The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:ヒラムシ ( 8 ) タグの人気記事
#480 ニセツノヒラムシの一種
a0013160_21030618.jpg
【和名】 ニセツノヒラムシの一種
【英名】 Script flatworm
【学名】 Pseudoceros scriptus
【分類】 動物界 扁形動物門 渦虫鋼 多岐腸目 ニセツノヒラムシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体は扁平で柔らかい。頭部の縁は捲れ触角状になる。体色は白色で、正中線に淡い黄色縦線が入る。周縁部は橙色で背面に不規則な黒斑が入る。
【生態】
モルジブ諸島~オーストラリアのインド洋・太平洋に分布。珊瑚礁域の礁原や礁斜面に生息する。
【ひとこと】
名前の由来の「スクリプト」は背面に筆で描いたような黒斑があるからでしょう。この個体の黒斑はまばらですが、黒斑のパターンは様々で、正中線を囲う不規則な模様が入る個体が多いようです。気になる人は学名で画像検索してみてください。この個体だとメレンゲウミウシに擬態しているように見えますが黒斑が余計。周縁がオレンジで黒斑が入るウミウシは心当たりないんですよね。Pseudoceros contrariusとよく似ていますが、P. contrariusは背面に黒斑が入りません。
by diver813 | 2017-05-27 21:04 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
Lesson12 ウミウシとヒラムシの違い
a0013160_192257.jpg
ウミウシヒラムシの違いがよくわからないというコメントがargon-lさんやlencaさんから寄せられたので、ちょっとお答えしようと思います。

ウミウシとヒラムシ、姿は似ていますが、ウミウシは「軟体動物門」、ヒラムシは「扁形動物門」で、実はまったく別の生き物。
生物の進化をたどってつくられた「系統樹」を見るとよくわかります。

軟体動物門は、カタツムリ、ナメクジなど陸の貝を含む巻貝や、二枚貝イカタコなどが含まれています。ちなみにウミウシは巻貝から進化しています。

扁形動物門には理科の時間に出てきたプラナリアやサナダムシなどが含まれていて、クラゲサンゴイソギンチャクの仲間の腔腸動物に近い分類に属します。

つまりウミウシはイカの方が、ヒラムシよりよっぽど近かったりするのです。

さて、それでは見た目の見分け方、簡単に言うと、厚みがややあるのがウミウシ、ほとんど厚みがないのがヒラムシです。

形態的な特徴をヒラムシとよく似ているドーリス亜目のウミウシとヒラムシで比較すると、下記のとおりになります。
※例外もあるので絶対ではありません。

■断面(上の図)
 ウミウシ:外套幕と脚が別れ厚みがある(左)。
 ヒラムシ:体は薄く、正中線が盛り上がる(右)。

■二次鰓
 ウミウシ:二次鰓(体の後ろにあるフワフワ)がある。
 ヒラムシ:二次鰓はない。

■周縁部
 ウミウシ:波打たない。
 ヒラムシ:波打つ。

このあたりが見分けるポイントになると思います。
その他の違いとしては、

■消化器
 ウミウシ:口と肛門があり、一本の管でできる。
 ヒラムシ:肛門はなく、口から食べて口から排泄する。消化管は袋状で分岐して体内に広がる。

■呼吸器・循環器
 ウミウシ:心臓・鰓・血管がある。
 ヒラムシ:心臓・鰓・血管がなく栄養・酸素などの運搬は、拡散(物質が自然と散らばる現象)に頼る。

と、いうわけで、ウミウシとヒラムシはかなり違うのですが、やっぱり見た目は似ています。
いろいろ見て、経験を積むのが、見分けるための一番の近道かもしれません。
by diver813 | 2008-06-03 01:17 | Study Room | Trackback | Comments(12)
#420 ニセツノヒラムシの一種
a0013160_048576.jpg
【和名】 ニセツノヒラムシの一種
【学名】 Pseudoceros sp.
【分類】 動物界 扁形動物門 渦虫鋼 多岐腸目 ニセツノヒラムシ科
【体長】 5cm
【撮影地】 奄美 水深5m
【特徴】
体は扁平で柔らかい。頭部の縁は捲れ触角状になる。体色は黒で、周縁部は橙色。正中線に黄色縦線が入り、周縁部から正中線に向けて黄色横線が走る。
【生態】
太平洋などの暖海に分布。珊瑚礁域の砂礫底に生息する。周縁を波打たせながら、活発に海底を這い回る。
【ひとこと】
Pseudoceros dimidiatusとよく似ていますが、P. dimidiatusは稲妻のような横線が入らないため、同一種かわかりません。もっとよく似ていて背中の縦線が2本の個体もいたりするし。そして、似たような個体がフィリピン、インドネシア、ハワイ、モザンビークといろいろな場所で見られているので、分布もわかりません。わからないことばかり。でも、かなり活発で面白いから動画を撮っていたら、谷渡りをすることがわかりました
by diver813 | 2008-05-23 00:48 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#406 ニセツノヒラムシの一種
a0013160_2140366.jpg
【和名】 ニセツノヒラムシの一種
【学名】 Pseudoceros paralaticlavus
【分類】 動物界 扁形動物門 渦虫鋼 多岐腸目 ニセツノヒラムシ科
【体長】 2cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体は楕円形で平たく、周縁部がやや波打つ。頭部の縁は捲れ、触角状になる。体色は地色が白色で、触角から伸びる2本の太い黒色縦帯は尾部で繋がる。周縁部は淡黄色。
【生態】
西部太平洋に分布。珊瑚礁域に生息する。日中は転石下などに隠れ、夜間は岩の上に出てくる。正の光性を示す。
【ひとこと】
ヒラムシは分類がすすんでいないので、これも和名がついていません。学校で習ったと思いますが、光に集まる「正の走光性」を持っています。夜行性なのに、光に集まるってなんか不思議ですね。そういえば、明るいコンビニに集まる人間も正の走光性があるのかもしれません。
by diver813 | 2008-02-18 21:53 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#380 クロニセツノヒラムシ
a0013160_3171827.jpg
【和名】 クロニセツノヒラムシ
【学名】 Pseudoceros flavomarginatus
【分類】 動物界 扁形動物門 渦虫鋼 多岐腸目 ニセツノヒラムシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 沖縄 水深15m
【特徴】
体は扁平で正中線が隆起し、周囲は波打つ。頭部の縁は触角状に捲れる。体色は黒で、2色の線で縁取られる。
【生態】
本州中部以南に分布。珊瑚礁域や岩礁域に生息する。夜行性で、昼間は転石下などに隠れる。
【ひとこと】
ニセツノヒラムシの仲間の頭には触角のようなものが付いています。これは触葉(しょくよう)と呼ばれ、体の縁が巻いて触角のようになっています。体はやわらかく、破れやすいので、つまんだりしないようにしましょう。ヒラムシには珍しく、ちゃんと分類され和名も付いています。
by diver813 | 2007-07-16 03:17 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#302 ニセツノヒラムシの一種
a0013160_124627.jpg

【和名】 ニセツノヒラムシの一種
【学名】 Pseudoceros sp.
【分類】 動物界 扁形動物門 渦虫鋼 多岐腸目 ニセツノヒラムシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 奄美 水深20m
【特徴】
体は扁平で楕円形。頭部の縁が触角状に捲れる。体色は黒色で、橙色に縁取られ、その内側は白色。背面に2本の白色縦帯が入る。
【生態】
西部太平洋に分布。珊瑚礁域に生息し、岩の上を這う。体をくねらせて泳ぐこともできる。昼間は石の裏などに隠れ、夜間に活発に活動し、光に集まる。肉食性。
【ひとこと】
ヒラムシはウミウシの仲間と非常によく似ていますが、ヒラムシは扁形動物門、ウミウシは軟体動物門と、全く違う生物です。実際、ウミウシとカニより、ウミウシとヒラムシの方が遠い関係だったりします。
by diver813 | 2006-03-14 01:04 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#266 ニセツノヒラムシの一種
a0013160_2483235.jpg
【和名】 ニセツノヒラムシの一種
【学名】 Thysanozoon nigropapillosum
【分類】 動物界 扁形動物門 渦虫鋼 多岐腸目 ニセツノヒラムシ科
【体長】 3cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体は扁平で柔らかく頭部の縁は触角状に捲れる。体色は黒色で、白く縁取られる。背面には黄色く細かい疣状の突起が散在する。
【生態】
西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域に生息し、昼にも活動するが、夜のほうが活発で、正の走光性を持ち、光に集まる。ホヤなどを食べる。
【ひとこと】
たまに見かけるヒラムシですが、和名はまだないようです。ヒラムシの仲間は、岩から剥がして水中に放すとヒラヒラ泳いだりしますが、いじめすぎると、丸まってしまいます。ただし、体は柔らかく破けやすいので、遊ぶ時はそっと、丁寧に扱うようにしましょう。
上から見た姿
by diver813 | 2005-11-29 02:52 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
2005.04-05 Okinawa The 3rd Day The 2nd Dive
a0013160_2358069.jpg
          ウミウシじゃないよヒラムシだよ


Site 渡嘉敷島 野崎北
Maximum Depth  15.4m
Water Temperature 23℃
Entry 11:55
Exit 12:45
Dive Time 49min.

渡嘉敷島の北西の、一本目のジヅルに近い場所ですが、こちらは穏やかなポイントで、まだサンゴが多く残っています。
のんびりダイビングだったので、じっくり、貝やヒラムシ、ヒトデなどを激写していました。
一緒に潜った人達は、きっと
「何であんなもの撮っているんだろう?」
と、疑問を感じていたに違いありません。
実際、
「どうせ撮るなら、綺麗な方がいいじゃん。」
と、言われてしまいました。
「まだ撮影していない生き物を撮りたい」ということを、理解してもらうのは難しいようです。
by diver813 | 2005-05-19 23:58 | Diving Log | Trackback | Comments(8)