The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:ニザダイ ( 9 ) タグの人気記事
2010.06 慶良間 The 2nd Dive

          泳ぎ方の違いもわかりやすい


Site 奥武島 西の瀬
Maximum Depth  15.2m
Water Temperature 24℃
Entry 11;43
Exit 12:32
Dive Time 49min.

暖かい沖縄の海で心地よく水中虫の目レンズテストの続き。
というわけで、まともな写真はありませんでした。
しかしながら、水中ハイスピード映像はそれなりに。
胸鰭で泳ぐナガニザと、体をくねらせて泳ぐカモハラギンポ。その動きがよくわかります。
虫の目レンズがダメなのわかっていたら、もっとハイスピードを撮っていたのですが・・・
仕方がない。
by diver813 | 2011-04-14 00:54 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#409 パウダーブルーサージョンフィッシュ
a0013160_134616.jpg

【和名】 パウダーブルーサージョンフィッシュ
【学名】 Acanthurus leucosternon
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 シミラン 水深20m
【特徴】
体は楕円形で体高が高く、強く側扁する。体色は淡青色で、頭部は黒色。背鰭、胸鰭、尾柄棘は黄色。
【生態】
アフリカ東部~アンダマン海のインド洋に分布。単独で行動することが多いが、時折大群を形成する。付着藻類を食べる。
【ひとこと】
インド洋らしいカラーリングの美しいニザダイの仲間。パウダーブルーとはよく言ったものです。観賞魚としても人気で、日本には主にスリランカから輸入されています。自然界では群れを作るのですが、飼育下だと争ってしまうため、複数飼育はできません。

a0013160_23184366.jpg
斜め前からの姿
by diver813 | 2008-02-24 01:04 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#369 ニジハギ
a0013160_23353375.jpg
【和名】 ニジハギ
【学名】 Acanthurus lineatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 沖縄 水深10m
【特徴】
体は楕円形で側扁し、長い尾柄棘は頭長の約半分。青い地に黄色縦縞が入る。頭部が黒くなる、尾鰭が白くなるなど、良く体色を変化させる。
【生態】
高知県以南の西部太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁、岩礁域外縁の砕波帯付近に生息する。草食性で糸状藻類を食べる。
【ひとこと】
特徴的な派手な体色のおかげで、見た瞬間に見分けることができます。リーフエッジで縄張りを作り、違う種類の魚でも、縄張りに入ってくると攻撃したりします。波当りがきつい場所にいる上に、動きが早いので、ちょっと写真は撮りにくいかもしれません。
by diver813 | 2007-05-09 23:36 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#243 テングハギ
a0013160_113575.jpg
【和名】 テングハギ
【学名】 Naso unicornis
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 沖縄 水深5m
【特徴】
体は楕円形で強く側扁し、前頭部の角状突起は同属の他種と比べ吻端から離れる。尾柄部の前方に湾曲した竜骨状隆起がある骨質板は青黒色。夜間は体色が濃くなる。
【生態】
南日本、太平洋・インド洋の珊瑚礁域に生息。珊瑚礁斜面・礁湖や内湾で、ホンダワラ類、アミジグサ類などの藻類を食べる。未成魚は単独で行動し、成魚は群を形成する。
【ひとこと】
頭の角状の突起を天狗の鼻に例えてテングハギです(成魚はもっと長いんです)。 学名はユニコーンに由来します。似ているテングハギモドキには角がありません。新鮮だと刺身がかなり美味しいのですが、ニザダイの仲間なので、鮮度が落ちると磯臭くなってしまいます。
by diver813 | 2005-09-07 01:02 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#231 テングハギモドキ
a0013160_23182023.jpg
【和名】 テングハギモドキ
【学名】 Naso hexacanthus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 60cm
【撮影地】 粟国 水深15m
【特徴】
体は側扁し延長型で、体長は体高の3.0~3.8倍。前頭部は角状突起がなく、膨出もしない。尾柄に2つの大きな骨質板がある。色彩変異が激しい。
【生態】
高知県以南の太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁外縁の礁斜面や崖を大きな群で回遊し、外洋にも現れる。雄は求愛時に婚姻色を示す。動物プランクトンを主食とする。
【ひとこと】
テングハギと似ていますが、頭に角がないこと、尾鰭の両端が糸状に伸びないことで区別できます。体色は個体によって様々で、ひとつの群でも白い個体、茶色い個体、黒い個体と様々です。でも、クリーニングを受けている時に白っぽくなるのはみんな同じらしい。
by diver813 | 2005-07-26 23:19 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#205 サザナミハギ
a0013160_23563746.jpg
【和名】 サザナミハギ
【学名】 Ctenochaetus striatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は側扁し、体長は体高の1.5倍。体鱗は小さく、後縁に櫛状小突起がある。顎歯は細長くブラシ状。色彩変異が激しい。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋・インド洋・紅海に分布。礁斜面や礁湖に生息する。単独で行動し、ブラシ状の歯で、付着藻類やデトリタスを食べる。
【ひとこと】
コクテンサザナミハギによく似ていますが、サザナミハギは頭部に散在する橙色点が頬にはないこと、背鰭と臀鰭の付け根の後端に黒点がないことで区別することができます。シガテラ毒を持つことがあるので、食べない方が無難。
by diver813 | 2005-04-26 23:56 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#175 ナミダクロハギ
a0013160_1321195.jpg
【和名】 ナミダクロハギ
【学名】 Acanthurus japonicus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
体は円盤状で、強く側扁する。体は黒色で、胸鰭、臀鰭基部及び、尾柄部が黄色い。眼下部の白色斑は上顎に達する。
【生態】
奄美大島以南~台湾、西沙諸島に分布。珊瑚礁域の礁斜面や礁湖に生息する。単独で行動することが多く、藻類を食べる。
【ひとこと】
メガネクロハギとよく似ているので最近まで、一緒にされていました。メガネクロハギは眼の下の白斑が上顎まで達しないこと、尾柄に明瞭な黄色い縦線が入ることで、見分けることができます。また、分布域も違って、ナミダクロハギは奄美大島より南に生息しますが、メガネクロハギは高知県以南に生息します。
by diver813 | 2005-02-11 13:03 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#137 ミヤコテングハギ
a0013160_1961679.jpg
【和名】 ミヤコテングハギ
【学名】 Naso lituratus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 30cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は楕円形で非常に平たく、吻の背縁がややくぼむ。尾柄部の骨質板は橙色で、背鰭軟条部外縁が白く縁取られる。雄の成魚は尾鰭の両端が糸状に伸びる。
【生態】
駿河湾以南の西部太平洋・インド洋に分布、浅い礁斜面や礁湖、水路に多く生息する。群れはつくらず、単独で行動し、ハイオウギ類など、葉状藻類を食べる。
【ひとこと】
黒い体が黄色やオレンジで縁取られている、よく目立つニザダイの仲間。ニザダイ科の特徴の尾鰭付け根の鋭い棘がオレンジ色でよく目立ちます。この棘をメスに見立てて、ニザダイの仲間は英語でSurgeon fish(=外科医魚)と言います。
by diver813 | 2004-11-14 19:06 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#081 ニザダイ
a0013160_13561814.jpg
【和名】 ニザダイ
【学名】 Prionurus scalprum
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 45cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
体は側扁し、非常に平たく楕円形。口が小さく、体は黒褐色で、尾鰭は白い。尾鰭の付け根にある3~4個の黒班には、鋭い棘がある。
【生態】
宮城県・新潟県~台湾北部に分布。浅い岩礁域に生息し数匹~数百匹の群れをつくる。石灰藻類を食べる。
【ひとこと】
可愛い顔をしていますが、尾の棘は鋭いので注意が必要。尾の付け根の模様から、地方によって「サンノジ」とか「オサン」と呼ばれ、「上等兵」と言う場所もあるそうです。「おいしい」という話と「臭い」という話で評価は分かれていて、サンノジ模様の部分を外すと臭くないという話もあります。
by diver813 | 2004-07-27 23:57 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)