The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:座間味島 ( 18 ) タグの人気記事
2006.04-05 Okinawa The 4th Day The 2nd Dive
a0013160_21242632.jpg
          どうしても君に会いたかったんだって。


Site 座間味島 六番崎
Maximum Depth  17.6m
Water Temperature 26℃
Entry 11:54
Exit 12:41
Dive Time 47min.

今度はウミウシづくしのダイビング。
でも、「ウミガメが見たい」というリクエストもあったので、ウミウシを探しながら、カメの姿が見えるまで、エッチラ、オッチラ泳ぎました。
そろそろ潜水時間も40分になろうかというところで、ちゃんと会えました。ウミガメ。
リクエストした人は、初ウミガメとのこと。嬉しそうだったなぁ。
そういえば、自分も初めてウミガメを見た時は感動したっけ。
by diver813 | 2006-05-26 21:25 | Diving Log | Trackback | Comments(7)
2006.04-05 Okinawa The 4th Day The 1st Dive
a0013160_0584918.jpg
          海の中も恋の季節


Site 座間味島 七番崎
Maximum Depth  17.9m
Water Temperature 26℃
Entry 9:54
Exit 10:57
Dive Time 62min.

コブシメづくしの一本。
コブシメの求愛の様子を、遠巻きにずっと観察していました。
も含めて、コブシメだけで31枚も撮影。
怪しげに変わる模様、優しげな瞳、くねる触手に釘付けになっていたら、いつのまにか潜水時間が1時間近くになっていました。
うっとりしながら船に戻ると、アンカーの側にオニダルマオコゼがいるとの情報が。
そわそわしていると、
「行ってきていいですよ。」
とガイドさん。
相当行きたそうな顔をしていたらしい。
もちろん行ってきたけどね。
by diver813 | 2006-05-21 01:01 | Diving Log | Trackback(1) | Comments(10)
2006.04-05 Okinawa The 3nd Day The 3rd Dive
a0013160_1153087.jpg
          ゆっくり泳いでいるようでも、実際は速いんだ


Site 座間味島 七番崎
Maximum Depth  16m
Water Temperature 26℃
Entry 13:29
Exit 14:21
Dive Time 52min.

ウミガメの寝床のポイント。
そこかしこでウミガメがお昼寝していて、眠そうなウミガメが、でてくる、でてくる
去年会った右足のない子にも再会できました。
ウミガメに満足した後は、石をひっくり返して小物探し。
結局ここでもユキミノガイと戯れたりしていました。
そうそう、ウミガメより足の遅いウミウサギもいたよ
by diver813 | 2006-05-19 01:21 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
2005.04-05 Okinawa The 5th Day The 1st Dive
a0013160_0272310.jpg
          ん?なぁに?


Site 座間味島 七番崎
Maximum Depth  16.7m
Water Temperature 23℃
Entry 9:48
Exit 10:34
Dive Time 46min.

浅瀬に藻場があり、ウミガメが多いポイントです。
エントリー直後、ウミシダをいじっていたら、早速出てきてくれました
危うく見逃すところだった・・・と思っていると、今度はコバンザメを背負っている子が!
その後も何匹も出てきてくれて、本当にウミガメづくし。
中には右足がない痛々しい子もいましたが・・・
でもウミガメが泳ぐ姿(mpeg 1.15MB)は、いつ見てもいいものです。
by diver813 | 2005-06-07 00:36 | Diving Log | Trackback | Comments(10)
2005.04-05 Okinawa The 4th Day The 2nd Dive
a0013160_12955.jpg
          殻が残っていてもウミウシの仲間は綺麗


Site 座間味島 六番崎
Maximum Depth  18.4m
Water Temperature 23℃
Entry 11:49
Exit 12:34
Dive Time 45min.

体験ダイビングに付き合った六番崎で、今日はファンダイビング。
クレバスの岩陰には、キンメモドキやリュウキュウハタンポの濃密な群れ。さらに穴の奥にはソリハシコモンエビが群れていました。
水底には何かが隠れていそうな石がたくさん転がっていて、いくつもひっくり返していましたが、お目当てのエビやカニは出てきませんでした。
さっと隠れて見えなくなった「何か」はいたのですが・・・
by diver813 | 2005-06-01 01:28 | Diving Log | Trackback | Comments(5)
2005.04-05 Okinawa The 2nd Day The 2nd Dive
a0013160_22561742.jpg
          応援してるわけじゃないぞ


Site 座間味島 知志
Maximum Depth  15.6m
Water Temperature 23℃
Entry 12:10
Exit 12:49
Dive Time 39min.

このポイントはリーフにクレバス(裂け目)が走っていて、そのクレバスには転石がごろごろ転がっています。
少し前に、ある人から「キンチャクガニが見てみたい」という指令を頂いていました。
その、キンチャクガニがいかにもいそうな場所なので、ここぞとばかり、ガイドさんに「キンチャクガニが好物です」とリクエスト。
ガイドさんは必死になって、転がっている石をめくり、しっかりキンチャクガニを見つけてくれました。ちょっとプレッシャーをかけすぎたかもしれません。
自分でも石を裏返して小物さがし。水底を見つめている傍らでは、ウミヘビが呼吸をしに水面へ一直線に泳いでいました。
by diver813 | 2005-05-09 23:16 | Diving Log | Trackback(1) | Comments(12)
2005.04-05 Okinawa The 2nd Day The 1st Dive
a0013160_21502520.jpg
          記念にバブルリングをプレゼント。


Site 座間味島 六番崎
Maximum Depth  12.0m
Water Temperature 23℃
Entry 10:21
Exit 10:51
Dive Time 30min.

今回の沖縄、本当は一人で来るつもりだったのですが、飛行機の割引券が余っているからと言って、母親がついてきました。
一人のほうが気楽でいいのですが、親孝行も母親が生きているうちしかできませんから。
そして、「いつかダイビングをさせる」と、ずっと話していたのでこの機会に体験ダイビング。
まじめな母は真剣にレクチャーを受け、海に入りました。
耳抜きも問題なく、短い間ですが、海中散歩を楽しんでいました。
しかし、借り物のウエットスーツが小さくて、体が締め付けられていたのと、その真面目さゆえの極度の緊張から、浮上の直前に気分が悪くなってしまったのです。
船にあがって、ウエットスーツを脱がしている時に
「ごめんね、お母さんデブだから。」
と言われたときは、ちょっとせつなくなりました。
人の気持ちを心配している場合じゃないだろ、まったく。
今回、ダイビングをしたことがない人の海に対する不安を、改めて知りました。
なかなか難しいですね。
でも、これに懲りずに、また連れて行きます。
次こそは、絶対楽しませてやる。
by diver813 | 2005-05-07 21:51 | Diving Log | Trackback(2) | Comments(16)
2004.08-09 Okinawa The 5th day The 1st Dive
a0013160_15445691.jpg
          やあ、見ない顔だね。


Site 座間味島 唐馬No.2
Maximum Depth  21.1m
Water Temperature 27℃
Entry 10:21
Exit 11:08
Dive Time 47min.

今日はボートダイビングで慶良間。
このポイントは広大で真っ白な砂地。天気も透明度も良かったので、水中はとにかく明るい。
散在する岩やサンゴにはスズメダイ群れていたり、面白フェイスのハダカハオコゼがいたり、カクレクマノミがいたり、砂地ではハゼとテッポウエビが共生していたり、ナマコが転がっていたり、とろけてしまうほど癒されました。
by diver813 | 2004-09-14 23:07 | Diving Log | Trackback | Comments(3)