08
Dive Time 49min.

2日目1本目は安室島(あむろじま)の漁礁。
今回はウミウシ狩りは少し控えめ。
そのかわり、内腔動物やら寄生虫やら環形動物やらを観察。
メインの漁礁では、その内部へ単独潜入。
空洞が複雑に絡み合った空間は、インディージョーニズムに火をつけます。
もし、崩れたら・・・
などと考えてはいけません。
中から見る外の世界にはそれだけの価値があります。

a0013160_23262935.jpg
漁礁内部



a0013160_2327269.jpg
中からみたアカククリ
by diver813 | 2009-06-09 23:35 | Diving Log | Trackback | Comments(0)