The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:慶良間 ( 136 ) タグの人気記事
2010.06 慶良間 The 3rd Dive
a0013160_23305097.jpg
          小さいサイズで見るとよさげだけど・・・


Site 向楽島 山脈
Maximum Depth  15.5m
Water Temperature 24℃
Entry 13:50
Exit 14:38
Dive Time 48min.

デジカメの液晶で見ているかんじではよさそうだったので、そのまま虫の目レンズを使い続けて失敗。
ちゃんと取れている写真が一枚もありませんでした。
雰囲気だけは面白いんですけどね。
まあ、帰りも旧友とMGSPWのCO-OPSで盛り上がった楽しい一日だったので、よしとします。
by diver813 | 2011-05-12 23:32 | Diving Log
2010.06 慶良間 The 2nd Dive

          泳ぎ方の違いもわかりやすい


Site 奥武島 西の瀬
Maximum Depth  15.2m
Water Temperature 24℃
Entry 11;43
Exit 12:32
Dive Time 49min.

暖かい沖縄の海で心地よく水中虫の目レンズテストの続き。
というわけで、まともな写真はありませんでした。
しかしながら、水中ハイスピード映像はそれなりに。
胸鰭で泳ぐナガニザと、体をくねらせて泳ぐカモハラギンポ。その動きがよくわかります。
虫の目レンズがダメなのわかっていたら、もっとハイスピードを撮っていたのですが・・・
仕方がない。
by diver813 | 2011-04-14 00:54 | Diving Log
2010.06 慶良間 The 1st Dive
a0013160_1214590.jpg
          雰囲気だけはなんとなく


Site 奥武島 ハナダイパラダイス
Maximum Depth  17.7m
Water Temperature 24℃
Entry 10:12
Exit 10:53
Dive Time 41min.

ものすごく久しぶりに大学の同級生とファンダイビング。
那覇から慶良間まで、船で揺られる1時間、船酔いしている人がいる中、2人でPSPを構え、MGSPWのCO-OPSをやっていたら、ガイドさんに爆笑されました。
でも実は、乗り物酔いしやすい方なんです。嘘じゃありませんよ。
話が逸れましたが、今回は流行り?の「水中虫の目レンズ」のテスト。
デジカメの小さい画面ではうまく行っているように見えましたが、後で確認したら、ピントがうまく合っていませんでした。
自作・改造って難しいものです。
by diver813 | 2011-03-25 01:23 | Diving Log
#460 レモンウミウシ
a0013160_0141641.jpg
【和名】 レモンウミウシ
【学名】 Notodoris citrina
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 センヒメウミウシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は厚みがあり円筒形。鰓の前方は瘤状に膨れる。体色は鮮やかな黄色で、微細な暗色斑が蜜布する。卵塊は体色と同じく黄色。
【生態】
奄美大島以南の西部太平洋・インド洋に分布。潮通しの良い珊瑚礁域に生息し、黄色のカイメンを捕食する。
【ひとこと】
鮮やかなレモンイエローのウミウシですが、ぱっと見がカイメンそっくりなので、黄色いカイメンに乗っている時はもちろん、単独でいても見逃してしまいがち。細長い黄色いカイメンがいたら、疑ってみましょう。カイメンのように細かい穴がたくさん開いているように見えますが、実は模様です。
by diver813 | 2010-10-05 00:15 | 海洋生物図鑑
#459 アカネハナゴイ
a0013160_0305750.jpg

【和名】 アカネハナゴイ
【学名】 Pseudanthias dispar
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目ハタ科
【体長】 7cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は楕円形で側扁し、背鰭第2棘が最長、尾鰭は二叉する。体色は黄色。雄の背鰭は赤色で、背鰭、尾鰭、臀鰭は青色で縁取られる。
【生態】
琉球列島以南の中・西部太平洋、東部インド洋に分布。潮通しのよい珊瑚礁外縁で群れを形成する。
【ひとこと】
雄の背鰭を広げた姿から通称「モヒカン」この写真よりもっと背鰭が前にせり出します。上唇も雌より突き出ていたりで、遠くから見たら綺麗ですが、近くで見るとちょっとヤンキー。そんな特徴的な雄に対して、メスはこれといった特徴がありません。いるところにはいるのですが、いないところにはさっぱりで、日本では宮古島・石垣島・西表島でよく見られます。

a0013160_0314514.jpg
背鰭を閉じている姿




a0013160_0321543.jpg
後ろで背鰭を立てているのがたぶん雌
by diver813 | 2010-08-17 00:33 | 海洋生物図鑑
#352 イバラカンザシ(追記)
【和名】 イバラカンザシ
【学名】 Spirobranchus giganteus
【分類】 動物界 環形動物門 多毛鋼 ケヤリムシ目 カンザシゴカイ科
【鰓冠直径】 3cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
石灰質でできた棲管には蓋がある。螺旋状の鰓冠は一対で黄色、褐色、青色などその色彩は頗る変異に富む。
【生態】
本州中部以南の世界各地の暖海に分布。穿孔性で、岩礁域、珊瑚礁域のイシサンゴ類に穴を掘って暮らす。鰓冠の繊毛で水流を発生させ、漂うプランクトンなどを食べる。
【ひとこと】
水中ハイスピード、このイバラカンザシが引っ込む様子撮ると面白のでは?という冗談話から始まったりしたのですが、210fps(7倍、1秒が7秒に引き伸ばされます)程度ではまったくわかりませんでした。そこで420fps(14倍、1秒が14秒に、虫の目レンズで撮影)で撮ってみたら。なるほど、こういうふうに引っ込むんですね。

虫の目ハイスピード420fps
by diver813 | 2010-06-21 00:57 | 海洋生物図鑑(追記)
2009.08 慶良間 The 3rd Dive
a0013160_058656.jpg
          うじゃっ


Site 慶良間 向楽
Maximum Depth  15.8m
Water Temperature 28℃
Entry 13:30
Exit 14:07
Dive Time 37min.

3本目はまたまた体験ダイビング。 キンメモドキの群れ、ちょっとだけ深いところにいたので、残念ながら仕事仲間を連れて行くことは出来ませんでした。
by diver813 | 2010-02-18 00:58 | Diving Log
2009.08 慶良間 The 2nd Dive
a0013160_1545660.jpg
          びゅーん


Site 慶良間 トムモーヤ
Maximum Depth  23.4m
Water Temperature 28℃
Entry 12:08
Exit 12:54
Dive Time 46min.

2本目はファンダイビングに参加。
慶良間らしい青い海をスイーっとドリフトダイビング。
気持ちよく泳いでいたら、写真を撮るのを忘れていました。
by diver813 | 2009-12-31 15:45 | Diving Log
2009.08 慶良間 The 1st Dive
a0013160_2242187.jpg
          最高の体験日和


Site 奥武島 西かくれ根
Maximum Depth  14.3m
Water Temperature 28℃
Entry 10:39
Exit 11:20
Dive Time 41min.

沖縄に行きたかったので、目的と手段が逆転していますが、沖縄出張を作ってみました。
当然ですが土日に絡めて。
というわけで、オフの日は仕事仲間と慶良間クルーズ。
天気も海も最高というコンディションの中、仕事仲間はガイドのお姉さんに手を引かれ、超ご満悦。
あまりに楽しげだったので、生き物はあまり撮らず、二人の写真ばかり撮っていました。
by diver813 | 2009-12-01 22:43 | Diving Log
#450 フジナミウミウシ
a0013160_0131271.jpg
【和名】 フジナミウミウシ
【学名】 Chromodoris fidelis
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 7mm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体は細長い楕円形。体色は地色が橙色で、背面に正中線を中心に波型に縁取られた白色斑がはいる。
【生態】
静岡県以南の西部太平洋・インド洋に分布。穏やかな岩礁域に生息し、岩に付着するカイメンや藻類を食べる。
【ひとこと】
白とオレンジ色のコントラストが美しい、小さなウミウシ。背中の白い模様の入り方は様々で、背中一面が白いような個体もいます。南西諸島では1cm以下の小さい個体が多いのですが、伊豆では3cmほどの大きな個体が見れることもあります。
by diver813 | 2009-06-26 00:13 | 海洋生物図鑑