The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:フィリピン ( 123 ) タグの人気記事
#417 イシヨウジ
a0013160_0141645.jpg

【和名】 イシヨウジ
【学名】 Corythoichthys haematopterus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 ヨウジウオ目 ヨウジウオ科
【体長】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
体は硬い体鱗で覆われ細長い。吻はやや細長く筒状で、頭長の約半分。体色は淡黄色~灰褐色で体側に黄色~橙色の網目模様と暗色斑が入る。
【生態】
本州中部以南の太平洋・インド洋に分布、珊瑚礁域の平坦な砂礫底に生息する。卵は雄が腹部で孵化するまで育てる。
【ひとこと】
クチナガイシヨウジとよく似ていますが、クチナガイシヨウジは吻がより長く、体側の模様が網目ではないことで区別することができます。タツノオトシゴなどのように育児嚢は発達せず、卵は体表に露出した状態で産み付けられます。
by diver813 | 2008-04-29 23:13 | 海洋生物図鑑
#414 セトイロウミウシ
a0013160_1115187.jpg
【和名】 セトイロウミウシ
【学名】 Chromodoris decora
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 1cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
体は楕円形で細長い。体色は乳白色で、外套幕は橙色で縁取られ、その内側に紫色の斑点が並ぶ。触角と二次鰓は白色。
【生態】
神奈川県以南の西部太平洋、インド洋に分布。穏やかなガレ場に生息する。温帯では稀で冬~初夏に見られる。
【ひとこと】
最大で18mmになるそうですが、見かけるのはほとんど1cm以下の小さな個体です。美しく小さなその姿から愛らしいという意味の"decora"という学名が付いています。触角と二次鰓を囲むような白色縦線がある個体が多いのですが、この線が乱れている個体もあるので、周縁の色と紫色の斑点が見分けるポイントです。
by diver813 | 2008-03-17 01:12 | 海洋生物図鑑
#413 ヒゲハギ
a0013160_2354017.jpg

【和名】 ヒゲハギ
【学名】 Cheatodermis penicilligerus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 カワハギ科
【体長】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は菱形で体高が高く強く側扁する。尾鰭は尖形で体表に不規則な皮弁が散在する。
【生態】
紀伊半島以南の西部太平洋・インド洋に分布。水深200m以浅の岩礁域や砂泥底に生息する。底生生物を捕食する。
【ひとこと】
全身にヒゲが出ているカワハギなのでヒゲハギ。まんまです。全身のヒゲは海藻などを模した擬態だと思いますが、こんなまばらで意味があるのか疑問です。結構見かけることが少ないし、変わった姿をしているので、出会えると少しうれしくなります。
by diver813 | 2008-03-12 23:06 | 海洋生物図鑑
#352 イバラカンザシ
a0013160_14510.jpg

【和名】 イバラカンザシ
【学名】 Spirobranchus giganteus
【分類】 動物界 環形動物門 多毛鋼 ケヤリムシ目 カンザシゴカイ科
【鰓冠直径】 3cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
石灰質でできた棲管には蓋がある。螺旋状の鰓冠は一対で黄色、褐色、青色などその色彩は頗る変異に富む。
【生態】
本州中部以南の世界各地の暖海に分布。穿孔性で、岩礁域、珊瑚礁域のイシサンゴ類に穴を掘って暮らす。鰓冠の繊毛で水流を発生させ、漂うプランクトンなどを食べる。
【ひとこと】
手前の丸いのが蓋です。ひらひらしている螺旋状の鰓冠を髪の毛、この蓋をかんざしに見立てこの名前が付いています。以前紹介したオオナガレカンザシはこの蓋がありません。白っぽい個体とか、真っ青な個体とか、色のバリエーションは本当に豊富で群生している様子はお花畑のようです。また、イバラカンザシが開けた穴は、その主がいなくなると、今度はカンザシヤドカリが利用したりします。光に反応し、すぐ引っ込んでしまいますが、影がかからないようにすれば、ぎりぎりまで近寄ることができます。
by diver813 | 2006-11-01 01:09 | 海洋生物図鑑
#314 マダライロウミウシ
a0013160_23492476.jpg

【和名】 マダライロウミウシ
【学名】 Risbecia tryoni
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 5cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は楕円形で厚みがある。体色は薄茶褐色で、白く縁取られた青紫斑が散在する。外套膜周辺は紫色に縁取られる。触角は紫色で、二次鰓は白く、褐色で縁取られる。
【生態】
西部太平洋の熱帯域に分布。岩礁域やサンゴ礁域の浅所に生息する。2個体での追尾行動を行い、追いつくことで交接が行われる。
【ひとこと】
オトヒメウミウシや、ヒョウモンウミウシとよく似ていますが、本種は厚みがあるのに対し、オトヒメウミウシはやや平たく、体が黄色いこと、ヒョウモンウミウシは斑紋がリング状になることで見分けられます。チータウミウシという新参異名でも知られています。求愛の儀式は追いかけっこ。
by diver813 | 2006-04-11 23:52 | 海洋生物図鑑
#306 セスジミノウミウシ
a0013160_123566.jpg
【和名】 セスジミノウミウシ
【学名】 Flabellina rubrolineata
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 サキシマミノウミウシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
体は細長く、背側突起の長さ、形状には変異がある。体色は薄紫色~白色。背面の正中線及び左右の辺縁に細い紫色縦線が入る。
【生態】
房総半島以南の太平洋・インド洋に分布。岩礁域、サンゴ礁域に生息する。ハネガヤ類などヒドロ虫を食べる。
【ひとこと】
背中のミノの形や色、数はさまざまなので、見分けるポイントは背中に走る紫色の細い線です。餌のヒドロ虫を食べることで、ヒドロ虫が持つ刺胞(毒がある棘を持つ細胞)を取り込み、背中のミノに貯めることで身を守っています。他の生物の細胞を、自分の体内で生かしておけるなんて不思議ですね。ヒドロ虫が食べられる時に刺を発射しないのも不思議。
by diver813 | 2006-03-24 01:20 | 海洋生物図鑑
#300 バサラカクレエビ
a0013160_1263146.jpg

【和名】 バサラカクレエビ
【学名】 Periclimenes amboinensis
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テナガエビ科
【体長】 1.5cm
【撮影地】 フィリピン 水深20m
【特徴】
鋏脚は第1、第2胸脚。額角は動かない。眼の先端に小さな突起があり、尖って見える。体色、模様は宿主により様々だが、頭胸甲から腹部の背面に横縞が入る個体が多い。
【生態】
八丈島以南~オーストラリア北部、マーシャル諸島にかけての西部太平洋に分布。岩礁域、珊瑚礁域に生息する羽枝の多いウミシダ類に共生する。
【ひとこと】
最近まで標準和名がなくアンボンクリノイドシュリンプと呼ばれていましたが、その艶やかな姿から婆娑羅の名前が付きました。ハナウミシダやヒガサウミシダなど、枝の多いウミシダに住んでいます。ウミシダの根元あたりを、外側から叩くと枝が開くので、中を覗いてみましょう。但し、よく観察しようとして追い出してしまうと、魚がやってきて食べてしまうことがあるので、注意してください。
by diver813 | 2006-03-09 01:28 | 海洋生物図鑑
#292 ナデシコカクレエビ
a0013160_0525061.jpg
【和名】 ナデシコカクレエビ
【学名】 Periclimenes sarasvati
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テナガエビ科
【体長】 1.5cm
【撮影地】 フィリピン 水深30m
【特徴】
体はわずかに赤みがかった透明で、白と赤紫からなる小斑が散在する。第三腹節にV字型の赤紫斑が入る。鋏脚の各節は白く、関節部が赤紫。第二触角は白い。
【生態】
琉球列島以南の西部太平洋、インド洋に分布。礁原や礁斜面のナガレハナサンゴなどに共生する。ひとつの宿主にペアで生息することが多い。魚の寄生虫などを食べる。
【ひとこと】
この個体が宿主にしているのはミズタマサンゴニセアカホシカクレエビとよく似ています。どの図鑑やガイドブックでも、斑紋パターンによる難しい見分け方しか書いていなく、この見分け方は記載されていませんが、髭が白ければナデシコカクレエビ、透明ならニセアカホシカクレエビと、髭の色で見分けられるはず。たぶん。
by diver813 | 2006-02-22 00:54 | 海洋生物図鑑
#288 ヒョウモンダコ
a0013160_22165255.jpg

【和名】 ヒョウモンダコ
【学名】 Hapalochlaena maculosa
【分類】 動物界 軟体動物門 頭足綱 八腕形目 マダコ科
【胴長】 5cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は乳白色、茶色、黄色と変異に富む。興奮すると鮮青色の輪紋が浮かび上がる。唾液腺に毒腺を持ち、墨袋を持たない。毒の主成分は神経毒のテトロドトキシン。
【生態】
相模湾以南~オーストラリアにかけての太平洋、インド洋に分布。岩礁域、珊瑚礁域の浅所に生息する。エビやカニなど、甲殻類や魚類を捕食する。
【ひとこと】
代表的な海の危険生物。綺麗なので、つい触りたくなりますが、強い毒(テトロドトキシンはフグ毒)を持っているので、触らずに観察しましょう。噛まれても、痛みを感じないことがあるので厄介です。噛まれるとマヒや呼吸困難になり、最悪の場合死に至ります。万が一噛まれた場合は、傷口から血を絞り出し、傷口の上方(心臓に近い方)を縛って、救急車を呼び、すぐに病院へ行ってください。模様が出ていない時は岩と見分けにくいのもたちが悪い。
by diver813 | 2006-02-14 22:19 | 海洋生物図鑑
#268 コールマンズシュリンプ
a0013160_0342251.jpg
【和名】 コールマンズシュリンプ
【学名】 Periclimenes colemani
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テナガエビ科
【体長】 3cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
第1・第2胸脚に鋏を持ち、第2胸脚の腕節は分節しに。額角は不動で、尾節後縁に3対の棘を持つ。体色は乳白色で、紫色の斑紋が散在する。
【生態】
駿河湾以南の太平洋、インド洋に分布し、インドネシアやフィリピンに多い。70m以浅の岩礁域、珊瑚礁域や砂底に生息するフクロウニ類を宿主にする。
【ひとこと】
フクロウニに共生している綺麗なエビです。日本ではあまり見かけませんが、伊豆半島でイイジマフクロウニに共生していたという報告があるので、ゼブラガニを探すついでに、探してみましょう。但し、フクロウニ類は強い毒を持つので、刺されないよう注意してください。
上から見た姿※大きい個体は左胸部が奇形
by diver813 | 2005-12-02 00:36 | 海洋生物図鑑