The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:タツノオトシゴ ( 6 ) タグの人気記事
2010.09 奄美 The 1st day The 2nd Dive
a0013160_0342817.jpg
          ぷぅーっ

Site 奄美大島 デッショ
Maximum Depth  37.8m
Water Temperature 27℃
Entry 15:02
Exit 13:39
Dive Time 37min.

実は1本目で新兵器の自作ビデオカメラを落としてしまったので、2本目はその捜索で一気に37mの水底へ。
残念ながらカメラは見つかりませんでしたが、きれいなニシキフウライウオに出会えました。
エキジット前にはツムブリの群れもやってきて、奄美の概要を満喫しました。

a0013160_0354535.jpg
新兵器



a0013160_036144.jpg
ツムブリの群れ
by diver813 | 2011-09-21 00:37 | Diving Log | Trackback | Comments(1)
2010.09 奄美 The 1st day The 1st Dive
a0013160_01581.jpg
          今度はちゃんと撮れました

Site 奄美大島 デッショ
Maximum Depth  25m
Water Temperature 27℃
Entry 13:15
Exit 13:51
Dive Time 46min.

短い休みの強行奄美大島。
海況で東側が潜れない。とはいえ、湾内だけで満足したりはしません。
わがままを言ってちょっと足を伸ばして湾の外、デッショのピグミーにリベンジ。
前回は後ろ姿しか撮れなかったので、今回は慎重に観察しながら撮影。
一箇所でじっと観察していると、いろいろなお客さんが出てくることがあります。
今回はシャコが出てきて、もしかしたらピグミーが襲われるかも・・・
と、どきどきしながら見ていましたが、シャコは気づかず去っていきました。
シャコの高性能な複眼もピグミーの擬態は見破れなかったのかもしれません。、
ともあれ、今回はその姿をちゃんと撮影できて、満足です。

a0013160_025024.jpgふらりと現れたシャコ
by diver813 | 2011-09-20 00:03 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2007.09 Amami The 5th day The 1st Dive
a0013160_0471569.jpg
          う、うしろ姿・・・


Site 奄美大島 デッショ
Maximum Depth  19.7m
Water Temperature 28℃
Entry 12:16
Exit 12:45
Dive Time 27min.

5日目にして、やっと外洋へ。
実はピグミーシーホースを見たことがなかったので、無理やりリクエストしちゃいました。
ガイドさんが、
「ここにいるよ」
と、指してくれたものの、ぜんぜんわかりませんでした。
じっと目を凝らし、なんとかピグミーは見つかりましたが、本当にちっちゃい。
流れに悪戦苦闘しながらも、ちゃんと撮ったつもりだったのですが、ちっちゃすぎてどっちを向いているのかわからず、後で見たら全部うしろ姿でした。
もっと修行して出直します。
by diver813 | 2007-12-17 00:48 | Diving Log | Trackback(1) | Comments(4)
#237 オオウミウマ
a0013160_1133543.jpg
【和名】 オオウミウマ
【学名】 Hippocampus kuda
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 ヨウジウオ目 ヨウジウオ科
【体長】 7cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
尾鰭がなく、吻は長い筒状。体は硬い体鱗に覆われ、雄は腹部に育児嚢を持つ。頭部の冠状突起は明瞭。体色は色彩変異に富み、小黒点や褐色斑が散在する個体もある。
【生態】
伊豆半島以南の太平洋、インド洋に分布。内湾の浅所に生息する。頭を上に尾を下に立った姿勢で泳ぎ、尾部で海藻などに巻きつく。雄は育児嚢で卵が孵化するまで保護する。
【ひとこと】
大型のタツノオトシゴ。周りの環境に合わせて色を変えるので、白かったり赤っぽかったりいろいろです。 雄のお腹にある袋に雌が卵を産みつけ、雄は袋で卵が孵るまで育てます。なので、卵を産むのは雌、子供を産むのは雄。変わっているのは姿だけではありません。
by diver813 | 2005-08-16 01:48 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
2005.03 Philippine The 4th Day The 3rd Dive
a0013160_23244161.jpg
          ゴミにしか見えない


Site バスラ
Maximum Depth  18.1m
Water Temperature 26℃
Entry 12:19
Exit 12:48
Dive Time 39min.

バスラはビーチから入る、ゴロタ石と砂の世界。
一見つまらない(実際そういう意見もあった)けど、結構変わった生き物が出てきます。
この写真のニシキフウライウオをはじめ、タツノオトシゴ、コガラシエビ、ウミウシカクレエビ、コールマンズシュリンプ・・・
マクロな生き物たちが、探せば探すだけ出てきます。
しかし、至るところにガンガゼの群れが待ち構えていて、何度も危ない目に・・・
結局わかっていたものの、写真に夢中になっていたら、最後の最後で刺されてしまいました。
スペクトラ繊維でできた防刃グローブも、ガンガゼの細い棘には無力のようです。
by diver813 | 2005-04-05 23:26 | Diving Log | Trackback | Comments(5)
#055 タツノイトコ
a0013160_144453.jpg
【和名】 タツノイトコ
【学名】 Asentronura glascilissima
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 ヨウジウオ目 ヨウジウオ科
【体長】 5cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
ヨウジウオに似ているが、タツノオトシゴのように、尾鰭がなく、尾部が巻く。また、タツノオトシゴと異なり首は曲がらず、冠状突起はない。褐色、茶色、緑色、黄色など、色彩変異が激しい。
【生態】
相模湾以南、浅海の岩礁、砂泥底に生息。海藻類に尾部を巻きつけ、管状の口でプランクトンを捕食する。雄は育児嚢を持ち、卵が孵化するまで育てる。
【ひとこと】
たいてい砂泥底に吹き溜まった海藻類に巻きついています。タツノオトシゴと違って、体は横になっています。上手く擬態しているので、見つけるのは結構むずかしい。見つけるポイントは、周りの海藻と微妙に違う揺れ方。
by diver813 | 2004-06-18 22:46 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)