The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:チョウチョウウオ ( 15 ) タグの人気記事
#475 オニハタタテダイ
a0013160_23140685.jpg
【和名】 オニハタタテダイ
【英名】 Masked bannerfish
【学名】 Heniochus monoceros
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 25cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は強く側篇し、頭頂部に突起がある。背鰭第4棘が伸張する。体色は白色で背鰭後部とその周囲、臀鰭、尾鰭は黄色。腹部に向かって広がる3本の太い黒帯が入り、頭部の横帯は背鰭棘部に達する。
【生態】
伊豆七島、田辺湾以南の西部太平洋、インド洋に分布。水深20m以浅の岩礁域・珊瑚礁域に生息し、ペアで行動することが多い。ゴカイ類や甲殻類などの底生動物を捕食する。
【ひとこと】
ハタタテダイ属の中では最大の魚。シマハタタテダイとよく似ていますが、シマハタタテダイは頭部の黒帯が背鰭に達さないので区別することができます。顔の白いハタタテダイやムレハタタテダイとも似ていますが、顔が黒い→黒い顔は背びれに達する、という順序で見分けるのがいいと思います。

by diver813 | 2017-05-16 23:16 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#447 ニセフウライチョウウオ
a0013160_161517.jpg
【和名】 ニセフウライチョウウオ
【学名】 Chaetodon lineolatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 25cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は強く側篇し、吻が突出する。体色は白色で眼を通る太い黒色横帯が、体側には細い黒色横縞が入る。背鰭中央基部から臀鰭中央基部にかけて太い黒色帯が覆う。背鰭・臀鰭・尾鰭は黄色。
【生態】
相模湾以南の太平洋、インド洋に分布。岩礁域・珊瑚礁域に生息する。雑食性で珊瑚のポリプ、藻類、底生生物、魚卵などを食べる。
【ひとこと】
チョウチョウウオの中ではとても大きく、最大で36cmになります。大きいためか、チョウチョウウオでは珍しく食用にされます。しかし食用にするのは八重山ぐらいだし、あまり味は良くないようです。ヒメフウライチョウチョウウオと似ていますが、本種は眼を通る黒色横帯が途切れないので見分けることができます。
by diver813 | 2009-06-05 01:06 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#411 アミメチョウチョウウオ
a0013160_23572613.jpg
【和名】 アミメチョウチョウウオ
【学名】 Chaetodon xanthurus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 10cm
【撮影地】 慶良間 水深5m
【特徴】
体は楕円形で強く側扁し、吻が突出する、体色は白色で、鱗の後縁が黒く縁取られる。体の後縁と尾鰭後縁に朱色縦帯が入る。
【生態】
相模湾~沖縄、台湾、フィリピン、インドネシアに分布。珊瑚礁域に生息し、雑食でサンゴのポリプや付着藻類、小動物を食べる。
【ひとこと】
アミチョウチョウウオと名前が似ていて、同じ網目模様ですが、アミチョウチョウウオは黄色。やっぱり網目模様のカガミチョウチョウウオは臀鰭の形が違いぱっと見たシルエットがかなり違います。基本は色と模様が見分けるポイント。網目模様で体が白く、尾鰭が朱色のチョウチョウウオは本種と思ってほぼ間違いありません。
by diver813 | 2008-03-05 23:58 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#381 ハナグロチョウチョウウオ
a0013160_0275320.jpg
【和名】 ハナグロチョウチョウウオ
【学名】 Chaetodon ornatissimus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 12cm
【撮影地】 沖縄 水深5m
【特徴】
体は楕円形で強く側扁する。口が厚く、鰭は円弧状。体側に黄色の斜走帯が入り、頭部には黒色横帯が入る。
【生態】
和歌山県以南の太平洋に分布。水深25m以浅の珊瑚礁域に生息する。主にミドリイシ類のポリプを食べ、付着藻類なども食べる。
【ひとこと】
黄色い斜縞が特徴的なので、すぐに見分けることができます。ペアで泳いでいることが多く、その姿は可愛らしいのですが、やや警戒心が強く、微妙な間合いを取るので、なかなか上手く写真に納まってくれません。
by diver813 | 2007-07-18 00:28 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#341 スポッテドバタフライフィッシュ
a0013160_3401224.jpg
【和名】 スポッテドバタフライフィッシュ
【学名】 Chaetodon guttatissimus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 15cm
【撮影地】 シミラン 水深15m
【特徴】
体は円形で強く側扁し、吻部が突出する。体色は灰白色で、体側に黒斑が密に入る。頭部には目を通る黒色横帯が入る。背鰭は黄色で尾鰭に黒色横帯が入る。
【生態】
インド洋・紅海に分布、珊瑚礁の礁斜面などに生息する。ペア~小さな群れで行動し、雑食性でサンゴのポリプや藻類、底生動物を食べる。
【ひとこと】
ゴマチョウチョウウオとよく似ていますが、体側に入る黒斑がゴマチョウチョウウオより大きいことと、尾鰭の真ん中に黒い横線が入ることで見分けることができます。英語では"Spotted Butterflyfish"以外にも"Peppered Butterflyfish"などと呼ばれています。
by diver813 | 2006-08-20 03:40 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#283 コラーレバタフライフィッシュ
a0013160_0361057.jpg
【和名】 コラーレバタフライフィッシュ
【学名】 Chaetodon collare
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 20cm
【撮影地】 シミラン 水深10m
【特徴】
体は楕円形で強く側扁する。体色は黄色~黒色で眼から吻部は黒く、頭部後縁に太い白色横帯が入る。尾鰭は赤く、後縁は透明で、その境に黒色横帯が入る。
【生態】
日本~ペルシャ湾、モルジブ、スリランカにかけての西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁外縁の礁斜面などに生息し、ペア~二十数匹の群で行動する。サンゴのポリプを食べる。
【ひとこと】
赤い尾鰭がいかにもインド洋っぽいチョウチョウウオ。警戒心が弱く、近寄ってもあまり逃げません。日本の海ではほとんど見かけませんが、観賞魚用にインドネシアやスリランカから輸入されているので、陸上で目にする機会の方が多いかも。
by diver813 | 2006-02-03 00:36 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#229 ミスジチョウチョウウオ
a0013160_052417.jpg
【和名】 ミスジチョウチョウウオ
【学名】 Chaetodon trifasciatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 10cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は長楕円形で強く側扁する。背鰭棘数が14本と多い。体色は黄色で、頭部には3本の黒色横帯、体側には細い青色縦帯が入る。尾鰭や尾柄部の模様は生息域により異なる。
【生態】
駿河湾以南の太平洋、東部インド洋に分布。珊瑚礁域を単独もしくはペアで活発に泳ぐ。ミドリイシ類のポリプを主食とし、成魚は小型藻類なども食べる。
【ひとこと】
頭に3本の黒い横帯が入るので「ミスジ」。学名も「3本の帯」という意味です。綺麗な楕円形の体形から、英名は"Oval Butterflyfish"。可愛らしい姿をしていますが、縄張りを持っていて、縄張りに他のミスジチョウチョウウオが侵入すると、くるくる回りながら攻撃します。
by diver813 | 2005-07-20 00:52 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#223 シラコダイ
a0013160_1534414.jpg
【和名】 シラコダイ
【学名】 Chaetodon nippon
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 15cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体は非常に強く側扁する。体の後端が黒い以外目立つ模様はない。背鰭第4棘が最も長く、尾鰭は黄色で先端は黒色。
【生態】
本州中部~台湾、フィリピンに分布。沿岸の岩礁域に生息する。産卵期は春~秋。肉食性で動物プランクトンや底生小動物を食べる。
【ひとこと】
学名に「ニッポン」の名を持つチョウチョウウオ。チョウチョウウオというと、南の海を考えてしまいますが、シラコダイは少し水温の低い本州沿岸の温帯域でも繁殖することができます。そして、本州の魚らしく、チョウチョウウオなのに地味。食事中などは体色が黒っぽくなります。
by diver813 | 2005-07-04 01:54 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#203 ミカドチョウチョウウオ
a0013160_1584229.jpg
【和名】 ミカドチョウチョウウオ
【学名】 Chaetodon baronessa
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 15cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は非常に強く側扁し、背鰭、臀鰭の中部が高く、体は三角形。体にはくの字型の黄色横縞が入り、頭部には2本の暗色横帯が入る。
【生態】
駿河湾以南の西部太平洋、グレートバリアリーフ、ソロモン諸島、フィジーに分布。珊瑚礁の内湾や礁池に生息する。ミドリイシ類のポリプを好んで食べる。
【ひとこと】
ミカドチョウチョウウオのミカドは、帝ではなく三角で、体型に由来しています。インド洋に生息するトライアングラーバタフライフィッシュとよく似ていますが、トライアングラーバタフライフィッシュは尾鰭を全体を黄色い縁取りが三角形に囲むので見分けることができます。
by diver813 | 2005-04-23 01:58 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#195 ムレハタタテダイ
a0013160_20414449.jpg
【和名】 ムレハタタテダイ
【学名】 Heniochus diphreutes
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 12cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
体は強く側扁し、体高が高い。吻部は突出し、背鰭の一部が後方に伸長する。体色は白色で、体側に2本の黒色横帯がある。背鰭棘数は12本。
【生態】
伊豆半島以南の太平洋、インド洋、紅海に分布。数十尾以上の群れで中層を泳ぎ、プランクトンを捕食する。
【ひとこと】
ハタタテダイと非常によく似ています。分類のポイントはハタタテダイは背鰭棘数(鰭にある骨のような筋の数)が11本なのに対し、ムレハタタテダイは12本ということなのですが、海の中では近づいてもそんなものを数えるのは無理です。ハタタテダイは大きな群れは作らないので、単独ならハタタテダイ、大きな群れならムレハタタテダイでだいたい正解です。また、ハタタテダイは付着藻類や底生生物を食べますが、ムレハタタテダイはプランクトンを食べるという違いもあります。
by diver813 | 2005-04-06 20:49 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)