The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:奄美 ( 199 ) タグの人気記事
#273 オオセ
a0013160_11691.jpg
【和名】 オオセ
【学名】 Orectolobus japonicus
【分類】 動物界 脊索動物門 軟骨魚綱 テンジクザメ目 オオセ科
【体長】 100cm
【撮影地】 奄美大島 水深25m
【特徴】
体は縦扁し、頭部が大きく、上顎辺縁に5~8個の皮弁が生える。大きな噴水口を持つ。臀鰭は尾鰭の直前にある。体色は茶褐色で、暗色の斑模様が入る。
【生態】
能登半島、房総半島~フィリピンに分布。沿岸の岩礁域、珊瑚礁域に生息する。夜行性で、主に魚類を捕食する。胎生で1度に約30匹を出産する。
【ひとこと】
小型でおとなしく、昼間は寝ていることが多いので、じっくり観察することができます。但し、捕まえようとして噛まれた例もあるので、触らない方が無難。西日本では食用にされますが、そのままではあまり美味しくないらしく、練り製品の原料になっています。
全身
by diver813 | 2006-01-04 01:02 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#266 ニセツノヒラムシの一種
a0013160_2483235.jpg
【和名】 ニセツノヒラムシの一種
【学名】 Thysanozoon nigropapillosum
【分類】 動物界 扁形動物門 渦虫鋼 多岐腸目 ニセツノヒラムシ科
【体長】 3cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体は扁平で柔らかく頭部の縁は触角状に捲れる。体色は黒色で、白く縁取られる。背面には黄色く細かい疣状の突起が散在する。
【生態】
西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域に生息し、昼にも活動するが、夜のほうが活発で、正の走光性を持ち、光に集まる。ホヤなどを食べる。
【ひとこと】
たまに見かけるヒラムシですが、和名はまだないようです。ヒラムシの仲間は、岩から剥がして水中に放すとヒラヒラ泳いだりしますが、いじめすぎると、丸まってしまいます。ただし、体は柔らかく破けやすいので、遊ぶ時はそっと、丁寧に扱うようにしましょう。
上から見た姿
by diver813 | 2005-11-29 02:52 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
#265 ツマジロオコゼ
a0013160_01587.jpg
【和名】 ツマジロオコゼ
【学名】 Ablabys taenianotus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 ハオコゼ科
【体長】 3cm
【撮影地】 奄美 水深1m
【特徴】
体は強く側扁し、ハオコゼ科の多種と比較し細長い。背鰭は眼の前縁直上から斜め前方に伸び、第2~第5棘が伸び、第2・第3棘が著しく長い。体色は黄褐色~茶褐色。
【生態】
田辺湾以南の太平洋、インド洋に分布。岩礁域、珊瑚礁域のガレ場に生息する。縄張りを持ち、単独で活動する。肉食性で底生生物を捕食する。
【ひとこと】
白い砂地がバックだと、目立ちそうなものですが、枯葉のように揺れる姿は、ゴミにしか見えません。但し、揺れ方が微妙に不自然なので、そこが見つけるポイント。ツマジロという名前の通り、頭部が白い個体が多いのですが、この写真のように白くない個体もいます。
by diver813 | 2005-11-27 00:01 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#262 イガグリウミウシ
a0013160_1193926.jpg
【和名】 イガグリウミウシ
【学名】 Cadlinella ornatissima
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 2cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体は卵型で背面に疣状突起が散在する。地色は橙色~黄色で外套膜周縁が白色~透明の個体も存在する。疣状突起は白く先端は赤い。触角は白色で、螺旋状に畝が入る。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋に分布。潮通しの良い岩礁域・珊瑚礁域に生息する。警戒心が強く、外敵が迫ると二次鰓を隠す。
【ひとこと】
イボイボしていますが、イボウミウシ科ではなく、アオウミウシミゾレウミウシメレンゲウミウシなどつるんとしたウミウシと同じイロウミウシ科です。背面の周囲が白く、疣の先端が赤くならない個体を別種のニセイガグリウミウシとする説もあります。
by diver813 | 2005-11-22 01:21 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#259 アブラヤッコ
a0013160_1351798.jpg
【和名】 アブラヤッコ
【学名】 Centropyge tibicen
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 キンチャクダイ科
【体長】 15cm
【撮影地】 奄美 水深25m
【特徴】
体は楕円形で側扁する。体色は濃紺で、側面に楕円形の白色斑が入り、臀鰭の縁は黄色い。雌雄や幼魚で斑紋に著しい差はない。
【生態】
駿河湾以南の西部太平洋に分布。珊瑚礁域や岩礁域に生息する。単独~数匹で行動し、付着藻類やサンゴのポリプを食べる。雌性先熟の性転換を行い、ハーレムを形成する。
【ひとこと】
派手な色彩の魚が多い珊瑚礁の魚の中で、落ち着いた濃紺が非常に美しい魚です。警戒心が強く、すぐどこかへ行ってしまいます。クマノミの仲間などと同じく、雌性先熟(生まれたときはみんな雌)で、群の中の最も大きい個体が雄に性転換します。
by diver813 | 2005-11-15 01:37 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#255 タテジマヘビギンポ
a0013160_23385442.jpg
【和名】 タテジマヘビギンポ
【学名】 Helcogramma striata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ヘビギンポ科
【体長】 2cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
身体は細長く、背鰭が3基ある。体色は赤色で、腹部は白色。体側に3本の細い白色縦線が入る。白色縦線が途切れる個体もいる。
【生態】
伊豆諸島以南の太平洋・インド洋に分布。岩礁域・珊瑚礁域の浅所に生息し、岩やサンゴの上に乗る。小型甲殻類やゴカイ類を食べる。
【ひとこと】
ヘビギンポ科の仲間は雌雄で色や模様が異なる種類が多いのですが、タテジマヘビギンポは雌雄とも同じ姿をしています。サンゴの上でじっとしている、マクロ写真の練習にもってこいの被写体です。近寄りすぎると逃げることがありますが、近くでまたじっとするか、元の位置に戻ってきます。
by diver813 | 2005-11-08 23:41 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#250 アカシマシラヒゲエビ
a0013160_0404512.jpg
【和名】 アカシマシラヒゲエビ
【学名】 Lysmata amboinensis
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 モエビ科
【体長】 4cm
【撮影地】 奄美 水深25m
【特徴】
第1・第2胸脚に鋏を持ち、第2胸脚の腕節は分節する。体色は半透明の黄褐色で、背面は赤く、中央に1本の細い白色縦帯が入る。触角及び第1胸脚は白色。
【生態】
伊豆半島以南の太平洋、インド洋、紅海に分布。珊瑚礁域の岩穴などに生息する。魚類に付く寄生虫や食べ残しを食べる掃除共生種。ウツボ類やハタ類をクリーニングすることが多い。
【ひとこと】
その美しい姿から観賞用としても有名。アカスジもエビとも言われています。接写をしようと近づくと、いつの間にか画面から消えていて、気が付くとカメラに乗っかって掃除してくれている可愛いエビです。そっと手を差してみてください。きっと掃除してくれますよ。
後姿
by diver813 | 2005-10-21 00:43 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)
#249 ムスメハギ
a0013160_1431177.jpg
【和名】 ムスメハギ
【学名】 Sufflamen bursa
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 モンガラカワハギ科
【体長】 15cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体は長卵形で側扁し、吻部がやや尖る。眼を通る三日月状、及びその後方に斜めに黄色線が入る。吻部から肛門にかけ、細い白色線が入る。
【生態】
駿河湾以南の西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域の礁縁や転石帯に生息する。単独で行動し、雑食性で底生動物を主に捕食する。
【ひとこと】
オスでも、成魚でもムスメハギ。臆病者なので近づく時は慎重に。危険を感じるとすぐに岩の割れ目などに頭から逃げ込んでしまいます。出てくる時にバックする姿はちょっと滑稽。ざらついた岩盤に産卵し、卵が孵化するまで親が守ります。
by diver813 | 2005-10-19 01:45 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#248 ユキミノガイ
a0013160_23535284.jpg
【和名】 ユキミノガイ
【学名】 Limaria basilanica
【分類】 動物界 軟体動物門 二枚貝綱 ミノガイ目 ミノガイ科
【殻長】 1.5cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
殻は楕円形で薄い。殻は白色で、細かい放射肋が入る。外套幕は鮮やかな橙色で、長い触手が密に生える。
【生態】
房総半島以南の太平洋・インド洋に分布。20m以浅の砂礫底の転石下に生息する。危険が迫ると、殻を閉じることで水流を発生させ素早く移動する。触手は自切しやすい。
【ひとこと】
見た目も面白い貝ですが、泳ぐ姿(mpeg 1.69MB)はもっと面白いです。石をめくると、目立つ姿で目立つ動きをするので、いるところだと簡単に見つかります。但し、そっと持っても、触手を自切するので、注意が必要です(べたべたします)。
by diver813 | 2005-10-13 23:53 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
2005.09 Amami The Last Day
a0013160_2323349.jpg
          お肉がしっかりしています。


楽しい奄美旅行も今日でおしまい。
最終日はお昼過ぎまで、海を見ながら本をよんだり、散歩をしたりのんびり過ごしました。
その後はOkiさんの案内で、ちょこっと観光とお土産探し。
お土産を買いにスーパーに入り、お酒を見ていたら、Okiさんがニヤニヤしながら手招きするではないですか。
駆け寄ってみると、独特の魚介類がてんこもり。
艶やかな魚ガ並んでたり、生ウニが瓶詰めになっていたりします。
そんな鮮魚売り場に、ものすごい一角がありました。アサヒガニには「あさり」って書いてあるしタガヤサンミナシとタカラガイの詰め合わせとかあるし、もうネタとしか思えません。かんちょの好きなウツボ肉もありました。それから、オトナの事情で紹介できないあんな肉も・・・
鶏飯で始まった今回の旅、幕を閉じるのもグルメです。
奄美と言えば黒豚というわけで、遅めのランチは黒豚とんかつ定食。
海が見えるサトウキビ畑の真中にぽつんとあるログハウスの「あまん」というお店へ行きました。
とんかつのお肉はぎゅっと締まっていて、噛むと肉の旨みが染み出してきます。
自家製のソースもあっさりしていて、相性はばっちり。小鉢とかもなかなか美味しかったです。
6日間の旅でしたが、すっかり馴染んでしまい、まるで、数週間住んでいるような気分でした。
帰ってきてからしばらくは、奄美が日常で、東京が非日常のような感覚に捕らわれていたし。
こんなに旅行を堪能できたのも、Okiさんのおかげ。本当に感謝です。
うーん、楽しかった。今度はいつ行こうかな?
by diver813 | 2005-10-12 23:34 | Diving Log | Trackback | Comments(8)