The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:伊豆 ( 239 ) タグの人気記事
2009.08 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_014468.jpg
          魚影の濃さはあいかわらず


Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  21.6m
Water Temperature 20℃
Entry 11:13
Exit 11:58
Dive Time 45min.

恒例の花火大会ダイビング。
大人数なので、今年もガイドをすることに。
なぜか「イセエビが見たい」という話になったので、岩穴に頭を突っ込みまくりのダイビング。
そしたら、いつもは見かけないイタチウオを発見
しかし穴の奥の奥だったので、なんとか写真に写った程度でした。

a0013160_024357.jpg
イタチウオ
by diver813 | 2009-10-04 23:59 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2009.08 安良里 The 2nd Dive
a0013160_03859100.jpg
          ハナタツはかくれている


Site 安良里 黄金崎
Maximum Depth  18.0m
Water Temperature 21℃
Entry 12:30
Exit 13:19
Dive Time 49min.

2本目は1本目の反省を活かして、間違わないよう、大岩目指して一直線。
今度はちゃんと辿りつけました。
でも辿りついただけでは意味はありません。
そこに隠れ住む生き物を見つけなければ、ただの岩なので。
岩にかじりついて探すこと数分。
ハナタツを発見。
しかし、シャイで後ろを向いてばかりで、なかなかカメラに目を向けてくれませんでした。
次にイボイソバナガニを探しましたが、こちらは宿主が明快なのですぐ見つかりました
その後は砂地を散策。
タンクの許す限り、いろいろな生き物を追いかけまわしました。


a0013160_0391553.jpg
イボイソバナガニ
by diver813 | 2009-09-28 00:40 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
2009.08 安良里 The 1st Dive
a0013160_23502210.jpg
          ゆらめく海の地図Lv.87を手に入れた


Site 安良里 黄金崎
Maximum Depth  18.3m
Water Temperature 20℃
Entry 10:28
Exit 11:19
Dive Time 51min.

ビーチポイントを売りにしているサービスでは、毎朝先に現地調査をしてくれていて、どこに何がいるかの地図を作ってくれています。
その情報を元に潜るのですが、似たような目標物があって勘違いしたり、目標物を見落としたり、ひとつ間違えると、見当はずれのところで宝探しをすることになります。
今回はまさにそのパターン。
どこで間違えたか、いつもすんなり辿り付ける目標の大岩が全く見当たらず、結局見つけたのは青宝箱ひとつでした。

a0013160_23511048.jpg
青宝箱
by diver813 | 2009-08-23 23:51 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
#452 サメハダオウギガニ
a0013160_23114710.jpg

【和名】 サメハダオウギガニ
【学名】 Actaea semblatae
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 オウギガニ科
【甲幅】 0.5cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
口は四角形で、甲及び鋏脚、歩脚に顆粒が密布する。体色は変異に富み、赤色~茶色まで様々で、脚のみ白い個体も見られる。
【生態】
房総半島、富山湾以南の太平洋・東シナ海・インド洋・紅海・アフリカ東岸に分布。岩礁域や珊瑚礁域の転石の下に隠れる。
【ひとこと】
潮間帯付近でも多く見られますが、水深300m程度でも確認されている、汎用性の高い?カニ。何もしないと出会うことはできませんが、石をひっくり返すと出会う確立はぐっと上がります。名前の通り鮫肌。
by diver813 | 2009-08-18 23:12 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2009.06 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_2321273.jpg
          何かが入っていることはわかるけど


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  14.9m
Water Temperature 20℃
Entry 11:03
Exit 12:00
Dive Time 57min.

2本目はちゃんとアオリイカを見ることができました。
オトナが見れたら今度は子供を見たい!
ということで、卵塊を観察。
見たところ、ハッチアウトはまだ先のようなので、透視をしようといろいろやってみました。
しかしながら透明な卵塊の中身はただの玉、イカの形になっている卵塊には藻がついていて、うまく透視することができませんでした。
by diver813 | 2009-08-17 23:22 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2009.06 福浦 The 2nd Dive
a0013160_1243782.jpg
          ウツボの眼には宇宙がありました


Site 福浦 ビーチ
Maximum Depth  12.8m
Water Temperature 19℃
Entry 12:07
Exit 13:07
Dive Time 60min.

午前中にひきつづき、クローズアップレンズの練習。
寄れそうな生き物にはどんどん寄って激写。
小さい生き物に限らず、大きい生き物も部分的なドアップを撮影していました。
アップで撮ると、新しい発見がいっぱい。
うつぼの眼なんか、中に星が入ってみました。
拡大してみてください。
それにしても、ストロボの加減が難しい。
by diver813 | 2009-07-13 01:25 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
2009.06 福浦 The 1st Dive
a0013160_162075.jpg
          何とか使いこなせそうです


Site 福浦 ビーチ
Maximum Depth  8.2m
Water Temperature 19℃
Entry 10:06
Exit 11:01
Dive Time 55min.

新装備「クローズアップレンズ」のテストに福浦へやってきました。
座間味で小さなウミウシを追っかけているうちに、ノーマルの装備では物足りなくなって、C-770では使いこなせなかったPCU-01が使えるように、アダプターを入手したのです。
今回は陸上でアリを相手に模擬戦を重ねた上での実戦投入。
最初の獲物はヨウジウオ。
訓練の成果か、運が良かったのか、初弾は外したものの第二射はなんとか眼にピントを合わせることができました。
18×ズームと6×クローズアップレンズの組み合わせ、許容範囲はとっても、とっても狭いのですが、うまく使えば、mmサイズの生物も、はっきり写すことができそうです。
by diver813 | 2009-07-02 01:07 | Diving Log | Trackback | Comments(6)
#448 ニホンアワサンゴ
a0013160_2355081.jpg
【和名】 ニホンアワサンゴ
【学名】 Alveopora japonica
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 ハマサンゴ科
【個体直径】 4mm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
10cm程度の塊状群体を形成するハードコーラル。表面はなめらかで莢は多角形。ポリプの触手は12本で先端は白色。
【生態】
千葉県~種子島の太平洋岸、及び島根県沖に分布。岩礁域の岩に着生する。昼間ポリプを開き、共生藻から栄養を得る。
【ひとこと】
先端が真っ白な触手を開く様子は可憐で、まるでマーガレットの花束のよう。このポリプが開いているのは昼間だけ。夜はポリプが引っ込んでしまい、ただの灰色の岩になってしまいます。観賞用としての人気の高いサンゴです。
by diver813 | 2009-06-10 23:55 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2009.04 江之浦 The 1st Dive
a0013160_23485910.jpg
          ちっちゃい!


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  14.6m
Water Temperature 15℃
Entry 8:48
Exit 9:26
Dive Time 38min.

5ヶ月ぶりのダイビング。
こんなにブランクがあるのは、結構久しぶり。
忙しかった・・・ということにしておきましょう。
で、2009年最初のダイビングは春の海。
ちょっと前に流行った?ダンゴウオ目当てです。
実は個人的には初ダンゴウオ。
いる場所を教えてもらったので、何とか見つけることができましたが、ちっちゃい!
見つけて目印を付けた人、本気で尊敬です。
丸く小さな体に大きな口、可愛い要素満載ですが、遊泳力なさそうだし、防御力もなさそう。
なんでこんな生物が生き残っていられるのか?
自然ってわからないことだらけです。
by diver813 | 2009-05-30 23:49 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2008.11 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_236840.jpg
          脱ぎっぱなし?


Site 江之浦 ボート
Maximum Depth  23.7m
Water Temperature 21℃
Entry 11:15
Exit 11:56
Dive Time 48min.

2本目は宝探しイベントというわけでボート。
水中に隠されているゴルフボールを捜します。
でも、隠されている場所、わかりやすすぎ。
3分経たないうちに見つけてしまったので、あとは水中散歩。
普段来ない場所ですが、程よく大きな岩が転がり、生物豊かななかなか面白いポイントでした。
by diver813 | 2009-05-29 23:06 | Diving Log | Trackback | Comments(0)