The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:巻貝 ( 16 ) タグの人気記事
#488 ホラガイ
a0013160_00053773.jpg
【和名】 ホラガイ
【英名】 Triton's trumpet
【学名】 Charonia tritonis
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 吸腔目 フジツガイ科
【殻高/殻径】 45cm/20cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
大型で螺塔は非常に高く、鋭角に尖る。殻色は乳白色で三日月型の黒色~褐色の斑紋が入る。殻口は淡橙色。体表は乳白色で淡褐色の斑模様が入る。触角に黒色の縞模様が入る。
【生態】
八丈島以南の西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域に生息する。ヒトデ類を捕食する。
【ひとこと】
磨くとサイケデリックな模様ですが、海の中で見かけるときは藻類などが付着し模様は隠れてしまっていることが多いです。ヒトデが好物でオニヒトデを食べるという生態は有名。ホラガイ類は古くから世界中で楽器として使われており、英名はそこからトランペットシェルとなっています。見た目以上に大きな音が出ることから、大げさなことを言う人を「ホラ吹き」と呼ぶようになったそうです。

a0013160_00054335.jpg

裏側
by diver813 | 2017-06-26 00:11 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#454 テングガイ
a0013160_2303913.jpg
【和名】 テングガイ
【学名】 Chicoreus ramosus
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 古腹足目 アクキガイ科
【殻高/殻径】 25cm/20cm
【撮影地】 奄美 水深35m
【特徴】
殻はこぶし型で大きく重厚、肩の棘は大きく、後方に反る。殻口内は白色で、外唇~内唇は桃色。蓋は卵円型
【生態】
紀伊半島以南の西部太平洋、インド洋に分布。岩礁域に生息する。マベガイなどの二枚貝を食べる。数十匹の集団を形成し産卵することがある。
【ひとこと】
生きているときの見た目は美しくはないのですが、殻を掃除すればそこそこ綺麗で、装飾用に販売されていたりもします。20匹以上が集団で産卵しているところに出くわしたことがあるのですが、一体どこから、何をきっかけに、一箇所に集まっているのか、不思議でした。そして、卵はなんか汚らしい

a0013160_2305688.jpg
裏側



a0013160_2311747.jpg

by diver813 | 2009-11-09 23:03 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(2)
#426 ハナビラダカラガイ
a0013160_117998.jpg

【和名】 ハナビラダカラガイ
【学名】 Monetaria annulus
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 中腹足目 タカラガイ科
【殻長】 2.5cm
【撮影地】 沖縄 水深0.5m
【特徴】
貝殻は丸く滑らか。殻は乳白色で前後を欠く橙色の輪紋が入る。外套膜は黒色で、白い皮弁状の突起が散在する。
【生態】
房総半島以南に分布。岩礁域、珊瑚礁域の潮間帯に生息する。珊瑚の隙間や岩の窪みに大集団を形成することがある。
【ひとこと】
はなびらだから!ってなんとも乙女チックな名前のタカラガイ。外套膜で覆われていると、ただの石ころみたいですが、貝殻は名前のとおりとても綺麗です。この貝殻がほどよい大きさで、丈夫で、分布が広かったために、キイロダカラガイとともに中国では貨幣として使われていた時代がありました。タカラガイという名前の語源もここに由来します。貯、財、費、資、貧など、金銭に関わる漢字が「貝」という部首を持つものこのためです。

a0013160_1172282.jpg
外套膜



a0013160_1173443.jpg
貝殻



a0013160_118080.jpg
裏側
by diver813 | 2008-09-24 01:21 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2008.04 Amami The Last day The 1st Dive
a0013160_04531.jpg
          じろり


Site 奄美大島 倉崎
Maximum Depth  11.1m
Water Temperature 22℃
Entry 7:50
Exit 8:38
Dive Time 48min.

今回最後のダイビングは早朝の倉崎で小物探し。
いつも見かけるハナヒゲウツボに挨拶をして、ヒラムシの行動を観察したりしていました。

a0013160_05917
いつも見かけるハナヒゲウツボ
by diver813 | 2008-05-22 00:05 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2007.10 Amami The 1st day The 2nd Dive
a0013160_2151366.jpg
          もりもり


Site 奄美大島 宝瀬
Maximum Depth  19.7m
Water Temperature 26℃
Entry 16:10
Exit 16:44
Dive Time 32min.

二本目も、風を避けて、空港から南下したポイントです。
サンゴの隙間にいるサンゴガニや、岩の裏にいるヒラムシなどをじっくり観察。
のんびりダイビングでした。
by diver813 | 2008-02-18 21:05 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2007.06 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_21202164.jpg
          つぼ焼き食べたい


Site 伊豆山 大黒根
Maximum Depth  16.7m
Water Temperature 22℃
Entry 11:53
Exit 12:28
Dive Time 35min.


2本目は大黒根。一緒に潜った人の50本記念でした。
そういえば、何本潜ったのかわからなくなっているから、○本記念ダイビングってやったことないなぁ。
ちゃんとログ付けしていればよかった・・・
by diver813 | 2007-08-12 21:21 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#344 タルダカラ
a0013160_111460.jpg
【和名】 タルダカラ
【学名】 Cypraea talpa
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 中腹足目 タカラガイ科
【殻長】 8cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
貝殻はやや円筒形で光沢を持つ。殻の背面は褐色の濃淡による横帯が入る。殻口は黒色で細長く狭い。殻を覆う外套幕は黒色で個体により小白点が散在し、太い突起が疎らに生える。
【生態】
伊豆半島以南に分布。珊瑚礁域、岩礁域の潮間帯~10m程度に生息する。雌雄異体で、雌は産卵後、卵が孵化するまで抱卵する。
【ひとこと】
イボイボのある黒い塊かと思いきや、中には綺麗な貝殻が入っています。この綺麗な貝殻の艶は、覆っている外套幕が作っています。見えないからこその美しい殻というわけですが、死ぬまでその美しさが見られないというのは、ちょっと勿体無い気もします。
by diver813 | 2006-09-04 01:12 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)
#322 ウミウサギガイ
a0013160_024275.jpg

【和名】 ウミウサギガイ
【学名】 Micromelo undata
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 中腹足目 ウミウサギガイ科
【体長】 8cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
卵形で光沢がある白色の貝殻を黒色の外套膜が覆う。貝殻は肉厚で滑らか。貝殻の内部は茶色。
【生態】
紀伊半島以南に分布。10m以浅の珊瑚礁に生息する。ウミキノコ類を食べる。雌雄異体で産卵期は4~5月。
【ひとこと】
ぱっと見、黒い塊ですが、ツンっとつつくと、真っ白な貝殻が現れます。貝殻は土産屋でよく見かけますが、生きている姿を見ようとすると、なぜか目に付かないのが不思議です、結構大きいのに。八重山ではこの白い貝殻を、獲った卵のかわりに、鶏に抱かせていたという話もあります。
by diver813 | 2006-06-16 00:09 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
#318 バテイラ
a0013160_1322118.jpg
【和名】 バテイラ
【学名】 Omphalius pfeifferi pfeifferi
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 古腹足目 ニシキウズガイ科
【殻高/殻径】 3cm/3cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
殻は整った円錐形。殻底の周囲には鋭い角が立つ。石灰質の堅い蓋を持ち、へそ孔がある。殻は明褐色だが、付着藻類などに覆われ、通常は殻表は見えない。
【生態】
北海道南部~九州に分布。藻類の茂る岩礁域に生息する。カジメなどの大型藻類に取り付き摂餌する。
【ひとこと】
大きさは小さいのですが、塩茹でや醤油煮が美味しく、シッタカ(尻高)の名前で知られています。巻貝類は歯舌(しぜつ)という歯の役割をする器官を持っていて、この歯舌の形は餌の種類によって変わるため、分類のポイントにもなっています。ちなみにバテイラは海藻の表面を削り、舐めとるのに適した、やすりのような歯舌を持っています。
by diver813 | 2006-04-21 01:33 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
2005.03 宇佐美 The 1st Dive
a0013160_0344982.jpg
          でっかいサザエ!


Site 宇佐美 ビーチ
Maximum Depth  16.2m
Water Temperature 14℃
Entry 9:49
Exit 10:42
Dive Time 53min.


宇佐美、有名なポイントなのですが、じつは初めてやってきました。
岩場はワカメやカジメなどの海藻であふれて緑色。
餌が豊富なので、サザエやアワビもごろごろ。
その先の砂地ではシビレエイと戯れたり、ダイナンウミヘビを巣穴から追い出そうとしたり、じっくりたっぷり遊びました。
かなり長距離を移動したおかげで、かなりエアを消費、久しぶりにタンク1本を完食ました。
by diver813 | 2006-03-21 00:35 | Diving Log | Trackback | Comments(9)