The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:奄美 ( 189 ) タグの人気記事
2009.09 奄美 The 3rd day The 2nd Dive
a0013160_2349158.jpg
          う、美しい


Site 奄美大島 ミドリヤ
Maximum Depth  12.8m
Water Temperature 28℃
Entry 13:46
Exit 14:30
Dive Time 44min.

またミドリヤにやってきました。
今度はガイドさんにはぐれずにマクロチャレンジ。
珍しくないスザクサラサエビも、寄ると絵になるもんですねぇ。
複眼という言葉の意味がよくわかる横顔も撮れました。

a0013160_23492884.jpg横顔
by diver813 | 2010-04-13 00:01 | Diving Log
2009.09 奄美 The 3nd day The 1st Dive
a0013160_23404825.jpg
          龍神が通りますよ


Site 奄美大島 龍神
Maximum Depth  23.7m
Water Temperature 27℃
Entry 9:42
Exit 10:22
Dive Time 23.7min.

2年前に開拓した龍神にやってきました。
大体場所は同じだったのですが、前回みたいにシャコ2種に会えたりはしませんでした。
でも、もうすこしじっくり探せば、何か見つかりそうな気がします。
by diver813 | 2010-04-12 23:41 | Diving Log
2009.09 奄美 The 2nd day The 3rd Dive
a0013160_024346.jpg
          うぷぷ


Site 奄美大島 モーレンガマ
Maximum Depth  8.8m
Water Temperature 28℃
Entry 16:59
Exit 17:59
Dive Time 60min.

3本目はガイドさんと2人で好き放題。
じっくり練習したマクロの実戦。
時間をかけて撮る最高ズーム+マクロレンズでオシャレカクレエビのドアップにも成功。
狙い通りに撮れると楽しいですね。

a0013160_025828.jpg
ドアップ
by diver813 | 2010-04-09 00:04 | Diving Log
2009.09 奄美 The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_2339589.jpg
          ふわふわ


Site 奄美大島 石の浜
Maximum Depth  3.6m
Water Temperature 28℃
Entry 12:38
Exit 13:20
Dive Time 42min.

2本目も体験に付き合って、開拓したしたばかりの石の浜。
体験2本目で動き回るみんなの様子を伺いながら、マクロの練習。
可愛いハナビラクマノミを見つけて撮ったのがトップの写真。
もう一枚いい顔も撮れたのですが、ちょこんと乗っかっている姿には及ばず、こっちの写真は自分的に次点です。

a0013160_23391868.jpgもう一枚
by diver813 | 2010-04-08 01:04 | Diving Log
2009.09 奄美 The 2nd day The 1st Dive
a0013160_2394864.jpg
          もぞぞぞぞ。


Site 奄美大島 前肥田ビーチ
Maximum Depth  10.6m
Water Temperature 29℃
Entry 11:57
Exit 12:36
Dive Time 29min.

今日は湾内にも結構波が入ってきていたので、体験に同行して、好き勝手に遊んでいました。
リーフエッジにほどよい根があったので、ガサゴソしていると、クリーニング中のヘリゴイシウツボを発見。
じっと粘っていたのですが、透明度がわるかったり、ストロボがうまく合わなかったリで、結局いい写真はとれませんでした。
残念。
by diver813 | 2010-04-07 23:10 | Diving Log
#456 タマイワスナギンチャク
a0013160_23224847.jpg
【和名】 タマイワスナギンチャク
【学名】 Palythoa lesueuri
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 スナギンチャク目 スナギンチャク科
【直径】 1.5cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
共肉は薄く、網の目状。ポリプはよく立ち上がり、口盤辺縁の触手は非常に短い。体色は褐色~淡褐色で、口盤が緑色のものもある。
【生態】
奄美諸島以南に分布、珊瑚礁の岩上に生息する。数個~百数十個の群体を形成する。体壁に多量の砂粒などを埋め込む。
【ひとこと】
地味で目立たないのですが、ふと目に入ると、一面に咲いていたりします。生物の中で最強クラスのパリトキシンという毒がありますが、これは、スナギンチャクの仲間から抽出されたためPalythoaという学名から命名されました。その半数致死量は体重1kgあたり0.00025mg。わずか1gで体重50kgの人を4万人殺せます。しかしこの毒を買おうとすると1gで10億円を超えるそうな。
by diver813 | 2010-04-06 23:23 | 海洋生物図鑑
2009.09 奄美 The 1st day The 2nd Dive
a0013160_230563.jpg
          ヨウジ祭り


Site 奄美大島 石の浜
Maximum Depth  9.7m
Water Temperature 28℃
Entry 14:54
Exit 16:05
Dive Time 69min.

2本目は新ポイント開拓。
というわけで、今回も命名権をもらい、浅瀬に石を沈めて漁礁にしてあるポイントなので、
「石の浜」
と名づけました。
小物がわんさか、イソギンチャクも点在していて、各種クマノミも揃っていました。
なかなか使えそうなポイントです。
その証拠に今回3回もこのポイントに潜ることになるのですが、それはまた別のお話。
by diver813 | 2010-04-05 23:00 | Diving Log
2009.09 奄美 The 1st day The 1st Dive
a0013160_22544593.jpg
          誰が仕掛けた、隠しブイ


Site 奄美大島 ミドリヤ
Maximum Depth  11.9m
Water Temperature 28℃
Entry 13:08
Exit 14:47
Dive Time 49min.

いまさら夏休みのお話。
9月に長めの休みをとって奄美大島に行ってきました。
台風の影響があり、残念ながら湾内からスタート。
1本目はのんびりミドリヤ。
のんびりと思って、調整しながらカメラを弄っていたら、ガイドさんとはぐれてしまいました。
ちゃんと1人で船に戻りましたが、心配をかけてしまいました。
しっぱい、失敗。
by diver813 | 2010-04-05 22:55 | Diving Log
#455 アジアコショウダイ
a0013160_21202426.jpg

【和名】 アジアコショウダイ
【学名】 Plectorhinchus picus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イサキ科
【体長】 20cm
【撮影地】 奄美大島 水深15m
【特徴】
体は楕円形で側扁し、体高が高い。体色は灰色で暗色の小斑が散在する。
【生態】
高知県以南の西部太平洋、インド洋に分布し、岩礁域・珊瑚礁域に生息する。単独で行動することが多いが、成魚は数匹で群れを形成することがある。肉食。
【ひとこと】
チョウチョウコショウダイと同じく、幼魚はひらひら泳いでかわいいくダイバーに人気がありますが、大人になると味が美味しいので釣り人に人気があります。チョウチョウコショウダイと似ていますが本種の暗色斑の方が小さいことで区別できます。
by diver813 | 2010-03-27 21:21 | 海洋生物図鑑
#454 テングガイ
a0013160_2303913.jpg
【和名】 テングガイ
【学名】 Chicoreus ramosus
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 古腹足目 アクキガイ科
【殻高/殻径】 25cm/20cm
【撮影地】 奄美 水深35m
【特徴】
殻はこぶし型で大きく重厚、肩の棘は大きく、後方に反る。殻口内は白色で、外唇~内唇は桃色。蓋は卵円型
【生態】
紀伊半島以南の西部太平洋、インド洋に分布。岩礁域に生息する。マベガイなどの二枚貝を食べる。数十匹の集団を形成し産卵することがある。
【ひとこと】
生きているときの見た目は美しくはないのですが、殻を掃除すればそこそこ綺麗で、装飾用に販売されていたりもします。20匹以上が集団で産卵しているところに出くわしたことがあるのですが、一体どこから、何をきっかけに、一箇所に集まっているのか、不思議でした。そして、卵はなんか汚らしい

a0013160_2305688.jpg
裏側



a0013160_2311747.jpg

by diver813 | 2009-11-09 23:03 | 海洋生物図鑑