The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:伊豆 ( 240 ) タグの人気記事
#490 フタエオオギ
a0013160_18160536.jpg
【和名】 フタエオオギ
【英名】 N/A
【学名】 Distromium decumbens
【分類】 植物界 褐藻植物門 褐藻綱 アミジグサ目 アミジグサ科
【直径】 4cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体は扇形で縁は巻かない。体の上面は平坦で、下面には毛が生える。藻体は幾重にも重なり生える。体の断面は2層の細胞からなる。体色は褐色で、青紫色に蛍光発光する。
【生態】
日本中南部に分布。やや水深が深い岩礁域に生息し、岩の陰に付着する。
【ひとこと】
体が2層構造のため「フタエ」。水中で見ると、シャボン玉の表面のように虹色に蛍光を放っています。個人的な推測ですが、少し深く陰った光の少ない場所に生息するため、紫外線を蛍光発光させ可視光線に変えることで、光合成に利用しているのではないでしょうか。

by diver813 | 2017-07-16 18:19 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2012.02 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_08183455.jpg
          キタマクラの枕はどれだ?

Site 伊豆山 沖根
Maximum Depth  21.3m
Water Temperature 13℃
Entry 12:15
Exit 12:55
Dive Time 40min.
Dive Time 40min.
とある器材が故障し、原始的な器材で代用することに。
でも、意外と不便はしませんでした。

by diver813 | 2017-06-27 08:21 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2011.10 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_15441179.jpg
          ぼー

Site 伊豆山 沖根南
Maximum Depth  20.1m
Water Temperature 23℃
Entry 12:56
Exit 13:37
Dive Time 41min.

二本目は沖根の南へ。ソフトコーラルのお花畑、砂地、岩場とそれぞれ違う生物相を堪能しました。
by diver813 | 2017-06-17 15:48 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#486 ハナタテサンゴ
a0013160_23573714.jpg
【和名】 ハナタテサンゴ
【英名】 N/A
【学名】 Balanophyllia ponderosa
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 キサンゴ科
【触手環直径】 5cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
単体性で体は円筒形。触手は触手環辺縁に二重で並び先細る。体色は橙色、触手は透明で黄色の刺胞細胞が透けて見える。
【生態】
本州中部以南の西部太平洋に分布。50m以浅の岩礁域・珊瑚礁域に生息する。単体で生息し共生藻を持たない非造礁性。
【ひとこと】
透明な触手に散らばる黄色い刺胞、その先に透けて見えるオレンジ色の体がとてもきれいなイソギンチャクのようなサンゴ。イソギンチャクっぽいですが固着して移動しないためサンゴだと言えばわかりやすいでしょうか?姿が美しいため観賞用として1,000円~3,000円で流通しています。

by diver813 | 2017-06-14 23:59 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2011.10 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_00374281.jpg
          捕まったーっ

Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  21.0m
Water Temperature 23℃
Entry 10:47
Exit 11:27
Dive Time 40min.

おいしそうな生き物が盛りだくさんの伊豆山。海中では仕掛けられている刺し網を見物。自分たちが食べているものが、実際に漁獲されるところを見るのはなかなか面白い体験です

a0013160_00374225.jpg

刺し網
by diver813 | 2017-06-13 00:47 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#478 スカシカシパン
a0013160_09310722.jpg
【和名】 スカシカシパン
【英名】 Sand dollar
【学名】 Astriclypeus manni
【分類】 動物界 棘皮動物門 海胆綱 タコノマクラ目 スカシカシパン科
【殻径】 12cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
殻は円盤状で扁平、五放射対称で花紋の延長上に細長い穴が開く。背面は褐色で、花紋中央部と穴の周囲、腹面は淡色。
【生態】
相模湾~奄美大島、小笠原諸島に分布。砂泥底に生息し海底に半ば埋もれて生活し、砂中の有機物を食べる。
【ひとこと】
平たくて棘も見えませんがウニの仲間です。砂浜に打ち上げられ殻を見かけますが、穴がありもろいので大体割れてしまっています。穴は水を通すためとか、餌をスムースに腹面へ運ぶためとか仮説がありますが、明確な原因はまだ突き止められていないようです。

a0013160_09310669.jpg
裏側
by diver813 | 2017-05-25 09:35 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2011.08 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_14235481.jpg
          んあ?

Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  20.7m
Water Temperature 21℃
Entry 12:26
Exit 13:08
Dive Time 43min.

1本目につづき、2本目も沖根。潜りつくし。
12人に加え、別のチームも潜っていて、魚影が濃い伊豆山ですが、ヒトの群れが一番濃かったかも。
by diver813 | 2017-05-20 14:26 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2011.08 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_20081738.jpg
          でっぷり

Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  20.1m
Water Temperature 20℃
Entry 10:17
Exit 10:57
Dive Time 40min.

熱海の花火大会の日、12人の大所帯でダイビング。
みんなでわいわいダイナミックな海を楽しみました。
by diver813 | 2017-05-17 20:09 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2011.07 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_23004925.jpg
          ここは一車線だぞ

Site 伊豆山 沖根
Maximum Depth  21.0m
Water Temperature 23℃
Entry 12:26
Exit 13:09
Dive Time 43min.

大渋滞で1本目に間に合わず、2本目だけの参戦。
さらに水中でポジションを見失い、船をまわしずらい場所へ浮上。
いろいろ迷惑をかけてしまったダイビングでした。

by diver813 | 2017-05-16 23:01 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2011.05 熱海 The 2nd Dive
a0013160_00543621.jpg
          む。

Site 熱海 沈船
Maximum Depth  30.1m
Water Temperature 14℃
Entry 12:31
Exit 13:05
Dive Time 34min.

有名な沈没船を探検。1986年に沈んだ「旭16号」は、今はソフトコーラルに包まれ、魚の棲家となっています。
「おばけが出る」なんて噂もありますが、残念ながら出会うことも写真に収めることもできませんでした。

by diver813 | 2017-05-16 00:55 | Diving Log | Trackback | Comments(0)