The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:ヨウジウオ ( 6 ) タグの人気記事
あけましておめでとうございます。
a0013160_19244860.jpg

本年もよろしくお願いいたします。
by diver813 | 2014-01-26 19:24
2009.09 奄美 The 1st day The 2nd Dive
a0013160_230563.jpg
          ヨウジ祭り


Site 奄美大島 石の浜
Maximum Depth  9.7m
Water Temperature 28℃
Entry 14:54
Exit 16:05
Dive Time 69min.

2本目は新ポイント開拓。
というわけで、今回も命名権をもらい、浅瀬に石を沈めて漁礁にしてあるポイントなので、
「石の浜」
と名づけました。
小物がわんさか、イソギンチャクも点在していて、各種クマノミも揃っていました。
なかなか使えそうなポイントです。
その証拠に今回3回もこのポイントに潜ることになるのですが、それはまた別のお話。
by diver813 | 2010-04-05 23:00 | Diving Log
2009.08 安良里 The 2nd Dive
a0013160_03859100.jpg
          ハナタツはかくれている


Site 安良里 黄金崎
Maximum Depth  18.0m
Water Temperature 21℃
Entry 12:30
Exit 13:19
Dive Time 49min.

2本目は1本目の反省を活かして、間違わないよう、大岩目指して一直線。
今度はちゃんと辿りつけました。
でも辿りついただけでは意味はありません。
そこに隠れ住む生き物を見つけなければ、ただの岩なので。
岩にかじりついて探すこと数分。
ハナタツを発見。
しかし、シャイで後ろを向いてばかりで、なかなかカメラに目を向けてくれませんでした。
次にイボイソバナガニを探しましたが、こちらは宿主が明快なのですぐ見つかりました
その後は砂地を散策。
タンクの許す限り、いろいろな生き物を追いかけまわしました。


a0013160_0391553.jpg
イボイソバナガニ
by diver813 | 2009-09-28 00:40 | Diving Log
2009.06 福浦 The 1st Dive
a0013160_162075.jpg
          何とか使いこなせそうです


Site 福浦 ビーチ
Maximum Depth  8.2m
Water Temperature 19℃
Entry 10:06
Exit 11:01
Dive Time 55min.

新装備「クローズアップレンズ」のテストに福浦へやってきました。
座間味で小さなウミウシを追っかけているうちに、ノーマルの装備では物足りなくなって、C-770では使いこなせなかったPCU-01が使えるように、アダプターを入手したのです。
今回は陸上でアリを相手に模擬戦を重ねた上での実戦投入。
最初の獲物はヨウジウオ。
訓練の成果か、運が良かったのか、初弾は外したものの第二射はなんとか眼にピントを合わせることができました。
18×ズームと6×クローズアップレンズの組み合わせ、許容範囲はとっても、とっても狭いのですが、うまく使えば、mmサイズの生物も、はっきり写すことができそうです。
by diver813 | 2009-07-02 01:07 | Diving Log
#417 イシヨウジ
a0013160_0141645.jpg

【和名】 イシヨウジ
【学名】 Corythoichthys haematopterus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 ヨウジウオ目 ヨウジウオ科
【体長】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
体は硬い体鱗で覆われ細長い。吻はやや細長く筒状で、頭長の約半分。体色は淡黄色~灰褐色で体側に黄色~橙色の網目模様と暗色斑が入る。
【生態】
本州中部以南の太平洋・インド洋に分布、珊瑚礁域の平坦な砂礫底に生息する。卵は雄が腹部で孵化するまで育てる。
【ひとこと】
クチナガイシヨウジとよく似ていますが、クチナガイシヨウジは吻がより長く、体側の模様が網目ではないことで区別することができます。タツノオトシゴなどのように育児嚢は発達せず、卵は体表に露出した状態で産み付けられます。
by diver813 | 2008-04-29 23:13 | 海洋生物図鑑
#123 オビイシヨウジ
a0013160_2127649.jpg
【和名】 オビイシヨウジ
【学名】 Corythoichthys amplexus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 ヨウジウオ目 ヨウジウオ科
【体長】 7cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は細長く、全身に11~14条入る赤褐色の横帯は、尾鰭近くで赤みを増す。目が大きく、細い吻は頭長の40%前後と、ヨウジウオ科の中ではやや短い。
【生態】
奄美大島以南の太平洋・インド洋に分布、穏やかな珊瑚礁域に生息する。光を嫌い、暗がりで単独、またはペアで行動することが多い。雄は育児嚢を持ち、卵が孵化するまで育てる。
【ひとこと】
暗がりが好きなので、他のイシヨウジより出会う機会が少ない臆病さんです。イシヨウジの仲間も、タツノオトシゴなどと同じように、雄のお腹にある袋で卵を守りますが、この育児嚢があまり発達していないので、生みつけられた卵は、ほとんど丸出しです。じっくり観察しようと捕まえたら、その刺激で、卵が孵化してしまったことがあります。わるいことをしました。
by diver813 | 2004-10-13 21:28 | 海洋生物図鑑