The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:伊豆 ( 240 ) タグの人気記事
2008.11 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_236840.jpg
          脱ぎっぱなし?


Site 江之浦 ボート
Maximum Depth  23.7m
Water Temperature 21℃
Entry 11:15
Exit 11:56
Dive Time 48min.

2本目は宝探しイベントというわけでボート。
水中に隠されているゴルフボールを捜します。
でも、隠されている場所、わかりやすすぎ。
3分経たないうちに見つけてしまったので、あとは水中散歩。
普段来ない場所ですが、程よく大きな岩が転がり、生物豊かななかなか面白いポイントでした。
by diver813 | 2009-05-29 23:06 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2008.11 江之浦 The 1st Dive
a0013160_2131457.jpg
          食べちゃいたいくらいキュート


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  15.8m
Water Temperature 21℃
Entry 9:39
Exit 10:27
Dive Time 48min.

ダイバーのためのイベントがあったので、江之浦にやってきました。
インドカレー、イカの塩辛、カニ汁、サザエ・・・
いろいろ食べ放題。
もたもたしていると、人気メニューはなくなります。
なので、午前中に2本終わらせるべく、ちゃっちゃと潜りました。
ちゃっちゃと潜りましたが、水中での飲み物の飲み方の講習もきちんとやりました。
ボトルの中の飲み物と、口の中の空気を交換するのがポイントです。
ゼリー飲料などパックのものはもっと簡単。
あれ?水の中でも飲み食いだ。
by diver813 | 2009-05-27 21:31 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
#444 テッポウエビ
a0013160_1222835.jpg
【和名】 テッポウエビ
【学名】 Alpheus brevicristatus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テッポウエビ科
【体長】 5cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
通常第1脚の鋏脚は左右異形で、小さい鋏脚は細長く毛が生える。眼柄は短い。体色は灰褐色~緑褐色。
【生態】
東京湾~沖縄に分布。ペアで内湾の砂泥底に巣穴を掘り、スジハゼやイトヒキハゼなどと共生する。
【ひとこと】
ザ・テッポウエビです。鉄砲という名前は、鋏を使ってパチパチ音を鳴らすことに由来します。この破裂音はただ音を鳴らしているのではなく、衝撃波を発生させていて、餌を捕ったり身を守るため。その威力たるや、小魚が気絶するほど。ちなみに英明は"Pistol shrimp"。
by diver813 | 2009-05-26 01:23 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#442 フクロノリ
a0013160_0465034.jpg
【和名】 フクロノリ
【学名】 Colpomenia sinuosa
【分類】 植物界 褐藻植物門 褐藻綱 カヤモノリ目 カヤモノリ科
【直径】 10cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
体は袋状で中空。小さいものは球形に近いが、成長とともに不規則な形になる。体色は淡緑褐色。
【生態】
日本各地に分布。潮間帯下部~潮下帯に生息し、岩の上に付着する。胞子体と配偶体世代の世代交代を行う。
【ひとこと】
日本各地の海岸でよく見かける海藻。シュークリームのような外観から、やわらかそうに見えますが、触ってみると予想以上にしっかりしています。ネバリモに似ていますが、本種のほうが硬く中空であること、ねばねばしないことで区別できます。
by diver813 | 2009-05-18 00:47 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2008.10 岩地 The 1st Dive
a0013160_1173120.jpg
          にょーん


Site 岩地 ビーチ
Maximum Depth  15.2m
Water Temperature 23℃
Entry 14:23
Exit 15:14
Dive Time 51min.

少し遠出して、1泊2日で岩地へ行ってきました。
堤防から潜ろうとしていたら、ちゃんと漁協に許可をもらったのに、
「ここは禁漁区だぞ!バカ!」
と漁師にどなられました。
っていうか禁漁区っていきなり泥棒扱いですか?
外海は微妙でしたが内海は透明度も良く、魚も多くなかなか楽しめました。
それよりも、夜のビーチパーティーが楽しかったです。

a0013160_1175018.jpg
綺麗な海
by diver813 | 2009-04-20 01:18 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2008.10 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_2282949.jpg
          刺シテヤロウカ


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  16.4m
Water Temperature 22℃
Entry 10:21
Exit 11:09
Dive Time 48min.

2本目はスクーターは一台に3人乗りという無謀にチャレンジ。
通常、運転者のフィンを掴む方法をとるのですが、
「カレントフックを運転手のタンクにかける」
という方法なら、さらにスクーターから出る水流を邪魔しないのではないか?とためしてみました。
結果、「タンクが引っ張られる」→「後ろの人に対して体が上を向いてしまう」→「同じところをぐるぐる回る」ということになり、大失敗。
結局普通の乗り方にしたのですが、強力な推進力で引っ張られつつ、姿勢を無理やり押さえ込んだりしていたので、腕がパンパンになりました。
みなさん、水中スクーターを使うときは、一人一台、使い方を守って使いましょう。
by diver813 | 2009-03-22 22:08 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2008.10 江之浦 The 1st Dive
a0013160_22483192.jpg
          十字懸垂?


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  14.3m
Water Temperature 22℃
Entry 8:21
Exit 9:15
Dive Time 54min.

江之浦に水中スクーターを持ち込み、いつもよりちょっと遠出をしようということになりました。
1本目は調子の悪い水中スクーターのテスト。
バッテリーが弱っているのが原因か、あまりスピードは出ませんでした。
とは言っても、普通に泳ぐよりかなり速いスピードが出ます(動画)
面白がって遊んでいるうちに電池が切れ、そこからはいつもの江之浦散策。
岩の下に手を伸ばして、隠れてれているイザリウオを無理やり激写したりしていました。

a0013160_22484552.jpg
隠れているイザリウオ
by diver813 | 2009-03-17 22:50 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2008.10 酒匂川 The 1st Dive
a0013160_0481658.jpg
          釣り人に声をかけられます


Site 酒匂川 河口
Maximum Depth  4.9m
Water Temperature 22℃
Entry 21:04
Exit 21:53
Dive Time 49min.

満月の夜だったので、久しぶりに、普通の人が潜らないところに潜ってみました。
この時期、産卵のために川を下ってくる生き物目当てです。
数年前来た時は、ヒラメやコチが目立つ場所だったのですが、今回はなぜかタコだらけ
河口まで行っても、お目当ての生き物には会えませんでした。
そして、特製の機材を落としてしまいました。
一応探しましたが、夜だとさすがに見つかりません。

a0013160_0483782.jpg
タコ
by diver813 | 2009-03-03 00:49 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
#436 ヒメイソギンチャク
a0013160_050518.jpg
【和名】 ヒメイソギンチャク
【学名】 Anthopleura asiatica
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イソギンチャク目 ウメボシイソギンチャク科
【直径】 2cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
体壁はなめらかで、上端は襟状。触手の数は約150本で先細る。色彩には変異があるが、淡緑褐色の個体が多く、体壁に褐色点が縦に並ぶ。
【生態】
本州中部~九州に分布。岩礁域の潮間帯付近に生息する。縦分裂による無性生殖を行い、分裂を繰り返し群れを作る場合がある。
【ひとこと】
イソギンチャクの仲間は受精を伴わない、単独で新しい個体を作る無性生殖(分裂)を行う(クローンを作る)種類が多いのですが、ヒメイソギンチャクは縦に裂けて分裂する最も多くみられる分裂を行います。イソギンチャクの仲間の分裂の方法は他に、横方向に真っ二つになる「横分裂」、体の表面から芽のようなものができて分裂する「出芽」や、足の一部がちぎれて新しい個体になる「足盤裂片法」などがあります。
by diver813 | 2008-12-04 00:58 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2008.09 安良里 The 2nd Dive
a0013160_0225245.jpg

          ねむねむ


Site 安良里 黄金崎
Maximum Depth  17.7m
Water Temperature 26℃
Entry 12:52
Exit 13:44
Dive Time 52min.

2本目はエントリーポイントから左に進み、ウデフリツノザヤウミウシとイザリウオ探し。
一番簡単に見つかったのが一番小さかったイザリウオ
ウデフリツノザヤウミウシは聞いていたサイズより随分大きかったので、かえって見つかりませんでした。
そして、一番大きかったイザリウオは、岩の割れ目の奥の奥で擬態でいたので、かなり見つけるのが難しかった。
やっぱり見つけやすさって、大きさよりも擬態の度合いですね。

a0013160_0232777.jpg
小さいイザリウオ



a0013160_024294.jpg
ウデフリツノザヤウミウシ



a0013160_0243539.jpg
大きいイザリウオ
by diver813 | 2008-11-12 00:26 | Diving Log | Trackback | Comments(2)