The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:伊豆 ( 240 ) タグの人気記事
#048 ホンダワラの一種
a0013160_112928.jpg
【和名】 ホンダワラの一種
【学名】 Sargassum sp.
【分類】 植物界 褐藻植物門 褐藻綱 ヒビマタ目 ホンダワラ科
【高さ】 150cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
葉は細長いヘラ状で、縁は不規則な鋸歯型。茎と枝はねじれ、枝は三角や四角の筒状。気泡は卵型。
【生態】
宮城~九州の太平洋岸、新潟県以西の日本海岸に分布。岩礁域の漸深帯に生息。多数の気泡により浮力をつけ立ち上がる。雌雄異株。
【ひとこと】
珊瑚も海のゆりかごですが、ホンダワラ類がつくるガラ藻場も、生物生産性が高い重要な場所。流れ藻としてもよく見かけます。古名を莫告藻(なのりそ)と言って、万葉集をはじめ、多くの恋の歌に登場してます。新芽は食用、旬の季節は春。㌔500円。
by diver813 | 2004-06-09 21:30 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
#047 ヒメジ
a0013160_134625.jpg
【和名】 ヒメジ
【学名】 Upeneus japonicus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ヒメジ科
【体長】 15cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体は紡錘形で、下あごから黄色い髭が2本伸びる。赤い斑模様があり、昼は体色が薄く、夜間は濃い。
【生態】
日本各地、200m以浅の砂泥底に生息。下顎ににある一対の髭には味蕾があり、これで砂中の餌を探す。
【ひとこと】
ハワイでは昔フラダンスの儀式やカヌーの進水式に、ヒメジを生贄としてささげる風習があったそうです。そのためか、髭がヤギに似てるからか、英語では「Goatfish」と呼ばれているらしい。日本では「キンタロウ」「ヤヒコサン」「ベニサシ」など色々な呼び方があって、地元では干物や天ぷらなどの食用になっているけど、市場にはあまり出回らない。
by diver813 | 2004-06-08 23:47 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#046 アカヒトデ
a0013160_13350.jpg
【和名】 アカヒトデ
【学名】 Certonardoa semiregularis
【分類】 動物界 棘皮動物門 海星綱 アカヒトデ目 アカヒトデ科
【直径】 20cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
体色は赤で裏側の管足周辺は黄色。表皮は硬くうろこ状。腕は5本で先細りする。
【生態】
鹿島灘以南の浅海に生息。主に貝類を食べ、アワビの稚貝などを好む。アカヒトデヤドリニナという巻貝が寄生し、寄生個所が瘤状に膨らんでいることがある。
【ひとこと】
瘤がある個体を見たときに、体の中に巻貝が入っていると思うと、ちょっと怖い。ヒトデは捕食する時に、胃袋を反転させて、口から出し、丸々包み込んでしまう。胃癌も簡単に手術できそう。
by diver813 | 2004-06-07 22:36 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#045 オハグロベラ
a0013160_14436.jpg
【和名】 オハグロベラ
【学名】 Pteragogus flagelifera
【体長】 20cm
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ベラ科
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
雄は紫がかった褐色で、雌は赤みが強い。雄は背鰭の前2棘が長く伸び、繁殖期には黒い鱗に、黄色の縁取りが入る婚姻色となる。
【生態】
房総半島以南の西部太平洋、インド洋の岩礁域、10m以浅に生息。縄張り意識が強く、雄同士は噛み付きによる争いをする。雌から雄への性転換が行われる。肉食。
【ひとこと】
繁殖期になると、多くの雄が集まるレックという産卵場所をつくって、メスを奪い合いますが、2~3匹の雄でレック内の85%以上の雌を支配しているそうです。厳しい社会だなぁ。アカエソ・カサゴなどが天敵。
by diver813 | 2004-06-04 09:44 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#044 サザエ
a0013160_201820.jpg
【和名】 サザエ
【学名】 Batillus cornutus
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 古腹足目 サザエ科
【殻高/殻径】 10cm/8cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
殻は円錐形で堅く、白色、褐色、緑色が混じる。殻口は白く厚い蓋で閉じられる。穴の空いた管状の棘がある有棘型と、棘のない無棘型がある。
【生態】
北海道南部~九州、韓国、中国の岩礁帯、20m以浅に生息。有棘型は流れの強い場所に多く、無棘型は穏やかな場所に多い。夜行性で、昼は岩陰に隠れ、夜間に大型海藻を食べる。
【ひとこと】
食べるのが紅藻類だと濃い褐色、褐藻類や緑藻類だと白っぽい殻になるらしい。身は硬いので、刺身で食べるときは薄切りに。普通のつぼ焼きもいいけど、刻んだ身を殻に戻し、おろし大蒜、パン粉をのせ、塩胡椒で味付けし、オーブンで焼くのも美味しい。蓋の渦巻きがかわいい。
by diver813 | 2004-06-03 23:19 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#043 トラウツボ
a0013160_111859.jpg
【和名】 トラウツボ
【学名】 Muraena pardalis
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 ウナギ目 ウツボ科
【体長】 90cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
体は長く、赤褐色の地に、多数の白斑が入る。顎は湾曲し、閉じることができない。管状の後鼻孔が激しく突出する。
【生態】
房総半島以南の西部太平洋、インド洋の岩礁域や転石帯に生息。夜行性であり、昼間は岩穴や、割れ目、サンゴの下などに隠れている。
【ひとこと】
ウツボのなかでも、トラウツボはかなり歌舞いてて好き。鼻も角のようだし。歯は鋭いけど、結構弱虫。ウツボというと「危険」とか「怖い」という印象があるみたいですが、よっぽどイジメない限り噛まれることはほとんどありません。噛まれたところで毒もないし安心。何もしないで噛まれたという人は1人しか知りません。
すごい顔というコメントが多いので、本当にすごい顔にしてみました。
怪獣顔
by diver813 | 2004-06-02 11:20 | 海洋生物図鑑 | Comments(14)
2004.05 I.O.P. The 2nd Dive
a0013160_163551.jpg
          海の中に木があると何か変


Site 伊豆海洋公園
Maximum Depth  20.1m
Water Temperature 17℃
Entry 14:17
Exit 15:06
Dive Time 49min.

2本目は1本目より北寄りに進んで、帰りは南に上がってくる、ちょっと長く泳ぐコース。その目的はタツノイトコと小物甲殻類。本当は木を沈めて作ってある、アオリイカの産卵床に産み付けられた卵を見たかったんだけど、産み付けられえている産卵床までは行けませんでした。残念。
一本目でフィンが壊れたので、借りモノのフィン(Sサイズ)で泳いでたら、久々に足がつった。
by diver813 | 2004-06-01 16:37 | Diving Log | Trackback | Comments(1)
#042 ヤイトサラサエビ
a0013160_135552.jpg
【和名】 ヤイトサラサエビ
【学名】 Rhynchocinetes conspiciocellus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 サラサエビ科
【体長】 4cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
額角と頭胸甲の間に関節を持つ。透明な体に、赤褐色の入り組んだ縞模様や、白斑が入る。第三腹節の背部が著しく盛り上がり、頂上に黒い円斑がある。
【生態】
房総半島以南の西部太平洋、岩礁域に生息する。夜行性であり、昼間は岩陰で群れている。
【ひとこと】
「やいと」とは関西地方でお灸を意味するそうで、背中の黒斑がその名の由来らしい。手を近づけて、しばらくじっとしていると、足でツンツンしてきます。
by diver813 | 2004-06-01 08:53 | 海洋生物図鑑 | Comments(10)
2004.05 I.O.P. The 1st Dive
a0013160_151014.jpg
          左足がつかれた


Site 伊豆海洋公園
Maximum Depth  20.8m
Water Temperature 17℃
Entry 11:31
Exit 12:18
Dive Time 47min.

エントリーをすると、水中はカジメ、ホンダワラなどの海藻の森。そこをぬけて、沖へ進むと砂地が広がっている。砂地に設置されたアオリイカの産卵床をまわったり、砂に潜む生き物を探したりしていたら、急に右足に「ぶつん」という感覚が・・・。見るとフィンの金具がなくなっている。結局後半はずっと左足だけで、壊れたフィンを抱えて泳いでいた。それでも写真は撮ったけど。
by diver813 | 2004-05-31 10:20 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
#041 ヒラメ(幼魚)
a0013160_122218.jpg
【和名】 ヒラメ(幼魚)
【学名】 Paralichthys olivaceus (yg)
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カレイ目 ヒラメ科
【体長】 5cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体は扁平で、両眼は体の左側に寄る。体色は周囲の環境に合わせ変化する。口は著しく大きく、目の後縁下部近くまで開き、するどい歯を持つ。
【生態】
沖縄を除く日本沿岸、千島列島、朝鮮半島、中国の西部太平洋、水深10m~200mに生息。幼魚は甲殻類や小型魚類、多足類を捕食するが、成魚は大型の魚類を捕食する。
【ひとこと】
どこにいるかわかるかな?縁側付近に水玉模様が並んでいるのと、尻尾が見えれば正解。ちなみにヒラメは裏側が真っ白のものが純天然モノ。黒い染みが入っているものは放流モノか養殖モノらしい。子供の頃に食べた餌の違いが原因だそうです。
by diver813 | 2004-05-31 09:23 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)