The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:奄美 ( 178 ) タグの人気記事
#449 アカヒメジ
a0013160_239171.jpg
【和名】 アカヒメジ
【学名】 Mulloidichthys vanicolensis
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ヒメジ科
【体長】 20cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体は紡錘形で体高はやや高い。下顎に一対の顎鬚を持ち、尾は二叉形。体色は地色が淡色で、体側に太い黄色縦帯が入る。
【生態】
駿河湾以南の中・太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域に生息し、潮通しの良い場所に群れを形成する。夜間は分散し砂底で採餌する。
【ひとこと】
眼が赤いからアカヒメジではなく、死ぬと真っ赤になるのでアカヒメジ。ちなみに夜は死んでいなくても赤くなっていたりします。昼間に海底から少し上を浮遊している群れはなかなか綺麗です。食用で刺身は水っぽいのですが、煮付けやムニエルなど、ひと手間加えると美味しい。
by diver813 | 2009-06-18 23:10 | 海洋生物図鑑
2008.10 奄美 The 3rd Day The 3rd Dive
a0013160_2371854.jpg
          ウーラーメーシーヤー


Site 奄美 節田
Maximum Depth  3.3m
Water Temperature 26℃
Entry 18:33
Exit 19:28
Dive Time 55min.

今回の奄美、最後はナイトダイビング。
節田という漁港からのビーチエントリー。
砂泥底に少し岩場がある程度のところなのですが、見たことのないエビ・カニが出てくる、出てくる。
面白すぎて、リーフエッジまで行けず、最大水深はたったの3.3m。
タンクを背負う必要があったのだろうか、いや、ない。
そして、見たことのないエビ・カニ達、帰って写真を図鑑と照らし合わせたら、殆どが載っていない。
こんな環境に潜る人はあまりいないから、あまり図鑑などでも取り上げられないのでしょう。
by diver813 | 2009-05-26 23:09 | Diving Log
2008.10 奄美 The 3rd Day The 2nd Dive
a0013160_2274779.jpg
          ソンナ名前カヨ?


Site 奄美 北ドロ
Maximum Depth  23.7m
Water Temperature 26℃
Entry 11:54
Exit 12:29
Dive Time 35min.

今度はポイント探し。
カメドロのちょっと北。
船から見るリーフがよさげだったので、探検してみることに。
入ってみると予想通り大当たり。
洞窟やクレバスなど複雑な地形が面白すぎました。
しかし、面白すぎる地形はやばいです。
探検しすぎたため、方向・距離感覚が狂って、ある程度船の側に浮上したつもりが、船とは100mほど離れたところでした。
もっと修行せねば・・・
そして、ポイントとして合格だったので、またまたポイント名のネーミングライツをいただき、「北ドロ」と命名しました。単純。
by diver813 | 2009-05-24 22:08 | Diving Log
2008.10 奄美 The 3rd Day The 1st Dive
a0013160_1122817.jpg
          ささやいているみたい


Site 奄美 三ツ瀬
Maximum Depth  24.4m
Water Temperature 26℃
Entry 10:19
Exit 11:00
Dive Time 41min.

また三ツ瀬にやってきました。
ダイナミックな地形、流れる潮、グルクンの群れ・・・
大物が出る予感はたっぷり。
なのに、マダラウミウシの恋の行方などに気を取られていたためか、大物を見ることはできませんでした。
そういえば、マダライロウミウシの求愛、以前も夢中になった記憶が。
このゆっくりとした、愛の営み、なぜか目が離せません。
by diver813 | 2009-05-22 01:12 | Diving Log
2008.10 奄美 The 2nd Day The 3rd Dive
a0013160_0334580.jpg
          ぬうっ


Site 奄美 船橋
Maximum Depth  12.2m
Water Temperature 24℃
Entry 16:38
Exit 17:16
Dive Time 38min.

立て続けに3本目。
夕方になって、海の中も船の上もちょっと涼しい雰囲気。
薄暗くなってきた海の中、写真はなかなか取りにくかったのですが、サンゴなどが放つ、怪しげな色が綺麗でした。
by diver813 | 2009-05-20 00:34 | Diving Log
2008.10 奄美 The 2nd Day The 2nd Dive
a0013160_047414.jpg
          ウミウシが立った!


Site 奄美 土浜
Maximum Depth  14.9m
Water Temperature 26℃
Entry 15:30
Exit 16:25
Dive Time 55min.

地形が面白く、クレバスなどを探検しながら、小物もさがせる、なかなか面白いポイント。
洞窟を抜けた先で出会ったシンデレラウミウシ、みんなで写真を撮っているたら、立ち上がってポーズを決めてくれた目立ちたがり屋さんでした。

動画(立ち上がるところ)
by diver813 | 2009-05-19 00:48 | Diving Log
2008.10 奄美 The 2nd Day The 1st Dive
a0013160_20515672.jpg
          変な顔


Site 奄美 カメドロ
Maximum Depth  18.3m
Water Temperature 26℃
Entry 08:50
Exit 09:32
Dive Time 42min.

2日目も北風を避けてカメドロ。
ここはヤコウガイが多いポイントです。
漁師さんの話によると、獲っても、獲ってもいなくならないらしい。
でも、捕りすぎて枯れた海を知っている身としては、ちょっと心配だったりもします。
by diver813 | 2009-04-23 20:52 | Diving Log
2008.10 奄美 The 1st Day The 2nd Dive
a0013160_0353355.jpg
          布団ラブ


Site 奄美 三ツ瀬かくれ根
Maximum Depth  46.3m
Water Temperature 26℃
Entry 16:14
Exit 16:56
Dive Time 42min.

大物狙いで三ツ瀬へ。
しかし大物は出てきてくれませんでした。
残念。
でも、近くで釣りをしていた人が、ロウニンアジを吊り上げるところが見れたのでよしとします。
by diver813 | 2009-04-23 00:37 | Diving Log
2008.10 奄美 The 1st Day The 1st Dive
a0013160_0352721.jpg
          人面珊瑚


Site 奄美 グルクンの根
Maximum Depth  23.4m
Water Temperature 26℃
Entry 12:33
Exit 13:24
Dive Time 41in.

秋の奄美は北風が吹く。
なので、島影になっているグルクンの根へ。
前は迷いましたが、今回はドンピシャ。
海の中には、面白いと見せられた人面珊瑚。
目の部分のウミギクガイモドキが開いたり閉じたりウインクするのが不気味でした。
by diver813 | 2009-04-21 00:36 | Diving Log
#438 マダライシガニモドキ
a0013160_14961.jpg
【和名】 マダライシガニモドキ
【学名】 Charybdis obtusifrons
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 ワタリガニ科
【甲幅】 5cm
【撮影地】 奄美 水深5m
【特徴】
体は扁平で、第4歩脚は扁平。体色は緑褐色で、甲や鋏脚に暗褐色の斑模様が入る。鋏脚の棘と掌部に淡青色が入る。
【生態】
紀伊半島以南の西部太平洋、インド洋西部、紅海に分布。珊瑚礁域の礁池や礁原に生息する。夜行性で、昼間は岩の隙間などに隠れる。
【ひとこと】
潮間帯付近に多いのですが、昼はかなり上手に隠れているらしく、昼の磯遊びなどでは滅多に見られません。臆病なのか、夜見かけるときも、岩の隙間のすぐそばにいます。なぜか「モドキ」のつかないマダライシガニは極めて珍しく、本種はわりとよく見かけます。
by diver813 | 2009-02-02 01:49 | 海洋生物図鑑