The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:フグ ( 17 ) タグの人気記事
2012.02 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_08183455.jpg
          キタマクラの枕はどれだ?

Site 伊豆山 沖根
Maximum Depth  21.3m
Water Temperature 13℃
Entry 12:15
Exit 12:55
Dive Time 40min.
Dive Time 40min.
とある器材が故障し、原始的な器材で代用することに。
でも、意外と不便はしませんでした。

by diver813 | 2017-06-27 08:21 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2011.09 奄美 The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_13083685.jpg
          ふよふよ

Site 奄美 石の浜
Maximum Depth  12.2m
Water Temperature 27℃
Entry 11:39
Exit 12:16
Dive Time 37min.

2本目も湾内でちゃぷちゃぷのんびり。
かわいい生物に囲まれ、穏やかな海に包まれ、たっぷり癒されました。

by diver813 | 2017-05-28 13:09 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2010.04 奄美 The 3rd day The 2nd Dive
a0013160_21402093.jpg
          ぷーっ


Site 奄美大島 崎原
Maximum Depth  3.3m
Water Temperature 21℃
Entry 14:35
Exit 16:07
Dive Time 92min.

浅い深度のロングダイブ。
明るい海の中、じっくりと小物や、まだ撮影していない生き物を探しました。

a0013160_21413679.jpgヒトデヤドリエビ




a0013160_21434139.jpgゾウゲイロウミウシ
by diver813 | 2011-03-13 21:45 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2010.04 奄美 The 3rd day The 1st Dive
a0013160_2247019.jpg
          ぼてっ


Site 奄美大島 倉崎
Maximum Depth  11.6m
Water Temperature 20℃
Entry 10:25
Exit 11:23
Dive Time 58min.

3日目1本目は倉崎でガサゴソダイビング。
ぼーっと休んでいるモヨウフグに、じりじりと忍び寄ったり、ニセアカホシカクレエビをじっくり接写したり、のんびり楽しんだ1本でした。

a0013160_22474350.jpg
ニセアカホシカクレエビ
by diver813 | 2011-01-19 22:51 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2009.09 奄美 The 6th day The 2nd Dive
a0013160_22371719.jpg
          ぴきーっ!


Site 奄美大島 大瀬
Maximum Depth  15.8m
Water Temperature 28℃
Entry 11:44
Exit 12:19
Dive Time 35min.

空港からちょっとだけ北に行ったポイント。
リーフの端には、ぽっかり穴があいていたり、地形もなかなか楽しめるポイント。
洞窟に差し込む光はなかなか幻想的でした。

a0013160_22373988.jpg
洞窟
by diver813 | 2010-05-10 22:38 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#061 キタマクラ(追記)

【和名】 キタマクラ
【学名】 Canthigaster rivulata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 フグ科
【体長】 12cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
背側が茶色で、腹側が白く、側面に2本の黒縦帯が入る。眼が瑠璃色に光る。雄は繁殖期に、青い網目模様の婚姻色が出る。
【生態】
房総半島以南の西部太平洋、インド洋の水深100m以浅に分布。岩礁やサンゴ礁に生息する。 雑食性で、海藻、貝、甲殻類などを食べる。皮膚に強い毒を持ち、肝臓と腸にも毒がある。身と卵巣は無毒。
【ひとこと】
以前紹介した生物も、もっとわかりやすい写真が撮れたり、ハイスピードムービーが撮れたりできるようになったので、追記という形で紹介することにしてみました。こうしてハイスピードムービーで見てみると、キタマクラは尾びれは使わず、胸鰭・背鰭・臀鰭で泳いでいることがよくわかります。

#061 キタマクラ
by diver813 | 2010-05-03 20:16 | 海洋生物図鑑(追記) | Comments(2)
2008.10 奄美 The 3rd Day The 3rd Dive
a0013160_2371854.jpg
          ウーラーメーシーヤー


Site 奄美 節田
Maximum Depth  3.3m
Water Temperature 26℃
Entry 18:33
Exit 19:28
Dive Time 55min.

今回の奄美、最後はナイトダイビング。
節田という漁港からのビーチエントリー。
砂泥底に少し岩場がある程度のところなのですが、見たことのないエビ・カニが出てくる、出てくる。
面白すぎて、リーフエッジまで行けず、最大水深はたったの3.3m。
タンクを背負う必要があったのだろうか、いや、ない。
そして、見たことのないエビ・カニ達、帰って写真を図鑑と照らし合わせたら、殆どが載っていない。
こんな環境に潜る人はあまりいないから、あまり図鑑などでも取り上げられないのでしょう。
by diver813 | 2009-05-26 23:09 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
2008.02 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_131038.jpg
          新しいカメラ、はじめての一枚


Site 伊豆山 新根
Maximum Depth  27.3m
Water Temperature 14℃
Entry 9:30
Exit 10:11
Dive Time 41min.

3年以上使ったC-770UZ、いい絵は撮れるのですが、さすがに古くなってきたし、画素数も・・・
というわけで、SP-560UZにカメラを持ち替えました。
操作に手間取って、なかなか上手く撮れませんでしたが、ストロボが届けばまあまあな写真が撮れそうです。
そんなこんなで、カメラに慣れるのに夢中になっていたら、一緒に潜っていた師匠夫妻から、
「おいで、おいで」
と、ジェスチャーが。
のんびり近づいていったら、合流する前に浮上されちゃいました。
「エアがないから、エアをくれ!」
ってことだったらしい。
でも、「エアがない」というサインは見てなかったんだな。ごめん。
by diver813 | 2008-04-20 01:03 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
2007.07 Amami The 1st day The 1st Dive
a0013160_0145715.jpg
          今年は来れないかと思ってたけど・・・


Site 奄美大島 一反瀬
Maximum Depth  20.6m
Water Temperature 27℃
Entry 12:04
Exit 12:53
Dive Time 48min.

なんとか休みが取れたので、ちょっと奄美大島へ行ってきました。
台風は通り過ぎていましたが、じゃっかん影響が残り、海の中はすこし濁りがありました。
それでも青い奄美の海。
伊豆でも見慣れているオトヒメエビまで素敵に見えるから不思議です。
by diver813 | 2007-08-16 00:16 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2007.04-05 Okinawa The 4th Day The 2nd Dive
a0013160_23533337.jpg
        ヤンノカ、コラァ!

Site 阿嘉島 タートルベイ
Maximum Depth  14.1m
Water Temperature 24℃
Entry 12:11
Exit 13:01
Dive Time 50min.


タートルベイという名のポイントですが、ウミガメはそんなに出てきません。
砂地に点在する根に、可愛い生き物が付いている、そんな南国らしいのどかなポイント。
根に行く途中のガレ場で、岩をひっくり返していろいろ探していたのですが、一番たくさん出てきたのはお昼寝中のハリセンボンでした。
by diver813 | 2007-07-04 23:54 | Diving Log | Trackback | Comments(0)