The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:奄美 ( 189 ) タグの人気記事
#461 ハシナガウバウオ
a0013160_20545919.jpg

【和名】 ハシナガウバウオ
【学名】 Diademichthys lineatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目ウバウオ科
【体長】 4cm
【撮影地】 奄美 水深5m
【特徴】
体は円筒形で細長く、吻が著しく突出する。腹吸盤はあまり発達しない。体色は赤褐色で、背中線、腹中線、左右体側中軸に淡黄色の細い縦線が入る。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋、インド洋に分布。水深10m以浅のガンガゼ類の周囲やサンゴの枝間に生息する。
【ひとこと】
腹鰭が変形した腹吸盤で吸着するのがウバウオ科の特徴ですが、本種は腹吸盤があまり発達せず、ほとんど泳ぎ回っています。ガンガゼ類の棘の間をクネクネ泳いでいて、見つけやすくはありますが、ピント合わせは少し大変。ピントは固定してカメラを動かしながら撮るのがオススメです。

a0013160_205642.jpg正面顔




a0013160_20563658.jpg真っ直ぐな姿
by diver813 | 2011-03-13 20:59 | 海洋生物図鑑
2010.04 奄美 The 3rd day The 1st Dive
a0013160_2247019.jpg
          ぼてっ


Site 奄美大島 倉崎
Maximum Depth  11.6m
Water Temperature 20℃
Entry 10:25
Exit 11:23
Dive Time 58min.

3日目1本目は倉崎でガサゴソダイビング。
ぼーっと休んでいるモヨウフグに、じりじりと忍び寄ったり、ニセアカホシカクレエビをじっくり接写したり、のんびり楽しんだ1本でした。

a0013160_22474350.jpg
ニセアカホシカクレエビ
by diver813 | 2011-01-19 22:51 | Diving Log
2010.04 奄美 The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_01831.jpg
          ウッホッホ


Site 奄美大島 八丁目
Maximum Depth  22.8m
Water Temperature 21℃
Entry 14:04
Exit 14:38
Dive Time 34min.

またまた、ウェットスーツが破れてしまったので、その補修をしてから2本目。
エントリーして、最初に出てきてくれたのはオランウータンクラブ。
サービス精神旺盛で、カメラを向けると、オランウータンらしいポーズをしてくれました。
その後は軽く洞窟を探検。
洞窟から出ると、遠くにウミガメの姿が。
追いかけたのですが、やはり追いつけませんでした。

洞窟探検

a0013160_032291.jpg
逃げるウミガメ
by diver813 | 2010-11-10 00:04 | Diving Log
2010.04 奄美 The 2nd day The 1st Dive
a0013160_233225100.jpg
          おっきなミドリイシ


Site 奄美大島 カドグチ
Maximum Depth  18.6m
Water Temperature 21℃
Entry 10:50
Exit 10:36
Dive Time 46min.

太平洋側らしい、リーフの外にきれいな白い砂地が広がるポイント。
リーフの外縁には、人よりもおおきなミドリイシの群体がありました。
by diver813 | 2010-11-09 23:33 | Diving Log
2010.04 奄美 The 1st day The 2nd Dive
a0013160_23193785.jpg
          自宅は高級食材


Site 奄美大島 グルクンの根
Maximum Depth  23.4m
Water Temperature 21℃
Entry 16:22
Exit 17:28
Dive Time 56min.

初日2本目はグルクンの根。
秋口から使うポイントで、なかなかポイントを探り当てることができなかったこともありますが、このタイミングならばっちり。
ソライロイボウミウシの交接も観察できました。

a0013160_23202036.jpg
ソライロイボウミウシの交接
by diver813 | 2010-10-07 23:27 | Diving Log
2010.04 奄美 The 1st day The 1st Dive
a0013160_0275229.jpg
          ア゛ーーーッ!


Site 奄美大島 五円玉
Maximum Depth  20.4m
Water Temperature 20℃
Entry 13:46
Exit 14:28
Dive Time 42min.

太平洋側らしく透明度が高い、アカヒメジ渦巻く奄美空港近くの漁礁ポイント。
名物のツバメウオの大群は見れませんでしたが、とっても気持ちいいダイビングでした。

a0013160_0281317.jpg
渦巻くアカヒメジ



a0013160_0283972.jpg
漁礁
by diver813 | 2010-09-29 00:29 | Diving Log
2009.09 奄美 The 7th day The Last Dive
a0013160_1352434.jpg
          最後は三ツ瀬


Site 奄美大島 三ツ瀬 かくれ根
Maximum Depth  52.9m
Water Temperature 28℃
Entry 14:49
Exit 15:16
Dive Time 27min.

今回の奄美、最後のダイビングは三ツ瀬。
一気に50mまで駆け下りて、後は浅いところで減圧。
天気はいいし、魚もわんさかいますが、何分深いので光量不足。
こういうダイナミックなポイントでは、無理に写真を撮ろうとせずに、思う存分探検を楽しむのが正解かもしれません。
by diver813 | 2010-07-07 01:35 | Diving Log
2009.09 奄美 The 7th day The 2nd Dive
a0013160_0555141.jpg
          鳥肌が立ちました


Site 奄美大島 トンバラ
Maximum Depth  31.1m
Water Temperature 28℃
Entry 11:00
Exit 11:25
Dive Time 25min.

奄美には、何度か来ていますが、やっとトンバラに連れて行ってもらえました。
トンバラは奄美大島の北端のちょっと北にある切り立った岩場で、奄美大島最高レベルの外洋ポイント。
ちなみに徳之島のトンバラとは違う場所です。
魚影もすごいし、地形もすごいし、流れもすごい、その場にいるだけで気持ちよすぎておかしくなってしまいます。
本当に手が届きそうなところを、ロウニンアジとか、イソマグロやツムブリの群れが通って行くんです。
シャッターチャンスはいくらでもありましたが、カメラを覗いていること自体、勿体無かったので、数枚撮った程度で、ほとんど肉眼で楽しんでいました。
5年に1回あるかないかの極上ダイビング、ごちそうさまでした。
by diver813 | 2010-06-04 00:59 | Diving Log
2009.09 奄美 The 7th day The 1st Dive
a0013160_0162934.jpg
          びっちり


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  23.4m
Water Temperature 28℃
Entry 9:46
Exit 10:26
Dive Time 37min.

最高の天気、最高の海。
こんな日は一本目から七ツ根。
気持ちよすぎて、おかしくなりそうでした。
by diver813 | 2010-06-03 00:16 | Diving Log
2009.09 奄美 The 6th day The 3rd Dive
a0013160_0413261.jpg
          カムフラージュ率高いなぁ


Site 奄美大島 空港北
Maximum Depth  19.5m
Water Temperature 28℃
Entry 15:25
Exit 16:03
Dive Time 38min.

空港の真北のポイント。
アンカーをかけたすぐ隣に、写真のオニダルマオコゼが。
気づかずに手を着くと大変なことになります。
顔っぽい形の岩には注意しましょう。

a0013160_0415053.jpg
どこにいるかわからない人はこちらを。
by diver813 | 2010-05-19 00:42 | Diving Log