The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:ホヤ ( 8 ) タグの人気記事
2011.04 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_21345452.jpg
          なぜパンダ模様?

Site 江之浦ビーチ
Maximum Depth  15.8m
Water Temperature 15℃
Entry 11:21
Exit 12:04
Dive Time 43min.
2本目はのんびりと散策。
石を返したりしながら、ホヤやウミウシやヒトデをじっくり観察しました。
by diver813 | 2017-05-13 21:38 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2010.05 江之浦 The 1st Dive
a0013160_1325787.jpg
          パンダ?


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  14.6m
Water Temperature 17℃
Entry 9:40
Exit 10:39
Dive Time 59min.

春の伊豆の海、小さい命がそこかしこに。
そして、このダイビングから新兵器「ハイスピードカメラ」を導入。
スローモーションで見る海の生き物は新たな発見ばかり。
水温は高くありませんでしたが、可愛い生き物を探したり、ハイスピードムービーを撮っていたら、寒さなど忘れていました。


動画 メバルの捕食(ハイスピードムービー210fps)
by diver813 | 2011-03-18 01:39 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#374 モモイロサルパ
a0013160_0371966.jpg
【和名】 モモイロサルパ
【学名】 Pegea confoederata
【分類】 動物界 脊索動物門 海鞘綱 タリア目 タリア科
【体長】 7cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
個虫の体系は樽形。体は寒天質でできており透明。球状の内臓は桃色~褐色。体の両端に口と肛門がある。
【生態】
全世界の暖水域に分布。口から取り込んだ海水に含まれる植物プランクトンを粘液質のフィルターで濾しとって食べる。連鎖個虫は成長すると単独個虫となる。
【ひとこと】
少し前に敦賀原発2号機の出力を低下させたトガリサルパもこの仲間。はっきり目に見えるほど大きいのですが、遊泳力はないのでプランクトンです。オオサルパの時にも書きましたが、サルパはクラゲではなく、ホヤの仲間。サバなど回遊魚の好物です。
by diver813 | 2007-06-12 00:37 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#330 ベニボヤ
a0013160_0364481.jpg
【和名】 ベニボヤ
【学名】 Herdmania momus
【分類】 動物界 脊索動物門 海鞘綱 側性ホヤ目 マボヤ科
【体高】 5cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
丸い樽型の被嚢から、円筒状の大きな入水口と出水口が生える。被嚢の厚みは個体により変異が激しく、薄い固体では、赤い内部が透けて見える。炭酸カルシウムの針状骨片を持つ。
【生態】
能登半島以南の日本海、相模湾以内の太平洋に分布。浅所の岩の側面や裏、転石の下に生息する。水中を漂う有機物を濾しとって食べる。
【ひとこと】
岩にへばりついて動かず、動物かどうかも疑わしいような姿をしていますが、我々脊椎動物にとても近い仲間で、幼生は脊索という背骨のような器官を持つ、オタマジャクシのような姿をしています。イカ・タコやエビ・カニなどより、よっぽど人間と近い生物なのです。
by diver813 | 2006-07-14 00:37 | 海洋生物図鑑 | Comments(9)
#214 オオサルパ
a0013160_24149.jpg
【和名】 オオサルパ
【学名】 Thetys vagina
【分類】 動物界 脊索動物門 海鞘綱 タリア目 タリア科
【体長】 15cm
【撮影地】 粟国 水深5m
【特徴】
体は樽形で寒天質からなり、透明。前後に入水口と出水口が開き、体を筋肉体が取り巻く。単独個虫が多いが、連鎖個虫も見られえる。
【生態】
世界各地の暖水域を中心に分布。漂いながら粘液質のフィルターで植物プランクトンを濾しとって食べる。単独個虫は連鎖個虫を出芽、連鎖個虫が有性生殖し、胎生で単独個虫を生む。
【ひとこと】
一見ビニール袋などのゴミに見えます。クラゲの仲間に思えてしまいますが、ホヤの仲間です。 いくつもの個体が繋がっている連鎖個虫群から、単独個虫が生まれて、単独個虫が連鎖個虫を生むというライフサイクルを辿ります。
by diver813 | 2005-05-24 02:02 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)
#190 クラベラの一種
a0013160_205894.jpg
【和名】 クラベラの一種
【学名】 Clavelina sp.
【分類】 動物界 脊索動物門 海鞘綱 マメボヤ目 ヘンゲボヤ科
【体高】 3cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
個虫は筒状。体色は鮮やかな青で、入水口、出水口は黄色く縁取られる。表面はなめらか。よく似るワモンクラベラは体が半透明。
【生態】
西部太平洋の珊瑚礁域に生息す群体性のホヤ。吐き出される水流に合わせ出水口が星型に窄む。
【ひとこと】
ホヤにはクラベラやチャツボボヤなど群体性とニシキボヤや食用のマボヤなどの単体のものがいます。群体は個虫が分裂・出芽などの無性生殖で増殖して作られています。
by diver813 | 2005-03-25 02:01 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)
#036 ニシキボヤ
a0013160_195220.jpg
【和名】 ニシキボヤ
【学名】 Polycarpa aurata
【分類】 動物界 脊索動物門 海鞘綱 側性ホヤ目 シロボヤ科
【体高】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深20m
【特徴】
入水口、出水口ともに大きく開く。地は紫色。入水口、出水口の周囲、及び突出する部分は黄色。表面はなめらか。
【生態】
西太平洋の岩礁域に生息す単体性のホヤ。入水口から海水を取り込み、呼吸を行うとともに有機物をろ過し、摂取する。
【ひとこと】
南の海ではホヤまでカラフル。でも、ホヤは色も形もセンスないなぁ。ホヤ類の体を覆う固い被嚢は食物繊維セルロースを含んでいるけど、このセルロースはご存知の通り食物繊維の主成分。動物でこれを持つのは、ホヤ類を含む尾索動物だけ。マボヤのセルロースとかは、スピーカーの原料になってたりするそうな。
by diver813 | 2004-05-24 10:53 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
#016 チャツボボヤ
a0013160_1195.jpg
【和名】 チャツボボヤ
【学名】 Didemnum molle
【分類】 動物界 脊索動物門 海鞘綱 内性ホヤ目 ウスボヤ科
【郡体高】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
通常2cm程度。表面に無数の微細な穴が空く。表面は白色だが、穴の周囲及び取水口内部は緑色。取水口内部には中心の仕切りをから樹状の組織が周囲に伸び体を支えている。
【生態】
沖縄以南、西太平洋のサンゴ礁域に生息する郡体性ボヤ。表面の微細な穴が個体ごとの入水口であり、ここから海水を取り込み餌を摂取する。また、内部共生する褐虫藻からも栄養を得る。
【ひとこと】
こいつは大きい。別種かと思った。左に群れているのが普通サイズ(いや、郡体だから1個でも群れだが・・・ああ、ややこしい)。実際別種扱いの図鑑もあったらしいが、結局別種じゃないことがわかり、まとめられたみたい。
ホヤの仲間はこんな形でも植物ではなく動物。しかも一生の中で背骨のようなもの(脊索)を形成する時期があり、広い意味で人間の親戚・・・っていうか昔の姿。つまり、エビ・カニやイカ・タコ、貝なんかより、ずっと近い間柄。
by diver813 | 2004-04-21 09:10 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)