The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:座間味島 ( 18 ) タグの人気記事
2009.04-05 Zamami The Last Day The 2nd Dive
a0013160_1154132.jpg
          せっかくの図鑑写真が・・・


Site 座間味島 ブツブツサンゴ
Maximum Depth  21.6m
Water Temperature 22℃
Entry 13:15
Exit 14:16
Dive Time 61min.

大きな根の周りでじっくり生物観察。
ムチカラマツエビ、ハナゴイ、ニジエビスハナビラウツボ・・・
被写体に困りません。
しかし、図鑑用に左手で威嚇しながらニジエビスにポーズまでとってもらったのですが、既に紹介済みでした。無念。
そしてこれが座間味島最後のダイビング。
しっかり観察しました。

a0013160_1183216.jpg
コンペイトウウミウシ



a0013160_1185097.jpg
レモンウミウシ



a0013160_119552.jpg
チドリミドリガイ
by diver813 | 2009-06-25 01:23 | Diving Log
2009.04-05 Zamami The Last Day The 1st Dive
a0013160_23483510.jpg
          襲う?襲う?


Site 座間味島 アダン下
Maximum Depth  16.4m
Water Temperature 22℃
Entry 9:12
Exit 10:03
Dive Time 21min.

座間味島最後の日。
1本目はガレ場に根があるポイント。
入ったガレ場で出迎えてくれたのはアゴアマダイ。そして周りにはヒラムシぽつり、ぽつり。
根にたどり着くとキンメモドキ(2世代)、スカシテンジクダイの大群。
群れの一部を切り取っただけでも235個のぼーっとした眼が写っていました。

a0013160_23511884.jpg
アゴアマダイ



a0013160_23502619.jpg
二百三十五の眼
by diver813 | 2009-06-23 23:53 | Diving Log
2008.10 Zamami The 2nd Day The 3rd Dive
a0013160_0111838.jpg
          にょろり


Site 座間味島 嘉比前
Maximum Depth  18.6m
Water Temperature 22℃
Entry 14:59
Exit 15;42
Dive Time 43min.

3本目はウミウシ狩りもしつつ、ヤシャハゼとかガーデンイールなどを観察。
ガーデンイールの観察も、たっぷり時間をもらったのですが、結局ストロボが届くか届かないかぎりぎりのところまで寄るのがやっと。
必要以上に強い警戒心も生き残る術なのでしょう。腹立たしい。
動画は撮れましたが全身を撮影するという野望は、今回も叶いませんでした。
そんなこんなで楽しんでいたら、帰りには流れが出てきて、意図せずドリフトダイブを楽しめました。

ガーデンイール動画
by diver813 | 2009-06-16 00:10 | Diving Log
2009.04-05 Zamami The 2nd Day The 2nd Dive
a0013160_041878.jpg
          やわらかそうな布団だね


Site 座間味島 送電線
Maximum Depth  16.1m
Water Temperature 22℃
Entry 10:50
Exit 11:46
Dive Time 56min.

実はこの日、またまたロクハンを破りました。
車に乗るときに、ドアのロックにお尻をひっかけたのです。
で、2本目はお尻にガムテープを貼って挑みました。
こんな愉快な姿で潜ることは御免なのですが、穴が広がるよりましです。
止むを得ない。
しかし、そんな尻を気にしているのは陸上だけ。
海に入った瞬間、綺麗さっぱり忘れてしまいます。
ナマコをひっくり返したり、ゴカイを追い回したりたっぷりのんびり潜りました。
by diver813 | 2009-06-12 00:04 | Diving Log
2009.04-05 Zamami The 1st Day The 2nd Dive
a0013160_0282633.jpg
          軟体動物天国


Site 座間味島 ブツブツサンゴ手前
Maximum Depth  19.8m
Water Temperature 22℃
Entry 15:13
Exit 16:14
Dive Time 61min.

2本目もウミウシ狩り。
和名がなくて、クダサンゴの擬態が見事なPhyllodesmium colemaniから、小さすぎる饅頭みたいなシロウミコチョウまで、いろいろなウミウシを見せてもらいました。
教えてもらっても、目を凝らしても、どれがウミウシなのか、認識するのに時間がかかります。
カメラのフレームに捕らえるのも難しく、悪戦苦闘していたらすぐに1時間が経っていました。

a0013160_0301014.jpg
Phyllodesmium colemani
わからない人はこちら


a0013160_032062.jpg
シロウミコチョウ
わからない人はこちら
by diver813 | 2009-06-09 00:34 | Diving Log
2009.04-05 Zamami The 1st Day The 1st Dive
a0013160_124236.jpg
          どこにいるか、わかる?


Site 座間味島 阿真ビーチ
Maximum Depth  23.4m
Water Temperature 21℃
Entry 11:07
Exit 12:05
Dive Time 58min.

ゴールデンウィークは「沖縄のウミウシ」の小野さんと潜りに、座間味島へ行ってきました。
初日の1本目は阿真ビーチ。
ウミウシがたくさんいるガレ場です。
小さいウミウシとかすごく小さいウミウシとか、いろんなウミウシを教えてくれました。
可愛いとか、格好いいとか、人気とかお構いなし、寄生虫や内肛動物まで紹介してくれるガイディング、目の付けどころが、オカシイでしょ。素晴らしい。
見たことがある生き物、見たことがない生き物、見過ごしていた生き物。
改めて、海洋生物の奥深さが身にしみました。
そういえば、ウミガメとかも見せてくれましたよ、一応。

a0013160_125970.jpg
ここにいます



a0013160_131168.jpg
ウミガメ
by diver813 | 2009-06-03 01:04 | Diving Log
2008.09 Okinawa The 2nd Day The 1st Dive
a0013160_025133.jpg
          エビ穴ってなんかいいよね


Site 座間味島 知志
Maximum Depth  17.3m
Water Temperature 28℃
Entry 10:02
Exit 10:49
Dive Time 47min.

2日目は慶良間へやってきました。
1本目はクレバス洞窟、転石と隠れ場所いっぱい、甲殻類いっぱいの知志。
前回はキンチャクガニにも会えたポイント。
エビ穴などを、じっくり観察しながら、のんびり楽しんでいたら、メンバーの一人があわてて
「カメラがない」
のジェスチャー。
そしたらガイドさんが、
「みんなを見ていて、カメラ探してくるから」
って書いたスレートを・・・
あれ?客としてきていたはずだったんだけどな。っていうか、カメラを探しに行きたかったです。
残念ながらカメラは結局行方不明。
無くしてしまった方を見ていると、本当に気の毒でした。
カメラを無くすって、思い出も無くした気持ちになっちゃうんですよね。
by diver813 | 2008-11-18 00:25 | Diving Log
2007.04-05 Okinawa The 4th Day The 1st Dive
a0013160_2324529.jpg
        ふわり

Site 座間味島 ドラゴンレディ
Maximum Depth  27.0m
Water Temperature 23℃
Entry 10:06
Exit 10:57
Dive Time 51min.


「粟国島へ行こう」という誘いを断って、今日は初心者や体験と一緒に、のんびり慶良間でダイビング。
一本目は「彼女が水着にきがえたら」のロケ地で、ドラゴンレディとして使用された飛行機DC-3が今でも残っているポイント。
じっくり、アカシマシラヒゲエビやイソギンチャクエビの写真を撮ったりしながらお散歩していたら、ウミエラなどにも遭遇できました。
by diver813 | 2007-07-02 23:27 | Diving Log
2007.04-05 Okinawa The 3nd Day The 3rd Dive
a0013160_23193847.jpg
        ニョロニョロ


Site 座間味島 唐馬No.2
Maximum Depth  17.5m
Water Temperature 23℃
Entry 13:13
Exit 14:06
Dive Time 53min.


砂地に小さな根が点在しているポイント。
根にはサンゴを住処にしているテバスズメダイの群れが踊り、周りの砂地にはナマコやヒトデなどと、ちょっと変わったウミテングなどが転がっていました。
by diver813 | 2007-06-18 23:21 | Diving Log
2007.04-05 Okinawa The 3nd Day The 2nd Dive
a0013160_0281168.jpg
        重そうだよ


Site 座間味島 七番崎
Maximum Depth  15.7m
Water Temperature 24℃
Entry 11:25
Exit 12:10
Dive Time 45min.


2本目はウミガメがいっぱいいる七番崎。
しかし、すでにたくさんのダイバーが潜っていて、数匹しか出会うことはできませんでした。
でも、ウミガメ以外にも、水菓子のようなキスジカンテンウミウシとか、ヒトデカクレエビのペアとか小物はたくさん。
のんびり海中散歩を楽しみました。
by diver813 | 2007-06-17 00:30 | Diving Log