The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:ハゼ ( 28 ) タグの人気記事
#485 オドリハゼ
a0013160_01125036.jpg
【和名】 オドリハゼ
【学名】 Lotilia graciliosa
【英名】 Whitecap goby
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 4cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体はハゼ類の中ではやや太く短い。尾鰭は丸く、頭部より長い。体色は暗褐色で、上顎から背鰭にかけて太い白色縦帯が入る。尾鰭は透明で辺縁に黒斑が入る。
【生態】
紀伊半島以南、パラオ、グアム、マーシャル諸島の西部太平洋、インド洋・紅海に分布。50m以浅の砂泥底に生息し、ブトウテッポウエビと特異的に共生する。
【ひとこと】
なぜかブトウテッポウエビ以外のテッポウエビと共生していることがほとんどありません。一途で相思相愛。ひらひら踊っているようにホバリングしているので、この名前がつけられたのでしょう。観賞魚としても人気でオドリハゼとブトウテッポウエビのセット価格は10,000円~20,000円。
by diver813 | 2017-06-10 01:18 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#484 ブトウテッポウエビ
a0013160_23510082.jpg
【和名】 ブトウテッポウエビ
【英名】 Red-spotted Goby Shrimp
【学名】 Alpheus rubromaculatus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テッポウエビ科
【体長】 5cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は円筒型でなめらか。第1鋏脚は左右で大きさが異なり、ともに側扁する。体は灰白色で腹部・脚に赤褐色の斑紋が等間隔に並ぶ。
【生態】
琉球列島以南の西部太平洋~紅海に分布。礁縁付近の砂底に生息する。オドリハゼと特異的に共生する。
【ひとこと】
なぜかオドリハゼ以外のハゼと共生していることがほとんどありません。以前はオドリハゼ(ダンスゴビー)と共生していたためダンスゴビーシュリンプなどと呼ばれていました。でも英語での呼ばれ方はレッドスポッテドゴビーシュリンプ。ダンス=舞踏で舞踏鉄砲蝦とネーミングされたんですかね?
by diver813 | 2017-06-06 23:51 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2011.09 奄美 The 3rd day The 2nd Dive
a0013160_01012510.jpg
          にやり

Site 奄美 大仏サンゴ
Maximum Depth  19.5m
Water Temperature 26℃
Entry 15:34
Exit 16:11
Dive Time 37min.

巨大な大仏の頭のようなコモンシコロサンゴがあるポイント。
その大きさはなんと牛久大仏の頭ほど。
湾内なので多少濁りがあり、その巨大な姿全体を一度に見渡せないのが残念です。

by diver813 | 2017-06-06 01:07 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2011.07 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_23004925.jpg
          ここは一車線だぞ

Site 伊豆山 沖根
Maximum Depth  21.0m
Water Temperature 23℃
Entry 12:26
Exit 13:09
Dive Time 43min.

大渋滞で1本目に間に合わず、2本目だけの参戦。
さらに水中でポジションを見失い、船をまわしずらい場所へ浮上。
いろいろ迷惑をかけてしまったダイビングでした。

by diver813 | 2017-05-16 23:01 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#465 アオギハゼ
a0013160_031419.jpg
【和名】 アオギハゼ
【学名】 Trimma caudomaculatum
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 3cm
【撮影地】 沖縄 水深10m
【特徴】
体は細長くやや側扁する。体色は橙色で体側に太い青輝線が入る。尾鰭は青紫色で基部は黒い。
【生態】
和歌山県以南の太平洋岸~台湾、八丈島に分布。珊瑚礁域に生息し、岩棚の陰や洞窟の入口付近で腹を上に向けてホバリングする。数尾~十数尾の群れを作る。
【ひとこと】
色鮮やかで美しいのですが、小さくて、ちょっと薄暗く見にくいところにいるので、見逃しがちの魚。完全に暗い洞窟の中などではなく、洞窟の出口やオーバーハングの影など、中途半場に見えずらいところにいるのが、かえって見えにくかったりします。
by diver813 | 2011-05-30 00:32 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#445 オキナワベニハゼ
a0013160_23585230.jpg
【和名】 オキナワベニハゼ
【学名】 Trimma okinawae
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 4cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体は細長く円筒形。体色は地色が白色で、橙色の斑模様が全身を覆う。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋に分布。珊瑚礁域に生息し、岩穴やオーバーハング下などを好む。ハレムを形成し、両方向性転換を行う。
【ひとこと】
オレンジ色のとってもチャーミングなハゼ。被写体としても人気があります。さらに本種は雌から雄、雄から雌と自在に性別を変えることができる、両方向性転換を行う魚として研究者からも注目されています。雌から雄へは5日、雄から雌へは10日という短期間で性転換ができるのですが、これは、同一個体内で精巣と卵巣の双方を持っており、片方だけを成熟させることで性転換を行っているためです。
by diver813 | 2009-05-28 23:59 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2008.10 奄美 The 3rd Day The 2nd Dive
a0013160_2274779.jpg
          ソンナ名前カヨ?


Site 奄美 北ドロ
Maximum Depth  23.7m
Water Temperature 26℃
Entry 11:54
Exit 12:29
Dive Time 35min.

今度はポイント探し。
カメドロのちょっと北。
船から見るリーフがよさげだったので、探検してみることに。
入ってみると予想通り大当たり。
洞窟やクレバスなど複雑な地形が面白すぎました。
しかし、面白すぎる地形はやばいです。
探検しすぎたため、方向・距離感覚が狂って、ある程度船の側に浮上したつもりが、船とは100mほど離れたところでした。
もっと修行せねば・・・
そして、ポイントとして合格だったので、またまたポイント名のネーミングライツをいただき、「北ドロ」と命名しました。単純。
by diver813 | 2009-05-24 22:08 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2008.09 安良里 The 1st Dive
a0013160_1251856.jpg
          む


Site 安良里 黄金崎
Maximum Depth  12.8m
Water Temperature 24℃
Entry 10:39
Exit 11:25
Dive Time 46min.

ここのところ、ずっとアシスタントで後ろについていたので、今回はガイドとして先導することに。
ミジンベニハゼとか、ムレハタタテダイとか、ネジリンボウとテッポウエビとか、被写体として人気の可愛い生き物を見せることができ、みんな満足してくれました。
これも、現地のサービスにあった地図とスタッフの情報のおかげ。
毎日同じ場所に潜っている人の情報って、やっぱり正確ですね。

a0013160_1253745.jpg
ネジリンボウとテッポウエビ
by diver813 | 2008-11-07 01:27 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
#425 ニシキハゼ
a0013160_023346.jpg

【和名】 ニシキハゼ
【学名】 Pterogobius virgo
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 15cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
体は細長く円筒形で、鱗は皮下に埋没する。第一背鰭の辺縁は丸い。体色は乳白色で、青輝色に縁取られた橙色~茶褐色の太い縦帯が入る。
【生態】
千葉県以南の本州~九州、朝鮮半島西部に分布。岩礁との境界線付近の砂底や、砂の溜まった岩場の窪みに生息し、肉食性で底生動物を食べる。
【ひとこと】
体側の青いラインが綺麗なハゼ。大きいものは20cmを超えます。せっかく綺麗なハゼなのに、大柄なためか、あまり人気がありません。この綺麗なライン、普段はくすんでいて目立たないのですが、キケンを感じると鮮やかに浮かび上がります。かえって危険な気がしますね。
by diver813 | 2008-09-03 23:45 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(2)
2008.06 安良里 The 1st Dive
a0013160_1173216.jpg
          ちょっとムッとしてる?


Site 安良里 黄金崎
Maximum Depth  16.1m
Water Temperature 20℃
Entry 10:48
Exit 11:47
Dive Time 59min.

久しぶりに黄金崎にやってきました。
海を見た瞬間、カメラが水没した嫌な思い出が蘇ります。
そんな感傷に浸っていると、新しいメンバーのBCDに空気が入らないことが発覚。
しかたないので、BCDを交換し、自分は空気が入らないBCDで潜ることに。
この時はこれが、さらなるトラブルを呼ぶことになるとは、思いもよりませんでした。
黄金崎は被写体が多く、ミジンベニハゼとかマトウダイとかヒメコウイカとかスナダコとか、いろいろ追いかけていたらいつのまにか時間が経っていました。
そして、エアが少なくなったチームと別れ、エアが残っているチームを引き連れて、もう少し楽しむことに。
デジカメで水中マップをプレビューしながらラインに沿ってガイドを続けます。
しかし、陸に向かっているはずなのに、一向に水深が浅くなりません。
???
コンパスはBCDに付けているのですが、そのBCDを貸してしまったために、方位を確認できなかったのが最大の敗因でした。
そこで、残ったメンバーのコンパスを確認したときには既に時遅し。
コンパスの隣の残圧計がほぼ0だったんです。
あきらめてその場から3人で浮上。
なんとか浮上したものの、残圧0のメンバーは、浮上した直後、沈みそうになりました。
残圧がほとんどないと、BCDにエアが入らず、そしてパニックになりやすいため、浮上した直後に沈んでしまうという事故って結構多いのです。
それをわかっていたから、すかさず助けに入りましたが、危なかった・・・
結構な勢いで立ち泳ぎをしながら、もともと空気が入らない自分のBCDと、沈みかけた相手のBCDの両方に口で空気を吹き込み、その後は曳航。
そして、もう一人も、「大丈夫です」と元気に言っていたのですが、程なく「キツイ」と言い出す始末。
結局ゴツい大男2人を100mほど曳航して帰ることに。
さすがに今回は疲れました。
by diver813 | 2008-07-14 01:19 | Diving Log | Trackback | Comments(4)