The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:伊豆 ( 220 ) タグの人気記事
2010.08 石橋 The 2nd Dive
a0013160_23423712.jpg
          冷たい水は目が覚める。


Site 石橋 ビーチ
Maximum Depth  16.4m
Water Temperature 25℃
Entry 10:19
Exit 11:08
Dive Time 51min.

深いところと浅いところ、少し深度が違うだけで、ずいぶん水温がかわります。
1本目は20m20度ですが、2本目は16m25度。
暖かい水と冷たい水との境目の「サーモクライン」を抜けるときは、ちょっとだけ勇気が必要です。
by diver813 | 2011-09-19 23:42 | Diving Log
2010.08 石橋 The 1st Dive
a0013160_23362847.jpg
          おいしい物には棘がある。


Site 石橋 ビーチ
Maximum Depth  20.1m
Water Temperature 20℃
Entry 8:42
Exit 9:24
Dive Time 42min.

夏の伊豆の朝イチダイビング。
おいしそうな生き物がたくさんいました。
by diver813 | 2011-09-19 23:37 | Diving Log
2010.05 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_23584045.jpg
          小さいからカワイイのではなく、カワイクて小さいのです。


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  14.6m
Water Temperature 17℃
Entry 11:08
Exit 12:03
Dive Time 55min.

春の海と言えば、ダンゴウオ。
ダンゴウオ、少し大きくなってきている時期ですが、それでもミリ単位。
しかもカモフラージュしているクセモノ。
現地で居場所情報を入手して、「いる」はずのせいぜいA4ほどの海藻をくまなくサーチ。
いないなぁ・・・と、ふと目を逸らしたら、隣の海藻に乗っかっていました。
by diver813 | 2011-03-24 00:00 | Diving Log
2010.05 江之浦 The 1st Dive
a0013160_1325787.jpg
          パンダ?


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  14.6m
Water Temperature 17℃
Entry 9:40
Exit 10:39
Dive Time 59min.

春の伊豆の海、小さい命がそこかしこに。
そして、このダイビングから新兵器「ハイスピードカメラ」を導入。
スローモーションで見る海の生き物は新たな発見ばかり。
水温は高くありませんでしたが、可愛い生き物を探したり、ハイスピードムービーを撮っていたら、寒さなど忘れていました。


動画 メバルの捕食(ハイスピードムービー210fps)
by diver813 | 2011-03-18 01:39 | Diving Log
2010.03 熱海 The 2nd Dive
a0013160_0352414.jpg
          水没は寒くて涙が出るよね


Site 熱海 ソウダイ根
Maximum Depth  28.8m
Water Temperature 14℃
Entry 12:50
Exit 13:20
Dive Time 30min.

2本目、ガムテープで補修したドライスーツで再チャレンジ。
寒いのは気のせいか・・・
と、疑いながら潜っていたら、ダイビングの記憶もなく、撮った写真も数枚。
結局ドライスーツを脱いでみたら、たんまり水没してました。
さて、10年使ったドライスーツ、修理を試みるか、それとも引退させてやるべきか・・・・
by diver813 | 2010-09-28 00:35 | Diving Log
2010.03 熱海 The 1st Dive
a0013160_0363271.jpg
          だいぶ朽ちてきた


Site 熱海 沈船~ヒタガ根
Maximum Depth  28.6m
Water Temperature 14℃
Entry 9:38
Exit 10:28
Dive Time 30min.

久しぶりに熱海の沈船。
台風やらなんやらで、外壁が剥がれたり、ずいぶんと様子が変わっていました。
久しぶりにドライスーツ。
ちょろり、ちょろりと伝わる冷たさにいやな予感を感じました。
案の定寒くなって30分で浮上。
上がってみたら、やはりピンホールから水没。
さすがに15年も着ているとガタがくるようです。

a0013160_036581.jpg
お花みたいだけど動物
by diver813 | 2010-09-14 00:41 | Diving Log
2009.10 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_2375190.jpg
          ZZZ


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  15.2m
Water Temperature 22℃
Entry 11:00
Exit 11:41
Dive Time 41min.

2本目はのんびりビーチダイビング。
岩を裏返していろいろ探していたら、コウイカの仲間やら、産卵しているホシキヌタガイに出会えました。
それにしても、イカの色って見事に変わるもんですね。


動画
手ブレひどくてごめんなさい。

a0013160_23102468.jpg




a0013160_23105426.jpg




a0013160_23112360.jpg

by diver813 | 2010-08-25 23:15 | Diving Log
2009.10 江之浦 The 1st Dive
a0013160_23324729.jpg
          夫婦?


Site 江之浦 青壁
Maximum Depth  26.4m
Water Temperature 22℃
Entry 9:20
Exit 9:50
Dive Time 30min.

江之浦のダイバーズデイ。
いつもはビーチですが、今日はボートダイビング。
テングダイなども出てきたりで、ビーチとはやはり全然違います。
でも、せっかくのボートだったのに、透明度が少し残念でした。
by diver813 | 2010-07-26 23:32 | Diving Log
#047 ヒメジ(追記)

【和名】 ヒメジ
【学名】 Upeneus japonicus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ヒメジ科
【体長】 15cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
体は紡錘形で、下あごから黄色い髭が2本伸びる。赤い斑模様があり、昼は体色が薄く、夜間は濃い。
【生態】
日本各地、200m以浅の砂泥底に生息。下顎ににある一対の髭には味蕾があり、これで砂中の餌を探す。
【ひとこと】
せっせとヒゲを交互に動かして、えさを探している様子がわかります。どうやらヒゲでえさを探す前に、口から水を吐き出して、砂を巻き上げているようにも見えます。ゆったりと泳ぐときは胸鰭を主に使っていますね。

#047 ヒメジ
by diver813 | 2010-05-14 01:41 | 海洋生物図鑑(追記)
#061 キタマクラ(追記)

【和名】 キタマクラ
【学名】 Canthigaster rivulata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 フグ科
【体長】 12cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
背側が茶色で、腹側が白く、側面に2本の黒縦帯が入る。眼が瑠璃色に光る。雄は繁殖期に、青い網目模様の婚姻色が出る。
【生態】
房総半島以南の西部太平洋、インド洋の水深100m以浅に分布。岩礁やサンゴ礁に生息する。 雑食性で、海藻、貝、甲殻類などを食べる。皮膚に強い毒を持ち、肝臓と腸にも毒がある。身と卵巣は無毒。
【ひとこと】
以前紹介した生物も、もっとわかりやすい写真が撮れたり、ハイスピードムービーが撮れたりできるようになったので、追記という形で紹介することにしてみました。こうしてハイスピードムービーで見てみると、キタマクラは尾びれは使わず、胸鰭・背鰭・臀鰭で泳いでいることがよくわかります。

#061 キタマクラ
by diver813 | 2010-05-03 20:16 | 海洋生物図鑑(追記)