The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:七ツ根 ( 8 ) タグの人気記事
2012.07 奄美 The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_14273545.jpg
          きもちいい

Site 奄美 七ツ根
Maximum Depth  22.2m
Water Temperature 28℃
Entry 14:25
Exit 15:01
Dive Time 36min.

太平洋側へまわって七ツ根。
七ツ根にしては濁りがありましたが、それでもこの透明度。
熱い夏に涼しげな水中を楽しみました。

by diver813 | 2017-07-23 14:28 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2009.09 奄美 The 7th day The 1st Dive
a0013160_0162934.jpg
          びっちり


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  23.4m
Water Temperature 28℃
Entry 9:46
Exit 10:26
Dive Time 37min.

最高の天気、最高の海。
こんな日は一本目から七ツ根。
気持ちよすぎて、おかしくなりそうでした。
by diver813 | 2010-06-03 00:16 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2008.04 Amami The 3nd day The 1st Dive
a0013160_0304898.jpg
          ストロボにも慣れてきたかな


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  23.9m
Water Temperature 22℃
Entry 10:14
Exit 10:44
Dive Time 30min.

大好きな七ツ根。満足な写真が撮れる、相性のいいポイント。
今回もストロボに慣れたせいか、七ツ根だからか、納得のいく写真がいくつか撮れました。
でも、調子に乗ってぱっきりウズマキとかアザハタのアップとか、カメラに夢中になっていたら、クリーニングに来て逆立ちで静止していたイソマグロというレアなシーンを見逃していたらしい。
う~ん、無念。

a0013160_0313629.jpg
ウズマキ



a0013160_0311561.jpg
アザハタ
by diver813 | 2008-05-14 00:35 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2007.09 Amami The 5th day The 2nd Dive
a0013160_2357349.jpg
          クルナヨ


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  22.2m
Water Temperature 28℃
Entry 14:29
Exit 15:05
Dive Time 36min.

やっと太平洋側に戻ってこれたところで、大好きな七つ根。
透き通った青い海、きれいな白い砂、やっぱり最高。
たくさんのハナミノカサゴアザハタスカシテンジクダイキンメモドキ
やっぱり奄美のダイビングはこうでなきゃ。
by diver813 | 2008-01-07 00:05 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2007.07 Amami The 3rd day The 3rd dive
a0013160_0202293.jpg
        しあげは おか~あさ~ん♪


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  22.3m
Water Temperature 27℃
Entry 14:49
Exit 15:25
Dive Time 35min.

3本目は初日透明度が悪かった七ツ根。
そこまで透明度がよかったわけではないし、またまたカメラが曇ったりしてしまいましたが、大好きなモンハナシャコに会えたり、いろんな生き物と遊んだりで、楽しいダイビングでした。
by diver813 | 2007-09-11 00:25 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
2007.07 Amami The 1st day The 2nd Dive
a0013160_20593267.jpg
          相変わらずの貫禄


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  22.4m
Water Temperature 27℃
Entry 15:47
Exit 16:21
Dive Time 34min.

初日2本目は大好きな七ツ根。
しかし、残念なことに透明度が悪く、七ツ根の美しい青は見れませんでした。
そして、なぜかそこかしこにミノカサゴ。
翌日以降、濁りがとれることを祈って後にしました。
by diver813 | 2007-08-17 20:59 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2006.08 Amami The 4th day The 2nd Dive
a0013160_2321838.jpg
          追い出されちゃったの?


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  22.4m
Water Temperature 29℃
Entry 12:40
Exit 13:17
Dive Time 37min.

2本目は前回その青さに感動した七ツ根。
水深20mにある根は生き物の宝庫。
そして広がる白い砂地。気持ちよすぎ。
相変わらず強面の根の主も健在。
同じ個体に再会するのって、なんか嬉しいよね。
by diver813 | 2006-09-28 23:23 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2005.09 Amami The 5th day The 1st Dive
a0013160_02178.jpg
          ゴルァ、何しに来やがった!


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  24.2m
Water Temperature 29℃
Entry 10:17
Exit 11:46
Dive Time 40min.

奄美北部の代表的なポイント。とにかく透明度がいい!
青が綺麗とさんざん騒いでいますが、ここの青が一番綺麗でした。
色がよい上に、砂地に点在する根には色んな魚が付いていて、被写体にも困りません。
Okiさん思う存分映像を撮っていました
オオセのかわいい顔撮れたし、大満足。
ただし、意外と水深が深いので、夢中になると、減圧停止をするはめになります。
by diver813 | 2005-10-08 00:20 | Diving Log | Trackback | Comments(6)