The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:八重山 ( 29 ) タグの人気記事
#482 ワモンキセワタ
a0013160_01080073.jpg
【和名】 ワモンキセワタ
【英名】 Pilsbry's headshield slug
【学名】 Philinopsis pilsbryi
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 頭楯目 カノコキセワタガイ科
【体長】 4cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
頭部は楯状で触角がなく、貝殻は退化し体内に埋没する。側足の縁は波打たず、なめらかな弧を描き側面を覆う。体色は半透明の白色~淡黄色で、腹足以外の全身に輪が連なったような暗色の斑紋が入る。
【生態】
屋久島以南、マダガスカル~ハワイの中部太平洋・西部太平洋・インド洋に分布。内湾・外洋を問わず砂礫底に生息する。
【ひとこと】
色彩やパターンの変異が激しく、暗色が赤かったり、暗色斑紋の割合が多く、白い水玉模様に見える個体もいるようです。個人的には、こういうサイケデリックな模様を見ると、不安な気持ちになるので少し苦手。

by diver813 | 2017-06-02 01:08 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#475 オニハタタテダイ
a0013160_23140685.jpg
【和名】 オニハタタテダイ
【英名】 Masked bannerfish
【学名】 Heniochus monoceros
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 25cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は強く側篇し、頭頂部に突起がある。背鰭第4棘が伸張する。体色は白色で背鰭後部とその周囲、臀鰭、尾鰭は黄色。腹部に向かって広がる3本の太い黒帯が入り、頭部の横帯は背鰭棘部に達する。
【生態】
伊豆七島、田辺湾以南の西部太平洋、インド洋に分布。水深20m以浅の岩礁域・珊瑚礁域に生息し、ペアで行動することが多い。ゴカイ類や甲殻類などの底生動物を捕食する。
【ひとこと】
ハタタテダイ属の中では最大の魚。シマハタタテダイとよく似ていますが、シマハタタテダイは頭部の黒帯が背鰭に達さないので区別することができます。顔の白いハタタテダイやムレハタタテダイとも似ていますが、顔が黒い→黒い顔は背びれに達する、という順序で見分けるのがいいと思います。

by diver813 | 2017-05-16 23:16 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#466 イソバナガニ
a0013160_1384150.jpg
【和名】 イソバナガニ
【学名】 Xenocarcinus depressus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 クモガニ科
【体長】 3cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
甲は細長い洋梨型で地色は黄褐色~赤色で正中線上に白縦帯が入る。鋏脚、歩脚に黄斑が入る。長く伸びる額は先端で二分される。
【生態】
与論島以南の南太平洋、東南アジア、インド洋中部、ペルシャ湾に分布、岩礁域・珊瑚礁域に生息するイソバナ類に共生する。
【ひとこと】
擬態を極めたカニの仲間。宿主のイソバナに似た姿だけではなく、体にポリプを付けるなどの偽装も念入り。写真の個体は額で折れたイソバナを保持していますが、ぴったり左右にポリプが開き、白い鼻毛が出ているように見え、なんだか滑稽な感じもします。

a0013160_140815.jpg
やや上から見た姿



a0013160_1411045.jpg
下から見た姿
by diver813 | 2017-05-08 01:42 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#313 コバンザメ
a0013160_1301291.jpg

【和名】 コバンザメ
【学名】 Echeneis naucrates
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 コバンザメ科
【体長】 60cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
体は細長く、頭部に第1背鰭が変形した小判形の吸盤を持つ。体色は灰色で、体側に太い黒色縦帯が入る。
【生態】
太平洋東部・大西洋西部を除く全世界の温帯~熱帯に分布。サメやウミガメなど大型の遊泳生物に吸着生活する。他のコバンザメ類と比べ自由遊泳することが多い。魚類を食べる。
【ひとこと】
サメという名前がついていますが、硬骨魚類だし、くっついているだけで、全然別の種類です。体側の黒帯が特徴ですが、かなり薄い個体もいます。吸盤でくっつくため、背中側でくっつく時はひっくり返ります。ダイバーにもくっつくことがあるのですが、残念ながらまだくっつかれたことがありません。砂地に着底することもあるらしい。
by diver813 | 2006-04-11 01:36 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)
#205 サザナミハギ
a0013160_23563746.jpg
【和名】 サザナミハギ
【学名】 Ctenochaetus striatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は側扁し、体長は体高の1.5倍。体鱗は小さく、後縁に櫛状小突起がある。顎歯は細長くブラシ状。色彩変異が激しい。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋・インド洋・紅海に分布。礁斜面や礁湖に生息する。単独で行動し、ブラシ状の歯で、付着藻類やデトリタスを食べる。
【ひとこと】
コクテンサザナミハギによく似ていますが、サザナミハギは頭部に散在する橙色点が頬にはないこと、背鰭と臀鰭の付け根の後端に黒点がないことで区別することができます。シガテラ毒を持つことがあるので、食べない方が無難。
by diver813 | 2005-04-26 23:56 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#201 バラハタ
a0013160_2153127.jpg
【和名】 バラハタ
【学名】 Variola louti
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 30cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は長卵形で側扁し、尾鰭は三日月型で後縁が深く湾入する。体色は赤褐色や暗褐色など、変異が多く、体には無数の小斑点が入る。背鰭、臀鰭、尾鰭の後縁は黄色い。
【生態】
奄美大島以南の西部太平洋、インド洋の外縁に生息する。行動範囲が広く、活発に泳ぎ、肉食性で魚類や甲殻類を捕食する。
【ひとこと】
ほかのハタと違い、尾鰭が三日月形なのが特徴です。オジロバラハタとよく似ていますが、オジロバラハタの尾鰭の後縁は白く、白い部分の幅も狭いため区別することができます。ハタというだけあって、美味しいらしく、実際漁獲され、食用にされています。しかし、シガテラ毒を持つ場合もあるので、あまりおすすめしません。
by diver813 | 2005-04-20 21:53 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#197 オニイトマキエイ
a0013160_0185595.jpg
【和名】 オニイトマキエイ
【学名】 Manta birostris
【分類】 動物界 脊索動物門 軟骨魚綱 エイ目 トビエイ科
【体長】 250cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
体は縦扁し、横長の菱形。背面は黒色で、腹面は白色の地に不規則な黒斑が入る。体盤幅は体盤長の2倍。口の左右に前方へ突出する頭鰭がある。
【生態】
全世界の亜熱帯~熱帯域に分布。沿岸~外洋の表中層を泳ぐ。頭鰭を使い、口へ水を送りプランクトンを食べる。卵胎生。
【ひとこと】
ランゲルハンス島の海、一周年記念はマンタです。標準和名より、学名が有名な世界最大のエイ。餌を食べているときに広げている頭鰭は、移動中は外巻きに巻いて棒状になります。これが「イトマキ」という名前の由来です。お腹にある黒い模様は、1匹1匹すべて違い、一生変わらないので、個体識別に使われています。
上から見た姿。
色々なマンタの姿はこちらのログをどうぞ。動画もあります。
by diver813 | 2005-04-08 00:33 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)
#181 ミゾレチョウチョウウオ
a0013160_21580.jpg
【和名】 ミゾレチョウチョウウオ
【学名】 Chaetodon kleinii
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 13cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
形態に顕著な特徴はない。体の後半は黄色く、前半は白い。頭部に眼を横切る黒色横帯が入り、その後方に不明瞭な暗色横帯が入る。背鰭と臀鰭の後端が白く縁取られる。
【生態】
千葉県以南、東アフリカ~ハワイ諸島のインド洋・太平洋、紅海に分布。潮通しのよい珊瑚礁域に生息。単独、ペア、群れ行動し、サンゴのポリプ、底生小動物、付着藻類を食べる。
【ひとこと】
夏には伊豆にも黒潮に乗って現れますが、冬を越すことができずに死んでしまいます。このような魚を死滅回遊魚と呼びます。夏場に、普段見かけない南の魚を見ると、ちょっと嬉しくなったりしますが、冬のことを考えると、かわいそうで、素直に喜べません。
by diver813 | 2005-02-25 02:02 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#177 ハダカハオコゼ
a0013160_0565422.jpg
【和名】 ハダカハオコゼ
【学名】 Tanianothus triacanthus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【体長】 10cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は強く側扁し、背鰭が大きい。鼻孔と眼の上に大きな皮弁があり、吻部、下顎、背鰭前部、側線部に小さな皮弁がある。体色は白色紫色黄色、桃色など様々。
【生態】
高知県以南の太平洋、インド洋の珊瑚礁外縁の浅場に生息する。珊瑚や岩の上や岩のくぼみなどに着底している。背鰭の棘に毒を持つ。表皮が剥がれ落ちる脱皮をする。
【ひとこと】
ハオコゼと言うだけあって、本当に薄っぺらく英語ではPaper fishと言います。じっとしているし、面白い姿をしているので、被写体として人気があります。ツマジロオコゼに似ていますが、ハダカハオコゼは体高が高く、背鰭の縁が滑らかではないので、見分けることができます。
by diver813 | 2005-02-16 01:22 | 海洋生物図鑑 | Comments(9)
#175 ナミダクロハギ
a0013160_1321195.jpg
【和名】 ナミダクロハギ
【学名】 Acanthurus japonicus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
体は円盤状で、強く側扁する。体は黒色で、胸鰭、臀鰭基部及び、尾柄部が黄色い。眼下部の白色斑は上顎に達する。
【生態】
奄美大島以南~台湾、西沙諸島に分布。珊瑚礁域の礁斜面や礁湖に生息する。単独で行動することが多く、藻類を食べる。
【ひとこと】
メガネクロハギとよく似ているので最近まで、一緒にされていました。メガネクロハギは眼の下の白斑が上顎まで達しないこと、尾柄に明瞭な黄色い縦線が入ることで、見分けることができます。また、分布域も違って、ナミダクロハギは奄美大島より南に生息しますが、メガネクロハギは高知県以南に生息します。
by diver813 | 2005-02-11 13:03 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)