The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:奄美 ( 189 ) タグの人気記事
2005.09 Amami The 5th day The 3rd Dive
a0013160_23255268.jpg
          夜は色が黒くなるよ。


Site 奄美大島 一反瀬
Maximum Depth  18.8m
Water Temperature 26℃
Entry 18:51
Exit 19:30
Dive Time 49min.

今回の奄美、最後はナイトダイビング。
昼に潜った一反瀬も、夜はまた別の表情を見せてくれます。
昼間元気に泳ぎ回っていた、綺麗な魚たちも、サンゴや岩の陰に隠れて地味な色に変身。そして、昼間洞窟や岩陰に隠れていた、アカマツカサなどが徘徊しています。
浮上直前にはライトを消して、手をばたつかせ、ヤコウチュウを観察。
とても綺麗なのですが、写真で写せないのが残念。
あがってきたあとにOkiさんから、
「どのサンゴが産卵していたかわかった?」
と聞かれてびっくり。どのサンゴどころか、産卵していることすら、気づいていませんでした。
写真をチェックすると、一部の写真にピンクのつぶつぶが写っているではないですか!
見ていたのに見逃した・・・ちょっとショック。
by diver813 | 2005-10-11 23:37 | Diving Log
2005.09 Amami The 5th day The 2nd Dive
a0013160_2312519.jpg
          流れがあっても、マクロ撮るよ。


Site 奄美大島 ダブルアーチ北
Maximum Depth  20.4m
Water Temperature 28℃
Entry 14:19
Exit 15:01
Dive Time 41min.

外洋のポイントで、ちょっと流れがあります。
岩に捕まりながら、流れに向かって進むと、ヒトデもひっくり返りそうになりながら踏ん張っていました。
ここのところ、狙っても流れてなかったりだったので、ほどよい流れが、とても気持ちよく感じられました。
by diver813 | 2005-10-10 23:14 | Diving Log
2005.09 Amami The 5th day The 1st Dive
a0013160_02178.jpg
          ゴルァ、何しに来やがった!


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  24.2m
Water Temperature 29℃
Entry 10:17
Exit 11:46
Dive Time 40min.

奄美北部の代表的なポイント。とにかく透明度がいい!
青が綺麗とさんざん騒いでいますが、ここの青が一番綺麗でした。
色がよい上に、砂地に点在する根には色んな魚が付いていて、被写体にも困りません。
Okiさん思う存分映像を撮っていました
オオセのかわいい顔撮れたし、大満足。
ただし、意外と水深が深いので、夢中になると、減圧停止をするはめになります。
by diver813 | 2005-10-08 00:20 | Diving Log
2005.09 Amami The 4th day After Dive
a0013160_23525121.jpg
          砂浜は夜でもにぎやか。


今日も夜はビーチに下りて、生物観察。
ツノメガニとの間合いもようやくわかってきて、なんとか大きい個体の写真も撮れました。
by diver813 | 2005-10-07 23:55 | Diving Log
2005.09 Amami The 4th day The 3rd Dive
a0013160_22401538.jpg
          何を夢見ているの?


Site 奄美大島 須野
Maximum Depth  12.4m
Water Temperature 29℃
Entry 15:10
Exit 15:59
Dive Time 49min.

3本目はボート。
海に入ると、なぜかやたらナマコが目に入ってきて、ひっくり返しては共生する生き物をチェックしていました。
結構いい確率でウロコムシがついていて、茶色いのとか黒いのとか、宿主に合わせた色に関心。
ごそごそしていると、同じように岩の下に頭を突っ込んでごそごそしているウミヘビに会いました。このウミヘビもお腹がボコボコ。
気になって追っかけたりしているうちに、目は海底にくぎづけ。そのせいで、マダラトビエイを見逃したらしい。しっぱい、しっぱい。
by diver813 | 2005-10-06 22:51 | Diving Log
2005.09 Amami The 4th day The 2nd Dive
a0013160_22453652.jpg
          るんるん


Site 奄美大島 倉崎
Maximum Depth  12.7m
Water Temperature 29℃
Entry 11:49
Exit 12:41
Dive Time 51min.

湾内のポイントでビーチダイビング。
水中から空が見えるほど穏やかなポイントです。
体験ダイビングや講習などに使われているため、魚がよく慣れていて、ハナヒゲウツボとか、近づいてもあまり引っ込みません
石をひっくり返せば、ユキミノガイとかでてくるし、小さいけどヒレナガネジリンボウにも会えるし、ビーチのポイントと言えども、あなどれません。
by diver813 | 2005-10-05 22:50 | Diving Log
2005.09 Amami The 4th day The 1st Dive
a0013160_21422729.jpg
          うじゃっ


Site 奄美大島 一反瀬
Maximum Depth  19.5m
Water Temperature 28℃
Entry 9:39
Exit 10:28
Dive Time 49min.

奄美空港の近く、港の目の前、防波堤が目の前にそびえるポイント。
そんなロケーションとは裏腹に、透明度はいいし、サンゴも綺麗だし、砂地は白いし、穴もあって地形も面白い、潜ってびっくりのポイントです。
流れもなく穏やかなので、写真も撮り放題。
そんななかで撮れたのがこの写真。結構お気に入りの一枚です。
この写真では、キンメモドキがみんな同じ方向を向いていますが、一瞬前はうじゃうじゃしてました。
とにかく青が綺麗でした。生き物の写真ばかり撮っていないで、もっと海の色を撮ればよかった・・・
by diver813 | 2005-10-03 21:46 | Diving Log
2005.09 Amami The 3rd day After Dive
a0013160_0592837.jpg
          くりくりの目とぷにぷにの手がたまりません。


夜はOkiさんの案内でカエルを探し。
懐中電灯片手に夜の森へ入ります。
いきなり出てきたのはサソリモドキ。いぢめると、腹が立つほど臭いにおいを出すらしい(確認する勇気はありませんでした)。
そして5分と経たないうちに、お目当てのイシカワガエルを発見。かわいすぎ!!
実はおきさんが事前にいる場所を下調べしていてくれたのです。感謝!!
その後もやたらでかいゲジゲジ(注意!グロテスクな表現を含みます)とかナメクジとかオットンガエルとか交尾しているサソリモドキとかアマミシギとか・・・
生唾モノの生き物達に出会えて大興奮。鼻血が出そうでした。
んーおなかいっぱい。
そして、帰ってからはデザートタイム。夜のビーチに下りて、オカヤドカリやツノメガニと遊びました。
by diver813 | 2005-10-01 01:06 | Diving Log
2005.09 Amami The 3rd day The 3rd Dive
a0013160_2354566.jpg
          目からビーム!


Site 奄美大島 3.5丁目
Maximum Depth  17.4m
Water Temperature 28℃
Entry 13:28
Exit 14:08
Dive Time 40min.

遠征最後のダイビングは、浅場でのんびり。
こんな時にやることと言えば、まだ撮っていない魚を撮る。
マイナーな魚ばかり追いかけていたら、さすがのガイドさんも、「何を撮っているのかわからなかった」らしい。
by diver813 | 2005-09-30 23:57 | Diving Log
2005.09 Amami The 3rd day The Surface Time
a0013160_1238100.jpg
          づしっ、づしっ


Site 奄美大島 崎原

今日もOkiさんがサンゴのモニタリング調査をしている横で、のんびりシュノーケリング。
こんな何気ないシュノーケリングでも、カメに会えたりするのでやめられません。
by diver813 | 2005-09-30 01:25 | Diving Log