The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:奄美 ( 199 ) タグの人気記事
#481 サッパ
a0013160_02431941.jpg
【和名】 サッパ
【英名】 Japanese sardinella
【学名】 Harengula zunasi
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 ニシン目 ニシン科
【体長】 5cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は細長くやや側扁する。体側~腹部は銀白色で背面は青緑色。鰓蓋上部の後ろに黒班が入る。
【生態】
北海道以南~台湾、黄海、南シナ海北部に分布。内湾や河口域の砂地に生息し、プランクトンを鰓耙で濾し取って食べる。産卵期は5~6月。
【ひとこと】
美味しすぎてご飯を借りてこなければならないことからつけられた「ママカリ」の呼び名が有名。煮て良し、焼いて良し、〆てよし。なのになぜか関東では重宝されません。コノシロに似ていますが、サッパは体側に点線が入らないことで見分けられます。
by diver813 | 2017-05-31 02:46 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2011.09 奄美 The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_13083685.jpg
          ふよふよ

Site 奄美 石の浜
Maximum Depth  12.2m
Water Temperature 27℃
Entry 11:39
Exit 12:16
Dive Time 37min.

2本目も湾内でちゃぷちゃぷのんびり。
かわいい生物に囲まれ、穏やかな海に包まれ、たっぷり癒されました。

by diver813 | 2017-05-28 13:09 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2011.09 奄美 The 2nd day The 1st Dive
a0013160_12501915.jpg
          シュワッチ!

Site 奄美 山本SP
Maximum Depth  10.0m
Water Temperature 27℃
Entry 10:00
Exit 10:43
Dive Time 43min.

湾内の有名ポイント。砂地に根がありそこにさまざまな生き物が暮らしています。
かわいい甲殻類がわらわらいて、マクロばかり撮ってました。

by diver813 | 2017-05-27 12:52 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2011.09 奄美 The 1st day The 2nd Dive
a0013160_00321566.jpg
          アァン?

Site 奄美 クスノ
Maximum Depth  19.5m
Water Temperature 27℃
Entry 16:49
Exit 17:30
Dive Time 41min.

湾から一歩来たに出た西岸のポイント。
複雑な地形を楽しみながら、回遊魚がまわってこないかキョロキョロ探していました。

by diver813 | 2017-05-26 00:34 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2011.09 奄美 The 1st day The 1st Dive
a0013160_20173124.jpg
          ゴゴゴゴゴゴゴ

Site 奄美 ミドリヤ
Maximum Depth  12.2m
Water Temperature 28℃
Entry 15:04
Exit 15:55
Dive Time 51min.

穏やかな湾内で生き物の観察
根の主のアザハタさんはカレイの真似をしているのか、横になっていました。

a0013160_20173001.jpg横になったアザハタ
by diver813 | 2017-05-24 22:15 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#477 スダレヤライイシモチ
a0013160_00385468.jpg
【和名】 スダレヤライイシモチ
【英名】 Wolf cardinalfish
【学名】 Cheilodipterus artus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 テンジクダイ科
【体長】 7cm
【撮影地】 奄美大島 水深15m
【特徴】
体は長卵形で側扁する。体側に太帯と細帯交互に8本の暗褐色縦帯が入る。尾柄部は黄色で、中央に瞳孔径大の黒斑が入る。
【生態】
奄美諸島以南の西部太平洋・インド洋に分布。内湾や礁湖など穏やかな珊瑚礁域に生息する。サンゴの枝間で小さな群れを形成する。肉食性で小魚や甲殻類を捕食する。
【ひとこと】
リュウキュウヤライイシモチ、スダレヤライイシモチ、ヤライイシモチと似ていますが、尾の付け根に黄色で囲まれた黒斑が入ることで、スダレヤライイシモチとヤライイシモチに絞れます。そして、横帯が太線と細線が交互であれば本種、同じ太さならヤライイシモチと見分けることができます。

by diver813 | 2017-05-24 00:39 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#476 フシウデサンゴモエビ
a0013160_00025141.jpg
【和名】 フシウデサンゴモエビ
【英名】 Marbled shrimp
【学名】 Saron marmoratus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 モエビ科
【体長】 4cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は比較的太い。第3顎脚が歩脚様に発達する。第3顎脚と頭胸甲の正中線上にブラシ状の剛毛が生える。体色は緑褐色の個体が多く、淡色の斑紋による複雑な模様が入るが、個体による色彩変異が著しい。
【生態】
紀伊半島以南の太平洋、インド洋、紅海に分布。内湾の珊瑚礁域やガレ場のミドリイシ類の根元や転石下に生息し、藻類を食べる。
【ひとこと】
なんか、モヒカンっぽい頭を見ると「ヒャッハー」という声が聞こえてきそうです。ブラシが付いている足に見える器官は、実は顎脚と言って、口の器官が大きくなったもの。これはモエビ科に共通していて、通常十脚目の歩脚は名前の通り5対ですが、モエビ科の歩脚は6対に見えます。せっせと藻類を食べるため、苔対策としてアクアリストにも人気。

by diver813 | 2017-05-18 08:12 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#468 シロボンボンウミウシ
a0013160_23520093.jpg
【和名】 シロボンボンウミウシ
【学名】 Gymnodoris sp. 1
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 キヌハダウミウシ科
【体長】 6cm
【撮影地】 奄美 水深25m
【特徴】
体は厚みがあ小判型。体表に球状の突起が散在する。体色は半透明の白色で、触覚、突起の先端と二次鰓の軸は白色。キヌハダウミウシ属最大で130mmに達する。
【生態】
中部太平洋・西部太平洋・インド洋に分布。潮通しの良い珊瑚礁域に生息し、イロウミウシ属を捕食する。
【ひとこと】
春の珊瑚礁で見かけるウミウシ。やわらかな印象の姿とは裏腹に、食欲旺盛にウミウシを食べまくります。そのためイロウミウシ属が多い場所に生息しますが、あっという間に食べつくし、周りからウミウシがいなくなってしまいます。ウミウシがいるはずの場所で、ある日突然見かけなくなったら、こいつがいるかもしれません。

by diver813 | 2017-05-09 23:53 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#467 キビナゴ

by diver813 | 2017-05-09 01:35 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2010.09 奄美 The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_0371078.jpg
          透明性がモットーです

Site 奄美大島 石の浜
Maximum Depth  10.9m
Water Temperature 27℃
Entry 13:43
Exit 14:35
Dive Time 52min.

浅いポイントをじっくり散策。
水中ハイスピードムービー撮影などしながら、のんびり楽しみました。
by diver813 | 2017-05-08 00:37 | Diving Log | Trackback | Comments(0)